2017年11月14日

アタクシの母君が手術で、まな板の鯉になっている時、父君は…というと。

勲章をもらってました

秋の叙勲って、ニュースでは聞くけど…
まさか父君!
長年、マジメにお仕事してきたご褒美ですかね。
そうそうたる顔ぶれの秋の叙勲のその他大勢ですが、ありがたいことです

そして叙勲を受けるにあたり、こんな商売が存在するのかー!とびっくりしたのが叙勲ビジネス

まず叙勲を受けることが決まると、来るわ来るわ…分厚ーいカタログ
このカタログだけで数千円しそう


そしてページをめくると、叙勲を受ける流れを懇切丁寧に説明してあり、さらに遠方から来る方のためのホテル付きプランの提案。
祝賀会の提案。
さらには、お祝いをいただいたお礼のハガキやらお返しの品々(もちろん、全てに菊の御紋入り)



祝賀会のお土産セットまで…
もはや結婚式並み。



菊の御紋も入れれば良いってもんじゃないような…

そして、ちなみにコレらは全部自前
祝賀会を開くのも自前

そんなわけで、ありがたいことには違いないけど、お礼やら何やらで頭が痛い父君であります

とりあえず、勲章を飾る額縁と写真を入れる額縁だけは買ったそうです


まだ空っぽ。


もちろんコレも、額の木の材質と額周りの模様のついた布?!の違いで、お値段がポンポーン!と上がっていきます

ちなみに、このご商売。
宮内庁の許可とか必要なのかと思いきや、何の許可も必要ないそうです。
だから、誰でもできるビジネス
こりゃ、装丁の豪華なカタログもいくらでも作れますわなー
儲かって仕方ないでしょうに

ありがたいことですが、まぁ、頂くことになって知った勲章の裏事情
ちょっぴり複雑ですが、何はともあれオメデトウ

教室のHP→http://pottery117.web.fc2.com/                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    




コメントする

名前
URL
 
  絵文字