京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

患者さんの一言

ある患者さんの感想!

京都にしもと整体院院長・姿勢矯正士の西本です。

先日来られた教育関係の患者さんの感想。

久々に大学の同級生にあった。

その人は記者をしている。

「長いこと見ない間にちょっと偉そうな態度になったなぁ!」

とその記者に言われた。

猫背と巻き肩が大幅に改善したので、同級生は自信ありそうに感じたのだろう。

逆に他の同級生は、みんなこんなに小さかったのかと感じたらしい。

それもそうである。

目線は姿勢矯正によって、たぶん5儖名紊っていると思うので当然相手は小さく見える。

姿勢矯正を実現すると、身長が伸びて、肩幅が広くなるので、相当大きく見えるのである。

就活においては、面接時の第一印象は大きい。(メラビアンの法則)

合コンに参加する場合も、是非姿勢矯正をお勧めしたい。

但し、本物の姿勢矯正が出来る所は極めて少ないので、注意が必要だ!

本物の姿勢矯正は、日本姿勢矯正士協会に所属する姿勢矯正士にお任せ下さい!











ドケルバン病だと思っていたが、実は橈尺関節の歪みだった!

姿勢矯正士の西本です。

昨日来られた患者さんの話。

手をつくと手首が痛い!

「ネットで調べると腱鞘炎だと書いてあった」と言って来院された。

たぶんドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の事だろうと思ったので私もネットで調べてみた。

こんな事が書いてあった。



【症状】

手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。

【原因】

妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

【病態】

母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。

特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じやすいです。





これでは私には治せないなぁと思った。

しかし折角なので手首でも調べてみるか!

そうすると前腕の回内がひどい。

明らかに歪んでいる。

これが原因で手首をつくと痛いのかもしれないと思ったので、早速モビリゼーションで治しに掛かる。

橈尺関節のモビリゼーションである。

魔訶不思議!

痛みが取れた!

手首をついても痛くない。

そうすると腱鞘炎だと思っていたが、実は橈尺関節を歪みだったのか?

こんな事で手首の痛みが取れるなんて…

皆さん、一度試してみる価値は充分あると思う。


この治し方を知りたい方は、次回の姿勢矯正研究会で披露しますので是非参加を!



おしゃれは服より姿勢と歩き方!

姿勢矯正士の西本です。

今日の患者さんとの話。

姿勢は大切やねえ。

何ぼおしゃれな服を着ていても、姿勢が猫背だったり、歩く姿がよぼよぼしていたら格好悪いよねぇ。

こんな話から始まった。

姿勢さえよければ、安もんの服を着ていても格好よく見える。

胸を張って、さっそうと歩く!

さあ、あなた!

服を選びますか、それとも姿勢を選びますか?

確かに!〜つまらん〜

姿勢矯正士の西本です。

先日、患者さんに言われた事がある。

最近のブログの内容は、そこらの接骨院みたいに「つまらん!」

あまり姿勢矯正のメカニズムについて書いてないからとの事。

私(患者さん)がここに来たのはメカニズムがきっちり解りやすく書いてあったから来たのに…

私が姿勢矯正のメカニズムをあまりオープンにすると、同業者に「マネ」されたり、スクールで学ぶ必要性が薄れたり、姿勢矯正研究会への参加意義が薄らぐ等の理由によるものだった。

しかし最大の理由は、投稿する時間があまり無かったからです。

もう少し練った記事と書くようにしよう!(反省)

これはという内容を書くようにしよう!(確かに)

姿勢が良いのに肩こり・腰痛?

姿勢矯正士の西本です。

先日来られた患者さんの話。

義母が入院されたらしい。

この義母は高齢なのにすごく姿勢が良いらしい。

しかも若い時から、姿勢が良いと言い続けられていたらしい。

しかし、肩こりや腰痛でずっと悩まされている。

姿勢が良いのに肩こり・腰痛?

おかしい!

普通、姿勢が良いと肩こりや腰痛は起こらないと言うのが私の持論。

たぶんこの方の姿勢はストレート型(平背)に違いない!

このストレート型は厄介な事に姿勢が良く見えるのに、強烈は肩こりや腰痛で悩む事になる。

このストレート型の姿勢は気を付けても直らへんで…

ここに姿勢矯正士の存在がクローズアップされる。

彎曲が無いのを付ける!

これ姿勢矯正士の得意とするところ。

姿勢が良いのに肩こりや腰痛で悩んでいる方、是非姿勢矯正士による姿勢矯正をお試し下さい。


今も骨董品的な矯正がまかり通っているらしい!

姿勢矯正士の西本です。

5年前アメリカから帰国された主婦の方の話。

4日前に自転車事故に遭われてから首の調子が悪く、頭痛も出て来た。

今回は上記の症状を取る為だけではなく、歪みのチェックを希望されて来院。

PSISの左右の高さが相当違う。

RPISである。

脚を良く組むらしい。

アメリカ℃カイロプラクティックを時々受けていたらしい。

早速チェック開始。

Th12〜L1間に捻じれがあった。

ピンポイント矯正で一発でPSISはそろった。

アメリカではどんな矯正をされましたか?

アメリカでは、骨盤と肩を持ってボキボキされました。

あっ!またハイパーを作る矯正か!

こんな矯正なんばやっても歪みは取れんわ!

アメリカでは主婦たちの人気のカイロプラクティック院らしいが…

そら、痛無いし、気持ちが良いし、人気は出る。

しかし治らん!

あ〜あ、いつまでこんな矯正をしてんのや!

次に肩甲骨矯正を試みた!

またまたこんな矯正された事がないらしい。

肩甲骨の上方回旋矯正と内転矯正の2つ。

頭痛が有るので首も診てみた。

OCC〜C1が無茶苦茶硬〜い。

その代り、その下がゆるゆるや。

ボキボキ矯正の後遺症か?

C4〜C5あたりも相当硬い。

ハイパー治療を行う必要がある。

ハイパー治療の結果、頭がスーとしたらしい。

アメリカではボキボキやられたらしい。

頭とアゴを持って捻るやつ。

今もアメリカでは骨董品的なそんな矯正がまかり通っているらしい。

このまま続けていたら、ひどい目にあっていたなぁ!


大発見や!

姿勢矯正士の西本です。

今日も患者さんからこんな質問。

先生、なんで凝ってる所揉んだらあかんて気が付かはったん?

話せば長くなるが、ちょっと触れておこう。

今から18年前の開業時に話はさかのぼる。

私は2年の大手のカイロプラクティックスクールを卒業していた。

カイロプラクティックのテクニックを使えば、殆どの痛みは取れるものと信じていた。

しかし半年後、肩こりすら解消しない現実に打ちのめされていた。

なぜだ!

そこでふと思った。

なぜこの世に肩こりの全くない人と、強烈な肩こりで悩んでいる人がいるんだろうか?

このメカニズムに取り組まなければ、肩こりは解消しない事に気が付いた。

この気付きが姿勢矯正の始まりとなった。

こういう頭のトレーニングをしていると色んな「常識」というジャンルに疑問が湯水の如く湧き出してくる。

凝っている所は凝る必要があるから凝っているのとちゃうか?

凝る必要がなくなると勝手に緩んでいくというイメージが湧いた。

ここに肩こり解消のメカニズムが解り出した。

今回の質問時はちょっと事例が違う。

臀部が張って痛いと訴えていた患者さん。

ここは揉んだらあかんねん。

揉むのは内股や。

半膜様筋・半腱様筋のゆっくりストレッチを掛ける事5分。

ゆっくり立って貰った。

臀部の痛みはない。

不思議そうな顔。

そこで患者さんの一言。

「なんで凝ってる所揉んだらあかんて気が付かはったん?」

低反発マットは全ての人に安眠を保証出来ない!

姿勢矯正士の西本です。

昨日、南座で楽器を演奏されている患者さんが来られた。

症状は肩こりと腰痛が辛くて来られた。

その患者さんからの質問です。

低反発マットで寝ていて大丈夫ですか?という質問。

宿泊のホテルのベッドが低反発マットを使用しているとの事。

朝起きると肩が相当辛いらしい。

前日に低反発枕が寝にくいので変えて貰ったそうです。

私からの答え「ダメです!」

低反発マットでは、一日の歪みを取る為の寝返りがし難くなります。

体には明らかに悪いです。

ホテルの備品担当者は低反発マットのデメリットも充分研究されるべきでしょう。

宿泊のホテルもお客さんの為と思ってした事が、悪影響しているなんて思ってもいないでしょう。

しかし私は例外的にこんな方にはお薦めしています。

高齢で猫背の改善の見込めない人には、猫背のまま上を向いて寝られるのでお薦めしています。

要するに全てのお客さんに満足して頂くベッドは無いということでしょう。

橈尺関節を診る!

姿勢矯正士の西本です。

ある患者さんの話。

右手首に湿布。

どうしましたか?

重い荷物を運んだ時、手首に痛みが走った。

あまりの痛さに整形外科に直行。

レントゲンの結果、骨に異常なし。

捻挫かもしれないので、取り敢えず湿布しておくとの事。

もう3日ほど経つのに手首を動かすと未だ激痛が走る。

経験上、良くならない場合、的外れの事が多い。

元々姿勢矯正で来院されているので、姿勢矯正後時間が余ったら診ましょうと言っていた。

終盤、ちょっと時間が余ったので、右手首を診る事にした。

想像では、橈尺関節の回外不全ではないかと思った。

早速モーションパルペーションを取ると、案の定上下橈尺関節の回外不全が見つかった。

この上下橈尺関節の回外不全をモビリゼーションで取ってみると、痛みは一発で解消。

患者さんの声。

整形外科に行ったんって、何やったん!


肩こり革命〜改善するという事〜

姿勢矯正士の西本です。

今日来られた患者さんの話。

「肩こりはどうですか?」

「ほんと最近マッサージに行かなくなりました。以前は1時間のマッサージを週3回ぐらい行っていました。」

これが改善してきた兆候です。

強揉み・長いコース・間隔が狭い→これらは悪化のサイン。

マッサージやマッサージ・チェアを使用すると必ず肩こりは改善すると思うのは間違いです。

私ならあんなところを揉みません!

少なくとも僧帽筋なんかは揉みません。

私には「姿勢矯正」・「肩甲骨矯正」・「ハイパー治療」という伝家の宝刀がある。

もっと早く来れば良かったと思わしたる。

肩こり革命を起こしてみせるぞ!


最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ