遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

May 2017

2017.05.31 サイクリング@上富良野〜十勝岳〜旭岳

登り3本で獲得標高3,000m超稼げるルートへ。

上富良野から十勝岳温泉。
美瑛に下ってから旭岳ロープウェイ。
折り返して同じルートを戻る、

走行距離:179km
獲得標高:3,124m



朝のうちは天気が良かった。
image
2年前の5月にもこのルートを走ったが、同じようには走れない。
力が続かず、10km/hを下回ることもしばしば。
歳取ると着々とこういうことになるのかね。一番失いたくないのは体力。

凌雲閣でパノラマ堪能。寒いけど長居する。
DSC_1845-PANO

白銀荘に立ち寄る。駐車場はガラガラ。小さなテントが1張り。居心地良さそう。
望岳台は車がの出入りが多くて落ち着かない。

美瑛の市街地に向かって下る。向かい風でスピードは控えめだが、復路でこの向かい風が大きな助けとなる。
駅近くの広場の水道水を当てにしたが、水出ない。

続いて旭岳へ。
持久力なさすぎで忠別ダムから早々にスローペース。パワーメーターなんて付けたら、現実を見せらえて泣きたくなるに違いない。パワーメーターは流行っているけれど、こんな走りの時は導入をしたくない気分。

ロープウェイ駅にて。
image

気温10℃。曇り空で日射が失われとても寒かった。

あとは同じ道を帰る。距離は半分だが、登り坂は2/3を消化しているので気が楽。
美瑛から白金温泉、十勝岳スカイラインの傾斜は緩く、脚力が足りなくなることは無し。また、追い風が背中を押してくれるので、いいペースで距離と標高を消化できる。

望岳台から雨に当たったが、短かくて助かった。
image

上富良野への下り坂は高速でもがく練習。
タイヤは素晴らしく良い。接地感、グリップ感がとても高いレベル。
しなやかで、路面の荒れを見事にいなす。バタつく荒れた路面でもグリップが途切れない。
80km/h強まで上げたが、全く不安が無かった。

休憩込み行動時間8h30m。
平均速度は、「それ、登りの速度ですよね」ってくらい遅いからヒミツ。
いわゆるLSDってやつ。補給はセブンイレブンの4個入り100円のあんぱん6個に止めたので、体重減らせたかな。

それから、物乞いのキツネを何匹も見かけたのと、そういうキツネに食べ物を車から投げ与えている車両も。
キツネが道路に出てくるようになり、通行の迷惑になるからからやめてくれ。
とはいえ、当の本人らは、そういう自覚をする能力はないのだろう。






2017.05.26 手稲山1本

image

午前中だけチャリに時間を使えたので、手稲山まで行って帰ってくる74km走。
朝練タイムを過ぎ通勤時間帯だったので、見かけたサイクリストは1人だけ。

結構頑張って登ったつもりが、あまりタイムは良くない。

パワーが出てる感触は十分。30minは簡単に切れてるくらいの手応え。
なんだけど、全然進まないしハイペースを維持できず。
冬から1kgしか体重を減らせていないからかな。

それでも例年より体力の戻り具合は早いと思う。

復路は大型車が多かったのもあるが、40〜50km/hでブッ飛ばして帰ってこられた。

長めの練習だと帰宅する体力を残しておくように走りがちだが、短めでも短めなりに負荷を上げられる。

あと体重が3kg減ればとても良く走れるはず。
2〜3ヶ月近く要するんだろうけど、体重を減らさなければならない。

なのにランチで愚行。
image
何キロあんの?
大盛り注文して、想定外の盛り過ぎ具合。
腹パンでグロッキー。
フードファイトやってる場合じゃないのよ。

走行距離:74km
獲得標高:624m

走行時間は2h30mくらい。時間の割にいい内容。

激盛り蕎麦の後は
image
こういうところにも行くのよ。






2017.05.25 ニセコクラッシック140kmコース

image

ニセコクラシックの140kmコースへ。
もう10回近く走っていて試走というよりは、サイクリング兼トレーニング。
上富良野に行って、旭岳までの往復175km、3,000メートルUpも考えたが、上川方面の天気が怪しかったので天気が安定している予報のニセコへ。

天気はすっごく良かった。ひんやりした空気がとても気持ちがよくて幸せ。
image

レースを考えると、ワイスホテル下の分岐までで前の方に位置することが先ず重要。
なので一応、ペースを上げて走っておく。案の定すぐに脚パンパン。1Lボトル2本満タンってのもかなり堪える。ボトルは少しサイズダウンさせるつもりだけど、レース当日もこういうのは避けられない。体重を減らすべし。

パノラマラインはアウター縛りで全然いい斜度なんだが、体重が全然減っていないせいか、軽いギヤばっかり使ってスローペース。トレーニングとしては全く実りがなさそう。

エネルギーの必要摂取量について試したくて、普段通り食事に加え、走りながらローソンの100円あんぱんを摘まんで走り切れるかやってみる。
100km過ぎから空腹感を生じ、残り35kmからの登り坂は全く力が入らなくなる。
前日と朝は多めに食べておくべきみたい。

走行距離:140.9km
獲得標高:2,419m

所用時間は長すぎたのでヒミツ。
今更コースプロファイルがどうということは無いが、平らな区間25kmで消耗しないようにしておきたい。
と再確認。









2017.05.19 手稲山、朝里峠

標高差2,000m稼ぎたくて、本日の練習コースは山を拾っていく感じで計画。
手稲山、朝里峠、小樽天狗山を登ってくれば、170km、Up2,400mくらい走れるはず。
という予定で出発。

出発は9時過ぎ。遅ぇ。
7時台には出るようにしたい。遅く出発すると、午後が丸潰れになるのと、風が強くなって帰り辛くなる。

まず、手稲山。
image
出発したときは涼しかったのに、10時を過ぎると暑い。
今日の予定はまだまだ先があるので、急がずもしっかり走って34分。
まぁ、上々な方。一本入魂アタックなら、30〜31分くらいには入れるかな、くらいの感触。


その後、朝里峠へ。
セイコーマートに寄るつもりだったが、通り過ぎてしまった。たびたびやらかしてしまうんだが、この地点での補給を損ねると後に響く。
かんぽの宿の下でネズミ捕りが行われていたので、ステルス目がけてフル加速をしてみたが、大して加速できず。そもそも、こういうくだらないことはやらなくてよい。

朝里ダムのループ橋は補修工事のため下から上まで交互通行。
対向車を待たせちゃいけないから頑張る。
今日イチペースを上げた区間だろう。
路温が30℃超だから暑くて辛かった。

朝里ピークの除雪車旋回場で折り返すつもりだったが、
image

image

image

こんな感じで峠の上の方の居心地が良いものだから、先に行きたくなってしまった。
下界は暑いので、道路脇の涼しげな様子を眺めているだけでホッとする。

四つ峰トンネルから先は、トンネル内の路面が濡れているはず。濡れたくないのでトンネル手前で折り返し。
国際スキー場までは順調に戻ったが、この辺から脚が終わってきた。

朝里峠の下り、路面に縦溝が掘られている区間がある。
その区間の九十九折のところで肝を冷やした。
後輪が外側に大きくスライド。
落車こそしなかったが、大きく滑ったのは初めて。
今まで、15mmのホイールと、23Cのスリックタイヤで走っていた限りだと、ヌルっと溝の分だけズレることは経験していたが、危険を感じることは無かった。
今日は、25C推奨のホイールに、23Cの杉目タイヤ。
タイヤの杉目か、ホイール幅とタイヤ幅の関係が原因だろうか。

続いて、小樽天狗山に向かうが、補給目的で望洋ローソンへ。
ところが、望洋の住宅街を登るのにフラフラ。
望洋ローソンに到着した時点で、4h30mかけて116km走ったところ。
天狗山行ってたら、7時間超も走ることになりそうなのと、もう脚が無い。
朝里のピークで折り返すべきだった。
天狗山へは行かずに、補給だけ済ませて帰ることに決定。

オロロンラインは風の影響が無く楽に巡航できたが、石狩八幡から当別の間が激しい向かい風。
泣きそうになって帰宅。

走行距離:164km
獲得標高:2,150m



a.v. 26.1km/h
単独というのもあるが、ペースが悪い。
行動時間は7時間。時間ばかりかかった割に、ボリュームを稼げていない。
10%とは言わずとも、せめて5%くらいペースアップしたいなぁ。そうすれば練習の濃度も上がる。






2017.05.18 早朝浦河、高岡3周回

昨日のアポイ岳ハイキング後、浦河で一泊。
早起きして、牧場エリアを30分少々サイクリング。

ひんやりした空気と、いい感じの朝靄。
image

1馬力達を眺めながらとても気持ちが良く走れた。
生まれたばかりの仔馬が、ヘルメットを被ったおじさんをとても気にしがち。
一方、親の馬は無関心でした。
image
この辺りは5年前走ったことがある。

2012.11.4 浦河〜広尾〜襟裳岬 周回

襟裳の強烈な風に印象を持っていかれているが、浦河はとてもいいところだ。
夏場は暑くても気温が25℃を越えることが無いらしい。住みたくなっちゃうが、雪が全然降らないのが残念だな。

走行距離:17.5km
獲得標高:60m

image
馬の横断に注意しつつもビビッたのが、鹿3頭ぶら下げた車が横を通った時。
珍しい光景ではないが、不意に傍を通られるとびっくりするわ。


夕方は、高岡周回路を3周。

時間的に長くは乗れないので、メリハリをつけて走る。
1周目はタイムを気にして走って、32分弱。
前半10kmは向かい風でスピードが上がらなかったので、まずまず。
2、3周回目は、平地巡航を控えめな38分/周のペース。
登りはしっかりパワーをかける。最後の赤点滅信号の手前は下ハン握って全開。

長続きはしないが、そこそこパワーは出るようにはなってきたかと思われる。

走行距離:67.2km
獲得標高:584m






2017.05.17 アポイ岳登山

暑い時期の登山は、その暑さや湧いて出る虫が嫌いなのであまりやらない。
涼しいうちに登っておこう。
チャリ練習はサボる。

花の山、アポイ岳へ。

麓から山頂まで、登山道やトイレ設備がとても良く整備されていて、調査や植物の保護活動にお金が掛けられている恵まれた山。
P1000343

花は1合目過ぎから登場する。
エゾオオサクラソウ。
P1000347

エゾムラサキツツジ。
P1000376

フイリヤマスミレ。
P1000352


朝方、山頂は雲の中だったが、
P1000357

オイラが近づけば雲は切れ始める。
P1000370

そして快晴に変わる。
P1000379

日高山脈の奥の方向も見渡せたが、山が多すぎて何が何だかよくわからん。
DSC_1733

夏山で天気を外したことが殆ど無い。

花の続き。
タチツボスミレ。
P1000364

サマニユキワリ。
P1000395

ヒメイチゲ。
P1000388


アポイアズマギク。
P1000365

ミヤマエンレイソウ。
P1000399

コヨウラクツツジ。
P1000402

時期によって花の種類は全く変わるので、1、2週おきに通う楽しみ方もあるかもしれない。(遠いからその気は無いけど)

このように、豊富な花が話題になりがちだが、
地質にも目を向けたい。

馬の背から先の登山道は、このように険しい岩稜地帯。
P1000389

この岩は、かんらん岩なのだが、エメラルドグリーン色でとても鮮やか。
P1000375
蛇紋岩にならずに、マントルが新鮮な状態らしい。

海の眺めはとても気持ちが良い。
太平洋の広さを感じられる。こういう雰囲気は湾形状の噴火湾を眺める山とは全然違う。
P1000381

登山道の標高差は700m台、距離は往復8km少々、歩きやすい傾斜なので、のんびりと楽しめる。






2017.05.12 ロード練、朝里峠・豊羽鉱山

image

あと2日で道新杯ですね。私は出走しません。
スキーシーズンを少なくても1ヶ月以上早く締めて、道新杯までに1,500〜3,000kmくらい練習しなければ、真っ当に走れるワケもなく。自転車も所詮は娯楽なので、他の娯楽とうまくバランスしていくのです。
皆様の安全と健闘をお祈りしております。

そんなわけで、レース前の調整とか考えなくて良くて、自由に練習。
そろそろ距離も標高も稼ぎたくて、CMJ土曜練ルートをベースに朝里峠。

小樽側から登る。筋トレ目的でアウター縛り。
image

オロロンラインで横を車がいい具合で抜けていくので意気って50km/h巡航。そんなことしたせいで既に脚が終わってる。
魚留の滝あたりから涙目。「引退」の2文字しか頭に無い状態。

スキー場や裏山はまだ遊べる。なのに営業終了。雪はあるのに勿体ない。チャリをやっていなければまだまだ遊びに来たいのだよ。
image

定山渓側に降りて、豊羽鉱山まで一応行く。素通りするのもなんだかね。
image
標高500m超だからちょっと寒い。

ゲートから道道終点までは約11km。短い下り区間がちょっとあるものの、ダラダラと270m上昇。
競技区間は9kmくらいで標高差は200mくらいになるのかな。
傾斜や距離的には、四つ峰トンネルから札幌国際スキー場までをほんの少し傾斜を緩くしたくらいの感じ。脚が終わらない限りはフロントインナー不要。
道路の両脇を急な崖に挟まれているので、視覚的には登っている感じが全然しない不思議な感覚がある。5年前の6月に一度来たときは、葉が茂り閉塞感があって気持ちよくない。沢の音がザーザーうるさいので、周りの走者の様子を音で把握するのは簡単ではないかと。
強者たちは当然のごとく30kmオーバーで行っちゃうんだろうか。
足切りがシビアな予感がするのであまり気が進まない。

下って定山渓で桜見ながらアンパン補給。
とっくに脚は終わっているが、硬石山線も小林峠も小別沢も意地で走る。
image

何が辛いかって、Weekdayだから道路工事や電線工事のため片側交互通行をしている区間が何箇所も。
よりによって、登りでばかり遭遇する。
対向車を待たせてしまって心苦しいから、全開走行。心臓バクバク。

帰り道がてらCMJさんにフラっと寄っておしゃべりに付き合ってもらう。ぼっち練ばっかだとモチベーションが維持できんわ。
豊羽のレースはどんな内容なんだろ。

走行距離:168.3km
獲得標高:1,934m
a.v. 26.0km/h



6時間以上走って、行動時間は8時間超。
かなりやられた感あり。
2/3くらいの区間で脚が死んでいたから、トレーニングになったんだか良くわかんね。







2017.05.09 ロード練、手稲山・小林峠

先週は、登る練習をするための練習をした。
まだまだ登るには力強さが全然足りないので、標高差を増やすためい手稲山へ。

黄砂は収まったようだが、西風。
そして、昨日筋トレしたせいで、臀部の筋肉が痛い。
そんなこんなで花岬大橋までは低速走行。ちなみに花岬で「バンナグロ」と読むんですね。

新港エリアから石狩市役所までは横風+少し追い風気味。臀部の痛みも取れてきた。筋肉の痛みに対しては、力をかけずに回数を動かすのが最も良い。
50km/h超まで上げたりもしてみた。

手稲山の1本目はアウター縛り。
所により速度は1桁台まで落ちるが、インナーには落とさずに最後まで走る。
40分かかっちゃいました。53×23だから許してもらいたいっす。
今シーズンはこれが初手稲山だったが、3月末や4月頭だと45分以上かかるのが通常。
8月半ば過ぎには27分台まで持って行けるので、1週間で1分くらい縮まっていくければいいペースなので、5月上旬で40分なら全然OKなんです。

image
スキーで降りてくる人もいた。
まだ滑れる。山頂で日の出みながら朝ご飯してから滑って降りてくるなんてのもいいかも。ロードの練習時間を失わずに済むし。出勤日でも時間的に大丈夫だ。

麓の新緑は色とりどりでとてもいい頃。コブシやサクラの花も混じって、秋の紅葉に負けじと美しい。
image

2本目はインナー使ってじっくりと。
ダンシングすると、肩周りや腰回りが疲れるのが早い。ロング練習を重ねるしかない。5月は1000kmを目標にしたい。
平日の昼間なのに、結構な人数が走っている。

脚が終わってきた感じがしてきたので、3本目はやらず。このまま帰っても時間も距離も少なすぎるので、小林峠に行ってみることにした。盤渓から北の沢までトンネルができたおかげで、峠の交通量が減ったらしい。
image
確かに交通量は少ないが、普段走らない場所だからピンと来ないけど。

真駒内から豊平川CRで帰る。
向かい風が川を通り道にしていて辛い。
このまま中沼まで行くのはハードなので、東苗穂から市街地にエスケープした。
建物があるだけで風は弱くなるし、車道を車がコンスタントに走ってくれると楽。

走行距離:120km
獲得標高:1,532m


あと30〜50kmくらいボリュームを増やしてもいいが、5時間以上走ってた。
a.v. 23.4km/h
これは酷い。
精進します。






2017.05.05 暑寒別岳/滑り納め

スキーは粘れば6月中も可能。
だが、チャリもそこそこ乗れないと競技が面白くないので、G.W.まででスキーを〆る。
締めは増毛のビッグマウンテン。

このエリアも雪が少なかったようで、尾根に出るまでは板を外したり履いたり、小川を渡ったりな感じ。
ショートカットせずに、林道を素直に歩いたほうが距離は長くとも、時間や体力的に進み易かったと思われる。

左上台に出ても、雪はまだ所々切れている。
天気はまぁOK。高曇りで視界がある。
P1100454

利尻まで見える程の透き通った大気ではなかったけど。
P1100458

前回(3年前)の暑寒別は風が強すぎて屏風岩付近で途中撤退したが、今日は屏風岩手前で強かっただけ。増毛の山にしてはかなり過ごしやすい方だったろう。
で、丁度風が強いところで、体が冷えてきたのでジャケットをザックから出して着ようとしたとき、シールを入れる袋を飛ばした。
ひらひらと遠ざかっていくので、手を振って諦めモード。
ところが、しばらくしてから後続者様が拾って持ってきてくれました。ありがとうございます。
いいことあるもんだ。

今日の個人的な目標にしていたのは、ポンショカンベツ川へ落とす斜面を滑ること。
P1100464

雪は柔らかく腐っていて滑り易そう。しかしながら、いかんせん低標高域の積雪が少ない。
川の下流方向(写真右端)は雪皆無。
ただただ沢歩きや河原歩きをすることになりそうな予感のため止めた。
このラインは来シーズンの目標に変わった。
P1100470

西暑寒別で雪崩発生中。
P1100475
いいもん見られた。
こっちの斜面をハイシーズンに滑ることができたら、1週間以上の期間かけ、大枚ををはたき、アラスカにスキーをしにいくことなんてしなくてもいいかな、と思える。
除雪終点からのアプローチが長いのはもちろんだけど、飛行機を乗り継いで、長時間車を走らせて、アラスカの山に行くよりずっと近いし安く済むじゃないか。


のんびり5時間以上かけて登頂。
たてりんさん結構疲れてたね。
私は実はピンピンしてました。板とビンディングが軽いのもあるんだけど、1ヶ月少々チャリに乗ってパワーアップしたのでね。雪のハイシーズンは最も体が弱っている時期なのです。
P1100495

登り返す体力はなさそうなので、東斜面には下りずにメジャーな北斜面だけ。
登山道寄りを降りると勿体ない。
沢底に向かって降りるのが正解。
登り返せれば沢底まで行って500m超を落とせばよいが、登り返しが無いようにラインを選んで300mくらい。
それでも大斜面感は味わえる。
内腿を肉離れしているので、膝を開かないように気を付けて滑る。イメージは90年代のSki Nowみたいな。
P1100549
写真は暗め。雪用に露出をオーバーにバイアスさせるのを忘れてた。
スノーモードを自動選択してくれればいいのにな。
でも、色合いてきに丁度良い露出にすると、雪の凹凸やラインが潰れてしまうんだよな。

北斜面の後は、1,075mポコ下の急斜面をピリッと楽しむ。
P1100592
こちらの紳士が何かとカッコ良くて困っちゃうのよ。

往路同様、左上台から下は雪が続いていなくて難儀。
雪が豊富なら、ツリーランを自由なラインで楽しんで帰って来られるのだが、一番ここが疲れた。


暑寒荘脇でネギジンギスカン。
(ガスしか用意しなかったー、気の利いたものなんて持ってこなかったけど許して〜)
image

増毛のお酒を買って、
image

岩老温泉に入って、夕日を眺める。
image

ナイスな締めでした。

昨シーズンあたりから、山スキーがマンネリ化してきた感があったが、
行ったことのないエリアに行ったり、テレマークをやってみたりと、新たなexperienceに出会えたのは他でもなく一緒に遊んでくれた皆さんのお陰です。
来シーズンをより一層楽しみにしてシーズンを終えることができました。本当にありがとうございました。

これから4ヶ月はチャリに集中しますが、紅葉シーズンからは登山です。遊んでくださいね。






2017.05.04 小さく登坂練、厚田月形

4月の走行距離は433km、3月末の1回を合わせて538km。
4月末までの自分なりのノルマ500kmには達した。
(しっかり準備するなら2〜3倍くらい乗らなければならないのはわかってる。)

ハンドルの遠さや低さにも慣れてきて、腰回りや臀部の走るためのベースになる筋肉は機能してきた。
走るため、を意識した練習はこのくらいで良しとして、登るための練習を開始。

登るための練習とはいっても、まだ練習するための練習の段階なので、小さ目の峠を複数回。

青山中央から厚田発足の峠を1往復。
少し戻って、月形までの峠を1往復。
再び厚田発足への峠を片道。

100〜200くらいの登りを5本。
500m級は最後まで持たないからまだやらない。というのと、明日は滑りに行くからやや控えめに。

あとは、海沿いを帰る。


走行距離:120km
獲得標高:1,438km


登りは前のめりに立ったり、真っ直ぐ立ったり、前に座ったり、後ろに座ったり、様々な姿勢で。

平地巡航は緩く流す程度。
30km/hをできるだけ超えないように走ろうとしたものの、今日は暑い。
ウインドブレーカーを脱ぐ。
すると、油断してると33〜34km/h出てしまう。風の抵抗の影響というのは大きいものだ。

かなり暑い日で、ウインドブレーカー無しで走れたのは今シーズン初。
ナマ脚も初。そして真っ赤に日焼け。
コンビニ補給では当然の如くガリガリ君に手が伸びた。
image
水分補給の習慣がまだ付いていないのか、気付くと脱水気味な体調になりがちだった。
とはいっても、120kmでボトル2本、1.6Lくらいは空になったけど。
暑さ慣れはまだまだしていない、というか、まだ必要ないか。


厚田発足から見えた真っ白な余市岳。
明日は滑り納め。余市に行くわけじゃないけど、モチベーションが上がる。
image






肉離れの瞬間@羊蹄山

先日の羊蹄山の1合目付近で、立木に衝突して転びました。
そして内腿の肉離れ。

内腿の筋肉から内出血し、どす黒い紫色に染まってしまいました。

GoProで撮った、転んで伸ばしたときの様子。



脚を横方向に広げることができません。多分数か月間。

膝を曲げて前後に腿を動かすことはできます。

なので、自転車は問題なく乗れます。
転んだ翌日はしっかり走れた。
乗り降りする際に、脚を上げるときが怖いだけ。

歩くのも大丈夫。

スキーするのも変な転び方をしないにと、両脚をそろえてターンすれば大丈夫。
両脚を縛ると安心。モノスキーなら更に安心。
ハイクアップになると、急登でジグを切るのが困難かも。でも歩けます。

ウェイトトレーニングもマシントレーニングもやってきた。

何も諦めません。
スイムは、脚を広げる平泳ぎだけはさすがにできないので我慢。他の泳法なら大丈夫。



怪我をしないに越したことはないです。





Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード