※今回は素敵な景色が多かったため写真多めです。気になる写真がありましたら是非クリックして拡大表示でご覧ください♪

………………………………

むくり。

いつもは寝起きが悪く布団の中でうだうだとする僕ですが、この日は前日の疲れと布団の快適感からストンと深い眠りに落ちて一気に起きたらしい。
ひんやりとした空気、窓からやんわりと差し込む琥珀色の朝日…うーん、素晴らしい朝ですねぇ…

ん?琥珀色の朝日?
いや朝焼けと言ったら赤と青の入り混じった色だよな…

ふと疑問に思って窓にやった眼に飛び込んできた景色を、僕は一生忘れないと思います。 

P3286162s


 













同じく爽快に起きたたまごんさんと無言で見入ってしまいました。

世界ってこんなに美しい景色がまだまだあるんだね…

しばらく眺めた後、二人いそいそとカメラを撮りだし撮影タイム。
日の出日の入りの特別な景色はその瞬間瞬間に色を変え、見られる時間はとても少ない。だからこその格別な世界。せっかく出逢えたこの世界、しかと写真に焼き付けねばならぬ…

田舎のお婆ちゃんの朝は早い
P3286168s



















さあ、琥珀色に染まる始まりの世界を、切り取ろう。
P3286175s



















海と靄と太陽と。水と光の織り成す芸術。
P3286185s



















あの靄の向こうには何があるんだろなって。
P3286189s



















まるで月のような太陽。
P3286190s



















自転車たちも朝日を浴びて、これからまた一日走れることにワクワクしてる。
P3286186s



















切り取られた”切り取る者”
P3286191s










 








お寝坊さんズの二人も起きてきたところで皆で集合写真。
P3286195s









 









さて、朝一番から絶景を拝めて一気にテンションMaxまで持ってきたところで朝ごはん!
これも昨日キャプたん&さのさんが買ってきてくれてました。ありがとうございます!
P3286203s












 




食後のひと時、眩しい窓際でしばし談笑P3286206sm












 




さぁ、装備も整えてそろそろ出発です。
この、今から行くぞ!って空気が大好きだったりしますP3286210sm










 





















お宿の「能登サーフサイドペンション ベッセル」さん。
結構直前の予約も快くOKしていただき、また到着に合わせてお風呂の準備をしていただいたりととても親切なお宿でした。ありとうございました!P3286212s

















行先確認。本日は輪島から能登半島先端を回って七尾湾に位置する穴水まで参ります。P3286224sm

















では、お約束の自転車集合写真を撮って、いよいよ出発です!
P3286219s







 











出発してすぐ、輪島市内にて能登鉄道旧輪島駅に整備された道の駅輪島に立ち寄り。
奥はちょっとした鉄道記念館的な構造になっていてはしゃぐ鉄道好きの面々。
P3286234s
















途中補給のため立ち寄ったコンビニで厄介nm7。
P3286245 (2)s
 
















暫くは登って下ってを繰り返す。パールロードもそんな道でつらかったけど、この時はなぜかつらくはなかった。気持ちの持ちようって大事かもしれない。P3286254s













 



P3286255s







 











途中、白米の千枚田を見下ろせる千枚田ポケットパークにて小休止。
いやはや、二日目はホント写真を撮る手が止まらないくらい良き景色のオンパレードでした…これぞツーリングの醍醐味!

P3286260s

















P3286266s



















P3286276s



















こういう「スポット」ももちろん綺麗なんです。
だけど、普通に走ってて目に入ってくる景色がまた気持ちいいんですよ、能登半島北岸。これぞ半島だなって。
能登イチをされる方には、ぜひ日程を多めに取ってもらって、ゆっくりその景色を味わわれることをお勧めしたいです。
P3286282s
















P3286289s



































お、旧道に少し外れたところで目の前に何やらトンネルが。
 
さっそくはしゃぐキャプたん。
P3286292sm

















突入!!
P3286294s
































トンネルを抜けてみると…
P3286296s






 













うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!なんだか知らんけど美しいいいいいいいいい!!!!

P3286300s
















こういうキャンバスにはぴか一似合うたまごんさんのコルナゴ車。
P3286305s

















決まった…!
P3286298 (2)s


















大海原ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
P3286312s





 












ひとしきりテンションagagしたところで先を急ぎます。だっておなか減ってきたんですもん…

そう、今回のツーリング、能登半島を一周すること、ついでに「花咲くいろは」の聖地巡礼をすることの他にもう一つ大事な目的があるのです。

「海鮮丼を食べる」

これですよこれ。
お腹減らして現地のおいしい料理を食すグルメライド、これこそツーリングの醍醐味ですよね。

ということで、二日目は海鮮丼を食べようと皆心に誓っていたのです。




………………


お?(^ω^)
P3286323s












 




おっおっ(^ω^)
P3286326s

















 














おっおっおっ(^ω^)
P3286327s



















ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
P3286336s













 



P3286330sm 



















P3286332sm


















これだから写真クラスタは…(ブーメラン)
P3286340sm


















うわぁ…
P3286356sm


















ぁぁ…美味であった…

さて、幸せな腹ごしらえを終えたところで、いよいよ東岸に向けて走り出しましょう!
(写真は準備万端なんだかヤバいオーラの漂うさの氏)
P3286358s
































シャーーーーーーーーーーーー
P3286364s

















シャーーーーー
P3286367s



















ウンショッウンショ!
P3286370s

















あの飛行機雲の向こう側へ…!
P3286375s



































…実はわたくし、このあたりで両足首の腱がおかしくなってまして、ペダル回す度に激痛とともにゴリゴリという感触がするんですね…
あ~昨日の無理が祟ったなぁ…とちょっと後悔しつつも置いていかれるわけにはいかないので痛みに耐えながら必死でみんなに食いついてました。

写真でもわかるようにこの日は天候も景色も良好で、みんな二日目が一番楽しかったと言っており、その辺はちょっと悔しいなと思う今日この頃。長距離ツーリングは無理したら駄目だってこと学びました。


さて、そんなこんだで二日目も後半ですが、ここにきて前半はしゃぎ過ぎたツケが回ってきました。

思ったより時間がおしている…

どうしようか…ちょっとだけ考える面々。よみがえる昨日の記憶。
「…先端の金剛崎は諦めてショートカットするか」

ルートに関しては少々議論があったもののショートカットに関しては満場一致で決まり、能登半島北部の途中で内陸部に入り、そこから能登空港を経由して穴水に行くことに。

時間も時間なのでしばらくは風景を楽しみつつ無言で走り続けます。


山越え谷越えまた山を登り、能登空港も近くなってきたところでちょうど見えてきた「道の駅桜峠」にて小休止。

恒例の試乗会
P3286385sm
















P3286400sm




















ちょっと休んで足も少しマシになったしラストスパート頑張るか!

皆が楽しそうに試乗会してる横で休みながらそんな事考えていたら、とても、とても物騒なものを発見。
P3286379s
















はい。擦り切れてパンク寸前の後輪でございます。

いやいやいやちょっとシャレにならないよこの摩耗状態は…
ゴールまで残り15kmほど。もってくれるかなあ…いや、もってもらうしかない。

頼むから頑張ってくれ…そう念じつつの走行再開です。







シュルシュルシュルシュルシュルシュルウウウウウ…





はい、やはりダメでした。スタートからわずか200mほどでパンク。
山の中でのパンクでしたが幸い車のほとんど通らない脇道があったので、そちらに避難。
タイヤはさのさんが持ってきていたコンチネンタルのグランプリ4000Sに交換させてもらいました。
P3286403s
















P3286406s



















なんとかパンク修理も終え、気を取り直して再スタート。
その後はタイヤに不調もなく日が暮れる前になんとか能登空港に到着です。ふう。
能登空港、無料の展望室はもとより内部に道の駅的なブースも併設しており搭乗者以外でも楽しめる仕様となっております。


P3286417s
















管制塔は男の浪漫!

P3286408ms

















空港内でも厄介

P3286410s
















そして職員の方につまみ出される厄介



…というのは冗談で、展望室で静かにはしゃいでたら展望室閉める時間ということでやってきた職員の方に、道の駅のスタンプの場所を聞いて案内してもらってるところです。

いや、気さくな方でいろいろお話できて楽しかったです。


さあ、無事スタンプも押して退館!外は深い青と橙のコントラストが美しい日没の頃。ラストスパート行きましょう!
お前らぁ!!夕日に向かって走るぞい!!

P3286413s



























P3286416s






















P3286421s




















P3286423s



















6時を回った頃でしょうか、無事に穴水到着です!!
P3286428s

















こじんまりとして静かな港町、いい感じですね…
とりあえず今日の宿に荷物を置かせてもらって近くにあるという温泉へ!!

うっう―!疲れた旅路の温泉、とっても楽しみですよぉ~!

※浴場の写真はございませんのであしからずご了承くださいませ。



あ~気持ちよかったぁぁぁぁぁ…ただの銭湯じゃない、温泉ですよ奥さん。リラックスできるに決まってるじゃないですか…
もう、ご飯食べる時、寝る時と並んでツーリング三大幸福要素ですよ…いやむしろ三大生理欲求ですよ…

しかも、温泉(銭湯)の楽しみはこれだけで終わらない。

そう、風呂上がりの瓶牛乳一気飲み。これが無ければ締まらない!
というわけで、乾杯!!(約一名は牛乳代¥100をケチって赤色灯)
P3286434sm

















もう一人は安眠中
P3286437s

















気が緩んで何なんだこの人たち…
P3286436s




















さてさて、温泉で癒されたところで、今度はお夕飯食べなきゃ。今回ももちろん街の中をぶらついて目に留まったお店に入るパターンで!

徘徊開始です!
P3286447s
















ぶらつくこと10分、ふと目に入ったお好み焼き屋さんに吸い寄せられる面々。これは…魅力的なにおいがする…
P3286443s




























お店の看板があれなので、とるのは当然焼きそばとお好み焼き!このジャンク感が堪らない!頂きます!
P3286444s




















P3286445s




















ガツガツペロリ…

ごちそうさまでした。
旅先の街の銭湯と定食屋さんとの出会い is priceless.

ふう。一日走って、お風呂に入ってご飯も食べて。後はお宿に帰って寝るだけですね…

寝るだ…


P3286453sm





























P3286455s






























P3286459s























いつまではしゃいでるんだろうこの人たち…元気だなぁ…

そんなこと思いながら横で見ているこちらもちょっと楽しかったり。


そんなこんだで、長く充実した能登イチ二日目もようやく終わりを迎えます。
節約のため基本的にお布団使わない契約なので、輪行袋やエマージェンシーシートなどを使ったサバイバル就寝術で眠りに落ちます。それではみなさん、おやすみなさい!
P3286461s





















能登イチ2日目













つづく!