姿勢矯正士の西本です。

ある神社の掲示板にこんな事が書いてあった。

仕事をさせられていると思えば苦になる。

させて頂いている思えばありがたくなる。

私は整体をしていて苦に思った事はない。

有りがたい事である。

しかし例外もないではない。

どうしても治らない患者さんに直面した時だ。

私の脳みその中には、この例外がひしめいている。

だから何時になっても自信なんて出来ない。

すかっと治った患者さんなんて、私の脳裏から吹っ飛んでいる様だ。