姿勢矯正士の西本です。

最近試している事(悩んでいる事)がある。

長期に亘る慢性腰痛(腰痛症)の場合、姿勢矯正や先にするべきか、それともハイパー治療を先にするべきか、という点である。

なぜそんな事で悩むようになったかというと、姿勢を直しても、腰痛の改善が思ったより遅い患者さんが出てきた事にある。

理論的にいうと、ハイパー治療を先にすべきだと私は思う。

しかしハイパー治療は、やはり厄介である。

ベクトルでいうと、矯正方向や矯正方法は無数に有るからである。

そしてまた症状のある部位は矯正ポイントでない事が多いから、なお難しい。

その難しい事を短時間で見極めなければならない。

こんな難しい事に取り組んでいると、既存の腰痛体操ではこんな腰痛症は到底治らないなぁと感じる。

今日も朝から長い間腰痛に悩む腰痛症の患者さんを救うべくこの難題に取り組んでいる、悩める姿勢矯正士がここにいる。

さあ次回の姿勢矯正研究会までにもっと臨床を積んで、この苦労話を報告するぞ。