December 17, 2018

IMG_0662最近新宿で京大水泳部の年の近いOB会がありました。
なかなかの高級レストランで。
卒業後初めて会う人もいたので40年以上ぶり。
最初は顔を見ても思い出せない人も。
話を聞くと徐々に思い出しました。

みんなが口をそろえて言うのは、当時の学生生活。
特に自由に泳ぎ、酒を飲み、暴れ、語り合った液体を巡る生活。
コーチもいない水泳部。
でもみんな燃えてました。
火をつけたのは私。
1回生の時に、大きな目標となる大会はあるのかと先輩たちに質問すると、七帝大選手権とか、関西国公立とか。
なんだか夢が小さいじゃないですか。
聞くと全国国公立があると。
でも、京大はその当時出場してなかったんです。

「じゃあそれを目標にしましょうよ」 と訴えましたが無視されました。
馬鹿かと思われたかもしれません。
私が2回生になった時に、当時の水泳部のベスト5人で無謀にも出場。
結果は団体で5位。
5人で5位!
すごいことでした。
これがきっかけになって、次の年は全員で挑戦して2位。
調子づいて、キャプテンだった私は宣言。
「来年は優勝する!!」

色々ありましたが、次の年、何と京大が全国国公立で初優勝。
快挙でした。
戦前戦後を通じてたった一回の優勝と思ってましたが、実は戦前はそういう大会がなかったので、戦後でただ一回の優勝。
そのインパクトが強かったみたいで、年の近いOBたちはそのころのことをとても懐かしそうな顔をして語ります。

個人スポーツなのに、チームのみんなが一つの目標に向けて走り出すと時にすごい力が出る。
不可能が可能になる場合もある。
その経験がその後の私の生き方に大きな影響を与えてくれました。
ゼネコンの設計部員だった時も、チームがまとまった時はすごい力が出たと思います。
みんな苦しい中で笑いを忘れませんでした。
パワーハウスを作った時も、楽しみながら団体日本一を続けました。
私は「日本一、日本一」とこの時もアホみたいに唱えてました。
常に大きな目標を持ってチームでばく進する。

今それを再びパラパワーリフティングでやろうとしています。
しかしなかなか一筋縄ではいきません。
チームで一致団結して目標を追うという体験をしたことがない人が多いからでしょうか?
同じ方向を向いてくれれば、チームは大きな成果を上げることができ、個々のメンバーにも大きな喜びが待っています。
どうやったらそれを全員に分かってもらえるのでしょう?





(13:41)

December 16, 2018

333最近ブログの更新頻度が下がってしまいました。
パラリンピック準備が日に日に私の全活動の多くを占めるようになってきたからか。
以前は半々ぐらいだった組織委員会での時間も、今では相当多いです。
さらにお台場のパラアリーナへも。
それはパラパワー選手に密着するにはいい機会です。
その分、パワーハウスへ顔を出す機会は減ってます。
体を二つにしたいぐらい。
出来れば三つになればもっといい。
いや四つか?
本当は余裕があれば建築設計もあきらめたわけじゃないから。

土曜日は明るいうちにお台場へ。
ちょっと足を延ばしてと、そのあたりのいろんな所を通ってます。
江戸時代から埋め立てをしてきた、東京はどんどん海を埋め立てて土地を作ってきました。
昔は海の中だったんだろうなと思いながらの景色は実はなかなか素晴らしい。
不思議な構造物も残ってます。

111ららぽーと豊洲の近くに錆錆の橋。
レールが引かれています。
鉄骨の橋の両サイドはコンクリートの一本梁の橋。
昔の造船所用だったのかも。
用がなくなったのに残っているのはなぜ?
壊す費用も出せない?
景観的に面白いから?
確かに不思議面白いです。

(08:08)

December 14, 2018

サイネージ現在汐留駅でやってます。
パラパワーリフティングの15秒動画。
電通さんがつないでくれました。
サイネージと呼ばれる大きな画面。
様々な企業がCMを流しています。
でも時々隙間ができるという話。
そこにパラリンピック種目を入れ込んでくれました。




迫力ある写真は西岡プロによるもの。
瞬間の表情を見事に捕らえてくれています。
彼の写真をフィーチャーしながらの15秒。
2月2日、3日の全日本選手権&国際招待試合。
私はまだ駅で見ていませんが、相当の迫力だそうです。
12月の17日から23日は六本木駅でもやるそうです。
近くを通る人はルートを変えてでも六本木へ。
ぜひ見てください。

(06:01)

December 09, 2018

昨夜はコロンビアのアメリカ選手権をライブで見続けました。
女子選手たちはかなり苦労してました。
中嶋選手は失格。
自らの障がいの関係と思われる、標高2500mの高地で体調を壊していました。
その状況ではスタート重量が重すぎたものと推測。
残念です。

マクドナルド山本選手は1本目を落とした後、2本目の53kgは成功。
久々の成功試技でめちゃくちゃ喜んでました。
続く3本目の57kgもそんなに重くない。
でも、微妙にぶれたのか失敗判定。
こういうときに携帯で見ていると詳細が見難いこと。

同じクラス(女子55kg級)に参加した中村光選手はバーがふらついて失格。
でも徐々に良くなっているので気長に止めの技術を磨いていきましょう。
障がいによって、ピシッととめることが難しい選手もいます。
彼女もそうなんですが、上半身全体を鍛えることが大切だなと思いました。

初めての試合が国際大会となった二人は明暗を分けました。
軽森選手は胸でバーを止めたとき微妙に揺れています。
もう少し経験が必要だったか?
日本に戻ったら止めることを意識した練習を続けましょう。

水江選手は1本目を落としたものの2本目はきれいに成功。
3本目は失敗でしたが、力は付いてきています。
いずれにせよ2,3ヶ月の経験で国際審判から白判定貰うのはかなり難しい。
でも、必ず上達しますのでがんばりましょう。

彼らより少しトレーニング暦の長い龍川選手も国際大会は初めて。
その中でがんばり自己記録を大幅更新。
障がいが微妙なので国際クラシフィケーションドクターの意見が気になります。

男子65kg級には城選手と森井選手が参戦。
二人とも125kgと言う記録でした。
城選手は全体に安定感が有りません。
ぐらぐらしている感じ。
2回赤判定が続いた後の3回目はきれいでした。

森井選手は125kgをきれいに決めた後133kg。
これも軽いのですが、胸の止めで赤判定が続きました。
力は強いので残念です。

と午前1時半から8時ぐらいまで。
試合を見ているといろんな思いが高まってくるので眠くないです。
その後、がっくり眠くなりましたが、今度は寝る暇がなくなった土曜日でした。


(04:24)

December 08, 2018

現在コロンビアのボゴタでアメリカ大陸選手権が行われています。
東京を目指す選手は今年の地域選手権に参加しなければなりません。
その一つが9月の北九州でした。
その大会を逃した選手の最後のチャンスがアメリカ大会。
日本からは12名の選手が参加しています。

私はあまりの忙しさに、今回の大会の同行はあきらめました。
テストイベント、テクニカルオペレーションマネージャ、JSCの研修会などなど。
でも、試合は手に取るように見れるんですね。
携帯で大会のライブを見ています。
試合を見ながらブログを書くというのは新鮮な体験です。
しかし真夜中。
いつ寝れるのかと言う別の心配が無いわけでは無いですがーー

女子50kg級中島選手、今失格してしまったところを目撃しました。
標高2500mと言う高知で体調を壊しているという報告を受けていました。
スタート重量を下げる配慮が必要だったのでは?
遠すぎて何もいえないもどかしさ。
このクラスの全体的レベルの高さもすごいです。
今日は日本女子全員が登場。
がんばれニッポン!!

主審をしている寿子もがんばれ!

(02:42)

December 06, 2018

222最近、一番多くの時間をすごしているのは晴海。
晴美のトリトンスクエアに2020TOKYO組織委員会があるからです。
かなりサラリーマン的生活。
夜はパラアリーナで過ごす時間も増えました。
要するに、しばらく前のような自由人的生活から遠ざかっているということです。




そうなると少しの間でも変化を求めてしまう私は、ぷらぷらすることを大切にし始めてます。
と言ってもほんの少しですがーー
土曜日も月刊ボディビルの原稿を書いたり、残ってしまっている大量の宿題をこなしていましたが、パラアリーナに行く前にララポート豊洲にプラリ。
10年以上前に設計の統括をした巨大モール。
普通のモールに比べてテーマがはっきり表現されてます。
造船所の跡地だということを生かして、海に広がる大きな広場を取り囲むような配置。
工場を思わせる外観。
4隻の船が港に停泊しているような雰囲気。
内部空間も3層の長い長い吹き抜け空間。
久しぶりに訪れましたが、今でも悪くないです。
多くの人々で混み合っていて、それもうれしかったです。

今はどっぷりとパラパワーリフティングには待っています。
そういうときに10年前に設計で悪戦苦闘した作品を一般客としてぷらぷらするのは、不思議な感覚です。
設計でかかわった自分が感じる懐かしさと、今の自分の立場のとの関連の無さ具合かな?
ギャップの大きさにびっくりしている自分なのかも。

(06:06)

December 03, 2018

1543738136394昨日日曜日はパワーハウスにてウエストトーキョーベンチでした。

以下野田コーチからの報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記、パワーハウスメンバーの結果です。

N47kg級 M1
波名城ひとみ選手
50〇(自己新)55〇(自己新)60×
優勝

N57kg級 M2
長谷川真紀選手
57.5〇 62.5〇 67.5×
優勝

N63kg級 M1
塚本美紀選手
47.5〇(自己新)52.5〇(自己新)55×
優勝

N59kg級 一般
野田俊彦選手
140〇 150〇 157.5〇(自己新・東京新)
優勝

N59kg級 M2
石渡啓之選手
115〇 123× 123×
優勝

N59kg級 M2
松本哲選手
85〇 100〇 110〇
2位

N74kg級 M3
大谷重司選手
120〇 130〇 140〇
優勝

N83kg級 M1
鈴木博達選手
117.5〇 125〇 パス
3位

N83kg級 M1
松原仁紀選手
95〇 102.5〇(自己新)105×
4位

N93kg級 M2
片山昌勅選手
110〇 115〇 120×
優勝

以上でした!

皆さまのおかげで無事に終えることができました。


(07:31)

November 29, 2018

IMG_1771ジョンの合宿は火曜日に終了しました。
ジョンは火曜日の夜には東京に戻り、水曜日無事にイギリスに向けて飛び立ちました。
ご苦労様でした。
今回のジョンは今まで以上にチームつくりの大切さを力説しました。
そして、チームを支えるスタッフの役割の大切さも。

私にとってはすべて納得のいく内容です。
だから納得して話を聞いていました。
スタッフへ向けた話も皆さんそんな顔をして聞いていたと思います。
しかし、現実にはそうでもないみたいです。

たとえば試合当日。
その場で、今までやってきたことを否定するコーチがいるそうです。
試合のアップ場で「止め方が悪い」と言われても選手は混乱するばかり。
言い方はせいぜい「もう少し長く止めたほうが白がもらいやすい」とかでしょう。
試合直前にやり方を変えることははっきり言って無理。
選手が混乱するばかり。
下手をすると失格。

試合1〜2週間前に、今までやってきたことを否定し、自分のトレーニングを押し付けるということもまだあるようです。
下手をするとパワハラです。
これから考えなければならないのは、最良のスタッフを選び育てることです。



(06:55)

November 28, 2018

DSC_9483大谷重司さんが凱旋帰国しました。
IBSAの世界選手権、一般の部2位、マスターズの部優勝です。
IBSAはInternational Brind Sport Association。
目が見えない人たちのためのスポーツの世界連盟(協会)のことです。
様々なスポーツが入っていますが、パワーリフティングも入っています。
日本ではJPPFが管轄しています。
しかしパラリンピック種目には入っていません。
残念です。

大谷さんは50歳代のときにパワーハウスに入会しました。
熱心な練習で記録をドンドン伸ばし、積極的にIBSAの世界選手権にも参加してきました。
今年の世界選手権はエジプトのルクソール。
行ってみたいですね。
以前は同行していましたが、今年は時間が無くて同行できませんでした。
同行者としては視覚障害者をサポートする方にお願いしました。
JPPFで言うコーチです。
JPAで言うとセコンド。
支えるという意味でセコンドと言う言葉がふさわしいです。

大谷さんは現在60歳を超えていますが、まだ記録を伸ばし続けています。
脅威のマスター選手。
練習時の気合がすごい。
JPPFの選手たちにもこの気合を伝えたいです。

(04:43)

November 27, 2018

IMG_2429京都合宿が今日終わりました。
東京、京都、連続でやりました。
私も相当疲れましたが、一日中しゃべっていたJonはもっと疲れたでしょう。
ご苦労様でした。
Team Japan の向かうべき方向性を分かりやすく、みんなに話してくれました。
そして、選手、コーチ、トレーナーのすべきこと、してはいけないことも明確に示してくれました。

我々の知らない間にいろんなことが起こっているようです。
選手とスタッフの間に。
もっともっとコミュニケーションが必要なようです。
コーチやトレーナーは選手を惑わす行為ご法度。
それを防ぐための同意書をかわすことにします。

IMG_2433さて、京都合宿の合間に京大に立ち寄りました。
夜です。
本部時計台の中に素敵なフランス料理店がいつの間にかできています。
ここに水泳部OBが集まりました。
約10人。
お題は「50m温水プール建設準備委員会」。
今時温水プールがない大学は少ないんだそうです。
そこで、OBの有志が集まって何とか大学に50mプールをプレゼントできないかと言う会。

IMG_2435すでに3000万円ほど集まっているそうですが、温水プールには全然足りません。
何とかいいアイデアないかと言うことです。
ワインを飲み、おいしいフランス料理を食べるうちに話は佳境に、と言うか徐々に非現実的に。
でもいいと思います。
あまり現実的に考えすぎて、魅力のないプールを作ってもダメだと思うからです。
大学が温水プールを持つことで広がる可能性を考え、大学当局のやる気をまずは引っ張り出す。
そこから始めないとダメなんじゃないの?
と酔っ払った勢いでぶったために、副委員長と言うことに。
2020終わるまでは身動き取れない身なんですがーー

IMG_2436夜の京大。
古い建物が減ってきましたが、味があってよかったです。
私が散々通った図書館はもうありません。
新しい図書館はなんか雰囲気がありません。
学生の当時はアバンギャルドにかぶれてましたが、古い建物の味も捨てがたい。
いったい私はどちらを向いているんでしょう?

(20:33)