京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2012年06月

迷走神経反射とは・・・

姿勢矯正士の西本です。

当院の治療で、頭痛の改善の為に頚椎のモビリを行うことがある。

その際、痛みの為、迷走神経反射が起こることがある。

当院の患者さんである内科医のI先生に聞いたところ、迷走神経反射が起こっても、脚を少し高くして寝ていれば、すぐに改善するので心配ないとの事。

時間にして10秒〜30分位と幅は広いらしい。

迷走神経反射についてネットで調べてみると、次のように書いてあった。


迷走神経反射とは・・・

めいそうしんけいはんしゃ。

強い痛みや精神的ショック、ストレスなどが原因で迷走神経が刺激された際、自律神経のバランスがくずれ、末梢の血管が拡張して血圧が下がり、脈拍が遅くなること。

脳血流が低下して失神に至ることもある。

【症状】

徐脈、冷や汗、顔面蒼白、失神など

採血時に気分が悪化して倒れる人がいるが、これは採血による貧血が原因ではなく、迷走神経反射である。

また、大量に飲酒した後、排尿すると、腹圧の急激な変化によって迷走神経反射が起こり、失神に至る場合がある。


当院の治療は、症状が古い程痛い。

治る為には、この痛みをこらえて貰いたい。

無痛整体さん、治ってますか?




今ハイパー治療に、姿勢矯正士は取り組んでいる!

姿勢矯正士の西本です。

腰痛の3/4が原因不明の腰痛と言われている。

腰痛症と言われているものである。

当院に来られている患者さんの中にも、慢性の腰痛症で悩んでおられる方も結構多い。

しかし多くは原因不明ではない。

ハイパー(動き過ぎの関節)を持っている患者さんである。

この様なハイパーの患者さんには、マッサージや電気療法では到底治らないし、運動しても腰のハリはかえって増す。

このハイパーの関節は、レントゲンやMRIでは解らないから厄介である。

しかし全く解らないのかと言えば、そうでもない。

精度のいいモーションパルペーションで緩い箇所は解る。

その緩い関節の傍にある、固い関節のみを動かせば、ハイパーは治せる。

今この緩い関節に負担を掛けないハイパー治療に、姿勢矯正士は取り組んでいる。

典型的なスウェーバック!

姿勢矯正士の西本です。

Yさん 女性 40歳代 事務関係

姿勢矯正・体の歪みのチェックを希望されて来院。

症状は腰痛・頭痛(たまに)・頸部痛がある。

首の後ろの筋肉が張り、上向くと痛い。

寝方は横向き。

首の痛みのレントゲンの結果、頸椎の4番・5番・6番が少し変形していると言われた。

1年以上前から、上記の症状があり、悪くなってきている。

姿勢を見ると明らかなスェーバック型。

頸椎に伸展ハイパーがありそうだ。

姿勢矯正とハイパー治療で、症状は大幅に改善した。

姿勢が良くなってくると、気分まで晴れてきているらしい。

姿勢矯正前後の写真は本人の了解を得て掲載致しました。

DSCF5696モザイクDSCF7258モザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(13回目)



一流と超一流の違い(供

姿勢矯正士の西本です。

今日は6時に目が覚めたので、パソコンに向かって、「一流」と「超一流」の違いについて、調べてみた。

ブログにこんな記事が掲載されていて「なるほど!」と唸ったので拝借した。


イチローは、なぜズバ抜けた結果を出し続けるのか?一流と超一流の違い

Posted on 2012年4月11日 by 御船 文矢

一流の人になりたい!

あなたも考えたことはあるだろうか?だがある意味一流な人と言うのは、あまり臨んだ結果が手に入る人とは言えないかもしれない。

基本的に一流な人と言うのは目立てない、名前も覚えてもらいにくい...

なぜかと言うと超一流な人がいるから。

日本で2番目に高い山はどこだろう?世界では?他にも日本で2番目に長い川は?答えはお分かりだろうか?おそらくほとんどの人は答えられないだろう。

1番がいる限り2番は印象に残らない。

超一流ながいる限り一流選手は聴衆の心の中には残りにくいと言える。

どんな世界にも超一流と言われる人がいるだろう。

野球で言えば長嶋選手(長嶋監督)、王選手(王監督)、イチロー選手、ビジネスの世界であれば、松下幸之助さんや稲盛和夫さんなど、常に業界でトップの名前が出る人がいる。

おそらく野球選手と言えば?と聞かれると上記に書いた3名の名前を答える人は多いだろうし、日本の経営者と言えば松下幸之助、と言うようなイメージまである。

しかし、これらの方々に近い業績を残した人たちがどれだけいるだろうか?

おそらくかなりの人がいるだろう。

なのになぜこれらの人は、多くの人を魅了し、常にトップを走り続けるのだろうか?

何事もそうだが、おそらく結果を出している人の能力に大差はないだろう。

勉強や練習もプロである限り誰もが本当に一生懸命行うだろうし、努力にも大きな差はないと思う。

ではなぜトップを走り続ける人はいつもトップなのだろうか?

イチロー選手については本当に様々な逸話がある。

バッドを一度もなげた事がなく、商売道具でもあるバッドやグローブを本当に丁寧に扱い手入れを怠らないなど、一見実際の野球の能力とは関係ないが、プロとして大変素敵なポリシーを持っていたりする。

イチロー選手に関する本などを読んでいると、あまりの徹底ぶりに一流と超一流の違いとはこういうところにあるのではないかと感じているのだが、王選手とイチロー選手に共通する超一流の野球に対する姿勢と言うものがあるので、少し紹介したい。

僕はほとんど野球などのスポーツを観戦した事がないが、自分の満足いくプレイができたらだれもがガッツポーズをしたり、大きな声を出したり、パフォーマンスをしたりと喜びを表現する人が多い。

驚くほど打撃が飛んだ時や、やっとの思いで勝利をつかんだ時、誰もがガッツポーズして叫びたくなることはあるだろう。

「めっちゃ調子がいい!」「ツイてる!」と感じての事だろう。

こうやって勢いをつけて行くことで調子が上がりさらに良いプレーが出ると言う事もあるだろう、しかしココが一流と超一流の違いがある。

そう、イチロー選手と王選手はガッツポーズをしない。

1、プロセスの重要性

イチロー選手や王選手が満足いくヒットやホームランを打った時に嬉しくないのか?と言えばそう言う訳ではないだろう。

しかし彼らの興味は、結果ではなく、自分のプレイがベストなものとしてできているかどうかにあると言えるだろう。

自分のプレイは自分でコントロールできるが、打った球がヒットになるか、ホームランになるかどうか?相手の守備のミスはあるか?は自分ではコントロールできない。

イチローはバッターボックスでいつも同じタイミングで同じしぐさをすることは有名だが、自身のプレーを毎回ベストに持って行くよう最大限状態をコントロールしようとしている。

これはコントロールできるものに対して責任を持ち、そのプロセスに興味を持っている。だから、コントロールできないものに一喜一憂することはないと言えるのだろう。

2、基準

イチロー選手が一度だけしたガッツポーズは、日本人で最速、最年少で達成した2000本安打の時だけであり、王選手がガッツポーズをしたのは、ホームランの世界記録を出した時だけだ。

彼らには毎日打つ安打やホームランはいつものプレーでしかない。

「ホームランを打った、ヤッター」「点が取れた、オッシャー!」ではない、いつものプレーをした延長線上にイメージしている結果に過ぎず、当たり前とも言えるのだろう。

だから彼らが心から喜ぶのは、運やその場の流れに左右されず自分でコントロール、狙った結果だ。

それが最速最年少の2000本安打やホームランの世界記録なのだろう。

3、謙虚さ

王選手はリトルリーグで野球をしているとき、ガッツポーズをするとチームの監督に「そうやって喜んでて、打たれたピッチャーはどう思う?ちゃんと常に相手の事を考えてプレーをしろ、そんな一回のプレーでいちいち喜ぶな」と。

そこから王選手はどんな時もガッツポーズをしなかった。

確かにスポーツは勝ち負けの世界だ。

応援もそうだが良いプレーの後に盛り上げることで自軍の士気は上がり、相手の士気は下がる。

しかし超一流はそう言った心理戦などの小細工など考えず、スポーツマンとしてのフェアなプレーを心掛けるのであろう。

そして謙虚さと言うと松下幸之助さんである。

こんな逸話がある。

あるおばあさんが電車に乗っていると、松下さんが電車に乗ってきたという。

すごい方なので何かお渡しできないかと持っているミカンをプレゼントし話をしていた。

電車は進み松下さんが降りる駅に着いたので、挨拶をして見送ると、駅のホームで見えなくなるまでずっと頭を下げていた。

松下電器を創業し、世界に名のある企業まで成長させ、経営の神様とまで言わしめる松下幸之助さん。

そんな日本トップクラスの大成功者である松下さんであるが、ミカンを頂いたという日常にある“何でもない事”に対して最大限に相手に感謝をする。

人格者とはこういう人を指すのであろうと思う逸話である。

これもどんな成功をしたとしても、どんな偉い地位にいようとも、決しておごらず、偉ぶらず、感謝の気持ちを常に持ち続けられている。

簡単に言うが、成功すればするほどこう言った事はできなかったりするだろう。

それどころか極端なまでのその態度が松下幸之助という偉人を作る大変重要な要素なのだろう。

これこそ、一流との決定的な違いかもしれない。

日々淡々と何もいつもと変わらない終わりなき日常を生き続けられるかどうか...

能力ではなく、一流と超一流の違いは自身の基準と心構えにあると僕は考える。



こんな記事だった。

私も姿勢矯正の専門家として、超一流を目指していきたい。

ひょっとして高嶺の花になるかもしれないが…







S君 猫背を治したい!

姿勢矯正士の西本です。

S君 男性 小学生。

姿勢矯正を望んで来院。

ホームページを見ての来院。

寝方:上向き。

寝具:固め。

姿勢に関する条件は悪くない。

腰椎の過剰が原因か?

今日で6回目の姿勢矯正である。

生活の条件はさほど悪くないので時間がかるかもしれない。

本人と母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて頂いた。

ありがとうございます。

DSCF6811モザイクDSCF7244モザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(6回目)


やはり通信教育では姿勢矯正はダメ!

姿勢矯正士の西本です。

姿勢矯正士養成スクールで教えていて最も難しいのは、やはり触診力である。

ストレッチなどは、見た目は同じでも、微妙に力具合や方向に違いが出る。

今日もスクール生が、患者さんに肩甲挙筋や前鋸筋などのストレッチをする訳だが、ストレッチ具合が微妙に違うらしい。

私のテクニックを目の前で見ていても、完璧には伝わらない。

ましてや通信教育なんかでは、この微妙な方向や力具合が解らないだろう。

つまりこの微妙な方向や力具合が解らない限り、治せない事になる。

今日もどうすればこの微妙な方向や力加減が伝わるのかで悩んでいる。

私が私を姿勢矯正出来れば、伝わりやすいのだが…

1つの動かない関節を治すより1つの動き過ぎの関節を治す方が難しい!

姿勢矯正士の西本です。

1つの動かない関節を治すより1つの動き過ぎの関節を治す方が難しい!

当院にはよく首や肩や腰の関節がボキボキ鳴る患者さんが来られる。

なぜボキボキ鳴るのでしょうか?

それは動き過ぎによって鳴っていると言える。

このボキボキ鳴る関節を鳴らなくするにはどうすれば良いのだろうか?

それは非常に難しい矯正をしなければならない。

仮に首を回せばボキボキ鳴るとしよう。

首の骨は7つあるので、その内の1つの関節が緩くなってしまった可能性が非常に高い。

1つだけでないかもしれないが…

もしその1つだけ緩くなった関節があるとしよう。

この緩くなった関節を固くすることは難しい。

他のやや固くなってきた6つの首の関節を少しずつ動かしていき、動き過ぎの関節の負担を少なくしていく必要がある。

この場合、やや固くなった関節の近くには緩くなった関節の存在を認識しなければならない。

もしこの緩くなった関節の近くの関節をピンポイントでアジャスト出来ればこれにこしたことはない。

You Tube で見るボキボキ整体の多くは、固くなった関節を動かしている天才的な矯正は少ない。

緩くなった関節をボキボキ鳴らして自己満足している最低の矯正師の方が圧倒的に多い。

その様な最低の矯正は、ボキボキ鳴らせば鳴らすほど、音は軽やかに鳴り、ボキボキ鳴らすのが癖になってくる。

これがボキボキ整体の常連さんをつくるコツといえる。

ボキボキ整体をしたいなら、天才的な整体師にならなければならない。





Kさん姿勢が良くなると若くみえる!

姿勢矯正士の西本です。

Kさん 20歳代 女性 広告関係。

姿勢矯正とO脚矯正で来院。

症状は10年前から肩こりがある。

姿勢はねこスウェー型。

脚の組み方:左が上。

早速姿勢矯正に取り掛かる。

腰椎の過剰前彎には、腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチ。

胸椎の過剰後彎には、胸椎の伸展モビリ・マッケンジーテクニック・チェスタードロップ。

頸椎のストレートネックしは、頸椎の伸展モビリ・胸鎖乳突筋のストレッチ。

巻き肩には、肩甲骨の上方回旋は、下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーション。

肩甲骨の内転は前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチ

第1・2肋骨のモビリゼーションなども行った。

姿勢も良くなり肩こりも無くなった!

本人の了解をとって、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF1520モサイクDSCF7185モザイク










       姿勢矯正前              姿勢矯正後

今日は姿勢矯正士養成スクールの集中講義の日!

姿勢矯正士の西本です。

今日は姿勢矯正士養成スクールの集中講義の日。

普段患者さんに対して出来ない事を中心に展開。

先ず腰椎の過剰前彎を緩めるアプローチから始める。

続いて倉岡さんが午前中のみの参加であるので、頸椎のモビリゼーションについて参加者がお互いに施術しながら臨床を積んだ。

昼食は1F のカフェレストランで済ませる。

昼からは肩甲骨の上方回旋と内転のストレッチを練習。

その他、橋本さんや藤尾さんへのテーピングやら藤尾さんへの不定愁訴の治療を臨床する。

多くの大手のスクールでは治せないテクニックを教える事に憤りを感じる。

腹が立つ!!

しかし我々の姿勢矯正理論・姿勢矯正テクニックの優越感に浸るのも悪くはない。

AM9:00〜PM5:00はあっという間に過ぎていった。


DSCF7200DSCF7201











DSCF7204


集中講義終了後記念撮影
倉岡さんは午前中で帰られたので写っておりません。


参加者:倉岡さん・東岡さん・橋本さん・滝本さん・藤尾さん・西本


6月17日(日)はスクール生に対しての集中講義を行います。

姿勢矯正士の西本です。

6月17日(日)はスクール生に対しての集中講義を行います。

AM9:00〜PM5:00までを予定しています。

この集中講義はスクールの進行状況の遅れている生徒に対して行うものです。

多くの大手の整体スクールにおいては、テクニックの形にとらわれ過ぎている様に思います。

実際の治療に当たっては、微妙な方向の違いや力加減によって、改善が大きく変わってきます。

微妙な違いを教えるには、私が生徒に対してテクニックを披露したものを忠実にまねてもらうことから始めなければならないと思っています。

精度の高い姿勢矯正士を輩出する為には、狂った様に覚えたがる生徒と、狂った様に教えたがる私がガッチリ噛み合わなければならないと思っています。

さてどこまで教え切れるか、姿勢矯正研究会でちゃんと評価して貰えるか、楽しみでもある。

これもMake it work !(形にしよう)ですね!
最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ