京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2013年06月

次回の姿勢矯正研究会は7月21日(日)です。

姿勢矯正士の西本です。

次回の姿勢矯正研究会は7月21日(日)に京都にしもと整体院(日本姿勢矯正士協会本部)にて10:00〜16:00に行います。

内容は

日本姿勢矯正士協会和歌山支部の6月の姿勢矯正研究会内容について報告があります。

私からは外腹斜筋が猫背にどの様に影響するかを報告したいと思っています。

しかし今のところ、肋骨モビリのように、劇的な効果は出ていませんが…

それはそれで、なぜ効果が出ないのかを分析していかなければなりません。

会員の皆さんも何か披露したいもの、疑問点がありましたら、議案に載せたいと思いますので、コメントかメールで投稿下さい。

姿勢矯正研究会は会員の皆さんのレベルアップによって、実力集団として維持していかなければならないと思っています。

外腹斜筋はどの様に猫背に関わっているのか?

姿勢矯正士の西本です。

今一つ猫背の矯正に安定感や持続性に不満を感じているのは、何かメカニズムの解明に欠如があるに違いない。

そこで取り組んでみたいのは、外腹斜筋や内腹斜筋のストレッチやアイソメトリックがどの様に猫背に効果があるか?

外腹斜筋や内腹斜筋の起始・停止の分析や作用から、概ねテクニックは完成しそうである。

場所が場所だけに、女性には効果が保障されない限り、二の足を踏むかもしれない。

しかし当院には「しんどい」と訴える広範囲に症状のある女性が結構来られるので、「思い立ったが吉日」という心境で取り組みたい。

今イメージ出来ている外腹斜筋のストレッチは、

仰臥位でする。

胸椎には少し伸展を掛ける為にバスタオルを入れておく。

外腹斜筋の場合の作用は同側の肩を前方にするので膝を立てて、反対方向に倒してストレッチをかける。

外腹斜筋の起始部で胸椎の屈曲しているのは、Th5〜Th9当たりなので、そこらの外腹斜筋をストレッチを掛けてみる。

その時、モーションパルペーションを駆使して前部の肋骨が開き難い部分のみを伸ばすべきであろう。

これもやはり肋骨モビリの一つになる。

この外腹斜筋モビリは呼吸のし難い猫背の方には、非常に呼吸が楽になるという「おまけ」があるかもしれない。

このやり方は今朝の4時頃、ふと目が覚めてイメージが湧いた。

内腹斜筋の分析は次回に行ないます。

DSCF9352










チャートブック 骨格筋の解剖 より

典型的なねこスウェー 〜もっと早く来れば良かった〜

姿勢矯正士の西本です。

Sさん 40歳代 男性 企画販売業務

体の歪みのチェックの為に来院。

症状:腰痛・肩こり・頸部痛がある。

症状は悪くなってきている。

寝方:横向き

脚の組み方:左が上

整体やマッサージには行った事がある。

早速姿勢チェックから始める。

典型的な猫背とスウェーバックの中間型(ねこスウェー)である。

腰痛・肩こり・頸部痛の諸症状も姿勢からきていると判断。

いつも通り、ねこスウェーの矯正から入る。

これだけで症状のほとんどが取れる筈である。

今日で3回目の姿勢矯正であるが、症状は大幅に改善してきている。

只、まだ横向き寝の方が気持ちがいいらしいので、暫し時間が掛かりそうだ。

今回も本人の了解を取って、写真の掲載とさせて貰った。

この様な姿勢や症状でお悩みの方は、一日も早く姿勢矯正される事をお薦めします。

DSCF9262モザイクDSCF9350モザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(3回目)

猫背を治して欲しいと来院!

姿勢矯正士の西本です。

Kさん 女性 20歳代 学生

猫背を治して欲しいと来院。

症状は別にない。

寝方は上向きと横向き。

猫背であるが、大した猫背ではない。

むしろ猫スウェーといっていい。

反り腰も気になる。

また巻き肩も強いのでバストアップも期待できる。

今日で5回目の姿勢矯正で姿勢も安定してきた。

本人の了解を取って、写真を掲載させて頂いた。

DSCF9182モザイクDSCF9252モザイク










        姿勢矯正前          姿勢矯正後(5回目)



ハイパー治療は痛みを伴う!

姿勢矯正士の西本です。

ハイパー治療とは動かない関節をピンポイントで動かして治す方法である。

その為には、動かない関節と動き過ぎの関節を見分ける触診力つまりモーションパルペーションの精度アップが不可欠である。

それともう一つ患者さんに我慢して貰わなければならないのは、少々痛いことである。

動かない関節を動かすという事は、縮みきった筋肉や靭帯に負荷を掛けるという事であるので、当然痛みが伴う。

逆にいうと痛くない方法では効かないという事かもしれない。

痛くない方法を目指しているが、ピンポイントで固い関節を動かすとどうしても痛みが伴う。

痛くない方法を色々と試してみたが、結局は動かない関節をピンポイントで押せてなかったり、押す力が弱かったりして治療効果の方はイマイチである。

今のところ、固い関節をピンポイントで動かして、しかも痛みがない方法は見つかっていない。

日本姿勢矯正士協会の会員の皆さんも、痛くないテクニックを編み出せたら、症状が改善しているかをきっちり追跡調査する必要があると思います。

ひょっとすると思った程、改善していないかもしれませんよ。



外腹斜筋・内腹斜筋の研究

姿勢矯正士の西本です。

姿勢矯正をしていて姿勢を直させない何か邪魔をする力を感じる。

体を守る為に何か抵抗する筋肉か靭帯がある様に感じるのは私だけだろうか?

昨日の猫背の患者さんもそんな感じだった。

猫背というイメージよりも亀背である。

まるでゾウガメを彷彿させる。

この様な頑固で強靱な猫背は、当然気持ちなんかで直るものではない。

立ち方なんかをいくら改善しても頑固で強靱な猫背はびくともしない。

ここに何か私が気の付かないところに抵抗する筋肉が働いていると思える。

どうも私の勉強不足の外腹斜筋・内腹斜筋あたりが抵抗しているのではないだろうか?

辻内先生もいいところを突いていると感心している。

これからの勉強は外腹斜筋・内腹斜筋の内、どの筋肉が猫背に関わっているのか分析する必要がある。

外腹斜筋・内腹斜筋の内でどの筋肉が縮むと猫背になってくるのか、まだイメージが湧かないが…

このメカニズムの解明は、姿勢矯正の研究にとって価値があると思いますか?


辻内先生が衝撃の「姿勢矯正105例」をHPで公開!されました。

姿勢矯正士の西本です。

日本姿勢矯正士協会会員である和歌山支部長の辻内先生が衝撃の「姿勢矯正105例」をHPで公開!されました。

一遍に105例である。

見事である。

http://www.naxnet.or.jp/~teri/mysite5/kyouseigazou.html


私は姿勢矯正例の数と姿勢矯正の実力は比例するものと思っています。

日本姿勢矯正士協会会員の先生方も挙って多くの姿勢矯正例をアップしようではないか!

姿勢矯正の実力集団:日本姿勢矯正士協会の会員として、姿勢矯正をメジャーにする為に姿勢矯正例をもっとアピールして頂きたい。

私も負けてられん!

次は500例でも挑戦してみるか!



チャールズ・チャップリンのアイデア法!

姿勢矯正士の西本です。

喜劇王チャールズ・チャップリンはどの様にしてアイデアを見つけ出すのだろうか?

彼は自伝でこう言っている。

「長い間の経験から、アイデアというものは、それを一心に求めてさえいれば、必ずやってくるということを発見した。たえず求めているうちに、いわば心が、想像力を刺激するような出来事を見張る一種の物見やぐらになってしまうのである。一片の言葉、一夕の日没からアイデアは生まれることもありうるのだ」

ではチャップリンはどうやってアイデアをつかむのだろうか?

「それにはほとんど発狂一歩手前というほどの忍耐力がいる。苦痛に耐え、長いあいだ熱中できる能力を身につけなければならない」

私には姿勢矯正に対するよいアイデアがなかなか浮かばないのは、発狂一歩手前というほどの忍耐力がない為ではないだろうか。

つまり忍耐と集中力が不足していると言う事。

もっと苦しめということ!

まだまだだなぁ!

肩こり革命〜改善するという事〜

姿勢矯正士の西本です。

今日来られた患者さんの話。

「肩こりはどうですか?」

「ほんと最近マッサージに行かなくなりました。以前は1時間のマッサージを週3回ぐらい行っていました。」

これが改善してきた兆候です。

強揉み・長いコース・間隔が狭い→これらは悪化のサイン。

マッサージやマッサージ・チェアを使用すると必ず肩こりは改善すると思うのは間違いです。

私ならあんなところを揉みません!

少なくとも僧帽筋なんかは揉みません。

私には「姿勢矯正」・「肩甲骨矯正」・「ハイパー治療」という伝家の宝刀がある。

もっと早く来れば良かったと思わしたる。

肩こり革命を起こしてみせるぞ!


のどかやねぇ

姿勢矯正士の西本です。

昨日の患者さんの話。

のどかやねぇ。

当院では45分の枠に一人入れる予約制になっている。

自分自身は「せかせか」するのが苦手な性分である。

30分前に来院されて長い間待たれるのも気になる方である。

私は45分の枠内で、十分実力を発揮したいといつも思っている。

時間が来ているのにまだ症状が残っているのも嫌な性分である。

そこで45分の内に30分程度で結果を出したいといつも思っている。

今まで45分でしていた内容を30分でやってやろうとスピードアップに取り組んできた。

その取り組みが功を奏してか、最近は30分以内にある程度結果を出す事が出来てきた。

枠内の残りの15分は、前後の予約状況の調整などに当てる事が出来るので、治療としてはゆっくりスローダウンしている。

そこで前日の患者さんの様に「のどかやねぇ」と感じるのかもしれない。

汗ひとつ掻かず、これで効果抜群、そして「のどかやねぇ」と言わせる治療を目指したいものである。

姿勢矯正整体は決して肉体労働ではなく、知的労働と思わせたいものである。



最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ