京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

構想

なぜこの世にこれだけの療法があるのだろうか?

姿勢矯正士の西本です。

なぜこの世にこれだけの色んな療法があるのだろうか?

ふと考えてみた。

そこで思った。

100%治せる療法がないからではないのか!

全て「帯に短し、たすきに長し」といったところか?

私はパーフェクトな療法を目指す!

だから私は既存の理論やテクニックには興味がない。

原因を究明し、そこから新しい理論やテクニックを作り出す。

これが私のアイデンティティー(identity)かも。

やりがいがあるなぁ!!










究極の治療法を目指す!

姿勢矯正士の西本です。

私はいつも究極の治療法を目指している。

それでは究極とは何か?

他の療法より、

早く良くなる。

元に戻り難い。

簡単である。

痛くない。

メカニズムが簡単で解りやすい。

力が要らない。

効果を実感出来る。

こんなところだろうか?

しかし、この様な事を追求していても、仲間の内で他の療法を目指すものは依然出てくる。

何か非力を感じる!

勉強会(研究会)を開いていても、何かわびしさも感じる!

いつもこんな究極を追求していると、YouTubeなんかでやっている他の療法の欠点がすぐに見つかる事も多い。

しかし私が考え出した姿勢矯正理論や姿勢矯正テクニックにも、まだまだ欠点が多いということなのかもしれない。

その最も追求しなければならない課題は、「痛くなく元に戻らない療法」という、相反する事を確立することなのかもしれない。

ハイパー予防!

姿勢矯正士の西本です。

ハイパー(動き過ぎの関節)を発生させない為には、予防する方が良い。

これを「ハイパー予防」と名付けてみた。

イメージとして、悪くなった個所を治療するのではなく、悪くなりそうな個所の見つけて悪くならない様にする。

その為には、相当のモーションパルペーションの熟練を要する。

「ハイパー治療」より「ハイパー予防」の方が難しい。

だって症状が出て無い個所にアプローチを掛けなければならないから。

将来出そうな症状に備えてアプローチを掛けるのだ。

この方法は次世代の医療費削減方法として役立ちそうな予感がする。


逆風でも帆の立て方によって船は前に進む

姿勢矯正士の西本です。

朝散歩しているとお寺の掲示板にこんな言葉が書いてあった。

「逆風でも帆の立て方荷よって船は前に進む」

うむ!

なるほど!

うなった!

人は上手くいかないと人の性にする。

そうか!

上手くいかない時には、帆の立て方を工夫すると上手くいくのか。

姿勢矯正とハイパー治療で一大旋風を巻き起こすには、違った切り口という帆の立て方に工夫が必要なのかもしれない。










振り返ってみて!

姿勢矯正士の西本です。

定期的にメンテナンスで来られる患者さんに聞いてみている事がある。

体の調子はどうですか?

まだちょっと肩こりがあります。

うむ!

完璧に治っていないのか?

最初に当院に来られた時と比べてどうですか?

そりゃ、全然違うわ!

ここに来た時は、石の様に硬かった肩こり、頭痛も頭痛薬が離せない。

腰痛もいつもあった。

最近は肩こりがちょっと気になるだけ。

完璧ではないが、大きく改善してきている。

今まで行っていたマッサージでは、強揉みして貰わないと全然気持ち良くなかったが、今は殆ど気にならない。

頭痛に関しても、頭痛薬の置いてある場所が解らない時もしばしば。

そう言うと腰痛も昔は有ったんやなぁ。

振り返ると、最低でも悪化ささない事を目標に取り組んできた姿勢矯正とハイパー治療は間違っていなかったと思える。

これからは、肩こりを悪化さす間違っているマッサージやマッサージ・チェアに間違った枕選びなどをどうして伝えるか?

先は長い!

「日本人から肩こりを無くす!」を目標に、少なくとも減少していくように頑張りたい。

Posture innovation

姿姿勢矯正士の西本です。

今年のスローガンを考えてみた。

Posture innovationはどうだろうか?

Postureとは姿勢である。

Innovationとはよく解らないのでウィキペディアで調べてみると


イノベーション(英: innovation)とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。

一般には新しい技術の発明を指すと誤解されているが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味する。

つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。



正しいと思われている常識を覆す為に、如何に新常識を広めていかなければならないか?

凝っている所・張っている所を緩めるな!揉むな!

この新常識を世の中に認知して貰うだけで肩こり人口は大幅に削減できる筈である。

医療費削減・削減といっている国会議員などの政治家の先生方も、この新常識を脳の中に取り入れるだけで、大きな切り口になるのではないだろうか?

さてさてPosture innovation 肩こり人口削減の切り口になるか?


今の姿勢矯正の現状に満足してはいけない!

姿勢矯正士の西本です。

新年早々、こんな事で悩んでいる。(こんな自分は決して嫌いではない)

姿勢矯正によって肩こりや頭痛や腰痛が改善出来れば良いかと思って、私なりに姿勢のメカニズムを究明してきた。

しかし解明度は思った程、高くないのかもしれない。

最近、肋骨が姿勢にとって非常に大きなウェートを占めている事が解ってきたところだが、未だこの様な隠れた巨大メカニズムが存在している予感さえする。

私は未だ木を見て、森を見ずか?(反省)

今の姿勢矯正の現状によっても、姿勢は変わっていくのは間違いないが、まだ何か姿勢が元に戻る力が潜んでいる様だ。(完璧な姿勢矯正が出来ていないと言う事)

もっと短期間に安定した姿勢矯正が出来ないものか?

今の姿勢矯正の現状に満足してはいけない。

満点の姿勢矯正が出来るのはいつの日か?


今年の目の付け所〜ややマイナーな筋肉を掘り起こそう!〜

姿勢矯正士の西本です。

昨年、肋骨がここまで多くの個所に影響を与えているとは、驚きであった。

そこで今年の目の付け所は肋骨に絡んでいる、ややマイナーな(私にとって)筋肉を掘り起こしてみたいと思う。

例えば、上後鋸筋・下後鋸筋・外腹斜筋・内腹斜筋、何かが肋骨に影響していそうだ。

他にも肋骨の動きに影響を及ぼしている筋肉もありそうなので、ここらをちょっと一捻りする価値がありそうだ。

整体が趣味の私にとって、正月は頗る退屈な期間と言える。

その期間、むっちゃ大きな発見があるかもしれない!

そんな事を酒を飲みながらゆっくり考えている。



拡張する肋骨モビリゼーション!

姿勢矯正士の西本です。

ひとつの思い付きが、大きく体制を変える事がある。

今回の肋骨モビリゼーションがこれに当たるかもしれない。

この肋骨モビリゼーションは単純なモビリゼーションではない。

この中に肋骨モーションパルペーションがあり、肋骨モビリゼーションがあり、肋骨アジャストがある。

この様な展開になる事を最初は想像していなかった。

しかしこの肋骨モビリゼーションを使い込んでいくと、面白い様に色々と治療のバリエーションが広がる。

相当効果が短時間に出るので、治療の時間短縮も望める。

中部肋骨モビリゼーションを行っていくと、不思議と肩甲骨の動きが良くなり肩こりが改善する。

下部肋骨モビリゼーションでは、腰腸肋筋に柔軟性が出来て、腰痛の緩和が見込める。

また上部肋骨モビリゼーションでは、斜角筋の緊張も緩み、緊張性頭痛の改善が見込める。

肋骨は呼吸に大きく関わっているので、過呼吸などによるパニック症候群にも期待が出来る。

整体に関わって18年になるが、こんな事に気が付かない自分に腹立ちはなく、むしろ滑稽でもある。

この肋骨モビリゼーションで益々ワクワク感が増えてきたようだ。

しかしこの様な肋骨モビリゼーションが出来るのも、普段からモーションパルペーションを研ぎすましてきた恩恵かもしれない。

姿勢革命・肩こり革命・腰痛革命なんて呼べる日が来るかもしれない。


18歳・山口観弘選手が世界新記録樹立。

姿勢矯正士の西本です。

18歳・山口観弘選手が世界新記録樹立。

日本水泳連盟・上野広治競泳委員長の「世界記録を狙わせる」という9月15日の発言もあり、岐阜国体で、高校3年生の山口観弘(あきひろ)選手が数多くのマスコミに注目されていた。

そして、18歳になったばかりの山口選手は、それをプレッシャーと感じることもなかった。

この日、前半の100mをレース前の予定より0秒1速い1分01秒72で入ると、最後の50mを32秒23でカバーして2分07秒01。

ロンドン五輪でダニエル・ジュルタ選手(ハンガリー)がマークした世界記録を、0秒27も更新する大記録を叩き出したのだ。

昨年の11月から今年4月まで山口選手を指導した平井伯昌コーチは、元々山口選手の腕の掻きも強くて北島とは違うタイプ。

『平泳ぎとはこういうものだ』という常識を作るなと、彼の泳ぎに教えられている感じもするんです」とその泳ぎを高く評価する。

試合後のインタビューで山口選手は「人類初めてという言葉が好き。狙っていたのは2分6秒台だった。」と

この記事を読んで私が感心した事が2つあった。

一つ目は平井伯昌コーチが『平泳ぎとはこういうものだ』という常識を作るなと、彼の泳ぎに教えられている感じもするんです」といっておられた言葉。

二つ目は山口選手「人類初めてという言葉が好き」という言葉。

初めての事をしようとしたら、常識を覆さなければならない!

なんか私が取り組んでいる姿勢矯正やハイパー治療の参考になるなぁ!
最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ