京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2012年11月

人生にリハーサルはない!

姿勢矯正士の西本です。

以前ワコールの創始者である塚本幸一さんが話をされていた内容を編集された、塚本幸一語録「生かされて」の中に載っている話を紹介した。

今回もまた「ちょっとうなる話」を紹介しよう。



『人生にリハーサルはない』

私は、仕事でも生活でもリハーサルなどやったことがない。

書や原稿もぶっつけ本番で書く。

講演の準備もしない。

ところが、なにごとにもまず練習をし、その後に本番があると考える人が多い。

練習は、あくまでも練習であって、本番ではないという気楽さをもって臨んでしまう。

それは、現在を大切にしていないという意味で人生の無駄遣いだ。

実際の人生には、練習というリハーサルの時間はないのだ。

人生はリハーサルなき本番の連続だ。

常に真剣勝負でなければならない。

塚本幸一語録「生かされて」より



整体のスクールの教え方に『寸止め授業』という教え方がある。

こう実際に矯正すると歪みが取れるが、その手前で止めておく。

スクール生は、先生の言う事を、きっとそうなるに違いないと信じる。

しかし実際に矯正してみると全く違う結果になる。

動かそうと試みても全く動かないか、動いっても全く症状は取れない。

そこで初めてだまされていた事に気が付く。

寸止め授業は、あくまでリハーサルであって、本番ではない。

これはやはり時間の無駄遣いであると言える。

私はリハーサルなき本番授業を目標にしている。


健康にカエル!

姿勢矯正士の西本です。

今日は当院のマスコットの紹介です。

これは今年の5月27日・28日・29日の三日間の台湾旅行のお土産です。

店のおばちゃんに「これは健康に帰る」という意味もあるという事で、すぐに買う事を決めた品物である。

健康に帰って頂こうと思って、カウンターの上に置いていた。

当院の姿勢矯正で来ていた子供が、回数券をこんないたずらしていたので「これは面白い」と思って時々こんなサプライズをする。

このサプライズは中々の好評でいつも「にこっ」とされる。


DSCF8319DSCF8321












肋骨モビリゼーションでなぜ肩甲骨が中に入るのか?

姿勢矯正士の西本です。

肋骨モビリゼーションで、なぜ肩甲骨が中に入るのか?

この肋骨モビリ、他にもご利益がありそうだ。

実は、前鋸筋にもストレッチが掛かっている様だ。

そしておまけに、さほど痛くない。

そしたら、この肋骨モビリをもっと進化さしたら、超気持ちいい前鋸筋ストレッチになりはしないか?

またわくわくしたテクニックの登場があるかもしれない。

これで次回の姿勢矯正研究会のテクニック披露は決まった。

これから臨床を積もう。

座位での効率の良い前鋸筋のストレッチは待望のテクニックとなりそうである。

東京から姿勢矯正スクール&セミナー参加!

姿勢矯正士の西本です。

昨日は東京から2名の整体師及び柔道整復師の方が姿勢矯正スクール及びセミナーに受講されました。

東京には姿勢矯正を教えてくれる所が無いらしい。

2人とも既に知識は相当ある。

だから飲み込みも相当早い。

しかし正面から突いても全くぶれない知識も横から突っついてやるとぐらぐらしている。

まだまだ応用が利かないし、応用が出来ない感じがする。

特にアイソメトリックの方向に四苦八苦している。

色んな場面でアイソメトリックを使用するが、これが完全には理解出来きらないようだ。

しかし疑問点が次々出てくる。

疑問点が出る事は素晴らしい事である。

最初は疑問点すら解らない人が多いのに、さすが専門家である。

この分なら東京に姿勢矯正の拠点が出来るかもしれない。

これを「取らぬ狸の皮算用」と言うのだろうか?




DSCF8300




肋骨のモビリゼーション





DSCF8301

背骨のモーションパルペーション




DSCF8302



テクニック(蚤つぶし)
昔私の弟子から聞いた名前
この名前、私すごく気に入っている








西本式肋骨モビリゼーションの応用!

姿勢矯正士の西本です。

肩こり改善の為にはどうしても肩甲骨を内転(後に持ってくる)しなければならない。

肩甲骨が内転した状態が安定してくると、胸鎖乳突筋や前斜角筋や小胸筋が張ってくる事が多い。

つまり首の前の張りが出てくる。

この張りの消去の為に、もっと西本式肋骨モビリゼーションが活用出来ないかとふと考えてみた。

烏口突起(肩甲骨)を後に持ってきて、肋骨の3番・4番・5番をモビっていくと、小胸筋に効率よくストレッチが掛からないだろうか?

首を反対側に倒しながら肋骨の1番・2番をモビっていくと斜角筋に効率よくストレッチが掛からないだろうか?

人間の体は奥が深いなぁ!

姿勢矯正に未だ飽きる気配はない。

今日も朝から頭をひとひねり!

さてさて趣味と仕事がマッチするとこんな心境になるものなのか?

特別な姿勢矯正研究会!〜西本式肋骨モビリゼーションテクニック〜

姿勢矯正士の西本です。

出席者:山口先生・辻内先生・七里先生・濱田先生・倉岡先生・東岡先生・矢田先生・久保上先生・河原先生・佐野先生・西本の11名

今回の姿勢矯正研究会は私が考えついたNEWテクニックの披露の日となった。

このテクニックは今までの姿勢矯正テクニックを大幅に短縮・省略出来るテクニックと言えるかもしれない。

今までのテクニックと何が違うのかというと、考え方が違うのである。

背骨中心から、肋骨中心と考えがシフトした点が大きい。

今回、日本姿勢矯正士協会会員の前で披露した訳であるが、評価されるかが少々不安でもあったが、多くの会員の方に絶賛頂いた。

私の治療スタイルが変わってきた様に、会員の先生方の治療スタイルが変わっていく予感がする。

この名称を私は西本式肋骨モビリゼーションテクニックと名付ける。

今回の姿勢矯正研究会に参加された先生にお願いします。

このテクニックを試された効果について、コメントをお願いします。

久しぶりの興奮状態、ハイテンションの私としてはデジカメで写真を取るのを、忘れていました。

辻内先生から写真を送って頂きました。



次に辻内先生の臨床カンファレンスを行った。

さてさて難題である。

足の裏が痛い。
病名:有痛性外脛骨(舟状骨の下に余分な骨)

インソールなどで対応するしか方法が見つからない。

私には他に良い方法が見つからない。

小学4年生の女子。

かわいそうである。

狂った様に欲しがっていたら、何か良い方法が見つかるかもしれない。




(忘れ物)
ぜんぶわかる筋肉の名前としくみ事典 京都にしもと整体院で保管しています。


DSC04588DSC04589

七里先生に対して、肋骨モビリゼーション(屈曲バージョン)



DSC04591DSC04597
骨格模型でメカニズム説明

久保上先生に対して、肋骨モビリゼーション(伸展バージョン)



DSC04600DSC04614矢田先生に対してサブラクセーションを取りながら肋骨モビリゼーション
集合写真(濱田先生と倉岡先生は早退の為写っていません)






次回の姿勢矯正研究会は平成25年1月20日(日)AM10:00〜

午後5時頃から新年会を行う予定です。

筋肉緩めるケアで体調改善?

姿勢矯正士の西本です。

筋肉緩めるケアで体調改善

平成24年10月29日の朝日新聞(夕刊)の「体とこころの通信簿」にこんな記事が載っていたと当院の患者さんが持って来てくれた。。

パソコンや携帯電話、スマートフォンに夢中になり、気が付いたら首がガチガチに凝っていた。

そんな経験は誰にもあるはず。

始めは「ただのこり」と思っていても、うつむき姿勢が長く続くと、首の筋肉の疲労がたまり、心身両面の調子が悪くなる恐れがあり、注意が必要だ。

こんな出だしで始まったこの記事。

要約するとこんな事が書いてあった。

●首には体の活動を自動制御している自律神経が密集している。

●長時間のうつむき姿勢で首の筋肉が披露してくると、副交感神経の働きが阻害される。

●副交感神経の失調が原因不明の体調不良の原因になっている。

東京脳神経センターには、首のコリ・頭痛・めまい・ドライアイ・食欲不振・全身倦怠などあらゆる症状を訴える患者が全国から訪れる。

●首の疲労を解消する治療では、ほとんどの患者が治っている。

●うつむき姿勢は首の後ろの筋肉に通常の3倍の負担が掛かる。

●15分に1回の、首の後ろで両手を組んで筋肉を緩めるなどの日常的なケアが重要。

●首こりの解消には、就寝時の枕が果たす役割の大きい。

●この枕、一世を風靡した16号整形外科の山田朱織院長の記事である。

こんな記事の内容だった。




先ずこの記事の中で、15分に1回の、首の後ろで両手を組んで筋肉を緩めるなどの日常的なケアが重要と書いてあるが、これは肩こりの改善には悪影響を及ぼすかもしれない。

やはり肩こり解消には、姿勢を正さなければならないので、むしろ首の前の筋肉、前斜角筋や胸鎖乳突筋のストレッチの方が効果が出る。

山田朱織院長の枕であるが、これも横向きに寝やすい枕であるのでお薦め出来ない。

枕は出来るだけ低い枕にするか、無い方が良い。

健康の為なら、上向きに寝やすくする必要がある。

上向きに寝にくい人は、枕の性ではなく、首の性と思った方が良い。

18日の姿勢矯正研究会は期待しておいて下さい!

姿勢矯正士の西本です。

姿勢カイロ・オフィスの辻内先生のブログにこんな記事が投稿されていました。




姿勢矯正士の辻内です。

こんな患者さんが来院されました。

概要は以下の通りです。

小学4年女子。

両足の裏(長足底靱帯あたり)が痛い。

扁平足ぎみ。

肩のこりもひどい。

病院での検査結果と診断:

有痛性外脛骨。舟状骨の下に余分な骨があるので痛みが発生。

痛みがひどくなれば手術が必要かも知れないが、現段階ではインソールなどで対応し経過観察する。

その後病院でインソールを作ってもらい約1ヶ月履いていたようだが、今度は腰痛も出てきた。

医師の見解:

インソールと腰痛は関係がないのではないか。

このままで経過を見ましょう。


さて会員の皆様ならこんな臨床例はどう対応されるでしょうか?

ちなみに当院ではある方法を実施したところ母親からは「先生にはここまで丁寧に診ていただいて、しかも問題点が良く理解することができました。ありがたいです。」

と言っていただけた。

詳細についてはここでは省略しますが次回の姿勢矯正研究会当日はデータを持参しますのでどう判断し、どう治療するかなど大いに皆さんでカンファレンスをお願いしたいと思っています。




会員の皆さん!

姿勢矯正研究会の実力の程を見せつけようではないか!

ここで気になるキーワードがありますので、勉強しておきましょう。

長足底靱帯

有痛性外脛骨?

舟状骨

舟状骨の下に余分な骨?

扁平足



私の方からは臨床を積んできました「肋骨モビリゼーション」を満を持して披露しますので、期待しておいて下さい。

オーウェン、度重なる故障は猫背が原因?

姿勢矯正士の西本です。

ヤフーのトピックスにこんな記事が掲載されていた。




オーウェン、度重なる故障は猫背が原因?

ISM 11月11日(日)17時21分配信

ストーク(イングランド)に所属する元イングランド代表FWマイケル・オーウェンは現地時間10日、慢性的に悩まされるハムストリングの故障の改善のため、クラブのメディカルスタッフからアドバイスを受けた。

その解決方法は「背筋を伸ばし、真っ直ぐに立つ」ことだという。

ロイター通信が報じている。

リヴァプール(イングランド)でプロデビューを果たし、18歳の若さで1998年W杯に出場するなど、早くからその才能を開花させてきたオーウェン。

2001年にはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)、FAカップ、リーグカップのカップトレブル(三冠)に貢献し、同年のバロンドール(年間最優秀選手)にも輝いた。

その後、レアル・マドリー(スペイン)、ニューカッスル、マンチェスターU(以上イングランド)を経て、今オフにストークに加入した同選手だが、度重なる負傷が邪魔をし、輝きは徐々に失われている。

特にハムストリングのケガで戦列を離れることは数えきれないほどで、現在もハムストリングの問題により、今季ここまでわずか54分間の出場にとどまっている。

そんななか、ストークのトニー・プリス監督はオーウェンの状態についてコメント。
英『デイリー・メール』紙に対し「負傷が長期に渡ったことでマイケルはとてもナーバスになっている。

何よりも気にすべきなのは彼の姿勢だ。

姿勢の悪さがハムストリングのケガにつながっている。

背骨がまっすぐに並んでいないので、それをしっかりと正さなくてはならない」と語った。

プリス監督は「筋肉系の負傷の多くは、背骨が曲がっていることが原因になっていることが多いと我々は考えている。

しかし、これを機に正すことができるだろう」と述べ、姿勢の改善によりオーウェンの故障癖は改善できると語っている。





私は昔から言っている。

肩こりや頭痛や腰痛のある人は、必ず姿勢が悪いと…

それは姿勢をチェックする前に断定出来る。

医療関係のお役人さんよ。

医療費を削減したいなら、もっと姿勢について勉強したらいかがなものかな?








下部肋骨モビリゼーションの怪!

姿勢矯正士の西本です。

このところ猫背の矯正時に肋骨のモビリゼーションをする事が多い。

そこでとんでもない事が起っている。

下部肋骨をモビっていて、上肢の血流がみるみるうちに良くなっていくのだ。

いっきに腕の色がピンク色に染まっていく事もある。

これには、先ず患者さんがびっくりする。

この変化は、不快感はなく、むしろ爽快感の方が勝っているようだ。

少なくとも何人かの患者さんがこの不思議な体験しているのだ。

なぜか?

少なくとも私の脳みその中には、これを解明する知識はない。

このメカニズムが解る方はコメントして下さい。



最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ