姿勢矯正士の西本です。

強烈なマッサージ後遺症の患者さんが来られた。

つづき

前回は肋骨のモビリゼーションの話をした。

今回は肩甲骨の上方回旋と内転の話をしよう。

凝っているところを揉み過ぎるとこんな結果になる。

凝っているところ、即ち僧帽筋である。

この僧帽筋は凝り感を非常に感じる筋肉である。

この筋肉を揉み過ぎると、気が狂いそうな肩こりになる。

このコリを改善するためには、前鋸筋や小胸筋のストレッチが必要になる。

また腕を挙げやすように、肩甲骨の上方回旋の可動域を広げるために下部僧帽筋や菱形筋や肩甲挙筋のストレッチ及び鎖骨のモビリゼーションをしなければならない。

これだけでも大幅に肩こりは改善する。

つづく