京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2016年10月

T君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

T君 男性 小学生

姿勢矯正を希望されて母親と一緒に来院。

症状:肩こり 首がだるい

勉強中に首がだるいのでグルグル回す。

余りの回数の多さに先生に注意されたので、当院に来院。

早速姿勢のチェック。

猫背しかも相当ひどい。

姿勢の矯正はちょっと大変かも?

しかし首のだるさはハイパー関節の治療で治りそうだ。

今回で10回目の姿勢矯正である。

首はほハイパー関節治療によって、ほとんどグルグル回さなくなった。

姿勢の方はまだ完璧とは言えないが、受験を控えているので、一応姿勢矯正は終了。

母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

 jpgモザイクjpgモザイク











      姿勢矯正前           姿勢矯正後(10回目)


凝っている所を揉むな・シリーズ(2)

姿勢矯正士の西本です。

凝っている所を揉むと悪化します。

間違いなく悪化します。

揉んでいると気持ちがいいのはその時だけで、後でコリは強くなってきます。

例えば

膝の下の外側に前脛骨筋という筋肉があります。

旅行などで歩き過ぎるとこの筋肉が張ってきます。

痛くなってきます。

この筋肉が疲れてくると足の裏も痛くなってきます。

足の3里のツボもこの筋肉の疲れで張ってきます。

歩き疲れるとこのツボに鍼を打ったり、お灸をしたりしたものです。

しかしそれも凝っているところを揉んでいるのです。

こんな事続けていたら、永遠にそのコリから脱出出来なくなります。

「くせになってきた」という表現は、悪化してきている証拠です。

そうすれば足の3里が疲れてきたらどうすればいいのでしょうか?

そうです逆の筋肉である膝下の内側(腓腹筋の内側)をストレッチするのです。

この筋肉は縮んでいるので押すと痛い筈です。

痛いから効くのです。

その筋肉をストレッチやマッサージをすると驚くほど足が軽くなり、足の裏の痛みも消えているのです。

ウソだと思うならやってみて下さい。

松尾芭蕉にも教えてあげたかったなぁ!



凝っている所を揉むな・シリーズ(1)

姿勢矯正士の西本です。

凝っている所を揉むと悪化します。

間違いなく悪化します。

揉んでいると気持ちがいいのはその時だけで、後でコリは強くなってきます。

例えば

歩き過ぎると脚が痛くなる。

特に脚の外側に疲れが溜めってきます。

人は歩き過ぎるとそこを揉みます。

しかしそこは揉んではいけないのです。

その筋肉は伸びているのです。

これ以上伸びない様に収縮しているのです。

その反対に脚の内側の筋肉は間違いなく縮んでいます。

押すと痛い筈です。

そこをストレッチやマッサージでほぐしてやると脚のコリは改善していくのです。

痛いから効くのです。

ウソだと思うならやってみて下さい。



Yさんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Yさん 男性 80歳代

姿勢矯正を希望されて来院。

症状:腰と首のハリ。

早速、姿勢からチェック。

猫背である。

胸椎の過剰後彎と腰椎の前彎不全。

高齢だから仕方がないのかなぁ。

胸椎と腰椎をマッケンジー・テクニックを駆使して慎重に伸ばしていく。

今回で21回目の姿勢矯正である。

まだまだ完璧ではないが、少し改善してきたので、本人の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

jpgモザイクjpgモザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(21回目)

歪まない骨盤を矯正して脚の長さを揃えても、すぐ元に戻る!

姿勢矯正士の西本です。

脚の長さは決して骨盤の歪みで起るものではない。

殆どが腰椎の捻じれから起る。

この方20歳代の女性で脚を組む癖がある。

横向きに寝る癖もある。

これらが脚の長さが違った原因である。

だからランバー・ロールでボキボキ鳴らしても、決して骨盤の矯正になっていない。

ただ単に背骨の緩い所が鳴っているに過ぎない。

ランバー・ロールによる矯正によって脚の長さがそろっても、その場凌ぎに過ぎない。

腰の捻じれの矯正によって脚の長さを揃えたら、殆ど元に戻らない。



《腰の捻じれの矯正によって脚の長さを揃える》

 右が3cm短い

BlogPaintDSCF4617






        矯正前             矯正後(1回目)


10月16日(日)の姿勢矯正研究会

姿勢矯正士の西本です。

10月16日(日)に姿勢矯正研究会がありました。

場所:京都にしもと整体院(日本姿勢矯正士協会本部)

出席者:辻内先生・東岡先生・矢田先生・松葉先生・池上スクール生・西本の6名

松葉先生による施術公開から始める。

患者役:辻内先生

本人もなかなか緊張している様子だった。

そして次に患者さんから頂いた姿勢矯正ベルトがあったので、そのベルトは本当に効果的なのか検証してみた。

なかなか課題も多かった。

最終的に姿勢矯正士としては、さほど薦められないという結論になった。

そして今回最も私が力を入れていた「膝が痛くもないのにバキバキ鳴るメカニズム」の解明に協力して貰った。

以前から膝がバキバキ鳴る矢田先生に協力して貰ったのは非常にありがたかった。

前回も矢田先生にも膝が痛くもないのにバキバキ鳴るメカニズムの解明に施術をしていたので、その結果を聞く事になった。

膝を曲げても今はバキバキ鳴らなくなったとの事。

しかし今は足首に違和感があるらしい。

最近私が編み出した「バキバキ足首調整テクニック(仮称)」で足首を調整。

想像していた通りの効果が出た。

やはり膝がバキバキ鳴るメカニズムは股関節と膝関節と足関節のアライメントにあった。

次回の姿勢矯正研究会に向け臨床に取り組む事にした。

久しぶりに悩んだテクニック作成だった。

その後はいつもの様に質疑応答にタイムリミット。

DSCF4604DSCF4605DSCF4608DSCF4609DSCF4611




整体における2種類の好転反応!

姿勢矯正士の西本です。

整体においてよく好転反応が起こるという説明がある。

こういう好転反応とは何かを調べてみた。




ネットで調べるとこんな事が書いてあった。

東洋医学、とくにあん摩では揉み返し(もみかえし)、鍼灸では瞑眩と呼ばれる。

治療過程において頻繁に起きることなので、事前に説明がされることが多い。

慢性的に疲労していた筋肉がほぐれ、溜まっていた老廃物が血液中に流れること等が要因として考えられる。

だるさや眠気、ほてり等を感じるケースが多い。

眠気が生じると不眠症が治ったと勘違いしてしまうことがある。

他、発熱、下痢、発疹、咳などに現れることもある。

また、老廃物が尿として排出されるため、その色が濃くなったりする。

なお、東洋医学同様に身体を物理的に刺激するリフレクソロジーにおいても好転反応は起こりうる。


こんな説明がしてあった。




私は、整体における好転反応には2種類あると思う。

正常な関節を動かして、ゆるゆるの関節(ハイパー関節)を作り出す過程に起こり、そのゆるゆるの関節を何回も矯正によって動かしていると好転反応は起こらなくなる。

この様に好転反応が起こらなくなるのを改善してきたと言われるのではないだろうか?

しかし、症状はむしろ悪化していくと思う。

また我々が提唱するハイパー関節治療によって、固い関節のみを動かしても好転反応は起こり得る。

この固い関節のみを適格に動かしていくと、しばらくすると、好転反応は起こらなくなる。

これも改善の証である。

この様に2種類の好転反応の経過があると思える。

つまり悪化の為の好転反応と改善の為の好転反応という事である。

私はこの好転反応の原因を自律神経の作用によるものと考える。




10月16日は姿勢矯正研究会の日です!

姿勢矯正士の西本です。

いよいよ16日(日)に迫った姿勢矯正研究会。

松葉先生の施術公開も楽しみの一つである。

しかしもう一つの議題もなかなか面白い。

ボキボキ鳴るのに痛くない膝。

さてこのメカニズムは?

なかなか複雑である。

ポイントは股関節・膝関節・足関節の3つが考えられる。

私は、最近その中でも足関節の歪みによって膝が鳴る可能性が大きくなってきたと実感する。

足関節がどのように歪んでいるのか?

そこにモーションパルペーションの精度が問われる。

私は画期的な治療法を見出そうとしているのだ!

姿勢矯正の新常識について


姿勢矯正士の西本です。

姿勢矯正を手掛けて20年になる。

しかし姿勢矯正は難しい。

強くすると痛い。

弱くすると効かない。

姿勢は体操で治るほど簡単ではない。

今まで色んなやり方を試してきたので解る。

こんな事では姿勢は絶対治らないと思える事も多い。

だからクレームを言いたくなる。

テレビで放送される事で、今まで私が試して脚下してきた事が平気で流れる。

肩こり解消体操なんかは最も多い。

あっ!

こんな事をしていたら、肩痛めるで!

テレビで新常識なんて言っている事自体が私から言うと、時代遅れと言えることも結構多い。

あくまで肩こりや姿勢矯正に限定しての事だが…




最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ