名取盤友会の例会にて、ShowGさん、トーゴーさん、えすなかさんとモンバサ。

新しい会社トラックと簿記の拡張入りで。

DSC_0384


こんなの。
会社トラックは、ダイヤ商人をプレイしたときに鉱山アイコンが0.5あるいは1.5増えるやつ。
簿記拡張のほうは、簿記マックスでお金が貰えるボーナススペースと、あとは5点あるいは10点入る帳簿タイル。


ランダムに手番順決めて3番手スタート。
初期タイルがモンバサとモンバサで会社に選択の余地がなくモンバサスタート。

今回の会社トラックは、サンルイが前述の拡張、モンバサが他の会社トラック進めるやつ、カイロがボーナスマーカー増えるやつ、ケープタウンがカード買ってダイヤトラック進めるやつ。

そこで今回は探検プレイでモンバサトラックを進めて、ついでにそこのボーナスアクションで他の会社も進め、特にサンルイの会社ボーナスでダイヤトラックも有利に進める方針で臨んでみることにする。
つまり探検&ダイヤ作戦(適当)


DSC_0385


これは2ラウンド目が終わったあたりかな。
同じくShowGさんも探検プレイでモンバサを進めている。
自分は探検カードと綿花カードを買って綿花マックスでサンルイ株を買い進めたり。


DSC_0386


5ラウンド目の開始前。
モンバサを伸長させる自分とShowGさんに対して、ケープタウンを伸ばすトーゴーさんとえすなかさん。
ちなみにトーゴーさんはダイヤ商人カードを買ってダイヤトラックを、えすなかさんは簿記係カードを買って簿記を伸ばしている。

そこからトーゴーさんと自分が探検カードを買って叩きあい。

DSC_0387


モンバサとケープタウンが伸びているけど、個人的には株数でShowGさんに差を付けられているモンバサではなく、筆頭株主になっているサンルイを伸ばしたいところ。

DSC_0388


そしてこのラウンドでようやくカードスロットが4つになる。
あと2ラウンドしかないけど。

ここからShowGさんを逆転するには、6ラウンド目、7ラウンド目と探検しまくってサンルイ株の株価を上げ、同時に探検マックスでモンバサ株の差も縮めてくしかない。

と言うことで、6ラウンド目は、5ラウンド目に皆が探検した隙をついて4探検で探検マックスを取ってモンバサ株を伸ばしつつサンルイ会社で探検。

最終の7ラウンド目は6探検で探検マックスを取る予定がトーゴーさんの8探検で取れず、さらにサンルイがケープタウンに蹂躙される始末。

DSC_0389


最終盤面。
モンバサに蹂躙されるカイロとケープタウンに蹂躙されるサンルイ。

DSC_0390


最終得点。
株価マックスまでいったモンバサを株数マックスまで伸ばしたShowGさんがトップ。
簿記プレイで株価争いに煩わされず独自路線を歩んだえすなかさんが2位で自分はビリ。

ちなみに最終ラウンドにケープタウンの探検がサンルイではなくモンバサのほうに向かっていたら、モンバサの株価が-2点でサンルイの株価が+3点。
そうなると各自の得点がトーゴーさん130、えすなかさん143、自分が136でShowGさんが141とえすなかさんがトップだったらしい。

まあそれはそれとして、よく考えると今回の会社トラックは早い段階でお金が必要な面ばっかりだったので、そもそもモンバサの能力で他社株伸ばしてくって方針自体に無理があったっぽい。
あるいはそれを予め考慮して早めに金策しておくか。

あとは探検とダイヤの両方に手を出した結果どっちつかずの中途半端に終わったことも反省点。


でもまあ結局は最終ラウンド探検ゲーだけどな!