姿勢矯正士の西本です。

姿勢矯正とハイパー治療の達人のブログで、下記の様な坐り方について調べてきた。

(機乏篋

(供棒戯

(掘鵬坐り

(検妨婪

(后乏攤

(此飽尊

(察坊謖蓐膾繊θ場蓐膾

(次吠夘立て

(宗傍戯

(勝膨杭

(Ⅺ)体育坐り

もうちょっと坐り方を調べてみるが、私の仕事はこれからだ。

各々の坐り方がどの様に姿勢に影響するのか?

良い坐り方、悪い坐り方を分析する必要がある。

猫背やストレート等の姿勢の種類によって、これらの坐り方は一長一短だと思うが、無理のない坐り方は指導出来ると思う。

そしてこれらの坐り方の欠点を補佐できるグッズも考え出せるかもしれない。