京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

本日のなんやこれ!

調子の悪い首に合わしてどうすんねん!

姿勢矯正士の西本です。

首の調子が悪い人は、色んな枕を試している。

そしてどの枕も合わないから、次々と枕を買って多い人で10個程度持っている人も結構多い。

だから健康コーナーなどでこれはという枕を購入したり、通販で効能を聞いて購入される場合も多い。

しかし、首の調子が悪いのを治さずにいくら枕を変えても合う枕が見つけるのは無理な話である。

最終的に、自分の首にミリ単位で調整するオーダーメイド枕にたどり着く。

しかし調子の悪い首にミリ単位で合わしてどうすんねん。

姿勢を治して首の歪みを正せば、理論的には上向きで枕無しで寝られる。

枕無しで寝られる効果は、想像以上に大きい。

出張などで外泊した場合も、枕で悩む事はない。

枕を外せばすぐに寝られるから…

最後に枕なしで寝られるには、

猫背でない正しい姿勢になる事と、ムチの様にしなる正しい首を習得して初めて可能となる。

これ以外に合わない枕に苦しむ事から脱却する方法はない。

姿勢矯正士はこういう姿勢や首を目指している。














今日もボキボキ整体後遺症の患者がやって来た!

姿勢矯正士の西本です。

今日もボキボキ整体後遺症の患者がやって来た。

問診をしている間に症状によって大体解る。

頸椎である。

独特の症状がある。

首を動かすと痛いのだ。

関節は柔らかいのに、筋肉は張っているのだ。

ボキボキやられた事が過去に何度かある。

そもそもボキボキ整体に行った理由がムチウチになったからであった。

これらはモーションパルペーションで診ているとすぐに解る。

ボキボキされても痛くないのだ。

うまい整体師はボキボキ矯正されても痛くなく、力もほとんどいらない。

なんてよく言われていたらしい。

そりゃ、ハイパー関節(ゆるい関節)を動かしても痛くないわなぁ。

案の定、緩い関節の近くにある固い関節をゆっくりモビリゼーションで動かしてみると、強烈に痛がる。

この緩い関節と固い関節の違いがMRIでは解らないから厄介である。

だから整形外科では原因が解らなかったらしい。

ボキボキ整体で悪化するのも、なおさら厄介である。

ここにハイパー関節治療の普及が必要となってくる。







猫背矯正にラジオ波治療?

姿勢矯正士の西本です。

先日、10歳代の男性が母親と供に猫背矯正を希望されて来院。

それまで〇骨院で猫背矯正の為、ラジオ波治療とマッサージを受けていたらしい。

週2回で2ヶ月間通ったらしい。

深部の筋肉を2ヶ月間緩めてから、猫背矯正をするらしい。

しかし猫背の改善の効果が全く無く、そのやり方に疑問を持たれ当院に来られた。

なに?

深部の筋肉をラジオ波で2ヶ月間、緩めてから猫背矯正?

全く猫背矯正の知識が無いとしか思えない。

姿勢を悪くしているのは、骨に奇形がない限り筋肉バランスの問題であって、いくら深部筋肉を全部緩めても筋肉バランスは変わらないし、猫背なんて治らない!

2ヶ月間の無駄!

2ヶ月も待たずに、すぐに筋肉バランスを整えるべきである。

〇骨院も姿勢矯正を謳うのは自由だけれど、もう少しプライドを持たれたら如何でしょうか?

姿勢矯正は見て解る。

だから姿勢矯正例を進んで掲載すべきである。

自信があるのなら…

今回で2回目の姿勢矯正であるが、姿勢は明らかに変わりつつある。

もっと劇的に姿勢が変われば姿勢矯正例に掲載してみるつもりでいる。

本人の了解が取れれば…

楽しみである!








肩甲骨矯正は無敵!!

姿勢矯正士の西本です。

今日はタイにゴルフ旅行に行かれた患者さんの話。

タイはタイ式マッサージの本場である。

例の通り、ゴルフの疲れにタイ式マッサージを…。

肩甲骨まわりを入念にマッサージされたのは想像できる。

この患者さん、昔ラグビーをしていたから体はでかくて筋肉隆々。

このでかい体の疲れた個所を入念に2時間も掛けてマッサージされたらしい。

その結果、見事に肩こり復活!

我慢出来ん程の強烈な肩こり。

凝ってるところは、揉んだらあかん!

凝る必要があるから、凝ってんねや。

毎日2時間も揉まれてこの結果や!

そこで私が編み出した最新の肩甲骨矯正。

時間は30分足らず。

見事肩こり感は無くなる。

しかしこの固さ、また復活するで…

コリ感が出てきたらまた来るわ。





今日も又ボキボキ整体後遺症の患者がやって来た。

姿勢矯正士の西本です。

今日も又ボキボキ整体後遺症の患者がやって来た。

症状は首のハリである。

首コリでもある。

もちろん肩も凝っている。

早速首を触診。

うむ?

なんじゃこりゃ!

首にハリはあるが関節はよく動く。

この患者さん、首が凝ってから長い。

もしかして首ボキボキされたことない?

よその整体でボキボキされた事がある。

首とアゴを持ってボキボキされるやつ?

そうや!

左右でやられた?

うん、左右やられた。

痛くなかったやろ。

はい。

やっぱりハイパー関節や!

しかもハイパー関節が結構多い。

これ治すの、ちょっと結構時間かかるで。

ハイパー関節の治し方を説明。

症状が首の付け根まできている。

フィクセーション(固い関節)は、少ない。

難しい。

しかしフィクセーションをピンポイントでモビっていかなければならない。

特に後頭骨と首の付け根と首の一番下にひどく固い関節があった。

上下のハイパー関節に注意しながらそこをモビっていった。

症状は少し軽くなってきた。

しかしこのハイパー関節ちょっとひどいよ。

痛くないボキボキ整体をやる人、決して矯正が上手くて痛くないのではない事を自覚して欲しい。




危ない前屈補助!

姿勢矯正士の西本です。

昨日来られた患者さん、猫背である。

猫背になる要因を色々と考えてみたが、こんな事も猫背になる事が解った。

前屈のストレッチの補助である。

こんなストレッチはハムストリング筋が固いと胸椎の過剰後彎を作る。

先ずは、ハムストリング筋のピンポイントでのストレッチを優先すべきである。

この患者さん相当ハムストリング筋が固かった。

ウォーミングで写真の様なストレッチをしていたらしい。

ハムストリング筋が伸びる前に、胸椎の後彎(猫背)を作る。

危険である。

ハムストリング筋の固い方は、こんなストレッチから始めるべきでない。

私の説明に本人も納得した様だ!

無題


この写真はネットから掲載させて貰った。

これって、すべり症?

姿勢矯正士の西本です。

こんな症状の患者さんが来院されました。

ヨーロッパから奥さん(日本人)の里帰りで一緒に来日されました。

身長190cm近い白人の方です。

症状は腰痛、病名はすべり症と診断されていた。

どこへ行っても治らないので、本人はもう諦めているとの事。

しかし、問診表で症状を確認してみると、何かおかしい。

うむ!

前屈でも後屈でも上部腰椎辺りが痛むらしい。

すべり症なら、前屈では痛まない筈だが…

私はとっさにハイパーを疑ってみた。

腰はよくボキボキ鳴るらしい。

早速触診。

腰椎にさほど滑っているところは見当たらない。

坐位にて、モーションパルペーションで確認。

明らかにハイパーがあり、フィクセーションも見つかる。

1回だけの治療となるが、ハイパー治療に取り組むべきか?

取り組もう!(決断!)

フィクセーションの箇所を、ハイパーの箇所に負担を掛けないようにモビっていった。

そして動かして貰った。

少し笑顔が戻った。

明らかに症状は軽減している。

そこでもう少し強めにモビっていった。

間違いない!

すべり症といっていたのは、実はハイパーの症状だった。

こんな事を言われた事は無かったらしい。

しかし1回だけの治療しか出来ない。

もう明日には京都にいないらしい。

ヨーロッパにもハイパー治療を広められたらいいのに…

しかし間違っている事をしていたら治らないと実感した1日でした。



発想の転換〜僧帽筋の筋トレ〜

姿勢矯正士の西本です。

河原町三条のロフトでぶらぶら商品を見ていたらこんな商品が陳列してあった。

商品名:のび〜〜るフィットネス

単価:1,382円(税込)

筋トレをするグッズである。

うむ!

これひょっとして僧帽筋の筋トレに使えるかも…

早速購入して僧帽筋の筋トレに使ってみた。

ぴったしカンカン!

いいぞ!

中々のもんじゃ!

5秒を10回やってみた。

取ると自然と肩甲骨が後ろにいく。

これで相当肩こりが改善するかもしれない。

しかし問題がない訳でもない。

肩甲骨が前にきているいわゆる巻き肩の方にはちょっときついかもしれない。

そんな方には、やはり肩甲骨矯正が先に必要になってきそうである。

ちなみに私は肩こりもなく、相当肩甲骨もよく動くので、このグッズでの筋トレはすこぶるいい。

ただし、付ける場所にも一工夫がいる。

腕に引っ掛けてやると痛む恐れがあるので、必ず肩甲骨に引っ掛けてやって下さい。

姿勢矯正ベルトと全く逆の発想である。

先に買っていたハードタイプの他、ソフトタイプとスーパーハードタイプを揃えてみた。

これから臨床をどしどし積んでみたい。

DSCF0846DSCF0744











DSCF0741



真剣にやっていると、こんな間抜けな顔になりました。

伸びた筋肉には筋トレを、縮んだ筋肉にはストレッチを!

姿勢矯正士の西本です。

伸びた筋肉には筋トレをする。

縮んだ筋肉にはストレッチをする。

こんな簡単な原理が解っていない人が、この業界にも結構多い。

伸びた筋肉は、この筋肉を守る為にハリやコリが起こる。

だから、ハリやコリが起こった筋肉を揉んで緩めてはいけないのだ。

揉むと悪化する!

伸びた筋肉には筋トレが必要となってくる。

当然、筋肉補強テープ(キネシオテープなど)は、この伸びた筋肉に貼ると効く。

またストレッチは縮んだ筋肉(拮抗筋)にすると効く。

現状のマッサージやリラクゼーションはこの伸びた筋肉(凝っている筋肉)を揉んで緩めているところが結構多い。

しかし全身の筋肉において、縮んでいるところを探すのには、ちょっとした知識を経験がいる。

なぜなら縮んだ筋肉は症状がないからだ。

姿勢矯正士はこの簡単な原理に則って姿勢を正していく。

だから姿勢を正すと、これらの症状も消えていくのだ!











肩こりをほぐしてたの、何やったの?

姿勢矯正士の西本です。

Hさん 男性 40歳代 デスクワーク

姿勢矯正・体の歪みのチェックを希望されて来院。

症状:肩こり・頸部痛・坐骨神経痛・冷え性

疲れがたまってきた時に上記の症状を発症。

30年前から症状が出て来た。

症状は変わっていない。

寝方:横向き

カイロプラクティック・整体・マッサージには通っている。

先ずは姿勢のチェックから入る。

猫背である。

背中がカンカンである。

巻き肩でもある。

反り腰でもある。

色んなカイロプラクティック・整体・マッサージには通ったが一向に良くならないらしい。

なぜ良くならないのか?

こんな説明からしなくてはならない。

肩こりの原因は聞きましたか?

いえ、凝っている筋肉をほぐされるだけです。

そしたらこんな筋肉をほぐされた事はありますか?

側臥位でそっと前鋸筋のストレッチ。

痛い!!

何ですか、これは!

この筋肉は前鋸筋と言って、肩甲骨を前にする筋肉ですよ。

こんな所触られるの始めてですわ。

痛いけど我慢してな。

しばらく前鋸筋のストレッチ。

そして肩を動かして貰った。

何、この軽さ!

しばらくすると僧帽筋が緩んできますので楽しみにしといてな。

そして肩こりのメカニズムを説明しながら、小胸筋・肩甲挙筋などをゆっくりストレッチしていく。

最後にもう一度肩を回して貰った。

何でこんなに肩が大きく動くの?

そして今まで行っていたカイロプラクティック・整体・マッサージが間違っていた事に気が付くのである。

そして最後に言われた一言。

今まで金使って一生懸命肩こりをほぐしてたの、何やったの?
最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ