c113e630.jpg今朝ほどのこと。
珍しく早朝(一般的には出勤時間)から受け渡しがあったので
駅まででかけました。ちょっと時間も空いたし久しぶりに外で
朝飯もいいな〜と駅前のル●アールへ。

昭和の薫り高いル●アールですが、ウエイトレスさんの出で立ちも
実にシンプルです。基本的に白いブラウスに黒いスカートであれば
特にかっちりした制服は無いような感じです。それともお店に何種類か
あってそれを貸与されるのかしら。

何気なく選んだ窓際の席にオーダーをとりにきたウエイトレスさんの
黒いスカートから伸びた脚に視線と神経が釘付けに!?
といえば大げさですが、なんのことはない普通にパンストをはかれていたのですが
そのパンストが普通にベージュであまり透けていない厚手のパンスト。
ひょっとしたら肌色タイツだったのかもしれません。
こういうパンストっておばちゃんかそれ以上の高齢の方が多くはかれて
いますよね。おそらくはこの店の裏手にあるユザ●ヤのパンストコーナーで
十把一絡げで売ってあるようなモノかと思います。

そのウエイトレスさんはおばちゃんというほどでもなくかといって
ギャルというほど若くもない、後で手元を見たら左薬指に指輪があったので
主婦なのでしょう。30歳くらいに見えました。
こういう言い方は大変失礼かと思いますが化粧っけもあまりなく髪の毛は
ちょっとねぐせ?みたいなあまりさえない感じのお姉さんでした。
そんなお姉さんがまさにそのとおりな《ださい》おばちゃんパンストを
はいてウエイトレスさんをやっている・・・なんだかムラっとしてしまいました。

正直な所ワタシはてっかてかやびかびかの派手なパンストよりちょっとマットで
ズリズリ感のありそうなどちらかというと地味なパンストが好きなのです。
というのは実用面(穿くという目的)からの嗜好ですが。

もう一人ウエイトレスさんがいて、そちらは20代前半くらいの女の子で
黒タイツでした。それはまたそれでよし!白ブラウスに黒いスカートに黒タイツ
というバリバリコンサバちっくなコスチュームになぜか萌えてしまいます。

下のコンビニで買い込んできた四コマ漫画誌を読みつつ朝食を口に運びつつ
そんなムラムラなウエイトレスさんたちを横目でチラ見。書き物を持っていなかった
ので脳内メモリーに書き込んで忘れないうちに出力しなければと
思い帰宅後すぐスケッチして、いまコレを書き込んでおります。

あんなウエイトレスさんを眺められるのならまた行ってみようかなあそこの
ル●アール、そう思ってしまった朝の出来事でした。