昔からインスタントカメラや携帯電話で写真を撮るのが好きだった僕ですが、Panasonicのミラーレス一眼GF1を使ってバシャバシャ写真撮り始めた兄の影響を受けてちゃんとしたカメラを買おうと決心したのは2年ほど前のこと。

そこでコンデジとミラーレス一眼 で悩んだ末に購入したのがOLYMPUS PEN E-PL1でした。
PB266694s
















いろんなレンズをつけられるのが楽しそう、手動ズームが楽しい、背面液晶に映し出される写真が綺麗などなどいろんな理由はありましたが、一番の決め手は物としての所有感。

ただ旅行の記念に撮るだけでなく「趣味」として永くやっていきたいと思った時、「カメラを持っている」という思いがじわじわ湧いてくるミラーレス一眼に惚れ込んでしまいました。
(ちなみに一眼レフはレンズと合わせるとでかくて重い、値段が高い、画質も同価格帯ならミラーレスとそこまで変わらないということで除外。)

買ってからしばらくは外出するときは常に肩にぶら下げ、少しずつレンズを買い足しながら沢山の写真を撮っていました。E-PL1の素直で自然な色合いが気に入っていたのもあり、思えばこの頃が一番楽しく写真が撮れて気がします。

そんなお気に入りのカメラだったE-PL1でしたが使っているうちに色々不満が…型落ちということもあり高感度に弱い、AFがかなり遅い、液晶が荒くてピント合わせが困難などなど…
しかし買い替えの決心がついた直接の要因はたびたび起こった液晶の破損。 
E-PL1の背面液晶はガラスや透明プラの保護カバーが付いてないためちょっとした衝撃で液晶が破損してしまうという弱点があり、よく持ち歩いていた僕は2度も壊しておりました←

そんなわけでE-PL1を使い始めて半年強、新しくIYHしたカメラが同じくOLYMPUSの期待の新生、PEN E-P3
もともとOLYMPUSの”技術屋”的なスタンス(過去のPENやOMシステム、レンズのマイスター制度など)やPEN E-P○シリーズのデザインに惚れ込んでいた身として、「大幅な技術向上を成したPENの新フラッグシップ」として大々的に宣伝されていたE-P3に決めるのにこれ以上の理由は要りませんでした(笑)
IMG_0242s
















初めて手にしたときのひんやりとした金属外装、ずっしりとした重さ…まさにメカとしての「カメラ」を実感したあの瞬間はずっと忘れないと思います。
僕が購入したE-P3はシルバーだったので後に黒皮を買ってきて貼り付け、レトロ調にしてみる。すると行く先々で「レンジファインダー機かと思いました!」「カッコいいですね!」などと声をかけてもらえる。あぁ、やっぱりこのカメラは美しいんだなぁと思えてとても嬉しかったり…これほど「所有感」を満たしてくれるミラーレスは他に無いと思ってます(笑)
いい「物」を持ってるっていうモチベーションって大事。
IMG_0844s
















今ではOLYMPUSにおいてOMD E-M5やPEN E-P5の登場でラインナップの第一線を引いたE-P3ですが、銀塩時代とデジタル時代を上手く融合したデザインの秀逸さは今でもミラーレス一だと思っているし、ミラーレス市場のパイオニアOLYMPUS PENのひとつの完成形として、例え相変わらず高感度に弱かろうと色味がケバかろうとまだまだ頑張ってくれる(と信じてる)愛機です。(E-P5に浮気しかけたのはここだけの話)

ちなみに先代のE-PL1は現在、兄の知人の下で第二の人生を謳歌してくれてるもよう。感謝感謝!

2013年8月現在のカメラ機器
IMG_3681s





 












■追記■
2014年1月25日、OLYMPUS銀塩一眼レフの名機、OM-1とG.ZUIKO 50mm F.1.4レンズが我が家にやって来ました!

●2014年1月現在のカメラ機器

03kirinukis














●2015年10月現在のカメラ機器

☆紆余曲折を経て2年間でいろいろ機材が変わりました!相変わらずOLYMPUS一筋でございます。
メインカメラはE-P3→E-M5→E-M5Ⅱ
レンズは20/1.7、45/1.8に加え、12-40/2.8 PRO、40-150/2.8 PRO
をメインで使っております。

DSC_1829











本体
〈デジタルカメラ〉
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
2012年に発売され、大幅な性能向上を果たした新センサーとEVF、そして常識を覆す強力な効きの5軸手振れ補正を備え大きな話題となったOM-D E-M5。そのフィロソフィーを受け継ぎつつより磨きをかけたのがE-M5 markⅡです。
クラシカルな外観の中に詰め込まれたのは、ただでさえ強力なのにさらに強くなった手振れ補正、そしてそれを応用した画素ずらし+合成による40MPハイレゾショットという最先端の変態機能。 香ばしい!
ハイレゾショットは置いておいて、この手振れ補正の性能がまた凄まじく、12-40/2.8と組み合わせると夜景スナップ程度ならISO200固定でも問題なく撮れてしまいます。
頼もしい相棒でございます。
OLYMPUS PEN E-P3(故障中) 
 スペックは多少古くてもデザインと「カメラ感」は誰にも負けない可愛い子!愛着湧きます。
OLYMPUS PEN E-PL1(譲渡済み)
 操作性やAFは弱かったけど出てくる写真は不思議と素直で美しい。じっくり撮るには良いカメラでした。
Apple iPhone4S
 カメラ持ってくのがめんどいポタリング等で大活躍。たまにとてもいい一枚が撮れたりする意外と出来る子。
〈フィルムカメラ〉
★OLYMPUS OM-1
 1972年の発売時、それまでの銀塩一眼レフの「重い」「大きい」「シャッター音とショックが大きい」という「三悪」 を大幅に改善し、カメラ業界に小型化ブームを巻き起こした小型フルメカニカル機。銀塩一眼レフファンなら誰 でも知っているであろう名機です。前期型の中古ですがコンディションも良好、これからはE-P3と一緒に色んな 所に行こうね。
OLYMPUS AF-10 TWIN
 父から譲り受けた90年代初期のフィルムカメラです。本体に内蔵されている35mmと70mmの二つのレンズを使い分けるため、画角変えると連動してファインダーのレンズの枚数も変わるという面白い構造をしてる。

レンズ
〈Micro Four Thirdsマウント〉

標準ズーム
★OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO (35mm換算24-80mm)
 いわゆる大三元の一角を占める標準ニッパチズーム。開放から十分以上な解像感、全域ハーフマクロ以上に寄れる驚異の近接性能、安心の防塵防滴耐低温でこの小ささ。利便性花丸の優等生です。

LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6
(35mm換算28-90mm、譲渡済み)
 E-P3付属レンズが故障したので買足し。卒のないデザインと意外と強力な手振れ補正がいい感じ。
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR (35mm換算28-84mm)←故障中
 E-P3付属。写りは普通だけど沈胴式につき小さく収まるのがポイント。現在接続不良で使用不能に…
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-45mm F3.5-5.6 (35mm換算28-90mm、譲渡済み)
 E-PL1付属。フォーカスがノロノロだけど意外と写りは改良版(ⅡR)よりいいとの話も。E-PL1と共に譲渡

望遠ズーム
★OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO(35mm換算80-300mm)
 望遠端は換算画角300mm、f2.8のm4/3版サンニッパ。開放から素晴らしい解像感と取り回しの良さはまさにm4/3の真骨頂!ボケがもう少し柔らかければ…!!

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F4.0-5.6
(35mm換算80-300mm、譲渡済み)
 ズーム範囲や明るさ、写り等はいたって普通ですが、望遠レンズとは思えない小ささと軽さは特筆すべき。

単焦点(標準)
★LUMIX G 20mm F1.7 (35mm換算40mm)
 ミラーレス黎明期のレンズながら写りの良さで名玉のひとつと言われている。フォーカスが遅いのが珠に傷…

単焦点(中望遠)
★OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8  (35mm換算90mm)
 単焦点に定評あるM.ZUIKOの中でも特にコスパ最強と言われる名玉。実売2万でこの解像感とボケの美しさはおかしいよ…

〈OMマウント〉

★OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO 50mm F1.4

 OM-1とセットで購入。少しカビのようなものが入ってるけど写りには問題なさそう。オールドレンズ特有の色合いとレンズ本体の重みが堪らない…!

★OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO 200mm F4

 50mmだけじゃ物足りなくなり購入。キリッとした印象の絵を出してくれます。

★OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO 135mm F3.5 

 大須の中古やで衝動買い。だって安かったんだもん…上ふたつのレンズと比べて大人しく安定した写り。