京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

発想

優しさは技術を磨く!

姿勢矯正士の西本です。

治らない慢性の患者さんの診ていると、無性に悩んでくる。

何が治らない原因なのか?

今までの常識を覆さなければならないのか?

何とか治してあげよう!

こういう考えが新しいメカニズムの発見に不可欠なのではないのか?

こういう内面に秘めている私自身の「優しさ」がメカニズムの発見や新しいテクニックの開発に大きく関わっている様に思う。

つまり「優しさは技術を磨く」という方程式になる。







理想の姿勢矯正を目指していて、チョットした気付きをブログに掲載したいものである!

姿勢矯正士の西本です。

最近姿勢矯正士や整体師のブログやフェイスブックを見る機会が結構多い。

しかしやたらと旨いものを食べたとか、美味い物を頂いた何んて記事が多い。

わざわざ姿勢矯正士や整体師のブログなどを開いて美味しい物を食べた事など見たいものでもない筈だ。

少なくとも私は…

やはり姿勢矯正士や整体師のブログなどは、姿勢矯正や整体の記事を見たいものである。

毎日毎日理想の姿勢矯正を目指しているのなら、姿勢矯正の何かの気付きがあって当然である。

そうしたチョットした気付きをブログなどに掲載して欲しいものである。

私も美味しい物を食べて無い訳ではないし、旅行などに行ってない訳でもない。

しかしこんなものブログなどに掲載して何になるのかといつも疑問に思っている。

毎日姿勢矯正をしていて、チョットした気付きをブログなどに掲載したいものである。

的外れな事をすれば変わらない!

姿勢矯正士の西本です。

新年早々こんな事を考えている。

正しい事をすれば改善する。

間違った事をすれば悪化する。

的外れな事をすれば変わらない。

しかも的外れな事をしている治療家があまりにも多い。

的外れな事をする事は、間違った事をするよりマシだが…



理想の寝方は赤ちゃんスタイル!

姿勢矯正士の西本です。

私はいつも言っている。

肩こりを治すには赤ちゃんスタイルで寝られる事であると…

つまり

‐絽きで寝る事が出来る。

 人間は一日に20〜30回寝返りを打つと言われているのでいつも上向きで寝る必要はない。

∨蹐呂靴覆ぁ

 枕をしている赤ちゃんを見た事がありますか?

手を上げて寝る。

 助産師さんに聞いた話であるが、生まれてすぐに赤ちゃんは勝手に手が上がってくるらしい。

さ咾鷲形になるように寝る。

 股関節を外旋状態にする事である。

これらを実践しているのが生まれたての赤ちゃんである。

なぜ赤ちゃんはこのスタイルで寝ているのか?

たぶんこの寝方が一番体に負担が少ないからだと私は思っている。

大人もこの寝方で寝ていると肩こり・頭痛・腰痛から解放される筈である。

私は大人もこの寝方が出来るように姿勢矯正を行っている。

o0480064012621762622yjimage

















枕のない快適ライフを手に入れたくありませんか?

姿勢矯正士の西本です。

多くの肩こりや頭痛に悩む患者さんを姿勢矯正によって治してきた!

そしてそれらの患者さんにいつも言っている事がある。

それは上向きでしかも枕無しで寝られないと姿勢は良くならないと。

おまけに枕無しで寝られると枕で悩む事も無くなる。

しかし枕無しで寝られる為には絶対条件がある。

それは、

姿勢が正しい事。

7つある首の関節が全て正常である事。

この2つの条件が揃うと枕をせずに上向きで寝られる事が出来るようになる。

出張や旅行でホテルや旅館に泊まる様な事があっても枕の心配無用。

いつもどこでも枕を取ったら熟睡出来る。

ここに枕不要論が生まれる。

正しい姿勢にする事も難しいが、7つある頸椎の動きを正常にする事も相当難しい。

ここに姿勢矯正理論やハイパー関節理論が生まれた。

猫背の人やストレートネックの人は枕をする方が楽である。

逆に言うと、枕をすると猫背やストレートネックになる。

猫背や頭痛で悩める方!

枕のない快適ライフを手に入れたくありませんか?




私はなぜ既存のテクニックに満足出来ないのか?

姿勢矯正士の西本です。

私はなぜ既存のテクニックになかなか満足出来ないのか?

それには大きく分けて3つの理由がある。

1つ目はまだまだ効果に満足していないからである。

明らかに改善したと実感するテクニックに遭遇していないからである。

2つ目は、時間短縮である。

短い時間で効果が実感できるテクニック。

そうしないと時間内に全身を診る事が出来ないから…

3つ目は疲れないテクニックである。

4〜5人治療してヘトヘトになるようでは健全に治療も出来ない。

軽〜くしても、効果抜群!

こんなテクニックに飢えている。

今日もYouTubeなどで何か良い理論やテクニック等がないかを探しているがなかなか見つからない。

嘘の様に症状が改善するテクニックは多く見かけるが、どうしても原因が取れるているとは思えない。

原因が取れていないと、また症状が再発する可能性が大きい。

私の理想とする理論やテクニックは二度と症状が出ない原因をとる為の理論やテクニックと言える。






あけましておめでとうございます。

姿勢矯正士の西本です。

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します。

今年こそ姿勢矯正をメジャーにするぞ!

去年1年整体をしていて姿勢矯正とハイパー治療が究極の治療法として確立して行くものと実感しています。

これぞ究極の治療法だと実感しています。

これより凄い治療法をないと自信を持っています。


すかっと治った患者さんなんて、私の脳裏から吹っ飛んでいる!

姿勢矯正士の西本です。

ある神社の掲示板にこんな事が書いてあった。

仕事をさせられていると思えば苦になる。

させて頂いている思えばありがたくなる。

私は整体をしていて苦に思った事はない。

有りがたい事である。

しかし例外もないではない。

どうしても治らない患者さんに直面した時だ。

私の脳みその中には、この例外がひしめいている。

だから何時になっても自信なんて出来ない。

すかっと治った患者さんなんて、私の脳裏から吹っ飛んでいる様だ。

焦り過ぎ!

姿勢矯正士の西本です。

最近ちょくちょく疲れる事がある。

ふとなぜかと考えてみた。

歳の性かな?

ひょっとすると焦り過ぎているのではないだろうか?

一度に出来るだけ多くの症状を取ってやろうと力み過ぎているようにも思える。

病院に行っていてなかなか治らない患者さんに対してでも一瞬で治そうと力が入り過ぎる。

もう少しゆっくりとしたテンポで治しに掛かってもいいのではないだろうか?

時間が来れば、次回に回してもいい位の感じで診てもいいのではないか思う。

最初から一度に全部治す必要もないだろう!

落ち着きのないのは、ハイパーの性!

姿勢矯正士の西本です。

M さん 女性 10歳代

姿勢矯正を希望させて来院。

姿勢は大分良くなってきているが、母親曰く、どうも体に落ち着きがないらしい。

特に首を絶えず動かしていて、じっとしていられない。

首を触診していて、あっ!と思った。

ハイパーがある。

緩いのである。

動き過ぎである。

あっそうか、動き過ぎの為に、首を動かしていないと、張って辛いのかもしれないのか?

ひょっとすると、落ち着きのない子供には、ハイパーがあるのかもしれないぞ。

これから、そう言う視点で臨床を積んでいくと、面白い結果がでるかもしれない。


最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ