京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2012年03月

スウェーバック型・巻き肩矯正

姿勢矯正士の西本です。

Mさん 女性 40歳代 医療関係

肩こり・頸部痛・不眠症・膝の痛み・冷え性を訴えて来院。

早速姿勢から診てみる。

明らかなスウェーバック型・巻き肩である。

反り腰の改善には私が編み出したNEWテクニックで対応。

胸椎には屈曲モビリで対応。

頸椎は前彎を付ける為に、前斜角筋や胸鎖乳突筋のストレッチに伸展モビリ。

さてさて最後には巻き肩を治してみる。

姿勢矯正するには、いったいいくつの姿勢矯正テクニックを駆使しなければならないのだろうか?

一つでも間違った矯正をすると、効果は大幅に軽減するので、テクニックの選択には充分気を付けなければならない。

これだけの事をしてようやく姿勢は変わっていくので、気持ちや意識では到底姿勢は変えられないのは明らかである。

意識で変えられる姿勢なんて、最も軽い状態といっていい。

今回の姿勢矯正の写真は本人の了解を得て掲載させて頂きました。

DSCF6553モザイクDSCF6594モザイク










        姿勢矯正前           姿勢矯正後(2回目)

ハイパーな背中の彎曲

姿勢矯正士の西本です。

Tさん 男性 高校生

症状 腰痛 3年前から

運動すると腰が痛む。

早速腰椎を座位で触診する。

非常によく動く。

ハイパーだ。

それだけ腰椎の動きが柔らかいと運動すると腰を守る為に、筋肉は張る。

その治療には通常ハイパー治療が必要だが、あまり動きの悪い硬い関節は見受けられない。

そこで腰を屈曲して貰ったら、見事な屈曲。

念の為に仰臥位でハムストリング筋のストレッチを行ったら、約30度でギブアップ。

それだけ硬いハムストリング筋だと、腰椎は柔らかくなって当然。

すぐにハムストリング筋のストレッチ方法を指導。

症状は腰。

原因はハムストリング筋。

症状と原因が違う典型的な例と言えよう!


DSCF6323DSCF6324










    正常な背中の彎曲         ハイパーの背中の彎曲

カップ付きキャミソール!

姿勢矯正士の西本です。

最近テレビを見ていたら“ノーブラ”になる女子が急増中という内容の番組があった。

そこでパソコンで調べてみると、こんな記事を見つけた。





「がん予防にもなる」と“ノーブラ”になる女子が急増中

女性自身 2011年11月24日(木)19時23分配信

「ブラジャーのきついストラップや、肩こりにはもうウンザリ!」だと、最近女性の間で「ノーブラ派」が急増中だという。

小ぶりな女性も、巨乳の女性も、もちろん普通サイズの女性も、それなりにノーブラ姿には不安があるはず。しかし、きついブラでおっぱいを長時間締めつけるくらいなら、だんぜんノーブラの方がいいとボディ・デザイナー(整体師)の小牧めぐみさんは語る。

「ブラジャーのワイヤ部分は、ちょうど肋骨部分にあたります。サイズの合わない、きついブラを付けていると、胸回りのリンパ系を圧迫するので、血流が悪くなり、発がん性のある毒素が溜まる可能性もあります。一説には、乳がんの確率が高くなるとも言われていますよ」

現在、ちまたの“いけてるノーブラ派”の女性たちの間では、“カップ付き”キャミソールやカットソーが、爆発的に売れている。更に、ニプレスとシリコンブラも大進化を遂げているという。安全かつセクシーな「ノーブラ派」こそが、最先端女性の潮流のようだ。




ブラジャーの装着の悪い点はそれだけでは無さそうである。

姿勢矯正で多くの患者さんを診ていて感じる事がある。

背骨の歪みがブラジャーのひもの辺り(下部胸椎辺り)で多く起こっている事実がある。

いつもブラジャーのひもをのけて矯正しなければならないので非常に厄介でもある。

この歪みの原因はブラジャーのワイヤーやひもで締め付けた状態で運動する事による歪みかもしれない。

もしこのブラジャーのワイヤーやひもの締め付けによって背骨が歪んでくるのなら、カップ付きキャミソールやカットソーなどを薦めた方が良いと思うが、いかがなものか?

下着メーカーの商品企画担当者の方で、下着装着と背骨の歪みの因果関係について研究されていませんか?


頭の全力投球!

姿勢矯正士の西本です。

人間の体、使えば使う程良くなるものではない。

筋肉を使い過ぎると、肉離れになる。

靭帯を使い過ぎると捻挫が起こる。

骨を使い過ぎると疲労骨折が起こる。

しかし脳だけは思いっきり使い過ぎても、パンクすることはなさそうである。

さて私の脳はどれ位使っているのだろうか?

あの天才アインシュタインでさえも脳の容量の20%しか使ってないと、ある本に書いてあった記憶がある。

小学校・中学校・高校をあまりにも脳を使ってない私としては、脳はさらみたいなもんちゃうかなぁ。

なんぼでも容量がある。

姿勢のメカニズム解明には、もってこいの新品である。

幸いに左利きの私は、左脳と右脳の消費容量のバランスも結構良いと思っている。

今日も難しい患者さんの痛みの解明に、頭の全力投球が出来そうである。




典型的な亀背!

姿勢矯正士の西本です。

典型的な亀背の患者が来た!

身長が若い時から比べると4cmも縮んでいる。

相当のねこ背である、いや亀背である。

こんな亀背、簡単には直らない。

思い切り息を吸って、背骨を伸ばす。

肩甲骨と肩甲骨を引っ付ける。

重心を踵に乗せる。

お腹を引っ込める。

頭が何かに上から引っ張られているような感じで立つ。

こんな姿勢で立てるか!(本人の感想)

亀の甲羅のような背中。

胸を張ろうとしたら、腰が反る。

肩甲骨を引っ付けようとしても引っ付かない。

とにかくどうしても胸が張れない。

これぞ亀背中の亀背。

一度この亀背、写真を撮っておこうかと言ったら、もう諦めているからよいと言う。

もう亀背を直す気すらない。

亀背を直す気もない人に、姿勢矯正すら歯が立たない。

究極の姿勢矯正はこんな人を直してこそ値打ちがある。


3月11日(日)定例の姿勢矯正研究会

姿勢矯正士の西本です。

昨日3月11日(日)定例の姿勢矯正研究会がありました。

私の編み出した小臀筋・腸腰筋・大腿直筋NEWストレッチに会員の話題騒然。

効くッ!

痛い!

簡単!

楽ッ!

軽い!

こんな感じ?

姿勢矯正に絶対不可欠な腰椎の過剰前彎の改善。

私が編み出したテクニックの中でも、久しぶりの簡単でしかも力が要らず効果的なテクニックといっていい。

脚が軽い!

腰が軽い!

そんな簡単なストレッチになぜ気が付かなかったのだろうか?

まだまだ姿勢矯正理論・姿勢矯正テクニックは不完全である。

進歩しつつある。

だから姿勢矯正士が必要であり、日本姿勢矯正士協会が必要となってくる。

今回の姿勢矯正研究会で一番感じた事は、姿勢矯正士はまだまだ進歩し続けるという事。

その他にも股関節の外転不全に効果的なテクニックも披露しました。

辻内先生からも悠テクニックの披露がありました。

悠テクニックとは辻内先生の息子さんの辻内悠さんが編み出してテクニックです。

多くの頭があれば、多くのテクニックが編み出せる。

姿勢矯正士は、医療費削減の最大の武器になる!



次回の姿勢矯正研究会は5月20日(日)を予定しています。






明日の姿勢矯正研究会の案内

姿勢矯正士の西本です。

明日3月11日(日)の姿勢矯正研究会は下記の通り行います。

時間:10:00〜16:00

【内容】

私からは、

小臀筋・半膜様筋・半腱様筋の同時ストレッチ

大腿直筋の強烈ストレッチ

股関節の外転不全のストレッチ

を披露致します。

なお頭痛の中の緊張性頭痛と偏頭痛の違いについて議論したいと思います。

どうしても取れない慢性腰痛。

姿勢矯正士の西本です。

どうしても取れない慢性腰痛。

整形外科の受診で 3/4は原因不明の腰痛だという。

病名は腰痛症。

原因不明では治せないのが当然である。

しかし当院に来られる慢性腰痛の多くにハイパー(動き過ぎの関節)が見受けられる。

このハイパー患者は、どうすれば治せるのか?

厄介なのは、ハイパー(ゆるゆるになった関節)の近くに、ほとんど動かなくなった関節があるということだ。

当然運動すればゆるゆるの関節のみが動く。

身体は自己防衛本能として、そのゆるゆるになった関節を守ろうとする。

関節を守る為には、筋肉がガチッと張る。

この関節の靭帯や筋肉が何んとも辛い。

あゝ揉んで欲しい、あゝ鳴らしたいとなる。

しかし関節を守ろうとして、懸命に頑張っている筋肉様を揉んだり、鳴らしてストレッチを掛けようとすると筋肉は「ええ加減にせいよ!」と怒ってしまう。

こんなに張らなくてもいいように、硬〜い関節を動かしてね。

ただこの様なハイパー治療には相当な技術がいる。

先ず硬い関節と緩い関節を見分ける触診力。

それから、硬い関節のみを動かせる高等なテクニックが不可欠である。

あとはこのハイパーのメカニズムの理解度にある。

これらが備わっていれば、ハイパー治療は簡単に出来る。

少なくとも原因不明の腰痛の多くは簡単に治る筈である。



最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ