さて、次へ向かいましょう

県道60号で北上し目指すは畑薙第一ダム

事前にほかの方の訪問記録などをみて悪路だということで用心していましたが

私が言ったときはそれほど荒れてはいませんでした

無事、畑薙第一ダム到着、ちょうど天端でバイクとすれ違い軽く会釈


2018052609畑薙第一ダム

 

ここの減勢工のカーブが特徴的


2018052610畑薙第一ダム

2018052608畑薙第一ダム

静かな雰囲気でついつい長居をしてしまいそうになる

今日はスケジュールに余裕があるのでまぁいいか


こちらのダムカードは少し手前にある白樺荘というところでいただけます。

お昼をここでと考えていたのですが残念なことに井川産の鹿肉が使えないとのことで

ニュージーランド産を使用していると表示あり、むむ、メニュー見てこれだと思ったんですが。。。

ほかにもメニューはあるんですが、うーむと悩む前に撤退します

ま、ほかにもあるでしょう

(大体そういう時は他には無いというのをこれまで学んできたはずなのですが。。。)

 

井川へ戻る途中で畑薙第二ダム

ダムカードはありません


2018052611畑薙第二ダム




無事井川に戻り駅前で休憩

駅前の売店は当然ですが閉店中、自販機は動いていました

しかしついこの前前線復旧のニュースを聞いたと思ったらあっという間にこんなになってしまうとは

せっかくなので井川駅を散策


ようこその旗が寂しさを倍増してる感じです


2018052612井川駅のぼり

井川線の終着駅ということもあり立派な駅です


2018052613井川駅

返す返す残念です

 

さて、いつまでも感傷に浸ってひてもしょうがないので進みましょう

ここからは千頭へもどりつつ見て回ることになります