京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2015年09月

Y さんの姿勢矯正!

姿勢矯正士の西本です。

Y さん 40歳代 女性 美容関係

姿勢矯正を希望されて来院。

症状:肩こり・頸部痛・背部痛

寝方:横向き

脚の組み方:左が上

マッサージによく通っていた。

症状は悪くなってきていた。

今回は4週間空いているが、症状はほとんど気にならない。

症状は大きく軽減してきている。

姿勢も最初から比べると大変良くなっている。

今回で14回目の姿勢矯正であるので、姿勢も凄く安定してきている。

本人の了解を得て姿勢矯正前後の写真を掲載させて頂いた。

jpgモザイクjpgモザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(14回目)

日本姿勢矯正士協会に入会したいのですが、どうすればいいですか?

姿勢矯正士の西本です。

昨日、日本姿勢矯正士協会に入会したいのですが、どうすればいいですか?

という電話での問い合わせがありました。

電話だったので充分に説明が出来なかったので、ちょっと追加説明をしておきます。

日本姿勢矯正士協会は姿勢矯正士という資格を持った先生方の協会です。

先ず、姿勢矯正に対して、どれ位の実力及び臨床経験があるのかをチェックする必要があります。

日本姿勢矯正士協会の会員の同レベルか、またはそれ以上の実力が有れば当本部にて当然認定が許可され、認定料10,000円で入会して頂く事になります。

しかし、姿勢矯正の理論及びテクニックがその域に達していないと認めた場合は、当会員が行っている姿勢矯正士養成スクールで受講して頂く事になっています。

そして当該スクール修了後、本部して認定試験を受けて頂くことになっています。

合格すると入会して頂く事になります。

姿勢矯正士養成スクールの内容については、会員の先生に任せてありますので、リンク先にてお問い合わせ下さい。

詳細は日本姿勢矯正士協会のホームページで確認して下さい。

尚、日本姿勢矯正士協会本部に質問及び疑問がある方は、下記のメールで質問をして下さい。

日本姿勢矯正士協会(本部) shin@nishimoto-chiro-lab.com



姿勢矯正が先か、ハイパー治療が先か!

姿勢矯正士の西本です。

最近試している事(悩んでいる事)がある。

長期に亘る慢性腰痛(腰痛症)の場合、姿勢矯正や先にするべきか、それともハイパー治療を先にするべきか、という点である。

なぜそんな事で悩むようになったかというと、姿勢を直しても、腰痛の改善が思ったより遅い患者さんが出てきた事にある。

理論的にいうと、ハイパー治療を先にすべきだと私は思う。

しかしハイパー治療は、やはり厄介である。

ベクトルでいうと、矯正方向や矯正方法は無数に有るからである。

そしてまた症状のある部位は矯正ポイントでない事が多いから、なお難しい。

その難しい事を短時間で見極めなければならない。

こんな難しい事に取り組んでいると、既存の腰痛体操ではこんな腰痛症は到底治らないなぁと感じる。

今日も朝から長い間腰痛に悩む腰痛症の患者さんを救うべくこの難題に取り組んでいる、悩める姿勢矯正士がここにいる。

さあ次回の姿勢矯正研究会までにもっと臨床を積んで、この苦労話を報告するぞ。

9月13日(日)の姿勢矯正研究会

姿勢矯正士の西本です。

9月13日(日)に姿勢矯正研究会がありました。

参加者:辻内先生・東岡先生・谷口先生・大沼先生・西本の5名

場所:京都にしもと整体院(日本姿勢矯正士協会本部)

先ず最初に以前から議題に上げていた「小顔矯正のトリック」についてトリックの写真を掲示して私から説明しました。

こんな事で小顔に見えるのか!

観察力を鍛えておかないと単純なトリックで騙されることになる。

髪型

写真を撮る高さ(角度)

口の表情

たったこれだけの違いで顔は小さく見える。

会員の先生方には簡単過ぎて、「あっそう!」といった感じだった。

次に辻内先生から学校とのコラボレーションについての有意義な話がありました。

次に恒例の会員の先生方の不調を取るべく各自で施術をしあう事になっていく。

最後に「ハイパー治療」のデモを行った。

IMG_2125IMG_2111






IMG_2105IMG_2095






次回の姿勢矯正研究会は12月6日(日)になりましたので注意して下さい。

尚、今回会費の徴収を忘れましたので、12月の姿勢矯正研究会の時に2回分の会費を徴収しますのでよろしくお願いいたします。

次回の姿勢矯正研究会では、最近私の慢性腰痛の治療時に驚異的に効果を上げている「ハイパー治療」についての理論とテクニックを披露致しますので楽しみにしておいて下さい。



O さんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Oさん 女性 20歳代 医療関係

姿勢矯正及びO脚矯正を希望されて来院。

症状:頭痛・膝の痛み

寝方:上向き・横向き

脚の組み方:右が上

11月に結婚予定の為、姿勢を良くして欲しいとの事。

脚を組むので、腰痛の捻じれの矯正をモビリゼーションと「蚤つぶし」で矯正。

腰椎の過剰前彎は腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチで矯正。

胸椎の過剰後彎は胸椎の伸展モビリとマッケンジーテクニックで矯正。

巻き肩の肩甲骨の上方回旋には下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーションで矯正。

肩甲骨の内転には前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチで矯正

今日で3回目の矯正となったが、姿勢が大幅に改善してきたので、本人の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

どちらも楽な姿勢で立って貰ったものである。

jpgモザイクjpgモザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(3回目)

最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ