京都にしもと整体院院長・姿勢矯正士の西本です。

あけましておめでとうございます。

令和2年最初の姿勢矯正研究会は1月19日(日)です。

私が今夢中になって取り組んでいるのが、冷え性のメカニズムの解明です。

今多くの病院や薬局などで処方されているのは冷え性の一時的症状の緩和だと思う。

温野菜を食べたり、漢方を飲んだり、足湯をしたり、靴下を何枚を履いたり、散歩をしても、一時的に症状が緩和出来ても、メカニズムが完全に解明できていないので冷え性が無くなることはない。

私は今、その冷え性のメカニズムに取り組もうとしているのである。

メディカルでは冷え性は病気ではないので、冷え症と書かずに冷え性と書くのだそうである。

冷え性のメカニズムが完全に解明できれば、私は整体でも充分に冷え性が完治できると思っている。

多くの悩める冷え性の方に朗報をお伝えできることを期待しておいてください。

次回の姿勢矯正研究会では、一部この冷え性のメカニズムを披露したいと思っています。