遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

デュラエース

シマノ夢屋YUMEYA スペシャルシフトワイヤーを装着する

シマノ、夢屋ブランドのシフトケーブルを付けた。
image

天気は荒れ模様。
峠やスキー場は積雪、夏タイヤに変えてしまったからスキーに行くこともできず、
近所も暴風と雪で自転車に乗る感じでもないから、屋内でチャリのメンテ。

夢屋(YUMEYA)は、DURA ACE7800、7900の頃に展開されていたDURA ACE派生の上位ブランド。
9000になってからはもう無くなっている。
image
これは、YM-SP91というアウター側のワイヤーの一部をアルミ合金にして軽量にしたスペシャルなもの。スペシャルだからSP?

SCOTT SOLACEを組んで、数日乗った。
組んだ時は、CR1に使っていた7900のコンポをそのまま移植し、ケーブル長もそのまま。
FOILでのフィッテイングを経て、SOLACEでも同じポジションになるようにハンドルやらステムやらを交換。
ハンドル、ステムのサイズが変われば、適切なケーブル長も変わる。その序でに使わずに置いてあったYUMEYAを使うことにした。
軽量には殆ど関心は無いよ。

YUMEYAにはシフトケーブルの他に

チェーンも展開されていたが、

今はボルト類しか手に入らない模様。


シフトケーブルについて言えば、アウターキャップがゴールド色ってのがいい感じ。
ボルト類もゴールドでキメるとカッコイイかも。

組んでからFOILと見比べていて、買うべきステムサイズを10mm誤ったことに気づく。

シマノコンポーネントの締め付けトルク一覧

今日スキーからの帰り、集団走行中のロード乗りを見かけたり、FBでも続々と外乗りを開始している様子が多々見られてジェラシー。そろそろいつでも乗れるように準備をしなきゃな。

新しくSOLACEを組んだし、FOILは半ば1度ばらした状態なのでボルト類の締め付け確認はしっかりやっておきたい。
いちいちマニュアルを確認したくないのでメモ。

下の表は、7900系DURA-ACEと9000系DURA-ACEのマニュアルで確認したもの。

7900でも9000でも値は同じ。
ダイレクトマウント式のブレーキのみ、本体の取り付けボルトの値が通常のブレーキと異なっただけだった。

締付トルク(N・m)
ブレーキレバー
 ブレーキレバー 6 - 8
ブレーキ
 ブレーキ 8 - 10
 ダイレクトマウント(仮締め) 0.5
 ダイレクトマウント(本締め) 5 - 7
 ブレーキシューセット 5 - 7
 ケーブル固定ボルト 6 - 8
 シューカートリッジ 1 - 1.5
クランク
 クランクキャップ 0.7 - 1.5
 クランク 12 - 14
 ペダル 35 - 55
フロントディレイラー
 フロントディレイラー 5 - 7
 インナーケーブル 6 - 7
カセットスプロケット
 ロックリング 30 - 50
リアディレイラー
 ブラケット軸 8 - 10
 インナーケーブル 6 - 7
 プーリー軸 2.5 - 5

間違ってはいないと思いますが、責任は取らないよ。




去年の記事「DuraAce9100が12速?」のアクセスが増えてるのは...

ここ数日、去年書いた記事「シマノDuraAce9100が12速?」のアクセスが急増。
どうやら、↓この写真・サイトの情報の影響のようだ。
9100
↑この“Spyショット”だとか言いながら“もはやsecretではない”とかよくわからんこと言ってるサイトの記載だと、
黒いね、
4本アームだね、
11速のままだね、
マウンテンバイクコンポのXTRにリアディレイラーが似てるね、
そんならワイドレンジじゃねーの?
とか見たままの事しか書かれていないけど。

台北サイクルショーでの写真なのかなぁ...、だったらもっと情報がオープンでも良さそうだ。

DURA ACE 7901チェーン無き今、ULTEGRA 6701への交換

image


デュラエースグレードのチェーン、CN-7901はもう生産終了となりました。

CR-1に7900系で使っていたチェーン、先日のトラブルでチェーンが捻じれて使い物にならなくなっていました。おそらく、ヘタクソ変速してチェーンが捻じれて、プーリーに正しくチェーンが掛からなくなり、その結果ディレイラーハンガーが千切れたものと思われます。

新フレームには、CN-6701を取り付け。
使い古したチェーンと新品を並べてみたら、50リンクで0.5個分ものかなりの伸びがあったので、換え時としては必要十分。
しかし、デュラエースグレードがもう無いのは残念。

まず、重さが違います。
116リンクで、
アルグラは272g
デュラエースは252g
これは、手に持って十分わかるレベル。
この写真↓、違いわかりますか?
image
image
上がDURA ACE CN-7901、下がULTEGRA CN-6701。

DURA ACEはコネクトピンが中空。
良い製品というのはこういうところが違う。だからこそ、CN-7901を残してほしかった。
というのが心の声だが、CN-7901はCN-6701の3倍の価格設定である事情が、市場的にそうはさせないのだろう。
また、3倍の価格差を気にしないユーザーは、9000系に載せ替え厭わずしてもらおうというマーケティングなのだろうか。

CN-7901を廃番にし、CN-6701を残しておきながら、
この説明ビラがDURA ACEの画になっているのは切ないし、統一感ねーし
image





シマノDuraAce 9100が12速?

Facebookでシェアされてたフランスのサイトの記事...

Shimano-12-vitesses-FDJ-1


ん?
Shimano-12-vitesses-FDJ-3


ん!?
Shimano-12-vitesses-FDJ-2


スプロケット、12枚?

大学生の頃、フランス語の授業に半年出席したが挫折した。フランス語、読めましぇん。

写真から察するに、
フロントチェーンリング、クランクが9000系DuraAceのデザイン。
ということは、チェーンは9000系。
11速の9000系チェーンのサイズで、12速を規格上のエンド幅に収められるとは思えない。

なのでネタ?だよね・・・

こんな図もあって、14速。
US5954604-5

US5954604-6

広いギヤレシオが欲しいユーザーは居そうだが、私の感覚だと11速で十分。
多段化するほどに重量が増えるし、
多段化の結果、ギヤ比がクロスするほど変速の必要性が増え、クリテリウムのように変速やら加速やらに忙しいレースには向かない。
無段化し、好みに応じて最大最少のギヤレシオと変速段数を決められるというのが究極だとは思う。

多段化よりも、
ワイヤレス化だとか、Di2システムとサイクルコンピュータとの連携をやってもらいたいです。


Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード