姿勢矯正士の西本です。

昨日姉妹で来られている患者さんの姉の方が来院された。

いつも姉妹で来られているのに、「今日はなぜ一人?」と聞いてみると、妹は私の治療は痛いので、止めとくと言っていたらしい。

それなら、なぜ私の治療は痛いのか?

私も気持ちよく治してあげたい。

しかしそれは無理なのだ。

動かない関節を動かしたり、縮んだ筋肉を伸ばしたりすると痛いのだ!

しかし、動かない関節や縮んだ筋肉に原因があるので、そうしないと治らない。

無痛整体なんて益もなければ害もないといったところか?

無痛整体で治る場合は、放っておいても治る疲労性の痛みぐらいだろう。

歪んだ動く難い関節を簡単に気持ちよく動かす術は、現在私にはない。

2時間位かけてゆっくり治療すれば、痛みは少なく出来るなるかもしれないが、そんなに時間は掛けられない。

気持ちよくマッサージして効果がないのと、少し痛いが後が楽になるのと天秤に掛けて貰いたい。

私の整体は治療だ!

決してリラクゼーションではない。

だから、どこへ行っても治らない患者さんが多い。