京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2013年08月

9月22日(日)の姿勢矯正研究会ではモーションパルペーションをやりたい!

姿勢矯正士の西本です。

最近当院に来院される患者さんの中に超慢性の腰痛を訴える方が多い。

30年・40年と腰痛に悩まされている。

病院に行っても、原因不明の腰痛症と診断。

痛み止めと湿布で終わり。

2時間・3時間待って、これではやってられん。

こんな不満を持って、当院に来られる方が結構おられる。

さてなぜ原因不明なのだろうか?

と考えた事がありますか?

それはレントゲンやMRIでは、読めない所に原因があるとみるべきでしょう。

原因の1つにハイパーがある。

ハイパーを構成する原因にフィクセーションやハイポがある。

しかしこれらはレントゲンやMRIでは到底読めない。

そこで登場するのがモーションパルペーションという触診法である。

慢性腰痛の改善の為には、モーションパルペーションの精度アップが不可欠となる。

次回の姿勢矯正研究会では、私が午前中を掛け、モーションパルペーションの精度アップの為の指導したい。

会員の皆さんの賛同が得られれば、実施したいと思います。

午後からは、膝関節のクリック音についてと、質疑応答に時間を充てたいと思います。


尚、私のモーションパルペーションの本が行方不明です。

誰かに貸出したと思うのですが、歳のせいで思い出せません(笑)

お持ちの方は次回の姿勢矯正研究会の時に持って来て下さい。

すべて成功の秘訣は仕事にほれこむことだ! ウォルト・ディズニー

姿勢矯正士の西本です。

すべて成功の秘訣は仕事にほれこむことだ!

これがウォルト・ディズニーの信念である。

私も姿勢矯正が好きで好きでたまらない。

ほれ込んでいる。

そして新患が来る度にいつも浮き浮きするし、治らないと落ち込む。

こんな毎日だ。

私の「脳みそ」の中には、その治らなかった患者さん達がいつも「うようよ」いる。

その患者さん達が、私の自信過剰を見事に打ち壊してくれる。

さあ今日も頑張るぞ!


橈尺関節を診る!

姿勢矯正士の西本です。

ある患者さんの話。

右手首に湿布。

どうしましたか?

重い荷物を運んだ時、手首に痛みが走った。

あまりの痛さに整形外科に直行。

レントゲンの結果、骨に異常なし。

捻挫かもしれないので、取り敢えず湿布しておくとの事。

もう3日ほど経つのに手首を動かすと未だ激痛が走る。

経験上、良くならない場合、的外れの事が多い。

元々姿勢矯正で来院されているので、姿勢矯正後時間が余ったら診ましょうと言っていた。

終盤、ちょっと時間が余ったので、右手首を診る事にした。

想像では、橈尺関節の回外不全ではないかと思った。

早速モーションパルペーションを取ると、案の定上下橈尺関節の回外不全が見つかった。

この上下橈尺関節の回外不全をモビリゼーションで取ってみると、痛みは一発で解消。

患者さんの声。

整形外科に行ったんって、何やったん!


これはいい!

姿勢矯正士の西本です。

先日親子3人で東京から姿勢矯正を受けに来られた。

その時、こんな資料を見せて頂いた。

普段の子供の姿勢の写真をファイルしたものだった。

こんな資料を持って来て頂いたのは初めてだった。

すごく姿勢矯正の参考になったので、このファイルをいただき、親御さんの了解を得て、ブログに掲載させて頂いた。

これはいい!

DSCF9710モザイクDSCF9712










DSCF9713モザイクDSCF9714モザイク










間違いだらけの健康ジョーシキ ?

姿勢矯正士の西本です。

2013年8月20日(火)19:00〜20:54に間違いだらけの健康ジョーシキというテレビ番組があった。

内容はこんな感じだった。


厚生労働省によると、病気やけがなどで自覚症状がある人の男性第1位と女性第2位が腰痛となっている。

男女2405人にアンケートをとったところ、40歳を境に半数以上が腰痛の自覚症状を持っていた。

東京女子医科大学東医療センターの神戸克明先生は「腰痛は寝ながら治す」という新ジョーシキを唱えた。

腰痛には2つのタイプがあり、一つは原因がハッキリしているもの、もう一つは原因がわからない慢性の腰痛。

背骨の後ろの部分は屋根の瓦のような耕造となっている。

瓦の部分の骨と骨があたり痛みの原因になっている。

仙骨が傾くことにより背骨の反りが強くなる。

それが痛みにつながるのだという。

神戸先生によると、正常な仙骨の角度は22℃〜25℃だという。

腰痛に悩む40代から60代の男女の仙骨の傾きを調べると軒並み30℃を超えていた。

神戸先生は腰痛は抱き枕を膝の下の置いて寝れば良いという新ジョーシキを話した。

腰痛に悩む木本武宏氏がこの方法で腰痛を治すことに。

木本氏の仙骨の角度を測ると40℃で重症だった。

抱き枕は少し硬めのものを膝の下に置き足を肩幅に開いて寝る。

膝を曲げると反りが解消される。

まだ実験例がないため、木本氏が世界で初めてこの治療法を実戦する。

深夜2時に実験開始。

5時間半の睡眠のうち、膝の下に抱き枕があった時間は3時間47分。

木本氏はこの実験を1週間継続。

1週間続けたところ、仙骨の角度が40℃から35.5℃に改善していた。

実験の結果、膝の下に枕を置いて寝ると仙骨の角度は改善される。

木本はそれから治療法を続けていて、3日前から腰の痛みが改善されてきているという。

森田豊先生は木本氏に運動を続けていけばよくなるとアドバイス。

木本氏の仙骨の角度は33℃になっている。

実験の結果、抱き枕で木本の腰痛は改善された。



さてこの新常識は本当に信頼していいのだろうか?

姿勢矯正士としては、いささか疑問が残る。

それでは私なりにこの新常識の疑問点を洗い出してみよう。

先ず抱き枕の為に正しい寝返りが打てないので、腰以外に悪影響が出そうである。

膝を曲げて寝るということは腸腰筋や大腿直筋が縮んだ状態で寝るので、朝起きた時、縮んだ腸腰筋や大腿直筋によって反り腰が復元して、腰痛は改善しない。

腰痛は反り腰によってのみ起こるものではないので腰痛の種類によっては悪化する場合も考えられる。

以上のような問題点が予想出来る。

番組としては、もっと臨床を増やし、本当に腰痛が改善したのか追跡調査をする事をお薦めする。

T君の姿勢矯正例

姿勢矯正士の西本です。

T君 男性 小学生 

姿勢が悪いと両親に連れられて来院。

当院を選んだ理由は、姿勢矯正例の多さから信頼できるのではないかと思った。

早速姿勢のチェックから始めた。

猫背である。

しかし問診表を見て驚いた。

寝方は上向きである。

しかも寝具は固め。

治療ベッドに寝て貰ったところ、案の定猫背がない!

さてこの場合、胸椎の猫背はカンパンセーション(代償性)であるのは間違いない。

そこで姿勢矯正の理論で最も力を入れているメカニズムの解明に取り組んだ。

何がプライマリーサブラクセーションなのか?

腰椎の過剰前彎と巻き肩が原因とみた。

早速過剰前彎矯正の定番、腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチで矯正。

巻き肩矯正の定番、肩甲骨の上方回旋不全には、下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーション、肩甲骨の内転不全には、前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチを行った。

みごとに猫背は治った。

只この姿勢を維持する為には、まだちょっと時間が掛かるが、大人に比べると安全で持続する時間も良好であろう。

こういうのが本当の姿勢矯正である。

もっと小学生の姿勢矯正を広めたいものだ。

両親の許可を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて頂いた。

DSCF9610モザイクDSCF9672モザイク










        姿勢矯正前          姿勢矯正後(3回目)



見つからなければ、自分で作る!

姿勢矯正士の西本です。

今朝、こんな名言集に出くわした。

自分がこうなってしまったのは、自分を取り巻く環境が悪かったからだと人は言う。

だが環境の影響など、何ほどのものではないと私は信じている。

世の中で成功している人間は、望む環境を求めて行動し、見つからなければそれを自ら作りだしている

ジョージ・バーナード・ショーの名言集より


私の姿勢矯正の場合もそうであった。

整体院を開業してすぐに、肩こりや頭痛や腰痛の原因が姿勢の悪さからきているとのではないかと「ふと」気が付いた。

そこで姿勢矯正の本を必死で探し求めたが、ついに自分の気に要る本は1冊も見つからなかった。

どうしても姿勢矯正を見極めたかったので、本を探すので諦め、最終的には自分で姿勢矯正理論や姿勢矯正テクニックを作らなければならなかった。

そこから姿勢矯正の長い道のりが始まった。

もうかれこれ姿勢矯正を追求して16年になる。

随分遠まわりをしたもんだ!

完成した姿勢矯正を夢で見る事もあるが、まだぼけている。

夢はカラーで鮮明なものではないので、もうちょっと時間が掛かるのかもしれない。



ジョージ・バーナード・ショーの名言集を見付けてこんな事を思い出した。

お盆休暇のお知らせ

姿勢矯正士の西本です。

今年のお盆休暇は下記の通りです。

14日(水)休業

15日(木)休業


※16日(金)以降は通常通り営業致します。

画期的な発想!

姿勢矯正士の西本です。

Nさん 60歳代 男性

右脚が疲れていると訴えて来院。

触診すると特に腸脛靭帯に張りがある。

腸脛靭帯に張りがあるという事は、拮抗筋である半膜様筋・半腱様筋が縮んでいると読んだ。

半膜様筋・半腱様筋にストレッチを掛けると相当痛がる。

そこをやや強めに、時間を掛けて伸ばした後、立って貰った。

おゝ、楽になっている!

腸脛靭帯に張りはない。

この発想が画期的なんや!

いつまでも張っているところを揉むという単純な発想は、もう止めたら。

この発想は応用が利くで。

この発想は姿勢矯正にとって、不可欠な発想やで。



最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ