遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

March 2013

2013.3.23 KIRORO1107 ラストパウダー?

腰の具合は良くないままで、あまりスキーに行きたくはありません。
しかし、いい感じの冬型気圧配置。
パウダー降り積もってる・・・

パウダースノーを滑ることができるのも、いつが最後になるかわからない時期になっているので不安を抱えつつも行ってきました。

今冬は何度も行ってしまっているココですけどね。
時折晴れ間も見えてました。
P1030410


春が来てますね。
P1030413


当たりまえですが、12月に来たときに比べると雪量がかなり増しています。藪が全く見えないし、大きめの木は低く見えています。
P1030414

登りも同じく。
P1030421


この日は貸切り。トレース無しのラッセル自由のハイクアップ。登りも楽しいから、ゲレンデよりも裏山にいってしまいますね。
P1030422
P1030423


上部は風が強く、雪も降ってました。
行動中の強風や降雪は普通うれしくないんですが、シーズン終わりなので降雪がとても嬉しく思えました。
P1030424


破断面5〜10cmの表層雪崩? 風が吹き付けるところはこうもなります。ちなみに、今日降ったパウダーの下はガリガリアイスバーンです。
P1030425


ではではいきましょう、ラストパウダーランとなるのでしょうか。
P1030426



あっという間にボトム。
やや湿り気のあるパウダーでしたが、フレッシュでフワフワ感は十分。この時期ではとても良質なパウダースノー。
今シーズンのパウダーはもう最後になるかもしれません。ここはたっぷり味わうために、フェイスマスクを外したっぷり顔に浴びせて滑りました。

ありがとう1107と魅惑の谷間。楽しませていただきました。
P1030434


この木、素敵だわ〜
P1030433


駐車場に戻るマウンテンセンター脇、帰路はこんなんなってました。
ヤメテヨーーー、後味悪いじゃんか。
P1030438

2013.3.20 初乗り

3月下旬に入ってもまだまだ雪が多いです。
とはいえ、この時期になると自転車に乗るのが待ち遠しくてなりません。

腰の痛みがまだまだ治らないのでスキーに行くモチベーションは低く、結局遅く起きた朝・・・
窓の外から見える道路は、
ドライコンディション!!

早速行っちゃいます、高岡周回路。

路面は汚れていません、キレイです。
流石は交通量少ないエリアです。都市部は泥・砂利・ゴミだらけ、また、突然の落とし穴トラップもあったりで、まだまだ走る気に全くなれません。
P1030403


昨冬より降雪量は少ないと思うのですが、なかなか暖かくならないせいか積雪がまだまだあります。
P1030408


望来の方では雪が軽く降り、寒さも増して頭冷え冷え。吐き気と頭痛がしてきたので1周でおしまい。
P1030409



山スキーやスポーツクラブ通いのおかげで、脚の衰えは殆ど無し。難なく35km/h巡航できました。
藻岩山ヒルクライムが6月早々なので、すこしでも早めに身体を仕上げておきたいものです。


約4ヶ月半ぶりの自転車。跨って走り出だしたときのスーっと進むあの感覚。やはりロードは気持ちが良いです。



走行距離:29.5km
獲得標高:238m

2013.3.7 KIRORO 1107峰ガイド

痛めた腰は概ね回復。ゲレンデを高速で滑るのは無理ですが、パウダーをゆったり滑るくらいならばOK。

この日、バックカントリーに関心を持った同僚が藻岩山に行ってみるというのですが、札幌の最高気温はプラス5℃。
ビシャビシャ雪を登って滑っても後味悪いでしょうに・・・
天気予報で行くと、ニセコ、札幌は気温が高く、赤井川はなんとか氷点下をキープできそうだったのでキロロに誘いました。

朝はいい天気。ウチからは余市岳も見えて、札樽道張碓トンネルの先からは朝日を浴びる積丹岳と余別岳がバッチリ見える。毛無峠からはキロロ周辺の山のピークもよく見えました。
しかし、ピークはものすごい雪煙。毛無峠も風強かったなぁ、視界は大丈夫そうだけど先行き不安。
駐車場に着いても風凄かったです。山側からの風に乗って雪粒がバシバシ吹き込む。

ボーダーのY君はスノーシュー、スキーヤーのT君には私のEP Proを履いてもらい出発。

向かうは1107峰。視界は良好です。
P1030389


私はTen eighty GUNで出発。軽くて歩きやすいしキャンバーあるのでよくグリップしてくれる。ハイクは申し分ないね。一方、T君はEP Proに苦戦。ツインロッカーは滑りやすいんだよなぁ。。。でも、ツインロッカーの操作感・浮遊感を感じてもらいたいので我慢してもらいましょ。

現れた谷間にウキウキ。
P1030390


上部に行くにつれて暴風。ピーク手前、標高1000mのところでドロップイン。

雪重っ!!
ボードに乗るY君、ツインロッカーを履くT君はスイスイ降りていきます。
しかし、私は板を掴まれまくってコケまくり・・・。ロッカースキーに慣れてしまったせいもあって、キャンバー板でのパウダーランは酷く下手クソ。これはイカンですね。「弘法筆を選ばず」とは言いますがまだまだ私は凡人です。

雪はかなり悪い部類。
でも、二人とも楽しんで降りてもらえてヨカッタ。

ナイスショット。
P1030397 - コピー


EP Proでの滑り。この板の滑りを始めて客観視したけど、凄くカッコいいわ。
P1030398 - コピー


ゲレンデに戻ると、「ゲレンデが騒がしく見える」ってさ。平日だしかなり空いてるんだけどね。
ゲレンデとは異なる楽しさ、ゲレンデでは味わえない幸福感ってのを味わってもらえた気がします。

結局この時期のデビューになってしまったけど、来シーズンは12月から始動して、フワッフワのドライパウダーを楽しんでもらいましょう。

帰りは、朝里の孝一郎でラーメン。
とても安くてとても旨いです。
山岡家が定番化していたけど、これからは孝一郎に通うことになりそうだ。
Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード