姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

子供の姿勢矯正例

Tちゃんの姿勢矯正(供

姿勢矯正士の西本です。

昨日Tちゃんの姿勢矯正をしていて、こんな効果があったと両親から聞いた。

Tちゃんは陸上をしている。

中距離である。

なんと800mの記録が短縮したのである。

2分31秒が2分29秒に2秒も短縮したのである。

中学1年生で、1年から3年まで走っている中で見事決勝に進めたのである。

両親からの報告によると、走り方もきれいになったとの事。

姿勢矯正は多くの箇所を矯正するのでこの様な事も当然起こり得る。

仝坿慇甼裟気砲茲蠡が真っすぐ出せるようになる。

巻き肩矯正により腕が真っすぐ振れる。

O捷矯正により呼吸が楽になり、肺活量が増え持久力が付く。

など他にも考えられる事は色々ある。

T中学校のホームページに載っているので、見といて欲しいとの事。



T中学校のホームページより抜粋

10月2日(月)学校の様子

10月です。今週末には中間テストが行われます。さて,10月1日(日)に山城総合運動公園で行われた第16回京都陸協京都府秋季大会に6名の陸上部員が出場しました。800m走において,1年生女子が決勝に進出し,見事6位入賞を果たしています。

DSCF6554モザイクDSCF6606モザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後






S ちゃんの姿勢矯正!

姿勢矯正士の西本です。

Sちゃん 男性 小学生

姿勢矯正を希望されてホームページを見て母親とともに来院。

症状:歩き方が変

寝方:横向き

寝具の硬さ:普通

枕の高さ:普通

今しているスポーツ:水泳

早速姿勢のチェックから入る。

猫背である。

しかし、若いので矯正も出来るので早く猫背は良くなると思う。

今回の猫背矯正はまだ3回目であるが、想像以上に良くなって来たので、本人と母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF6547モザイクDSCF6632モザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(3回目)

Tちゃんの姿勢矯正

Tちゃん 女性 中学生

姿勢矯正を希望されて両親と供に来院。

5年前から猫背が気になる。

症状は時にない。

寝方:横向き

寝具の硬さ:普通

枕はしない

今しているスポーツ:陸上

早速姿勢のチェックから入る。

猫背である。

仰臥位で寝てもらうと、さほど猫背は気にならない。

胸椎の過剰後彎(猫背)はカンパンセーション(代償性)か?

と言う事は、反り腰が原因(プライマリーサブラクセーション)かもしれない

次に股関節外旋状態をチェック。

股関節は外旋不全で硬い。

小殿筋、半膜様筋・半腱様筋のストレッチで外旋不全の解消を試みる。

最後に巻き肩の治療とチェスタード・ロップで調整終了。

今回の姿勢矯正は3回目であり、随分姿勢も改善してきたので本人と母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

ちなみに、身長も1・5竸びていた。

DSCF6554モザイクDSCF6606モザイク










     姿勢矯正前           姿勢矯正後(3回目)




M 君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

M君 男性 10歳代 中学生

姿勢矯正を希望されて両親と共に来院。

症状:肩こり・底部痛・腰痛・関節が鳴る(肩)・花粉症

寝方:わからない

寝具の固さ:ふつう

枕の高さ:ふつう

脚の組み方:右が上

早速、姿勢のチェック

猫背で巻き肩である。

S字型が強いので、腰椎の過剰前彎・胸椎の過剰後彎・頸椎の過剰前彎をそれぞれ緩める。

また肩関節が非常によく鳴るので、肩甲骨矯正は入念に行った。

今回で15回目の姿勢矯正であるが、姿勢も大分安定してきた。

本人と親の了解を取って、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

jpgモザイクjpgモザイク










       姿勢矯正前          姿勢矯正後(15回目)


N君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

N君 男性 小学生

姿勢矯正を希望されて、母親に連れられて来院。

症状は特になし。

寝方:上向き

寝具の固さ:普通

枕の高さ:低め

これらからは姿勢が悪くなる要因は少ない。

早速、姿勢のチェック。

猫背とスウェーバックの中間型(私は猫スウェーと呼んでいる)

この姿勢の悪さは、腰椎の過剰前彎(反り腰)が原因とみた。

腰椎の過剰前彎には腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチで対応。

胸椎の過剰後彎はカンパンセーションもあったが、胸椎の伸展モビリ・肋骨の伸展モビリ及び第1・2肋骨のモビリゼーションで対応。

巻き肩の肩甲骨の上方回旋は下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーションで対応。

肩甲骨の内転は前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチ。

今回で5回目の姿勢矯正となった。

姿勢が大幅に改善してきたので、本人と母親に了解を取って、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

ただ、初回の姿勢矯正が強すぎたので、迷走神経反射が起ったのは反省点でもある。

jpgモザイクjpgモザイク










      姿勢矯正前           姿勢矯正後(5回目)














T君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

T君 男性 小学生

姿勢矯正を希望されて母親と一緒に来院。

症状:肩こり 首がだるい

勉強中に首がだるいのでグルグル回す。

余りの回数の多さに先生に注意されたので、当院に来院。

早速姿勢のチェック。

猫背しかも相当ひどい。

姿勢の矯正はちょっと大変かも?

しかし首のだるさはハイパー関節の治療で治りそうだ。

今回で10回目の姿勢矯正である。

首はほハイパー関節治療によって、ほとんどグルグル回さなくなった。

姿勢の方はまだ完璧とは言えないが、受験を控えているので、一応姿勢矯正は終了。

母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

 jpgモザイクjpgモザイク











      姿勢矯正前           姿勢矯正後(10回目)


R ちゃんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

R ちゃん 女性 小学生

姿勢矯正を希望されて母親に連れられて来院。

症状はない。

寝方:下向き・横向き(上向きはない)

姿勢をチェックしてみると、猫背とスウェーバックの中間型。

私はこの姿勢を猫スウェーと言っている。

この患者さんの猫スウェーの原因は反り腰にあるとにらんだ。

早速腸腰筋のストレッチを施した。

案の定、これで姿勢は大きく改善した。

後は肩甲骨矯正とチェスタードロップで姿勢を安定さす事にした。

今回で6回目の姿勢矯正である。

中々いい姿勢矯正が出来たので、母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。


jpgモザイクjpgモザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(6回目)

R 君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

R 君 男子 小学生

姿勢矯正を希望され、母親に連れられて来院。

寝方:わからない。

睡眠時間:9時間

脚の組み方:組まない。

これらのデータから姿勢が悪くなる要素はない。

しかし姿勢をチェックしてみると、明らかに猫背であった。

今回で9回目の姿勢矯正である。

概ね改善してきたので、母親の了解を得て姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

jpgモザイクjpgモザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(9回目)

Fちゃんの姿勢矯正!

姿勢矯正士の西本です。

Fちゃん 女性 小学生

姿勢矯正(猫背矯正)を希望されて両親に連れられて来院。

症状:冷え性のみ

寝方や寝具には悪い所は見当たらない。

先ずは姿勢のチェックから入ってみる。

明らかに猫背である。

若い内に両親が気付いて姿勢矯正に来られてよかったと思う。

早速姿勢矯正から入る。

先ずは腰椎の過剰前彎(反り腰)には腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチにより改善を試みる。

胸椎の過剰後彎(猫背)には胸椎の伸展モビリ・マッケンジーテクニック・チェスタードロップで対応。

若いとチェスター・ドロップが使えるから、大幅に改善スピードがアップする。

巻き肩の肩甲骨の上方回旋には下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーションで対応。

肩甲骨の内転には前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチを使う。

今回で3回目の姿勢矯正である。

まだまだ安定はしないと思うが、姿勢が改善しているので姿勢矯正前後の写真を本人と父親に了解を頂いて掲載させて貰った。

若いと姿勢矯正で改善も早い!

DSCF0829モザイクDSCF0917モザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(3回目)

Kちゃんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Kちゃん 女性 10歳未満

姿勢矯正を希望されて母親に連れられて来院。

寝方:上向き

寝具:ふつう

まくら:低め

症状はない。

早速姿勢のチェックから入る。

猫背である。

しかし関節はさほど硬くはない。

姿勢矯正はし易いが、ストレッチなど言った事が継続して出来るかが少し心配ではある。

今日で17回目の姿勢矯正である。

良い姿勢が安定してきたので、母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF0928モザイクDSCF0627モザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(17回目)

Kちゃんの姿勢矯正!

姿勢矯正士の西本です。

Kちゃん 女性 小学生

姿勢矯正を希望されて母親に連れられて来院。

症状としては頭痛がある。

寝具は柔らかめ。

脚の組み方:右が上。

姿勢をチェックすると、立位ではスウェーバックだが、腹臥位ではストレート。

この姿勢、カンパンセーション(代償性)を伴っていそうだ。

腰椎を伸展不全の個所をマッケンジーで調整。

胸椎はチェスター・ドロップで屈曲矯正。

頸椎はストレートネックなので、伸展モビリ。

これらのメカニズムに対してを姿勢矯正テクニックを駆使して矯正。

今回で10回目の矯正となり、結果も上々なので、母親と本人の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて頂いた。

もちろん頭痛は改善している。

やはり子どもの姿勢矯正は安定するのが早い。

DSCF0049モザイクDSCF0498モザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(10回目)

Tさんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Tさん 女性 中学生

体の歪みのチェックの為に母親に連れられて来院。

症状は特にない。

寝方は横向き。

早速姿勢からチェック。

猫背とスウェーバックの中間型。

腰椎の前彎過剰と胸椎の後彎過剰と頸椎の前彎をストレッチとモビリとチェスター・ドロップで矯正。

本人の感想「最近ドッジボールでボールを投げた時に手を上から投げられる様になった。」

巻き肩が改善している証拠である。

今回で3回目の姿勢矯正である。

3回目の姿勢矯正にしては、なかなか良好なので、姿勢矯正前後の写真を本人と母親に了解を得て掲載させて貰った。

DSCF1333モザイクDSCF1413モザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(3回目)

R君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

R君 男性 中学生

頸部痛と腰痛を訴えて母親と共に来院。

2〜3年前から発症。-

症状より猫背が気になると姿勢矯正を希望。

早速姿勢のチェックから入る。

相当の猫背である。

まだ中学生である。

このまま成長していくと将来相当の症状が出そうである。

今回で3回目の姿勢矯正である。

まだまだ猫背は改善していないが、経過を見て行く為に母親と本人の了解を取って姿勢矯正前後の写真を掲載させて頂いた。

DSCF0974モザイクDSCF0998モザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(3回目)

Aちゃんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Aちゃん 女性 小学生。

Aちゃんは姿勢矯正を希望されて母親と共に来院。

母親は猫背を気にしておられる。

別に症状は無い。

寝方は上向きと横向き。

寝具の硬さは普通。

枕の高さは普通。

脚は組まない。

現在しているスポーツは、フィギュアスケートとクラッシックバレエ。

問診表からはおかしな習慣は見受けられない。

早速姿勢からチェック。

首が下っている。

明らかにスウェーバック型だ。

腹臥位で再度チェックしてみると、胸椎の後彎がない。

胸椎の過伸展である。

スェーバック型確定だ。

定番のスェーバック型の姿勢矯正を行った。

フィギュアスケートをしていてバランスが取れてきたと本人の感想。

姿勢矯正前後の髪形を見れば、顔が上がってきているのが解かる。

多くのスポーツで姿勢の重要性を感じるのは私だけではないだろう。

今日で3回目の姿勢矯正だった。

順調に姿勢が改善してきている。

母親と本人の了解をとって、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF0737モザイクDSCF0814モザイク










       姿勢矯正前            姿勢矯正後(3回目)

Y君の姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Y君 男性 小学生

姿勢矯正を希望されて母親と一緒に来院。

幼稚園の頃より姿勢が悪いとの事。

症状は全くない。

寝方は上向きと横向き。

早速姿勢のチェック。

猫スウェー(猫背とスウェーバックの中間型)だ。

腹臥位での胸椎はそれほどの猫背ではない。

こんな場合反り腰が原因で、胸椎の過後彎はカンパンセーションの場合が多い。

早速反り腰の矯正から行う。

腰椎の過剰前彎には腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチを行う。

胸椎はやや可動域が無いので、胸椎の伸展モビリ・マッケンジーテクニック・チェスタードロップを行う。

巻き肩には肩甲骨の上方回旋不全に下部僧帽筋のストレッチ・菱形筋のストレッチ・肩甲挙筋のストレッチ・鎖骨のモビリゼーションを行う。

肩甲骨の内転不全には前鋸筋のストレッチ・小胸筋のストレッチを行う。

それらの矯正で概ね改善。

今回で10回目の姿勢矯正になったので、母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて頂きました。

DSCF0197モザイクDSCF0621モザイク










       姿勢矯正前           姿勢矯正後(10回目)
最新コメント
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ