姿勢矯正士の西本です。

姿勢矯正は多くの部位の筋肉を矯正しなければならない。

しかし姿勢矯正に費やせる時間は限られている。

姿勢矯正のメカニズムを考えていると、新しく矯正しなければならない筋肉が発見させる事も結構多い。

その筋肉を矯正する為に、当然時間が費やされる。

そうするとどうしても時間の関係で一度(同時)に2ヶ所以上の筋肉を緩めなければならない事も起こる。

もう1本手(腕)があったら、もっと効率よく矯正が出来るのにと思うことも多い。

しかし私には手(腕)は2本しかない。

そこで知恵を絞って、NEWテクニックの開発となる。

この筋肉をこの方向にストレッチを掛けながら、同時にこの筋肉をこの方向にストレッチを掛ける。

こんな感じかな?

姿勢を治す為には、まだまだ未知の領域に踏み込まなければならないのかもしれない。

そして今もなお姿勢矯正に対して、ホメオスタシスの抵抗に苦しんでいる。