京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

国民はだまされている

強揉み後遺症

姿勢矯正士の西本です。

頻繁にマッサージを利用している患者さんの話。

最近肩こりが強くなってきて、強く揉んで貰わないと効かなくなってきた。

だから女性では効かないので、体が大きくて力の強い男性に揉んで貰っているとの事。

しかし肩こりの多くは筋肉バランスからきているので、間違った筋肉を揉んで貰うと筋肉のバランスが悪くなり、かえってコリは強くなるので注意が必要だ。

正しい筋肉を揉んで貰うと肩こりは少しでも改善していくものである。

絶対揉んではいけない筋肉の代表格は中部僧帽筋であろう。

この筋肉を揉むと大変気持ちがよく、寝てしまいそうになる。

温泉にいって、お金を先に払っておいて、マッサージ中に寝てしまっていたら起こさずに勝手に帰ってと頼むのは殆どがこの中部僧帽筋のマッサージが多い。

マッサージチェアもまたこの筋肉をほぐしている事が多い。

だから段々強くて気持ち良く揉める高価なマッサージチェアに買い替えていく羽目になる。

気持がいいが、肩こりは間違いなく悪化していく悪のスパイラルとなっていく。









私は枕不要論者である!!

姿勢矯正士の西本です。

私は枕不要論者である。

姿勢が良いと枕は要らなくなる。

上向きで寝られるのが姿勢を良くする絶対条件。

上向きに寝るのは立った姿勢に近い。

横向きで寝るのは坐った姿勢に近い。

1日20〜30回寝返りを打つ方がいい。(20分〜30分に1回)

上向きで寝られる様にするのが私の仕事。

上向きに寝ると姿勢が良くなっていく、

巻き肩も治る。

胸椎が伸びる。

猫背の人が上向きに寝ると反り腰の為、腰が痛くなるので、これも治す。

そして姿勢が良くなっていくと、枕はバスタオル1枚程度で充分になる。

全ての寝方に合う枕は無い。

寝方は、上向きと横向きだけではないからである。

下向きや斜めというのがある。

臨床上、姿勢が良くなった患者さんは、枕無しで寝られる様になっている。

姿勢が良くなった患者さんが試しに枕使って寝ようとしても、首が辛くて寝られない。

これが枕不要論の根拠になっている。

首が辛い人は、枕は10個程度持っている。

これらの枕は全てフィットしないので、最後はデパートなどで頸椎の彎曲を測って貰って作った枕にたどり着くが、またこれが合わないから厄介。

調子が悪い首に合わして枕を作ってどうすんねや!

だから姿勢矯正士は、枕なんか売るな!

だって姿勢が良くなると、枕は要らなくなるから…

しかし最終的には鞭のようにしなる上向きに寝られる首を作り上げなければならないが…





一瞬にして症状が消える!

姿勢矯正士の西本です。

You Tube を見ていて一瞬にして肩こりが消えるみたいな映像をよく見かける。

しかし、これっで本当に治っているのだろうかと疑問になる。

さてさて人間の体ってこんなに簡単に変わるのだろうか?

姿勢矯正に取り組んで、もはや18年を超えた。

今なお姿勢の安定性に悩んでいる。

ホメオスタシス(恒常性)による体の抵抗である。

一瞬にして、猫背が治ったなんて夢のような光景を私には想像すら出来ない。

今日も1年半ぶりの患者さんの来院である。

体がクタクタだそうだ。

私が名付けた病名、しんどい症候群である。

不定愁訴が全身に及ぶ。

1回で全身を診ることすら出来そうにない。

治ると言うのは、症状が出ないという事でもある。

ホメオスタシス(恒常性)の抵抗を実感している私としては、少しずつではあるが、改善していければいいと思っている。

しかし辛い症状は、すべて消してやろうという意気込みだけはある。

治療後、今日の患者さんすごく体が軽くなった(症状もほぼ消えた)と満足げに帰えられた。

しかし、これで症状が無くなって安定するとは思っていない。

だから来週にもう一度予約をして頂いた。

治すという事を目標にしている私としては、一瞬にして治るというイメージが湧かない。

しかし「悪化さす」という事だけは避けたい!

強すぎると痛むし、弱すぎると効かない。

こんなジレンマと今日も戦っている西本でした。

小顔整体のトリック!

姿勢矯正士の西本です。

今日小顔関係の整体セミナーのダイレクトメールがポストに入っていた。

無料と書いてあったので、ちょっと読んでみた。

当然気になるのは矯正前後の写真。

なるほど、アゴのラインがシャープになっている。

うむ!

待てよ。

この写真、撮っている角度が微妙に違う。

施術前より、施術後の方がやや上から撮っている。

しかも5例全てである。

5例全てで、施術後は微妙に上から撮っている。

そりゃ、アゴが細く見えるわ。

このトリックの簡単な見分け方は、鼻の穴の大きさに注目!

施術前は鼻の穴が大きく見え、施術後は鼻の穴が小さく見える。

この微妙な違いは、人物画を長年書いて来たので解るのかもしれない。

私にとって、こんなダイレクトメールは当然ゴミ箱行き。


傍から見ていると面白くないのかもしれない!

姿勢矯正士の西本です。

肩こりのメカニズムが解ると、こんな事では肩こりが取れないとか、こうすれば肩こりが無くなるという事が解ってくるから面白い。

だからYou Tubeなどで紹介されている肩こり解消テクニックでもこれでは治らないというテクニックも気が付いてくる。

いつも言っているが、症状を取るのと原因をとるのとでは違う。

そこが又難しい!

一瞬にして肩こりが取れる?なんて言うのは、一瞬にして肩こりが戻るという事だと思う。

一瞬にして肩こりが取れて、二度と肩こりが戻らないテクニックがあれば、姿勢矯正も完敗である。

肩こりのメカニズムを研究していて、これは無いでと思う。

全身を調整しても、症状が古いとまたすぐに戻る。

何んとかならないだろうかと思う事も結構多い。

だから一瞬にして肩こりが治るテクニックをYou Tubeで時々見るが、納得出来るものはほとんどない。

今日もダイレクトメールで送られてきた集客の書類をみていて、こりゃうさんくさいと思えたので、ネットで調べてみると案の定「被害者の会」が立ち上げられていた。

やっぱり!

マルチ商法もええとこや!

正直な仕事をしていると、面白くないのかもしれない。

傍から見ていると…
最新コメント
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ