京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

2017年05月

A さんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Aさん 男性 30歳代 デスクワーク

猫背矯正を希望されて来院。

症状:肩こり・頭痛・冷え性・胸部の痛み

いつ頃から:15年前から

悪くなってきている。

寝方:横向き

寝具の固さ:普通

枕の高さ:普通

早速、姿勢のチェックから始める。

典型的な猫背である。

しかし背骨の可動性はそんなに固くない。

胸椎はややカンパンセーション(代償性)かもしれない。

先ずは反り腰の矯正から入る。

反り腰(腰椎の過剰前彎)には腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチで対応

それだけでも猫背は大きく改善。

次に胸椎の過剰後彎には胸椎の伸展モビリ・マッケンジーテクニック・チェスタードロップで対応。

巻き肩(肩甲骨の上方回旋)には下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーションで対応。

肩甲骨(内転)には 前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチで対応。

今回で5回目の猫背矯正となった。

本人の了解を得て姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

jpgモザイクjpg+モザイク










      姿勢矯正前           姿勢矯正後(5回目)





またまたボキボキ整体後遺症の患者がやって来た!

姿勢矯正士の西本です。

Sさん 男性 30歳代  販売

またまたボキボキ整体後遺症の患者がやって来た。

症状は肩こり・頸部痛及び腰痛がひどい。

早速、触診から入る。

ボキボキ整体後遺症には独特の症状がある。

首の筋肉のハリがすごい。

しかし首の関節は動いている。

そしてゆるゆるの関節とカチカチの関節が隣接している。

そうするとこの筋肉のハリはもはや自力では取れない。

首を回せば回すほど筋肉は張ってくる。

首をボキボキ鳴らせば鳴らすほど首が張ってくる。

厄介だ!

こうなるとヨガや水泳をしても首のハリは益々ひどくなる。

こんな症状治し方はあるのか?

ある!

そこで登場するのがハイパー関節治療である。

私にはそれ以外治し方が思いつかない。

しかしこれには相当高度な触診力とテクニックが必要となる。

先ず、ゆるゆるの関節とカチカチの関節を見分ける必要がある。

それには高度なモーションパルペーション力が必要となってくる。

そしてゆるゆるの関節を動かさずにカチカチの関節を動かすテクニックが必要となってくる。

このモーションパルペーションとモビリテクニックが備わってこそ、この症状が取れる。

これがハイパー関節治療と言っているものである。

1 回の治療でこれらの症状は概ね取れた。

しかしまた戻る。

首をボキボキ鳴らして矯正するのは簡単だけれど、治すのは相当難しい。










5月14日(日)の姿勢矯正研究会

姿勢矯正士の西本です。

5月14日(日)に姿勢矯正研究会があります。

今回は患者さんに教えたいセルフケア(ストレッチ編)について

姿勢を悪くしている筋肉で縮み切っている筋肉のみを効果的に緩めるストレッチ方法を勉強していきたいと思います。

多くのご参加をお待ちしております。





最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ