京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2014年11月

どう言えば伝わるのか?

姿勢矯正士の西本です。

今日も五十肩の患者さんが来院。

五十肩で肩がうずくので、2時間のマッサージを受けて来たとの事。

ちょっと楽になったらしい。

しかし緩めたのは肩関節がほとんどらしい。

相当肩がつらいので2時間のマッサージに行かれたらしいが、それが悪化の原因になるとは思っていないようである。

この患者さん肩関節がハイパー(動き過ぎ)の為に痛んだのに、その肩関節をマッサージで緩めると、肩関節が動き過ぎて逆に肩甲骨が動かなくなり症状は悪化するのである。

こういう症状には、やはり肩甲骨矯正が必要となってくる。

姿勢矯正士が得意とする分野である。

肩甲骨矯正とは肩甲骨のROM(可動域)を増やすのである。

肩甲骨のROMさえ広がれば、肩関節の負担が少なくなり肩の痛みが軽減していくのである。

この患者さんに前鋸筋と小胸筋を姿勢矯正テクニックでストレッチすると、肩甲骨は大きく回りだし、肩関節の痛みも軽減してきた。

五十肩になって既に2年ぐらいなるらしいから、ちょっと完治まで時間もかかると思うが、軽減していくのは間違いない。

私は決してマッサージが悪いと言っているのではない。

揉む筋肉が間違っているので、悪化するといっているのである。

凝っている筋肉は揉んではいけない。

この新事実をどう伝えたらいいのか?







3種類のグッズようやく完成!

姿勢矯正士の西本です。

前回の姿勢矯正研究会で頼まれていたグッズ(3種類)がようやく完成しました。

手作りの為、量産は出来ませんが、患者さんに試してみるとなかなか好評です。

特に変形の為に腰が伸びない方にとって、腰椎伸展グッズは威力を発揮しそうである。

DSCF0672DSCF0673

吉野明嗣先生が姿勢矯正士養成スクールを卒業されました

姿勢矯正士の西本です。

吉野明嗣(よしのあきつぐ)先生が姿勢矯正士養成スクールを卒業されました。

5ヶ月間という短い期間でしたが、一生懸命努力され、姿勢矯正理論と姿勢矯正テクニックを習得されました。

5ヶ月間で私の姿勢矯正施術を延べ179名見学(臨床)され、またその一部の姿勢矯正施術を手伝って頂きました。

長年携わっておられる古武道にも活かして頂けたらいいのではないかと思っております。

プロフィールは日本姿勢矯正士協会の会員紹介で確認出来ます。

DSCF0642DSCF0643










グッズ作り〜途中経過〜

姿勢矯正士の西本です。

前回の姿勢矯正研究会の時頼まれていたオリジナルグッズ。

ここまで出来ました。

股関節外旋グッズ(2個)・背骨伸展グッズ(1個)の計3個。

写真の中に股関節外旋グッズ・・背骨伸展グッズの見本が各1個づつ入ってます。

残りの巻き肩改善グッズ4個は、空いた時間でボチボチ作りますわ。

お楽しみに!

DSCF0664

グッズ作り!

姿勢矯正士の西本です。

前回の姿勢矯正研究会で頼まれたグッズを作る準備に取り掛かる。

巻き肩改善グッズ(4個)・股関節外旋グッズ(2個)・背骨伸展グッズ(1個)の計7個。

先ずは、発泡スチロールの裁断から始める。

DSCF0657

Kちゃんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Kちゃん 女性 10歳未満

姿勢矯正を希望されて母親に連れられて来院。

寝方:上向き

寝具:ふつう

まくら:低め

症状はない。

早速姿勢のチェックから入る。

猫背である。

しかし関節はさほど硬くはない。

姿勢矯正はし易いが、ストレッチなど言った事が継続して出来るかが少し心配ではある。

今日で17回目の姿勢矯正である。

良い姿勢が安定してきたので、母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF0928モザイクDSCF0627モザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(17回目)

平成26年11月16日(日)の姿勢矯正研究会

姿勢矯正士の西本です。

平成26年11月16日(日)に姿勢矯正研究会がありました。

参加者:辻内先生・矢田先生・東岡先生・田中先生・谷口先生・西本の6名と少なめ

内容

今回は私から新しい前鋸筋のストレッチ(アイソメトリック)テクニックの披露をしました。

次に田中先生より、腰椎の伸展モビリについて親指が痛くなってきたので最近やっていないとの報告がありました。

そこで私なりに親指を使わない腰椎伸展モビリゼーションを思い付きましたので、その場で披露してみましたところ、中々の効果が出ました。

当然親指は使っていないので、母指の負担はなし。

しかも今までに行ってきた、座位の腰椎伸展モビリや腰椎マッケンジーテクニックより効果が出そうである。

矢田先生に対して行ったが、中々の良い感じで伸展出来た。

この様な研究が思い付きによるものであっても、わくわくするものである。

このテクニック一つ出来た事で今回の姿勢矯正研究会に参加した値打ちは充分ある。

この様な脳みその刺激がいつも入る様に頑張っていきたい。

その後はいつものように、会員の先生方による質疑応答があった。

色々分かれて各自が質疑応答しあっているので内容は解らないが…

いつもこの様な刺激的な姿勢矯正研究会でありたい。

次回の姿勢矯正研究会は平成27年1月18日(日)の予定です。



慢性腰痛!

姿勢矯正士の西本です。

慢性腰痛はなせ治らないのか?

治らないから慢性腰痛になるのかもしれない。

原因はどこにあるのか?

そこに治すカギがある。

症状的には脊柱起立筋のハリや痛みが多い。

だからこの脊柱起立筋をすぐほぐそうとするのである。

ここに治らない原因がある。

この筋肉を緩めるとハリや痛みは一瞬無くなる。

しかしあくまで一瞬であって、治った訳ではない。

一瞬楽になったからこれを続けていると頑固な慢性腰痛に移行していくのである。

腰痛体操もこの類であろう。

脊柱起立筋のハリや痛みはあくまで症状であって、原因ではない。

このハリや痛みを取るには、やはりハイパー治療がベストであろう。

今日も医学部の学生が腰痛で来た。

運動をすると、ハリや腰痛がずっと出てくるらしい。

明らかにハイパーによる痛みである。

腰痛のフィクセーションをピンポイントで動かすしか治る方法は無いであろう。

脊柱起立筋を揉んで症状を悪化させるのだけは避けたい!

何秒で腰痛は治る筈がない。





今も骨董品的な矯正がまかり通っているらしい!

姿勢矯正士の西本です。

5年前アメリカから帰国された主婦の方の話。

4日前に自転車事故に遭われてから首の調子が悪く、頭痛も出て来た。

今回は上記の症状を取る為だけではなく、歪みのチェックを希望されて来院。

PSISの左右の高さが相当違う。

RPISである。

脚を良く組むらしい。

アメリカ℃カイロプラクティックを時々受けていたらしい。

早速チェック開始。

Th12〜L1間に捻じれがあった。

ピンポイント矯正で一発でPSISはそろった。

アメリカではどんな矯正をされましたか?

アメリカでは、骨盤と肩を持ってボキボキされました。

あっ!またハイパーを作る矯正か!

こんな矯正なんばやっても歪みは取れんわ!

アメリカでは主婦たちの人気のカイロプラクティック院らしいが…

そら、痛無いし、気持ちが良いし、人気は出る。

しかし治らん!

あ〜あ、いつまでこんな矯正をしてんのや!

次に肩甲骨矯正を試みた!

またまたこんな矯正された事がないらしい。

肩甲骨の上方回旋矯正と内転矯正の2つ。

頭痛が有るので首も診てみた。

OCC〜C1が無茶苦茶硬〜い。

その代り、その下がゆるゆるや。

ボキボキ矯正の後遺症か?

C4〜C5あたりも相当硬い。

ハイパー治療を行う必要がある。

ハイパー治療の結果、頭がスーとしたらしい。

アメリカではボキボキやられたらしい。

頭とアゴを持って捻るやつ。

今もアメリカでは骨董品的なそんな矯正がまかり通っているらしい。

このまま続けていたら、ひどい目にあっていたなぁ!


Sさんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Sさん 男性 30歳代 営業

姿勢矯正と体の歪みを希望されて来院。

症状:腰痛・肩こり・頸部痛

脚の組み方」:右が上

今現在しているスポーツ:フットサル

早速姿勢のチェックから入る。

猫背である。

右脚を前に出すのが楽であるので、腰椎の捻じれが予想出来る。

腹臥位で背骨を触診すると、猫背と腰椎の捻じれが確認出来た。

猫背矯正と腰椎の捻じれをマッケンジーで矯正。

今回で7回目の姿勢矯正である。

本人の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。


DSCF0091モザイクDSCF0513モザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(7回目)


最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ