2006年11月

2006年11月30日

造りつけ食器戸棚

今日は、ぽてーれ山荘の食器戸棚をご紹介します。
b846610e.jpg

戸棚

カウンター収納と
オープン棚付きの吊戸棚。
何気ないデザインですが
身長を考慮して、かなり身長に・・
ではなくて・・慎重に高さ関係を決めています。
今ある自宅の食器戸棚を何度も測りました。
(つまりは・・・身長が低いのです。)

一部オープンにして
ワゴンとゴミ箱を置いています。

カウンター材は、タモ集成材
他は、シナベニアフラッシュ
見える部分だけ、自然塗料(アトリエベル製)を塗っています。

スライド棚

炊飯器は、棚をスライドさせて
使わない時は収納します。
下は、ワイヤーバスケット
やはり、スライドしますので
野菜などを入れるのに便利。






ワゴン
キャスター付きのワゴンに
水切りかごを置けるようにしました。
流しの近くに移動して使用します。

洗った食器を戸棚にしまう時も
近くに持っていけるので便利♪

なにより、キッチンの上がスッキリして気に入っています。
キッチンカウンターの上にかごを置くのが嫌いで
常々、何か良い方法はないかと考えていましたので・・・

ちなみに
自宅には食器洗乾燥機がありますが
それだけでは間に合わないので
水切りカゴを、流し台の下の引き出しに入れて使っています。

potere at 22:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0) たてもの 

2006年11月29日

八ヶ岳を一周しました。

縦走ではなくて・・・一周です。

2006年11月25日(土)天気:快晴
本当に素晴らしいお天気でした♪

国道299号線(メルヘン街道)は
27日から通行止めになるとのこと。
利用者が少ないので、雪かきをしないのだそうです。
では・・・最後にドライブをしようということになりました。

麦草峠を越え
素晴らしい景色を望みながら、メルヘン街道を下ります。
「わぁ〜きれいねぇ〜♪」と言っても、夫は無反応。
「張り合いがないわねぇ〜?」
「見てる余裕ないよ!」運転者はたいへんなのね!失礼しました。

626b52d7.jpgピラタス横岳ロープウェイに乗り、坪庭へ
立山・北アルプス・御岳山・中央アルプス・南アルプス・
八ヶ岳
ため息が出るような・・・
180度の素晴らしい眺望です。
(写真はむずかしいですね。)

坪庭から北横岳まで一時間というので、
途中まで登りはじめましたが
雪が凍っていて危険!
装備も十分ではないので、あきらめることにしました。

縞枯山荘

縞枯山荘まで行ってみました。
草原の中にあって、
なんか・・・いい感じですね。

一時間ほど散歩して、再びロープウェイで下山

原村

原村を経由して南回りで、帰ることにしました。
途中、八ヶ岳の全容が現れて、とてもきれいだったので
車を止めて、写真を撮りました。
松原湖方面から見る姿とは、また違った形で面白いものです。

富士山

富士見高原の鉢巻道路から
八ヶ岳公園道路を走り
八ヶ岳牧場の近くだったでしょうか?
富士山がきれいです。
(鉢巻道路からも見えましたけどね。)

野辺山でおそばを食べてから
一路、松原湖高原のぽてーれ山荘へ。

そうそう・・・ケーキとコーヒーが大好きな私で
おしゃれな喫茶店に入るのが楽しみの一つなのですが
今回は、「高原のパンやさん」でケーキを買って
ぽてーれ山荘に帰ってから、
ゆっくりとお茶して、ぽてっと過ごした私たちでした。
「これからは・・・ぽてーれ喫茶だね♪」

potere at 22:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0) あそび 

2006年11月28日

開放感に浸れるレストラン

ガイドのとら「清里・八ヶ岳」に書いてあった
『Harmonize ハーモナイズ』のキャッチフレーズです。

別荘近くの美味しいレストランといえば
小海町高原美術館の中にある『花豆』ですが
ここは、シーズンの週末だけの営業なのです。

「他にいい所ないかなぁ〜?」と思い
買ったのが、上記のガイドブック

2006年11月24日(金)
夫は会社を休み、私は自営業なので・・
まだ、八ヶ岳にいます。

2d8de86c.jpgお昼に『Harmonize』に行ってみました。
国道141号線から299号線のメルヘン街道に曲がってすぐの所にあります。

エントランスがステキです。
私好みで、わくわくしました。

中もなかなかに良い雰囲気でした。
大きな窓から、北八ヶ岳がきれいに見えました。
冬だけのご褒美だそうです。

グループでパーティができるような小部屋もあり。

料理

食事はお勧めメニューの
「ワンプレートランチ」
見た目がきれいで、味もまずまず


近くにステキなレストランが見つかって
うれしくなりました。

(写真は夫の携帯で撮ったものです。デジカメを忘れたぽてちゃんでした。)

potere at 22:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0) たべもの 

2006年11月27日

気がつけば・・・冬

efbd04c5.jpg11月23日(木)
窓の外は、すっかり冬景色
葉の落ちた木々のわずかな隙間から、
八ヶ岳が見えそう(?)です。
もうちょっと、樹木が少なければなぁ〜?
などと、贅沢な悩み!

前回(11月3日)来た時は、カラマツの紅葉に感動したのにねぇ〜

お昼は、小海リエックスホテルに行きました。
今年6月に温泉ができて
エンジョイ日帰り温泉プランがお得なのです。
ランチ+デザート+ドリンク+入浴で2000円

ランチは、白樺のお庭を見ながら、ゆっくりと!

温泉は、少し歩いて別棟です。
洗面・脱衣スペースのインテリアがステキ♪
浴室もセンスあふれるデザインでリッチな気分になります。
露天風呂からは雪冠の浅間山がきれいに見えました。

potere at 22:16|PermalinkComments(4)TrackBack(0) まど | あそび

2006年11月26日

ついに・・・囲炉裏完成♪

11月23日〜26日まで、ぽてーれ山荘に行ってきました。

23日は朝3時40分自宅出発
ぽてーれ着 7時15分頃(高速料金 約半額)
しばし休息の後、囲炉裏のセッティングです。

0ae6f6b1.jpgまずは、自在鉤を組み立て、梁にぶら下げました。
受けの金物はステンレス・・・結局そのままステンレス色

空箱

テーブルのふたを外すと、
中は銅版の箱



砂

ここに、頑張って乾燥させた『砂』を投入
ちょっと・・・
入れすぎかなぁ〜?

灰

続いて、『灰』を入れます。
楢の灰です。
鍋

五徳を置いて、鉄鍋もぶら下げてみました。
ステキですねぇ〜♪


完成

長年の夢がかなった、記念すべき一瞬です♪
(夫もしみじみ眺めて、感無量の様子でした。)



鍋と魚

夜は早速に、田舎鍋?・・・と
スーパーで調達した虹マスを焼きました。

とっても美味しかったのは、言うまでもありません♪

potere at 20:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0) たてもの 

2006年11月21日

またまた囲炉裏のことです

今日は、囲炉裏の灰の下に入れる
『砂』を買ってきました。

f4bae4fa.jpg近所の大型ホームセンターで・・・
袋いっぱいに入れて、427円
何キロあるのでしょう?
とっても重くて、私1人の力では
車に乗せられませんでした。


日曜と昨日の午前中は雨だったので、湿っています。

湿った砂

湿気をとるために
大きな鍋に入れて、炒ることにしました。

鍋はたけのこを茹でるためのものです。
田舎暮らしグッズですねぇ〜

殺菌もできるので、一石二鳥と思います。

湯気の砂

竹べらで時々混ぜながら
蒸気を飛ばします。

乾いた砂

15分から20分くらいで
すっかり乾いた砂になりました。


一度には無理なので 4回くらい繰り返しました。
囲炉裏を作るのも楽ではありません!
今日は、仕事は半分でしたね。
自営業でよかったです。

potere at 22:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) かいもの 

2006年11月19日

囲炉裏グッズ(2)

注文していた、囲炉裏関連商品が届きました。

自在鉤は、鉄の筒に横木は音叉
竹筒に魚だと、いかにも和風田舎ですものね。
ちょっと、洋風の香りにしたつもりです。

鉄鍋は南部鉄
五徳も火箸も灰ならしも、予想以上に頑丈で立派です。

灰も届きました。
友人に何の灰か?と聞かれましたが、わかりません。
明日、電話をして確認してみようと思います。

今日は、近所の大型ホームセンターに行って
火をおこす鍋?を買いました。
炭を入れて、ガスレンジで熾すのです。

それから、自在鉤を吊るすための金具
ステンレスなので、色が合いませんよね。
ペンキで黒くしなくちゃねぇ〜?

後は砂です。
囲炉裏を買った時に
「灰の下に砂を入れてください。」と言われました。
でも、いろいろ調べていたら
砂は水分が多いので、銅の箱にはダメとか?
あら・・・そうなの?
と思っていたら
彩工芸企画のおじさんは
「砂を入れないと、串はさせませんよ。水分は炭を入れればなくなります。」
あらあら・・・そうなの?
というわけで、今度は砂を買いに行きます。

potere at 23:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0) かいもの 

2006年11月17日

建築士の友人

親友のDさん
女性建築士です。
その昔(22年前)
二人で協力して「女性建築研究会」なるものを作りました。

一緒に、講演会に行ったり
ステキな建物を見に行ったり
旅行もしました。
食事をして、夜遅くまでしゃべって・・・
なんだか、学生時代に戻ったように、楽しい時を過ごしました。

彼女が建築の勉強のためにアメリカに渡ってから
もう、10年が経ちました。
一年という約束だったのに・・・ね。
今では独立をして、アメリカで立派に仕事をしています。

そのDさんの従姉妹さんが
私の別荘のすぐ近くに、別荘を持っています。
A山さんといって、
小海町高原美術館の中で「花豆」というレストランをやっているのです。
私たちが別荘地を買う前
ここの別荘地にお住まいの八岳さんを訪問した時に
A山さんを紹介していただきました。

ある日、所用で日本に帰っていたDさんと電話で話をしていて
Dさんの従姉妹が、私の知っているA山さんだということを知った時
私たちは悲鳴を上げて驚きました。

彼女が年末年始に日本に帰ってくるというので
「松原の別荘に遊びに来てよ!」
と、お誘いをしました。
「2階も造る予定だから、ぜひぜひ・・泊まっていってね!」

というわけですから
何としても、2階増築を実現しなければ・・・
と、意を新たにしたのでした。


potere at 22:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ともだち 

2006年11月16日

早くも増築??

まだまだ・・・先のことと考えていましたが
せっかくだから・・・
2階が欲しいね!ということになりました。

2階と言っても、小屋裏利用の2階で
すでに、構造はできていますから
床と壁・天井を張るだけなのです。
窓も、トップライトも付いているし・・・
そう・・・階段は必要ですね。

いくらでできるか?
それが問題ですが、
12月になれば、ボーナスも出ることだし
思い切って、やっちゃおうか!
と・・・夫が言うのです。

せっかくステキな別荘ができたのに
泊まる部屋がないので、
親戚もお友達も呼べない・・って。

というわけで
再度、プランを練って
(と言っても、ほとんどが当初の計画通りですが・・・)
建設会社に見積の依頼をしました。

こんなにも、有り金を別荘につぎ込んでいいのでしょうか?
老後の生活も心配ですが
まぁ〜なんとかなるでしょう♪

吹き抜け
正面の壁際に階段
左側は、約10帖くらい
右側に、4.5帖のスペースが造れます。
真ん中の2本の梁の上が、廊下
左右の部屋をつなぐ橋ですね。


potere at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) たてもの 

2006年11月15日

囲炉裏グッズ

囲炉裏
囲炉裏テーブルを置いたものの
囲炉裏にはならずに、テーブルのまんまの日々でした。

自在鉤をぶら下げるための梁も造ったし
準備は万端なんですけどねぇ〜

まずは「灰でしょう」というわけで
自宅近辺のホームセンターで探したけど「灰」は無し。
別荘のある、小海近辺のお店で探したけど・・無し。

そろそろ冬だし
冬ともなれば、囲炉裏で「鍋」か「魚を串にさして焼く」
憧れです。

そんなわけで、本日ネットで探したお店に注文しました。
(有)彩工芸企画です。
自在鉤に五徳に火箸、灰ならし
思い切って、鉄鍋も
そうそう・・灰も忘れてはなりません。
全部で10万円くらいでしょうか?

届くのが楽しみです♪

potere at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) かいもの 

2006年11月13日

秋の風景

今日は、窓からの景色をご紹介します。
撮影は、2006年11月3日

cc8a4c68.jpg何度も登場している、リビングの『FIX窓』です。
ピクチャーウィンドウのつもり!

敷地はまだ何も手をかけていないので
自然のままの、庭ともいえない“庭”です。
手前の太い幹は、白樺。
何気ない風景ですが
隣地のカラマツの紅葉がステキです。

キッチンの窓
台所です。
正面の食器戸棚&カウンター収納は
私が設計して、造作家具屋さんに造ってもらったもの。
身長を考慮して、隅々まで工夫を凝らし・・・・
あっ!
窓の話でした。
通風のために『縦すべり出し窓高所用』を設置しました。
この窓から見えるカラマツもいい感じです。
同じく、隣地のカラマツなのです。

窓と言えば
天井の四角いもの
手前は照明器具ですが
壁寄りの少し大きめのものは「天窓(トップライト)」です。

浴室の窓
浴室です。
ずいぶん悩みました。
景色を見ながら風呂に入る。
やっぱり・・・憧れですよね。

浴槽に入りながら外を眺めることのできる『FIX窓』
風通しのための『打ち倒し窓』を組み合わせました。
外の景色はいまいちですが
いずれ、白樺と
目隠しになる・・何かの樹をを植えたいと思っています。

でも・・・いつになるか不明なので
ブラインドを付けてしまいました。
だって・・・
夜は丸見えですものねぇ〜

potere at 20:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0) まど 

2006年11月11日

ソファーですよ!

ff840074.jpg

そふぁ

2006年10月7日(土)
ソファを運びました。
憧れのカウチです。
寝っころがれるのがグッドです♪

カウチの部分は、
長いクッションと半分の短いのを入れ替えることができて
人数の多い時は、スツール風に離して使うことができます。
(写真は短いのを乗せたところ)

自宅の押入れに押し込んであった古いクッションに
気に入ったクッションカバーを購入してかぶせました。
アクセントになって、明るく感じます。

この時は、息子も一緒に行ったので
ベンチの下には息子の荷物。
全体的に、生活感が出てきましたね。

住宅も・・・物が無くて、
スッキリとしていたらよいと思うけど
あまりに物がないのも
落ち着かないものです。

できるだけ、自宅にあるものを利用して
買わないようにしようと思っていましたが
少しずつ、気に入ったものを買う喜び
感じ始めてしまった・・・ぽてちゃんでした。

potere at 20:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) たてもの 

2006年11月10日

引越し?

別荘ですから、引越しとはいわないのでしょうか。

2006年9月16日
荷物を運びました。
カーテン(プレーンシェード)も取り付けて
一段と部屋らしくなりました。

2f31212b.jpg食堂には囲炉裏テーブルです。
以前より囲炉裏に興味があって、
機会がある毎に見ていたのですが、
2年位前に、展示会で
イメージにぴったりのものを見つけて・・・
「いつか別荘を建てたら持っていこう!」
と思って、買っておいたものです。
自宅で食卓として使っていました。

居間引越し
居間にはコタツです。
夫が単身赴任をしていた時に使っていたもの。
赤いテーブルクロスがちょっといい感じと思います。

しかし・・・
フローリングの床に座るということが
こんなにも落ち着かないものだということを
初めて知りました。
間取り&空間が関係しているのかもしれませんが・・・?

自宅は、建築当初はカーペット敷きこみ
現在はリフォームして、コルクタイルなのです。

そんなわけで・・・
18日に別荘から帰って、早々にソファを買った私たちでした。

potere at 22:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0) たてもの 

2006年11月09日

別荘完成・・引渡し

2006年9月3日(日)大安
ついに、待ちに待った別荘の引渡しです。
若干の残工事はあるものの
とにかく・・・ひとまず・・・完成です。

14200eca.jpg
東側外観です。
駐車スペースも思いのほか広く取れました。

屋根はガルバリウム鋼板平葺
外壁もガルバリウム鋼板です。

本当は板張りにしたかったのですが
腐る?
きつつきに狙われる?

玄関ポーチ
←玄関ポーチ

ポーチ閉めた









帰る時は、
このように閉めておきます。

玄関床
玄関の床です。
茨城の稲田石を貼りました。
細い石は「コッパ」と言って
普通は捨ててしまうものなのだそうです。
ただ同然で、譲っていただきました。

居間
またまた・・・居間です。
クリーニングも終わって
無垢の桧板のフローリングが眩しい!
床暖房が入っています。
無垢板でもOKの低温温水式です。

(家具は、一時的なものですよぉ〜)

potere at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) たてもの 

2006年11月08日

完成まで・・・あと一歩ですよぉ〜

2006年8月25日
建物は、ほとんど完成しました。
外部の整地と、駐車スペースの造成。
緑に埋もれた建物は
かねてより憧れていた風情そのものです♪

bdbcacf0.jpg北東面外観です。
雪の吹き込みを考慮して
玄関ポーチの入口にも
外壁と同じ仕様の引き戸を付けました。
ポーチの奥に玄関ドアがあります。

南面
南西面外観です。
トップライトが3つ付いている部分が寝室
ただし・・・天井があるので
寝室からは、トップライトが見えません。
将来、小屋裏を部屋にする予定なのです。
真ん中が居間
右端は、食堂です。

居間
居間です。
ベンチと
ピクチャーウィンドウのFIX窓がポイント。
もちろん、吹き抜けも爽快です。
壁天井は、下地ベニアのままですが
これも、将来は板張りにしたいですねぇ〜

食堂
食堂です。
天井の井桁の梁は
囲炉裏の自在鉤をぶら下げるためです。
大きな窓と、テラス戸が開放的。
景色も抜群です♪

クリーニング前でまだ殺伐としていますが
イメージが形になって、感無量・・でした♪

potere at 21:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 別荘ができるまで 

2006年11月07日

工事中・・・内部の様子

2006年8月7日
前日の6日にキャンプをして
7日(月)の午前中に、工事の打ち合わせをしました。

工期は8月いっぱいの予定なので
大工さんも一生懸命頑張っています。

912756db.jpg
リビングから、寝室方面を見ています。
(断熱材の置いてある所がリビングで、間仕切りの向こうが寝室)
小屋裏にトップライトが3つあって(奥の方です。)
とっても明るいですね。
将来はここ(寝室の上)に部屋を造って
客室にしたいのです。
(今回は予算削減のため、塞いでしまうのよ。残念!!)

工事中の居間

リビングの吹き抜けです。
ここにもトップライトを付けました。
電動で開閉します。

広くはないけど
随所に工夫を凝らして
使いやすく考えています。

後日・・・完成後の写真も紹介しますね。


potere at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 別荘ができるまで 

2006年11月06日

またまた・・工事中のできごとです。

d017569f.jpg2006年8月のことです。
夫婦で現場に行った時は、
近くのペンションに泊まっていたのですが
「今回は、庭にテントを張って泊まろうよ!」
と、提案すると、夫も大賛成♪

現場の代人にお断りをして
現場でキャンプとなりました。

まず、テントを張れそうな平らな場所を探して
水平になるように、土を均し
ドーム型のテントを組み立てました。
簡易テーブルもセットして
準備完了!です。

持参した投光機をセットして
夜は、小海の建築士・・Y井さんを招いての大宴会となりました。

最初で最後?の・・お庭のキャンプ。
楽しい記念の思い出となりました♪

potere at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 別荘ができるまで 

2006年11月05日

ぽてーれ山荘から・・・朝の散歩

別荘ができるまでの報告はちょっとお休み!

11月3日から5日までの三連休を利用して
ぽてーれ山荘に行ってきました。
9月3日に引渡しを受けてから
今回で、3回目です。

3日は、朝3時半・・・自宅出発。
早朝割引と、通勤割引を使って、高速料金は半額。
(ただし、花園で一回降ります。)
別荘到着・・・6時40分。
途中で休憩もしてますよ。
朝早いと、空いていていいですねぇ〜

4日は、朝6時半起床
7時にぽてーれを出て、白駒池に行き、一周歩きました。
朝の散歩ですよぉ〜

白駒

紅葉はすっかり終わって、
人も少なく、静かな湖畔でした。
木道に霜が降りている場所もあり
滑りやすくて、神経を使います。

帰ってきてから、ゆっくりと朝食。
幸せを感じるひとときです♪

5日
今日の朝の散歩は松原湖です。
松原湖061105

湖の大きさは白駒池とほとんど同じで、
一周約30分。
天気がすばらしく
八ヶ岳がとってもきれいに見えました。

写真は
私の出身校の寮の前から撮ったもの。
松原湖の一等地と思います。

ぽてーれ山荘に戻って
朝食の後、少しのんびりとして
掃除片付け・・・水抜きなどなどしてから
11時山荘出発。

帰りも順調で
自宅着・・・午後2時半。
自宅の掃除と洗濯もして・・・夕食も終わって
楽しい連休が・・・もうすぐ終わります!

(注)掃除はほとんど夫がしますので、ご心配なく・・(?)

potere at 20:54|PermalinkComments(6)TrackBack(0) さんぽ 

2006年11月02日

ついに上棟です!

予算がないので・・・

小屋裏利用の2階は後回しにして
内装も、とりあえず下地ベニアのまま
その他もろもろ、あきらめて・・・
その上、銀行ローンも金額を増やし
2006年5月
なんとか、契約にこぎつけました。

基礎工事



基礎工事も順調に進み
(杭も打ったんですよぉ〜)

040166cc.jpg2006年6月27日
上棟です。
梅雨時で心配していた天候も
晴れ女の私のパワーで、バッチリ晴れました。

思い描いていたイメージが
実際の形になっていくのを見るのは
やはり・・感無量です。
(大工さん初め・・工事の皆様、お世話になりました。)

新緑も夏を目の前にして、一段と鮮やかですね。


potere at 22:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 別荘ができるまで 

2006年11月01日

地鎮祭だよぉ〜

2006年4月15日(土)
大安吉日ならぬ・・・友引の良き日に
『地鎮祭』を執り行いました。

3b0c7fe8.jpg私も仕事柄、多くの地鎮祭に参列しておりますが
住宅の建築で、
←このように、
テントを張っての式は初めてでございます。
神主さんも霊験あらたかで
身の引き締まる思いでございました。

そして
「いよいよ・・・別荘が建つんだわぁ〜♪」
と感激もひとしおでございました。

でも
この時は、まだ建築業者と工事契約が済んでいなかったのです。
思いのほか・・・予算がかかって、調整中でございました。
私の住む関東と、長野では
基礎にかかる費用も半端ではなかったようで・・
まぁ〜それ以外にもいろいろと・・・

設計者としての夢と希望が・・・
みるみる・・打ち砕けていくのでした。

そう
契約前に地鎮祭というのも
前代未聞でございました。

potere at 17:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 別荘ができるまで