遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

ライン

2014.12.07 KIRORO

P1050010


シーズン2回目、キロロ。

8:30に駐車場に到着したが、1つめの駐車場は満車寸前。
チケット売り場には8:40過ぎに並んだが、結構な行列。インフォメーションセンターで2列販売では捌くペースも遅く、ゲレンデインはリフト運行時間になってしまった。
この時期にしては人がかなり多かったように思います。

この日からゴンドラが動き出したのでまず、ゴンドラを使って山頂駅へ。
山頂駅を降りると新雪が十分。ゲレンデインが遅かったのでトラックだらけだったが、朝里2Bで粉浴びをすることができた。
今日はLINE PROPHET 90を使った。
パッと見「ノーマルキャンバーじゃないか」と思ったのだが、深いパウダーを滑って“EARY RISE”というのがわかった。トップが沈みにくいです。確かに“EARY RISE”は効いていると思います。
ビンディングのセット位置も後方なので、問題なくパウダーを滑れます。ですが、強めのロッカー板のように傾けただけでターンができるようなイージーさはありません。キレのある滑りをするには、トラディッショナルなスキーのように、ターンの初動、踏み込んで蹴って上げた方がよいでしょう。


グランドラインを行こうとするも、積雪不足でCLOSE。しかたなくパノラマコースをペタペタ降り、朝里2A、2Bをぐるぐる回す。
P1050004


2Aは圧雪したのかしていないのかわからないが、結構荒れてきて、
2Bはコブができはじめた。コブ練習もいいんだが、ボードのトラックが多いとラインが合わない。コブの下手な私にはハードなので長峰下部に移動して脚休め。
P1050008

写真中央にリフト待ちの行列が見えます。ハイシーズンの日曜日みたいで嫌。

合宿専用になっていることが多いセンターリフト、今日は一般開放。
7年キロロに通っておきながらもセンターコースを滑るのは実は初めて。広々していて良かった。
ピステンが最後に入ったようで、圧雪状況も良かった。
一方、余市1A、1Bは圧雪後に降雪があったようで、良くなかった。

午後になって青空。
P1050011


裏山に思いを馳せつつ、まったり過ごした。混んでるから。
P1050013

裏山は、まだ積雪が足りない。


これを着ていました。結構いいです。
HAGLOFS TRITON II HOOD フリースジャケットを使ってみた

LINE PROPHET 90 インプレ

11月22日、キロロでLINE PROPHET 90を試してきた。

P1040996

LINE Prophet 90(179cm/125-90-113mm)、初乗りですよ。

春の山スキー用に調達した板。今日のゲレンデは湿った雪、そして滑走者によってそこそこ荒れてきた雪面。
試すに十分なコンディションです。

・ ラディウス17.7mなので回転半径はやや大きめ。トップがグイグイ入っていく感触は無し。
・ トップがグイグイとは入らない一方、トップが引っ掛かることもなし。
・ ビィンディング位置は後方、DEMO系の板と同じような位置なので、センタービンディングのフリーライド板にある振り回すような使い方は無用。DEMO系板と同様の感覚で乗れる。
・ “EARY RISE”といって、いわゆるトップロッカーを謳ってもいる板なんだが、そんなことない。しっかり系キャンバーの板です。エッジの接地長は長く、よくグリップしてくれる。
・ 硬いフレックスのお陰で、バタつくこともなく、荒れた雪面でもエッジのグリップが途切れない。

そんな感じで、ターンの後半がとても安心。
高速でも、雪面が荒れていても、どんなもんだ!!と言わんばかりに駆け抜けることができます。いや、駆け抜けるというよりは、突き進むって感じ。レース用の板に引けを取らない力強さがあります。

なんつーか、“漢気”感じる“強い”スキーです。

春のスプーンカットされた雪面、縦筋の入った雪面に持って来い。
購入動機に相応しく、いい買い物してしまいました。

2014.11.22 雨キロロ初滑り

お待ちかね、スキー場が次々とオープン。
キロロに行って初滑ってきました。

朝イチのゲレンデ、気持ちイイ!
P1040988

春スキーのような湿り雪でしたが、滑ることが楽しいのは変わりません。

tixeeというスマホアプリでチケットを買い、初滑り6時間券3,100円のところを2,200円でゲッツ。
かなりお得。
なんだけど、1時間半程で太腿が厳しくなってきてしまいました。
自転車やジムのマシンとは使う筋肉が全く違う。

雪はまだ少なかったです。
↓のように、地面スケスケ。時間が経つにつれこの滲みはコース幅いっぱいに広がりました。
P1040994


Salomon Demo X3で11時半過ぎまで余市第1エクスプレスで回す。

そして、板を履き替え!
P1040996

LINE Prophet 90(179cm/125-90-113mm)、初乗りですよ。

春の山スキー用に調達した板。今日のゲレンデは湿った雪、そして滑走者によってそこそこ荒れてきた雪面。
試すに十分なコンディションです。

インプレはこちらへ。
LINE(ライン) PROPHET 90 インプレ




12時くらいになって雨が降り出してきて撤収。
6時間券は半分の御役目で終了。まぁ、脚は1/4で終わったんだが・・・。
雨に濡れた4シーズンめのウェア、撥水性能がだいぶ落ちていることを気付かされた。




ビンディング/MARKER TOUR F10を取り付け

3,4週間くらい、BlogもFacebookも放置していました。ご無沙汰です。
放置しても、何も困らない。ネットなんてそんなもんです。

さてさて、冬支度第1弾は、スキー板にビンディングの取り付けです。

板は、LINEのPROPHET 90(プロフェット90)。確か12年モデル。今年4月に買っておいたものです。

板のインプレは滑ってからね。

取り付けるビンディングは、MARKER TOUR F10(マーカー ツアー F10)。

激重なDUKE、BARONの構造をそのままに素材の見直しで軽量化したモデル。
DUKE、BARONは片側1,350g。TOUR F12、TOUR F10は片側1,020gです。
持ってみて確かに軽さを感じることができました。
この軽さがあれば機動性がかなり向上しそうです。

さてさて作業開始。
P1030653


中古で買ったのでネジ穴のスケールは付属しておらず。
BARONを買った時の紙スケールで行います。構造は同じなので、DUKE、BARON、TOUR F12、TOUR F10は同じネジ穴スケールで対応できます。
P1030655


ビンディング取り付け専用のドリルなんて持っていないので、フツーのドリルで対応。
穴をストップさせるべきところからガムテープ巻いて代用。慎重に作業すればこれで十分。
P1030656


はじめ、Φ2.5mm、その後Φ3mmで空けました。
でもって、この板PROPHET、メープルコアなのですがドリルが全然進まない。
そのはず、Metal Matrix(メタル マトリックス)といって、板のトーションを強くするための鉄板入っているんだった。
ドリル粕に金属出てきたし。
P1030657


腐食防止のために、ネジ穴、ネジ穴周り、ネジにシリコンの接着剤を塗布して作業完了。
P1030658


ビンディング取り付けのDIYは3セット目でした。
1回目は緊張してやりましたが、1度経験してしまえば楽なものです。

キロロが11月21日からオープン予定なのでデビューはもうすぐ。
なぜ土曜日じゃなくて金曜日?仕事休めってか。

春用スキーを調達

安売りしてたから買ってしまった。型落ちだけど、ペイントの変更だけだから全然OK。
新品である必要は全くないんだが新品です。どうせ岩の上やら、笹、木、土砂の上やらを滑ってすぐに滑走面はボロボロだよ。
P1040659

LINE PROPHET 90です。
来春はコイツで春雪を切り裂きまくってやる。

手に取ってみると、やはり硬めです。Metal Matrixってやつね。
Early Riseとも謳ってるのだが、しっかりキャンバー。トップロッカーとは言えません。いいんだよ、そのくらいがターンの初動は楽だ。

素敵なマッチポンプおじさんの記録。のインプレによると、「ザ・スキーといった感じの恐ろしく滑りにストイックな印象の板でした。これのワンサイズ太いタイプは外国の賞を受賞しています。思い切りメタルが入っていてハリがあってトーションも強い。このシリーズがずっと続いている理由は乗ったらわかります。」
なんていう評価。

B.C.だけでなく、ゲレンデでも力強い滑りに期待してます。


Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
  • 2017.10.17 イチャンコッペ山
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード