姿勢矯正士の西本です。

Mさん 女性 40歳代 医療関係

肩こり・頸部痛・不眠症・膝の痛み・冷え性を訴えて来院。

早速姿勢から診てみる。

明らかなスウェーバック型・巻き肩である。

反り腰の改善には私が編み出したNEWテクニックで対応。

胸椎には屈曲モビリで対応。

頸椎は前彎を付ける為に、前斜角筋や胸鎖乳突筋のストレッチに伸展モビリ。

さてさて最後には巻き肩を治してみる。

姿勢矯正するには、いったいいくつの姿勢矯正テクニックを駆使しなければならないのだろうか?

一つでも間違った矯正をすると、効果は大幅に軽減するので、テクニックの選択には充分気を付けなければならない。

これだけの事をしてようやく姿勢は変わっていくので、気持ちや意識では到底姿勢は変えられないのは明らかである。

意識で変えられる姿勢なんて、最も軽い状態といっていい。

今回の姿勢矯正の写真は本人の了解を得て掲載させて頂きました。

DSCF6553モザイクDSCF6594モザイク










        姿勢矯正前           姿勢矯正後(2回目)