遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

2017.09.09-10 ツールド北海道市民レース

レース前日)
試走すべく前日移動で函館入り。
函館ということで、遠いのと、たった68kmということもあって予めコースを走りには訪れていなかったので、前日試走。
3人で競輪場に待ち合わせ。

お隣では、
DSC_2028
ヘリコプター、装甲車、銃声、砲撃の音・・・。
函館駐屯地では67周年記念行事ということで模擬戦展示が熱い。

カオスな状況から試走スタート。
単独試走と違って“あるある”発生。誰もコースを下調べしていない、ヒト任せだもの。
何となくな方向感覚と、試走してるっぽい人達を気にしながら走り出す。

案の定、空港滑走路下をくぐるルートを通り過ぎる。
9km付近の地点でコース復帰。

小さなアップダウンを繰り返しながら少しずつ標高を上げていき、KOM手前の登りらしい登りは距離1.5kmくらい、標高差100m未満。大したことのない上り坂だが、腹痛発生。
キレイな路面を下ってる時も腹痛継続。

海に出たところのセブンイレブンで休憩。

とりあえず、レッドブルをブチ込んで、あっという間に腹痛解消。
レッドブルは百薬の長。

海岸は強烈な向い風。この時点で正午を過ぎていたので、明日の通過時刻では少しは風は弱いだろうが、キツかった。

試走後、函館アリーナで受付。
とても立派な施設。そんな施設で、この看板の異質な雰囲気がツボ。他の利用団体の看板はオフィシャル感のあるテンプレートにしっかりと印刷されているのに・・・。
DSC_2029

泊まった宿には、客室の廊下にOS-1が転がっている妙な雰囲気。
しばらくして、国際レースの選手や関係者が続々到着。なるほどOS-1。
駐車場で洗車してる様子とか眺めてるだけでも楽しい。
浴場は玄人素人混じって特殊な日焼けの殿方率高し。
国際レースを走る選手の身体をチラチラ&ジロジロとチェックしたが、体格は様々。ゴリマッチョからヒョロヒョロ体型まで様々。

夕食イマイチだったが、白米を大盛りにして食べるJクラスの参加者を見て関心。ちゃんと有酸素運動のことをかんがえてるものだ。
おじさんは、単価の高そうな食べ物と、発酵した麦汁にしか関心が無くて恥ずかしい。

23時までには寝たはず。

レース当日)
夜から雨が降っていて、予報通り朝になっても止まず。
パラパラ雨が降った状態で競輪場へ自走移動。寒くもあり暑くもある難しい天気。

ゴールラインが不明のままスタート。
雨は上がったが、路面はウェット。路面の水が巻きあがって顔はビショビショ。もう慣れてるから問題なし。
レースはハイペース。
昨日ルートミスして試走し損ねた区間は、狭い道路幅とタイトな右左折。ちゃんと試走しておくべき場所。
ただ、Aグループなので変な動きをする走者も無く比較的安心。
曇天は青空に変わりつつ山の中へ。相変わらずハイペースだが集団のまま。
後ろ乗りのポジションは、ハイペースな集団内でとても走り易かった。小さな速度の変化に直ぐに反応できる。速度変化の度に前が空いてしまい、追走に披露するとか、前に入られてしまうということが殆ど無かった。

KOM手前の登りがスタートしようとするところで、目の前で落車。停止するくらいまでフルブレーキで原則。止まることはなかったものの、その隙に集団後方に落ちる。前はスカスカで追走は無理。

登りが始まってからは、左脚が効かなくなってスローダウン。
バンバン抜かれてIRCの機材車にも見放されてバイバイ。
全然登れない。この程度の短い登りなんて、数年前なら立ち漕ぎでガンガン踏み切っても涼しい顔でこなせたのに、まさかのフロントインナーまで使ってしまう始末。

一人旅にならないように、下りではかなり頑張ったがハンドルが近くて腰を上げた状態では踏みきれず。
シッティングでは、サドルが低すぎてケイデンスは上げやすいが力が入らず苦心。

海に出てからは5人でローテーション。
私は風に弱い。5人居て本当に助かった。3人だと切れちゃっただろう。
10人くらいになると、サボり合いが始まってペースが伸び悩むし、ローテーションは5〜8人くらいがベストだと思う。
あと、纏め役になってくれる人がいたのも良かった。

市街地に戻る手前で8人集団。

市街地に戻ってからがカオス。

前方から迫る国際レースの集団。
赤信号で停止している一般車両をパスし、赤信号の交差点に進入していく私達。
並走する一般車両。

交通規制の状況がワカランチ。

市民レースのゴール近くの予定通過時刻が20分も早くなっていたことと、国際レースの通過後の交通規制解除の時刻との関係とか混乱を招くことになっていたのだろうか。

ゴールスプリントはせずに、8人集団の一番後ろでゆったりフィニッシュ。
海岸線の向かい風が辛すぎたのもあって、短いレースと、ビリ近いポジションでも妙にホッとしていた。


各クラスのレースの様子を聞くと、落車は多かったようで。
特に下位クラスではトンネルでの落車とか。で、気になったのは透過率の低いサングラス。
低そうなサングラスを結構見かけた。
落車を避ける努力として、透過率の高いサングラスをしてもいいじゃないですか。
トンネルでの競技走行という慣れは経験することでしか得られないが、こういうことは誰にでもできるはず。


翌々週に札幌市民大会がありますが、ツールを以って、今シーズンの私の競技活動は一足早く終了します。
左脚が効かなくなる異常に始まり、ずっとそのまま。まともに走れること無く、成績も終始ドイヒーなままシーズンが終わってしまいました。競技から撤退、とするに相応しくも考えましたが、辞めません。来年もやります。
レースを通じて共に楽しんだり苦しんだりしようしていただける皆様のお陰です。
来シーズンもよろしくどうぞ。






2017.08.30 手稲山、滝野

朝、出発時の気温は11℃。ウィンドブレイカーを持とうか要検討な寒さ。完全に北海道の短い夏は終わったことを感じる。

一昨日に引き続き、今日も筋トレ志向の練習。アウター縛り+シッティング縛り。ダンシングは3秒以上禁止。

まず手稲山。
特にタイムは意識しなかったが35分。アウター縛り+シッティング縛りで苦しい状況下なので40分くらいかかりそうだったが、案外遅くは無かった。ダンシング解禁すれば10〜15%くらいは短縮できたらいい。軽いギヤで楽をしても速くはならないということ。
DSC_2015
空気が冷んやりしてくると、急速にスキーが恋しくなる。圧雪車眺めてるだけでワクワク。

手稲山は1本だけで、その後は小林峠、石山、芸術の森、滝野。
滝野は何年ぶりだろうか。たぶん6〜8年くらい前、黒砂糖くんと走ったのが最初で最後だったはず。
DSC_2023

そして、ここでDi2のバッテリー終了。
53T×16Tのシングルギヤバイクと化して走行。この先、登りは殆ど無いので特に問題は無し。
(実は、支笏湖に行こうかとも思っていた。うん、行かなくて良かった。)
真栄あたりは追い風もあって40〜50km/h巡航。ギヤ比が3少々なら、50km/hくらいは特に問題なし。舗装もよく気持ちよく走れた。

その後は、36号と豊平川CRで帰宅。
豊平川CRは、中沼の辺りが茂みが覆いかぶさっていて走り辛い。対向車が来たら危険です。
札幌市様、草刈りしてくださいませ。私は札幌市に住民税をお支払しておりませんがお願いします。

走行距離:136km
獲得標高:1,405m








2017.08.28 厚田・月形

平日ぼっち練。休みとか天気が噛み合わず、11日ぶり。

昨日27日は、モエレTTと十勝岳ヒルクライムがあったものの、仕事で不参加。というか、参加する気も殆ど無かったので仕事を入れたというような。
参加しないと判断しても、結局のところ参加しておけばよかったと思うのもオチ。どちらも参加者数少な目。エリートクラス残留目的でヒルクライムを走っておいても良かったと思いつつ、ささやかに練習。

残すはツールの市民だけなので、特に長距離を走ることも、標高を稼ぐことも不要。距離も標高も中程度で。
中程度の山を登れる道民の森方面。ここ2シーズンはパワーを失った感じなので、アウター縛り。

海沿いに厚田まで行ってから、道道11号の峠。
DSC_2006

知来乙で折り返し。

青月線はマー君の糞だらけ。人気が無いのも併せて気味悪し。
DSC_2008

平均速度は特に意識せず、ケイデンス低め、リヤは19Tまでをメインにしっかり回す。
ダンシングをするなら、あと2cmくらいはハンドルが高いほうが良さそう。出力と背中回りの疲労感がかなり改善される。でもコラム切っちゃった。
パワーかけても長続きしない。サドルが低くて膝の屈曲が深いため、現状の筋肉のSweet spotを外れているためなのだが、1シーズン以上かけて身体を作り直そう。


路上をノロノロ歩くのメスクワガタを救出して森にリリース。
足先がグローブの繊維に絡まって放すのに苦戦。手袋を外してから掴んだほうが良い。
DSC_2007

走行距離:122km
獲得標高:1,548m








2017.08.05-06 ニセコキャンプ?ヒルクライム?

ニセコHANAZONOヒルクライム、エントリーしていたので参加。
正直ね、走りたくなかったけどね。エントリーしちゃっていたし、

こんな予定もあったので。
DSC_1971

キャンプ。
前泊からの2泊3日のゆったりスケジュール。
アンヌプリと羊蹄山を同時に眺められるNice Viewなキャンプ場でした。

前日は、キャンプ場にて4人でプチ宴会。
DSC_1953

缶ビール2本で頭痛発症。
早めにテントに籠る。記憶曖昧。虚弱体質かよ。

翌朝、自走15kmで会場へ。アップとしては、最低限このくらいは走っておいていいだろう。
R343は、いい感じのアップダウンでアップに最適。

かつては35分を目標としていた頃もあったのだけれど、40分超が確実っぽいので、もうタイムを狙うような走り方はしない。

始めはできる限り飛ばして、力尽きてしまえばいいのだモード。

左脚に力が入らない病も発症して早々に失速。
発祥のしやすさとレーパンの組み合わせには関連がありそうなのは良くわかった。

スタート第2団の走者にも抜かれてしまいながらフィニッシュ。
ゴール地点はウジャウジャ人だらけ。不愉快。
ガラガラのときは、そりゃぁ気分がいいのにね。

軽くウダウダ感を楽しんでキャンプ場に帰る。
完走証とかリザルトとかどーでもいいモードなので、会場には戻らず。

料理したり、最近人気のソファーでグダグダしたり、キャンプを楽しみました。

このソファー、超快適。リラックスモード全開。おすすめです。







2017.07.30 厚田・月形

朝だけ仕事のヤナエモンさんと石狩市役所待ち合わせで練習。

まず、オロロンを北上。
私からすれば、ヤナエモンさんはかなり速いので、
牽くときは頑張って38km/h(現状の限界値)くらいで巡航、
するけど、こんなんじゃぁ全く意味ないっぽい。

「今日はLSDでいいな」とか言いながらの48km/h巡航をやられてしまい、付き切れカマス。
その後はゆっくりペースにしてもらう。

望来の手前は、海岸線の眺めもよく、馬とすれ違ったりしながら爽やかに。

厚田からの峠越え、ダンシング禁止が発令。
立ち漕ぎで楽してるのがバレタ。

しっかり禁止令を守って、厚田の峠も月形の峠も走りましたよ。かなり待たせたけど。

陽射しの強い日だったが、道民の森は下界に比べれば涼しい。
月形セブンで買ったガリガリ君が美味かった。

走行距離:130km
獲得標高:1,116m

シッテイング縛りとか、アウター縛りとか、ここ2シーズンすっかりやらなくなってしまっている。
パワーのある走りができなくなったのはこういう走り方にも原因するのかと、反省しながらの1日。
フロントインナーの36Tを39Tに戻すべきかとも考える。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【M便】[11]チェーンリング 36T-MB(52-36T用)
価格:3326円(税込、送料別) (2017/8/23時点)



今日もいっぱいっぱいだったので、写真なし。






Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード