京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2014年07月

Kさんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Kさん 女性 20歳代 主婦

姿勢矯正を希望されて来院。

症状としては10年前から肩こりがある。

寝方:横向き

脚の組み方:左が上

姿勢のチェックから入る。

反り腰が強い。

これでいて首が前にきている。

スウェーバックかと思ったが、胸椎の猫背もある。

というと猫スウェーということになる。

早速猫スウェーの矯正に入る。

今回で6回目の姿勢矯正である。

今回の姿勢矯正前のチェックでも首は下に向いていない。

なかなか良好である。

そう言えば、最近主人に「肩揉んで!」と言っていないなぁ

本人の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF1422モザイクDSCF1654モザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(7回目)

長い時間立っていて疲れるのは本当に「ひらめ筋」なのか?

姿勢矯正士の西本です。

昨日はスクール生の東さんが、祇園祭の宵山と巡行の見物で長い時間立って見ていたので脚が相当疲れたとの事。

そこで私の提案。

脚の疲れは、きらめ筋なのか、それとも腓腹筋なのか検証してみた。

早速、側臥位で右脚をひらめ筋、左脚を腓腹筋をストレッチをしてみた。

このストレッチで筋肉を別々に緩めるのは解剖学が解っているとさほど難しいものではない。

見事に結果が出た。

ひらめ筋を緩めた右脚は非常に軽くなったが、腓腹筋を緩めた左脚を重いまま。

やっぱり立っていて疲れるのは「ひらめ筋」だった。

これはスクール生の東さんにとって、記憶に残る検証となっただろう。





7月13日(日)の姿勢矯正研究会〜やっと研究会らしくなってきた〜

姿勢矯正士の西本です。

7月13日(日)は姿勢矯正研究会がありました。

参加者:山口先生・辻内先生・東岡先生・矢田先生・田中先生・谷口先生(昼から)・東先生(午前中のみ)・西本の8名

今回から新コーナーとして、体調の優れない会員の先生方を治す取り組みをしました。

今回特に感じた事は、会員に先生方に色んな知恵が生じている様に思える。

ただ単に教えて貰った事を鵜呑みにして覚えるのではなく、より良いテクニックに改良する取り組みや、本当にこのテクニックやメカニズムが正しく働いているのか、じっくり考えてみるゆとりのようなものを感じる。

さあ、これからは色んな事を教えて貰える時期が来る様に思える。

やっと研究会らしくなってきた。

DSCF1725DSCF1726











DSCF1727DSCF1728










DSCF1730DSCF1731

腰椎は7つある?

姿勢矯正士の西本です。

腰椎は7つある?

なんじゃこれは。

姿勢矯正士としてはTh11とTh12は「浮遊肋」と言って腰椎の様な動きをする事を実感している。

だからTh10とTh11の関節はよくずれるのかもしれない。

だから私はTh11とTh12の胸椎は動きからいうと腰椎とみなした方が納得できるのかもしれない。

そこで「腰椎は7つある」と感じるのである。

明日は姿勢矯正研究会の日!

いよいよ明日は姿勢矯正研究会の日

新しいコーナーが始まる。

日本姿勢矯正士協会の会員の先生方の体調を整えるコーナーである。

どんな症状か?

わくわくどきどきって感じか?


「長生きしたけりゃ ふくらはぎをもみなさい」はインチキ本だ!について

姿勢矯正士の西本です。

週刊文春の7月10日号でこんな記事が載っていた。

「長生きしたけりゃ ふくらはぎをもみなさい」はインチキ本だ!

95万部ベストセラーの詐欺商法

TBS「金スマ」で大人気

この本は見ていないが、私は金スマの番組は見ていた。

メディカルドクターは医学的にありえないことと一刀両断。

こんなもん別にふくらはぎを揉まなくても、散歩で充分だと思う。

私の考えの中に、全てに効く事は全てに効かないと思っている。

歩いてガンやアトピーが治るとはどう考えても思えない。

95万人が騙された事になる。

これだけ本になんて弱い国民なんだろうか?

ちょっと疑問に持つ脳みそに鍛え治さないといけないのでは…

DSCF1682

Tさんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Tさん 男性 40歳代 教育関係

腰痛・肩こり・頭痛・背部痛・頸部痛を訴えて来院。

症状は悪くなってきている、又は変わっていない。

寝方:横向き

脚の組み方:右が上

上記の症状は姿勢の悪さ(猫背)や巻き肩からきていると思ったので、姿勢のチェックから入る。

仕事の関係で詰めて来られる時もあれば、3年程空いている時もあり、一進一退の姿勢矯正になっている。

今回も久しぶりの来院であった。

症状的には肩こりは少々あるが、他は大幅に改善していた。

猫背も大分よくなっていたので本人の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF2389モザイクDSCF1638モザイク










       姿勢矯正前              姿勢矯正後
最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ