姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

子供の姿勢矯正例

K君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

K君 男性 10歳代 小学生

姿勢矯正を希望されて、ホームページを見て母親と供に来院。

症状はない。

鳴る関節もない。

寝方:横向き

寝具の固さ:ふつう

枕の高さ:低め

脚は組まない。

今現在しているスポーツ:ラグピー・陸上

姿勢のチェックから入る。

猫スウェー(猫背とスウェーバックの中間型)である。

猫スウェーの定番矯正を行う。

先ずは反り腰の矯正から。

腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチを行う。

次に胸椎の過剰後彎には、胸椎の伸展モビリ・マッケンジーテクニック・チェスタードロップを行う。

肋骨猫背には、肋骨の伸展モビリを行う。

巻き肩には、肩甲骨の上方回旋不全には下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーション及び肩甲骨の内転不全には前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチを行う。

頸椎の前彎不全(ストレートネック)には伸展モビリのみ。

以上にストレッチ等により今回で3回目の姿勢矯正であるが大幅に改善してきた。

母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF3710.jpgmoモザイクDSCF3781.jpgモザイク










    姿勢矯正前       姿勢矯正後(3回目)

※顔にモザイクを掛ける以外は、写真には一切加工はしていません!










Tちゃんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Tちゃん 女性 小学生

姿勢矯正を希望されて、ホームページをみて母親と供に来院。

睡眠時間:9〜10時間

寝方:横向き

寝具の固さ:ふつう

枕の高さ:低め

脚は組まない

症状は特にない。

最初に姿勢のチェックから入る。

猫背・巻き肩・反り腰である。

まだ若いので特に症状はないが、早い内に姿勢は治しておく方がいいと思う。

反り腰(腰椎の過剰前彎)には、腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチを行う。

胸椎の過剰後彎にはチェスタードロップを行う。

ストレートネックには頸椎の屈曲モビリを行う。

巻き肩には下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーション・前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチを行う。

今回で15回目の姿勢矯正であるが、猫背もだいぶよくなってきたので、本人と父親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF2706.jpgモザイクDSCF3464.jpgモザイク










    姿勢矯正前       姿勢矯正後(15回目)







Y君の姿勢矯正 (再登場)

姿勢矯正士の西本です。

Y君 男性 小学生

姿勢矯正を希望されて母親と一緒に来院。

幼稚園の頃より姿勢が悪いとの事。

症状は全くない。

寝方は上向きと横向き。

早速姿勢のチェック。

猫スウェー(猫背とスウェーバックの中間型)だ。

腹臥位での胸椎はそれほどの猫背ではない。

こんな場合反り腰が原因で、胸椎の過後彎はカンパンセーションの場合が多い。

早速反り腰の矯正から行う。

腰椎の過剰前彎には腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチを行う。

胸椎はやや可動域が無いので、胸椎の伸展モビリ・マッケンジーテクニック・チェスタードロップを行う。

巻き肩には肩甲骨の上方回旋不全に下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーションを行う。

肩甲骨の内転不全には前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチを行う。

それらの矯正で概ね改善。

今回で10回目の姿勢矯正になったので、母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて頂きました。

DSCF0197モザイクDSCF0621モザイク










    姿勢矯正前        姿勢矯正後(10回目)

メンテナンス期間に入っています

DSCF3428.jpgモザイク










   姿勢矯正(7年目)




Sちゃんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Sちゃん 女性 10歳未満 小学生

猫背矯正を希望されてホームページを見て、母親と供に来院。

寝方:わからない

寝具の固さ:ふつう

まくら:しない

症状はない

今現在しているスポーツ:空手・水泳・バレエ

先ずは姿勢のチェックから入る。

猫背である。

しかしまだ若い。

柔軟性がある。

間違いなく姿勢は直せる。

今回で9回目の姿勢矯正であるが、だいぶ姿勢が良くなってきたので、本人と母親の了解を得て姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF1937.jpgモザイクDSCF2245.JPGモザイク










      姿勢矯正前           姿勢矯正後(9回目)






O君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

O君 男性 10歳代 小学生

姿勢矯正を希望されて、ホームページを見て母親と供に来院。

他の整体院で姿勢矯正を受けていたが一向に改善しないので、当院に来院。

その整体院で、どんな事をされたか聞いてみたが、私にはやっている内容がよく解らなかった。

寝方:横向き

寝具の固さ:ふつう

枕の高さ:しない

脚の組み方:右が上

今現在しているスポーツ:水泳・ボーリング

早速姿勢のチェックから入る。

相当悪い。

猫背とスウェーバックの中間型(猫スウェー)である。

巻き肩・反り腰でもある。

やりがいのある姿勢矯正である。

しかし間違いなく直せる姿勢である。

今回で4回目の姿勢矯正であるが、大幅に改善してきている。

しかしまだまだ改善できる可能性がある。

今回は途中経過の意味合いで、本人と母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF2124.jpgモザイクDSCF2213.jpgモザイク










       姿勢矯正前          姿勢矯正後(4回目)




K君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

K君 男性 10歳代 中学生

猫背矯正を希望されて、同級生の親の紹介で母親と供に来院。

関節が鳴る(肩・膝)

寝方:横向き

寝具の固さ:ふつう

まくらの高さ:低め

脚は組まない。

早速姿勢のチェックに入る。

明らかに猫背である。

巻き肩・反り腰でもある。

しかし現在症状はないが、このままスポーツを続けていると、肩が痛くなったり、肩が鳴ったりする可能性が高い。

反り腰では、腰痛の可能性も出てくる。

今回で7回目の姿勢矯正であるが、猫背が大幅に改善してきたので、本人と両親の許可を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF1817.jpgモザイクDSCF2056.jpgモザイク










       姿勢矯正前          姿勢矯正後(7回目)




Mさんの姿勢矯正!

京都にしもと整体院院長・姿勢矯正士の西本です。

Mさん 女性 10歳代 中学生  

ホームページを見て、姿勢矯正を希望されて母親と供に来院。

症状:肩こり・腰痛・運動すると脚が痛い。

寝方:横向き

寝具の固さ:ふつう

まくら:しない

脚の組み方:右が上

生理:不順

今現在しているスポーツ:陸上

早速、姿勢のチェックから入る。

姿勢は猫背とスウェーバックの中間型(猫スウェー)である。

先ずは姿勢の矯正から入る。

プライマリーサブラクセーションは反り腰と診た。

反り腰は腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチで改善に取り組む。

それだけでも姿勢は大幅に改善してきた。

その他は、胸椎の伸展と巻き肩とストレートネックの改善に取り組む。

今回で4回目の姿勢矯正であるが、姿勢は大幅に改善してきたので、本人と母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF0351.jpgモザイクDSCF0446.jpgモザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(4回目)





K君の姿勢矯正!

姿勢矯正士の西本です。

K君 男性 小学生

姿勢矯正を希望されてホームページを見て母親と供に来院。

学校で側弯症と言われた。

寝方:上向き

寝具:低反発

枕:しない

脚の組み方::組まない

早速姿勢のチェックを行う。

相当重度の猫背である。

私はこの様な猫背を亀背と言っている。

ちょっと姿勢改善には時間が掛かりそうだ。

今回で6回目の姿勢矯正である。

まだまだ完璧ではないが、ちょっと良くはなってきたので、本人と母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

jpgモザイクjpgモザイク










      姿勢矯正前          姿勢矯正後(6回目)







 

K君の姿勢矯正!

京都にしもと整体院院長・姿勢矯正士の西本です。

K君 男性 小学4年生 

姿勢矯正を希望されて、母親と供に来院。

寝方:上向き

寝具の固さ:普通

枕の高さ:しない

脚の組み方:組まない

早速姿勢のチェックから入る。

立位では一見猫背(家族はそう思っている)

腹臥位で詳細を見てみると、腰椎の前彎がなく、頸椎もストレートネックである。

胸椎はほぼ正常。

姿勢矯正としては、腰椎の前彎と頸椎の前彎をつければ概ね姿勢は良くなるはずである。

しかし腰椎の前彎不全にはサブラクセーションがあったので矯正が必要である。

腰椎のピンポイント矯正を行った。

頸椎はストレートネックであるので、伸展矯正もピンポイントで行った。

骨盤の前傾を付ける為にハムストリン筋のストレッチも行った。

今日で4回目の姿勢矯正であったが、大きく姿勢は改善してきたので、母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF8369.jpgモザイクDSCF8400.jpgモザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(4回目)

この写真はモザイク以外の加工はしていません。









S君の姿勢矯正!

姿勢矯正士の西本です。

S君 男性 10歳代 学生

姿勢矯正及びO脚矯正を希望されて来院。

症状:肩こり・背部痛。

悪くなってきている。

寝方:上向き

寝具の固さ:普通

枕の高さ:高い

脚は組まない

整体・鍼灸・マッサージには行ったことがある。

姿勢のチェックから入る。

猫背とスウェーバックの中間型(私はこれを猫スウェーと言っている)

腹臥位で触診すると、胸椎の後彎はやや少なくなる。

これはカンパンセーション(代償性)が少しある。

このプライマリーサブラクセーションは腰椎の過剰前彎によるものとみて、腰椎から矯正を始める。

しかし胸椎も全くの正常ではないので、これも少し矯正しておく。

今は症状はほとんどない!

今回で7回目の姿勢矯正であるが、少し姿勢は改善してきたので、本人の了解を取って、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF7465モザイクDSCF7617モザイク










      姿勢矯正前           姿勢矯正後(7回目)




最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ