April 01, 2024

あっという間ですね。
2024新年度。
今年度はパリオリンピック・パラリンピックイヤー。
伸び続ける世界のパラパワーリフティング界。
日本でも若手の成長はとてもいいですが、トップクラスのさらなる成長が課題です。

IMG_7270そんな中で2026年の大イベントへ向けて動きが本格化してきました。
アジパラ、つまりアジアパラリンピックゲームズ。
2月にはアジパラ組織委員会のキックオフミーティングも行われました。
いよいよ動き出したという感じ。
私はNFとIFと組織委員会をつなぐコーディネーターとして働くことになりました。
常勤ではありません、必要な時にアドバイスする役割で、非常勤。
ご意見番という感じですかね。
東京2020の時はパラパワーリフティングを取りまとめるスポーツマネージャー。
不慣れな役所的システムの中でいろいろ苦労しました。
今回は気楽です。

アジパラ選手団写真少し心配しているのは2026年の名古屋でのアジパラでは選手村を作らないということ。
市内の多くのホテルに分宿するのだそうです。
多くの障がい者の送迎。
東京でもそうでしたが、これが一番の問題。
日本には大量の車いすの人を乗せるバスがないんですから。
(私の知る限り普通は2台の車いす。最大でも4台)
昨年の中国でのアジパラ。
最新の広大な選手村。
建築のデザインは素敵。
緑も多く、とても気持ち良い空間。
送迎用に巨大なバスターミナルが作られ、約100台の障がい者対応のバスが待機していました。
写真は勢ぞろいしたパラパワー日本チーム。
快適だったので、私は3堊えて帰国したぐらいです。


(07:09)

コメントする

名前
 
  絵文字