京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2012年07月

次回の姿勢矯正研究会は9月30日(日)に行ないます。

姿勢矯正士の西本です。

次回の姿勢矯正研究会は9月30日(日)に京都にしもと整体院で行います。

時間は10:00〜16:00

議題はやはり今回も難関のモーションパルペーションについて最優先に行なわなければならないと思っています。

それからハイパー治療についても臨床を交えて私から披露したいと思っています。

会員の皆様も自信作があれば披露して頂きたい。

姿勢矯正士をメジャーにする為の方法があれば持ち寄って下さい。

私からはfacebookの効果について質問したいと思っています。(今勉強中ですが…)

新規開業者のその後の経緯についても聞いてみたいと思っています。

姿勢矯正研究会の参加者が増えて参りますと昼食の場所の予約が必要となってきますので、2〜3日前までには出欠のコメントを頂きたいと思います。

さぁ次回もパワーアップで臨もうではないか!


東岡誠先生が卒業されました!

姿勢矯正士の西本です。

東岡誠先生が姿勢矯正士養成スクールを卒業されました。

私の姿勢矯正を実際に行っているところをよく見て、勉強されました。

当院の患者さんに対しても出来るところを治療をして貰いました。

日本姿勢矯正士協会に加入されますので、会員の皆様と一緒に新しい技術の追求に頑張って貰いたいを思っています。

8月に大阪の南森町で『姿勢矯正専門整体院 mint』として開業の予定です。

大阪方面で猫背などの姿勢についてお悩みの方はご利用下さい。

DSCF7533









今日は姿勢矯正士養成スクール集中講義の日

姿勢矯正士の西本です。

今日は姿勢矯正士養成スクール集中講義の日。

AM10:00〜PM4:00まで。

講義内容は、

過剰前彎の取り方の押圧ポイントの確認。

肩甲骨上方回旋と内転のストレッチ方向の確認。

体調不良のスクール生の治療。

小柄な女性でも出来る、NEWストレッチの研究。

最後にフェイスアップの効果について。

あっという間に6時間が過ぎた。

今回は辻内先生の考案された3D Projective Instruction & Session Methodを参考に写真での指摘も取り入れた。

スクール生達の進歩を見るのも非常に楽しいものである。

DSCF7518DSCF7519


腰に負担を掛けないテクニックを伝授








DSCF7522DSCF7523



女性にも出来る省エネテクニックを伝授







DSCF7527DSCF7525


マッケンジーテクニックの押圧方向の不備を指摘








DSCF7529


最後に集合写真




manipulatoin

姿勢矯正士の西本です。

マニピュレーション(manipulation)

私の卒業した学校では、マニピュレーションの時間は、ほぐしの時間であった。

今から思えば、つまらんテクニックが多かった。

Manipulationの意味を調べてみると、こんな事が書いてあった。

(器具などの)扱い,操作,じょうずな扱い,巧みな操作

(相場などの)不正操作

(帳簿・計算・勘定・報告などの) ごまかし,改竄(かいざん 、小細工、うまくやりくりする
.
医学触診

こんな意味らしい。

私の習ったテクニックは、治療からすると、ごまかし・小細工テクニックといえる。

今そのスクールで習ったテクニックで私が使っているのは3つに過ぎない。

殆どが利用価値なしである。

2年の整体スクールを卒業して、こんなもんである。

顔がにやけている。

怒る気にもなれない。






次回の姿勢矯正研究会 9月16日(日)

姿勢矯正士の西本です。

次回の姿勢矯正研究会は9月16日(日)を予定しています。

時間はいつも通り、10:00〜16:00です。

しかし連休の為、旅行等の予定を組んでいる方もおられるのではないかと思います。

そこで今回は会員の皆様の一番都合の良い日(多くの方が参加出来る日)に決めたいと思います。

全ての会員の皆様、都合の良い日・悪い日がありましたら、お知らせ下さい。





7月22日(日)に姿勢矯正研究会がありました。

姿勢矯正士の西本です。

7月22日(日)に姿勢矯正研究会がありました。

参加者は過去最多になりました。

参加者;山口先生・辻内先生・七里先生・濱田先生・米田先生・矢田先生・倉岡先生・橋本先生・東岡先生・滝本先生・西本の11名

今回から4名の新規の先生の参加がありました。

8月には、七里先生(Sona整体院)・倉岡先生(滋賀くらおか整体院)・東岡先生(姿勢矯正専門整体院mint)が開業される予定です。

先ずは自己紹介から始まる。

辻内先生から3D Projective Instruction & Session Methodについて説明がありました。

スクール生にとって、先生とのテクニック中のポジションなど姿勢の違いを写真やビデオによって確認する方法は非常に解り易く、相当の評価がありました。

橋本先生からは、念願の頭痛改善枕をバリで製作出来る見透しがつきましたので、注文の予約の確認して、見積もりに入って貰いました。

私からはセルフメンティナンスについて説明しました。

昼は1階のカフェレストラン・ヌーベルバーグで昼食を取りました。

午後から参加者の不調ポイントを各先生が治していく形で進んでいきました。

非常の難しい症例の先生もおられて、私は最高に頭を使いましたが何とか改善出来てほっとしています。

DSCF7453


テクニックを研究中



3d way


辻内先生による3D Projective Instruction & Session Methodの披露



DSC00969


私のセルフメンティナンスについて説明



DSC00998


テクニックを研究中



DSC00976


参加者全員による集合写真



理想の姿勢矯正!

姿勢矯正士の西本です。

私はいつも夢を見ている。

理想の姿勢矯正像に関してである。

弱い力で、患者さんに負担がなく、しかも気持ちよく出来たら最高であろう。

姿勢を変える為には、アンバランスに調整しなければならない。

その調整とは、縮んだ筋肉にはストレッチを掛け、緩んだ(弱った)筋肉には筋トレをして鍛えなければならない。

しかし長い間姿勢の悪い人はどうも筋肉を鍛える事は苦手な様だ。

そこで登場するのは、ストレッチである。

しかしそこに厄介な問題がある。

縮んだ筋肉にストレッチを掛けると非常に痛い事である。

それにもうひとつ問題がある。

緩めてはいけない筋肉を、緩めてやると気持ちいい事である。

寝てしまう様な気持ちのよいマッサージを受けると、翌日かえって体調が悪くなる事などはその為である。

理想の姿勢矯正に必要なのは、縮みきった筋肉をいかに気持ちよく緩める事である。

40分程度で全身の筋肉を調整しなければならない私としては、異常に難題といえる。

強くストレッチをすれば、効果は出るが痛い。

弱くストレッチをすれば、痛くはないが効果は出ない。

無痛で姿勢矯正が出来れば理想であるが、どうもメカニズムが見つからない。

今日見た夢!

強烈な猫背(亀背)をそっと触れるだけで、背骨が伸びていく。

こんなカリスマ姿勢矯正士になっている夢。

しかしこんな姿勢矯正が理想であるのは間違いない!

肋骨のマッケンジー法

姿勢矯正士の西本です。

普通マッケンジー法は椎骨に対し行うものであるが、強烈な猫背(亀背)の患者さんには、肋骨に対してマッケンジー法を行う事もある。

この場合、肋骨は衝撃に対して非常に弱い骨であるので、力具合が問題になってくる。

私の場合は、半分位の力で起き上がってくるように指示を出している。

内肋間筋あたりにストレッチが掛かれば効果が出るものと思っている。

七里先生が開業されます!

姿勢矯正士の西本です。

七里先生は6月末でベルタを退職されました。

7月中でやれるだけ準備をして8月にオープンされる予定です。

22日の姿勢矯正研究会は参加されますので、その時に詳細は報告されるそうです。

股関節が鳴る!

姿勢矯正士の西本です。

昨日は祝日だったので、患者さんはちょっと少なめ。

東岡先生の股関節が屈曲すると鳴るというので、ハイパー治療を試みる。

股関節の動きがやや悪い方向にモビリゼーション(関節をゆっくり動かす)を掛けてみると、不思議と音は鳴らなくなった。

もうちょっとメカニズムが解らないので、解明しなければならないが…

しかし股関節が鳴る患者さんが多い中、ちょっとトンネルから脱出できそうである。

次回の姿勢矯正研究会で、メカニズムの解明に取り組みたい。

DSCF7424


股関節のハイパー治療を試しています。



最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ