遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

November 2014

ガーミンEdge510J、マビックのイクシオンプロ、スイスストップのブレーキシュー

楽天スーパーセールをやっていたので、消耗品等々を買っておいた。

まず、ブレーキシュー。
スイスストップのイエローキング。
2シーズン、レースで使って山は1/3程に減ったので。Mt.富士ヒルクライムの下りで半分くらい減らした気もするけど。
てか、高い。↓で結構安い方。店頭値引きなしなら6,000円くらいしてしまう。


そしてタイヤ。マビックのイクシオンプロ。
タイヤも2シーズン、レースで使った。それでも1,600kmくらいだが、リヤの接地面が平らになってきていた
ローテーションしたいところだが、チューブラーだし、マビックのイクシオンで前後指定なので新調。。すぐに交換する必要はないが、来シーズン中に交換することは間違いない。
フロント用のブリップリンクと、

リヤ用のパワーリンク。


前輪にはハンドリングとブレーキングのためのグリップを重視し、後輪には転がり抵抗を抑えつつ耐パンク性を向上させているとのこと。
また、他のチューブラータイヤと違うのは、チューブラータイヤながらインナーチューブを持たないチューブレス構造であるところ。ブチルのシートは入っているらしいので、チューブレスとはよく意味が解らないが、他のチューブラータイヤよりかなり軽く作られている。外周部の軽さは加速性能や登板性能においては正義なので、次のタイヤもこれにする。


消耗品ではないが、必要性を感じているのでコレも買ってみた。


1000Jや810Jなら地図表示が可能だが、サイクリング目的ではなく、トレーニング&レースでの使用が目的なので小型な510Jをチョイス。
必要性を感じた点は、トレーニング時にバーチャルトレーナーを使用する点。
単独で練習していてもなかなか追い込むことができない。高岡周回路、手稲山、通勤ルートなど、決まったコースを走ることも増えてきているので、バーチャルトレーナー機能で追い込みながら走っていきたい。
また、パワーメーターを搭載することも視点に入れ、対応できる機種にしておいた。

普段乗り用の自転車と、レース用の自転車2台体制なので、スピードセンサーを2つ購入しなければならなかった。
スピードセンサーはタイラップ固定なので致し方ない。本体ディスプレイのように、取り外し可能であれば1つのセンサーを使いまわせるんだがね。

落車からのキズパワーパッド

23日月曜日、寒空の中、走り納めをするべく自転車に乗り走り始めました。

走ること6km程、場所は石狩川河川敷。道路端の水溜りに氷が張っています。

23cの細いタイヤでパリッと割って駆け抜ける...

なんてバカな妄想。
そして実行に移す。

フロントタイヤが氷に乗った。

薄氷をパリっと割って駆け抜ける...はずが、、、

氷は厚かった。
もはや氷の下に水は無く、アスファルトまで全て氷。

フロントタイヤのグリップは無し。例えるならローションプレイ級。

当然だが落車。
追い風だったので40km/hくらいで走っていただろう。

右ひじ、大腿骨大転子をアスファルトに叩きつけ、
ビンディングペダルから足が外れぬまま1回転。


直後というのは痛みをあまり感じないものだ。継続して走ろうとする。
しかし、右腕が上がらない。
脱臼?かもしれないのでサイクリングを中止して帰宅。

タイツやウェアは破れ、ブラケットも傷だらけになった。
P1040997

P1050002


身体はというと、膝に3か所の小さな擦過傷、肘と臀部の大腿骨大転子付近が深く大きい擦過傷。
肩は1日経てば正常に動いた。
肘の骨は怪しい。腕立て伏せのような運動は問題ないが、指で押すと激痛が走る。ヒビでも入っているのだろうか。

そんな事があって、↓これを貼っています。


大量の浸出液を吸って、1日でタポンタポンですわ。
肘と臀部の皮膚欠損がとても深く、治るまで時間がかかりそうです。

スポーツクラブに行って、スイムトレーニングや大量の汗を掻くバイクトレーニングができません。
運動不足は軽い鬱状態を呼ぶ。

LINE PROPHET 90 インプレ

11月22日、キロロでLINE PROPHET 90を試してきた。

P1040996

LINE Prophet 90(179cm/125-90-113mm)、初乗りですよ。

春の山スキー用に調達した板。今日のゲレンデは湿った雪、そして滑走者によってそこそこ荒れてきた雪面。
試すに十分なコンディションです。

・ ラディウス17.7mなので回転半径はやや大きめ。トップがグイグイ入っていく感触は無し。
・ トップがグイグイとは入らない一方、トップが引っ掛かることもなし。
・ ビィンディング位置は後方、DEMO系の板と同じような位置なので、センタービンディングのフリーライド板にある振り回すような使い方は無用。DEMO系板と同様の感覚で乗れる。
・ “EARY RISE”といって、いわゆるトップロッカーを謳ってもいる板なんだが、そんなことない。しっかり系キャンバーの板です。エッジの接地長は長く、よくグリップしてくれる。
・ 硬いフレックスのお陰で、バタつくこともなく、荒れた雪面でもエッジのグリップが途切れない。

そんな感じで、ターンの後半がとても安心。
高速でも、雪面が荒れていても、どんなもんだ!!と言わんばかりに駆け抜けることができます。いや、駆け抜けるというよりは、突き進むって感じ。レース用の板に引けを取らない力強さがあります。

なんつーか、“漢気”感じる“強い”スキーです。

春のスプーンカットされた雪面、縦筋の入った雪面に持って来い。
購入動機に相応しく、いい買い物してしまいました。

フォールライン 2015 vol.2

P1030659


フォールライン2015のvol.2
今年のFall Lineはvol.1とvol.2がある。
vol.1はこちら↓。
フォールライン 2015 vol.1

表紙の写真はカナダのFernieというところ。
風が作ったのかよくわからない、とても奇異な地形。滑りのシーンではないのだが見入ってしまった。

滑り手の生活、生き方を読む。そんな読み物のような楽しみ方をした。

九頭竜山南東右俣滑走ノ記 と 北信の5シーズン。
渋さあり、滑走ラインの激しさあり。良かった。

GEAR ROOM 道具に囲まれて過ごす至福の時間
こんな道具部屋や作業部屋、タイトルの通り至福である。
私も欲しい。

2014.11.22 雨キロロ初滑り

お待ちかね、スキー場が次々とオープン。
キロロに行って初滑ってきました。

朝イチのゲレンデ、気持ちイイ!
P1040988

春スキーのような湿り雪でしたが、滑ることが楽しいのは変わりません。

tixeeというスマホアプリでチケットを買い、初滑り6時間券3,100円のところを2,200円でゲッツ。
かなりお得。
なんだけど、1時間半程で太腿が厳しくなってきてしまいました。
自転車やジムのマシンとは使う筋肉が全く違う。

雪はまだ少なかったです。
↓のように、地面スケスケ。時間が経つにつれこの滲みはコース幅いっぱいに広がりました。
P1040994


Salomon Demo X3で11時半過ぎまで余市第1エクスプレスで回す。

そして、板を履き替え!
P1040996

LINE Prophet 90(179cm/125-90-113mm)、初乗りですよ。

春の山スキー用に調達した板。今日のゲレンデは湿った雪、そして滑走者によってそこそこ荒れてきた雪面。
試すに十分なコンディションです。

インプレはこちらへ。
LINE(ライン) PROPHET 90 インプレ




12時くらいになって雨が降り出してきて撤収。
6時間券は半分の御役目で終了。まぁ、脚は1/4で終わったんだが・・・。
雨に濡れた4シーズンめのウェア、撥水性能がだいぶ落ちていることを気付かされた。




ビンディング/MARKER TOUR F10を取り付け

3,4週間くらい、BlogもFacebookも放置していました。ご無沙汰です。
放置しても、何も困らない。ネットなんてそんなもんです。

さてさて、冬支度第1弾は、スキー板にビンディングの取り付けです。

板は、LINEのPROPHET 90(プロフェット90)。確か12年モデル。今年4月に買っておいたものです。

板のインプレは滑ってからね。

取り付けるビンディングは、MARKER TOUR F10(マーカー ツアー F10)。

激重なDUKE、BARONの構造をそのままに素材の見直しで軽量化したモデル。
DUKE、BARONは片側1,350g。TOUR F12、TOUR F10は片側1,020gです。
持ってみて確かに軽さを感じることができました。
この軽さがあれば機動性がかなり向上しそうです。

さてさて作業開始。
P1030653


中古で買ったのでネジ穴のスケールは付属しておらず。
BARONを買った時の紙スケールで行います。構造は同じなので、DUKE、BARON、TOUR F12、TOUR F10は同じネジ穴スケールで対応できます。
P1030655


ビンディング取り付け専用のドリルなんて持っていないので、フツーのドリルで対応。
穴をストップさせるべきところからガムテープ巻いて代用。慎重に作業すればこれで十分。
P1030656


はじめ、Φ2.5mm、その後Φ3mmで空けました。
でもって、この板PROPHET、メープルコアなのですがドリルが全然進まない。
そのはず、Metal Matrix(メタル マトリックス)といって、板のトーションを強くするための鉄板入っているんだった。
ドリル粕に金属出てきたし。
P1030657


腐食防止のために、ネジ穴、ネジ穴周り、ネジにシリコンの接着剤を塗布して作業完了。
P1030658


ビンディング取り付けのDIYは3セット目でした。
1回目は緊張してやりましたが、1度経験してしまえば楽なものです。

キロロが11月21日からオープン予定なのでデビューはもうすぐ。
なぜ土曜日じゃなくて金曜日?仕事休めってか。
Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • セラミックスピード(Ceramic Speed)のBBのこと
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード