遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

ロードバイク

2018.05.05 ロード練、雨と鯉のぼり


天気予報は午前中に☂マークがあったので、午後から練習。

江別から札幌の南の方は青空だったが、車が多い方を嫌って北へ走る。

青山中央の、道民の森案内所で折り返し。

雨雲の下まで行って、雨雲と共に帰ってきた感じになっちゃいました。

昨日、ピストで長めに走って体へのダメージが大きい。
今日はロードで。
心拍数を160bpmくらいまで上げて走り続けること、速めのペースを維持し続けることを意識してみた。

風向きがにわか雨に伴って一定せず、20km/h台まで落ちたり40km/h超で走れたり色々。

a.v.30km/hには至らず。高岡で向かい風にやられて鈍足だったからなぁ。

走行距離:68km
獲得標高:499m
走行時間:2h22m
機材:FOIL

DSC_3348

鯉のぼりが元気に、、、
という瞬間を撮れなかったが、元気に泳ぐのに十分な風が吹いていました。






走行記録 4月27日~5月4日

まとめて走行記録。

いや、まとめてというか、
日々記録することができないダメ人間。

4月27日
DSC_3320

朝練、高岡を2周回。
風が強く苦しかった。
下り区間が特に。写真撮ったけど、風の強さって全く伝わらないのよね。

時間がかなり長くかかるかと思ったが、そうでもなかった。
苦しいなりにパワー出せてるの?

走行距離:46km
獲得標高:377m
走行時間:1h50m
機材:Pist


4月30日
シーズン初ロードで朝練。
決戦ホイールから普段履きホイールに交換しての実走だが、リヤのスプロケからカリカリ音。ホイールを換えると、リヤディレイラーのベスト位置が少しばかり異なる。規格は決まっていても付きまとう個体差。不快だし面倒臭い。

ロードは半年以上ぶり。去年のシーズン末と、ここ1ヶ月少々はずっと鉄のピスト。
ピスト慣れをした状態から感じることは、
カーボンのロードは軽いので直進性がイマイチ。鉄のピストの方が真っ直ぐ走らせ易い。

ペダリングは完全に変わった。引き足を多用できるようになった。
ギヤの選びからはキ〇ガイ染みてきてしまった。無駄に重いギヤを選びがち。
それでもロードはとても楽だ。
やることがあって高岡を1周回だけ。

走行距離:29km
獲得標高:221m
走行時間:1h04m
機材:FOIL


5月2日
DSC_3337

集団走行をしておきたいのと、店に寄りたいのもあって、チーム走行。
なんだかんだで豪華メンバー。

恵庭、千歳、由仁、長沼を巡って100kmくらい。路面は良くない。
どこ走ってんだかよくわからなかった。右左折多いし覚えられないよ。
由仁のセブンイレブンに着く前の高速ローテーションで使い果たしました。
その後国道274に合流する前で脱落。ワタクシなんぞに40km/h前後の巡航は辛いです。あと、ローテーションがヘタ。車間距離取り過ぎ。経験豊富な皆さまは上手だった。

脱落したが、例年よりはとても良く脚が動いている。
倍近く走ってるもの。
でも、1,000kmそこそこなんて走った内に入らないってさ。
まだまだ弱いです。

走行距離:103km
獲得標高:713m
走行時間:3h33m
機材:FOIL


5月3日

本当は、羅臼岳、斜里岳をこの日と翌日に滑る予定だったが、雨予報で中止。3月の遠征も天気に阻まれた。俺が選ぶ日程は天候に恵まれない法則が出来上がりつつある。来年リベンジ。

スキーに行かないとなると走りたいけれど、朝から雨でがっかり。
午後に雨が上がったので、この隙を使って走る。

夕方近くの出動で走行は1時間くらいがいいところ。近所の坂道を走って筋肉に刺激を与える。
シーズン半ばでないとアウター縛りで登れない激坂を、早くもアウターで走れてしまった。これはピスト効果。

走行距離:24km
獲得標高:351m
走行時間:1h02m
機材:FOIL


5月4日
天気予報は雨だったのに天気が良いじゃないか。
スキーのお誘いがあったが、午後から予定があってお断りしてしまった。
昼過ぎまでに帰りたくて、風が強かったので遠くまで行くのはリスクがあったので高岡6周回。

車多し。
オープンしたばかりの厚田の道の駅のせいっぽい。急いで混んでるところへ行く理由ってなんなよの。
暇なヤツが多いもんだ。

春の山スキーに行きたい、
カリカリに凍った圧雪ゲレンデを滑りたい
コブ斜面克服トレーニングをしたい、
春パークで飛んだり回ったり練習したい、
残雪期登山をしたい、
少しでも多く自転車に乗りたい、
やること多すぎて消化しきれてないというのに、暇な人達から時間を譲ってもらいたいくらいよ。

走行距離:127km
獲得標高:1,241m
走行時間:5h03m
機材:Pist

今は桜の季節。
桜並木や、人の手に守られた桜の巨木より、
山にさりげなく咲く山桜が素敵だと思ふ。
DSC_3345




2018.04.26 朝練46km+チューブレスタイヤインストール

DSC_3313

記事タイトルが毎日変わらず、、、

変わり無く朝練。
朝まで雨の天気予報だったので、半ば雨を期待しつつも路面はドライ。
高岡2周回。

走行距離:46km
獲得標高:383m
走行時間:1h47m
機材:Pist


今日は風のAgainst区間が多め。風とずっと戦っているので、平均心拍は160bpm超。
決まったルートを練習コースとすることで、タイムや速度から体調や仕上がりを判断できるものだが、
このエリアには風が付きもの。あまり参考にはならない。
風の当たらない森の中のヒルクライムみたいなルートだと、タイムやスピードが参考になるのだろう。

てか、パワーメータがあれば一番いいんだな。

ミズバショウは少しずつ開いてきています。
DSC_3316

DSC_3318
丸いのはカタツムリ。


帰ってから、タイヤをインストール。
ピストバイクにずっと乗って来ていて、ロードバイクの準備が全然できていない。ツールド北海道のゼッケンプレートが付いたままだし。

去年はGIANTのチューブレス対応のカーボンホイールに、

IRCのフォームラプロチューブレスライトの23Cを装着していたが、

路面の穴に当たってのリム打ちパンクが三度。
ビードを上げるのも楽でなかった。

今回は23Cではなく、25Cに変更。
ビードは上がり易かった。
リム打ちでタイヤのサイドが千切れるリスクが減ることを期待している。





2018.04.25 朝練46km

日々常々と同じ時刻にスタート。
高岡2周回。

走行距離:46km
獲得標高:347m
走行時間:1h44m
機材:Pist

Garminログの高度補正をしても獲得標高は一定しないなぁ。

今までの朝練の中では速めのペースだが、平均心拍は133bpm程度に落ちついていた。
悪くないだろう。

ミズバショウが咲き始めています。
DSC_3311





2018.04.24 国道451(暑寒国道)まで

丸一日使えるので、5時間練習。

当別ダム、青山ダムを通る道道28号を上げず下げずのLSD。

青山ダムはお水たっぷり。
堤防への道路の除雪作業が行われていたので、数日内には堤防まで行けるようになりそう。
DSC_3302

国道451号のT字路で折り返し。
DSC_3303

道民の森神居尻地区の道路は十分に除雪済み。
DSC_3305

最奥の宿泊棟までは車両で入れます。ここから先は歩きですよ。
DSC_3306

走行距離:125km
獲得標高:929m
走行時間:5h02m
機材:ピスト

青山ダムからの帰り50km以上はずっと厳しい向かい風だった。
平均速度はギリギリ25km/h。遅いけれど楽して走っているわけではありません。





2018.04.21 朝練49km

今日も朝練。
8日間で4回朝練をやった。
こんなワタクシにしては上等じゃぁないんですか?

最も暖かく感じた。
ソフトシェルはそのまま、
ベースレイヤーを、コールドギヤからヒートギヤに代えた。

風はとても強く、帰り道にはスウェーデンヒルズゴルフ倶楽部横を避けて、国道に早々に下りてみたけれど、
相変わらず風は強いまま。
筋トレ。

汗量は多め。これ以上暖かいと、帰宅後即シャワーが必要。

走行距離:49km
獲得標高:405m
走行時間:1h56m





2018.04.19 朝練 46km

本日も朝練。
習慣化できるのか!?

起きると霧に包まれていて、濡れるの嫌だなと思っていたが
走り出して10分もせずに晴れた。

一昨日の朝練
と同じルート。高岡周回路を2周。
Garminのログを見ると、走行時間が一昨日の朝練と4秒違い。

走行距離:46km
獲得標高:399m
走行時間:1h49m
機材:PIST/FUJI FEATHER

DSC_3243


仕事が終わってからはジム。

今日はコアトレーニング。
その後、スイム。

月初に群別岳に行った時、靴擦れで足の皮に傷を負ってからスイム自粛。
2週間少々のブランクからのスイムは、肩が疲れやすかった。
でも伸び伸びと泳ぐのは気持ちよい。身体が解れてスッキリする。

次の朝練は明後日

のつもり。





2018.04.17 朝練 46km

朝練をやった。
人生2度目の朝練。

高岡を2周回。

軽く汗ばむ。昨日までに比べて暖かく居心地が良かった。

出勤時間には十分な時間的余裕を持ってスタートしたが、時間というものは気になるものでハイペース。LSDテキに走っていればいいのに、1周目は心拍数が高め。抗不整脈薬を飲んですぐに走り始めたので、効いていなかったからかも。2周目は20くらい下がった。

スカッと晴れている朝はとても気持ちが良い。バッキバキに朝から覚醒する。
この覚醒状態が日中も続き、目が見開き気味。ドライアイを感じながらのOffice hours。
DSC_3240

走行距離:46km
獲得標高:399m
走行時間:1h49m
機材:PIST/FUJI FEATHER

走り始めてから1ヶ月と経過していないが、大腿部の肥大化が早い気がする。

仕事終わりはジム。
普段通りウェイトマシンをやって、
スイム/ランを控えて、下半身のストレッチに時間を多く割いた。

朝練を習慣化できるだろうか。





2018.04.14, 16 チャリ

14日は出勤日だったので朝練。

自転車を初めて10年、初の朝練ですよ。

高岡を1周回と、八幡の方に降りて平らな所を流す。
土曜日なので人出が多かった。ピストで走ったので、ロードの人たちに登りで抜かれ、下りで引き離される。でも、平らなところでギヤ比がハマれば、距離は縮まる。固定ハブだと休まず常に進もうとするから?

出勤日なので9時半くらいまでがLimitタイムで、土曜日練習のお世話になっている方々にご挨拶してこの日の練習は終了。言い忘れましたが、あけましておめでとうございました。

走行距離:49km
獲得標高:402m
走行時間:1h55m


15日は雨で何もせず、動画イジり(http://blog.livedoor.jp/power_of_ukon/archives/52078742.html)。


16日は道路が乾いてから出動して、高岡周回路。
春には珍しく北風。とても寒い。ログを見たところ平均6℃。俺が休みの日は何だかいつも寒い。コースの前半は向かい風、防風ソフトシェルを着ていたけどガンガン体が冷えた。

初乗りのときは4周回。今日は6周目でも、初乗りのときの3周回目くらいの感触で走れた。
力は付いてきているが、通用するレベルではないです。

ピストの100km超は腰が爆発しそう。6周回で終了。

走行距離:120km
獲得標高:1,075m
走行時間:5h03m




2018.04.09-10 チャリ

先週の休日は1日スキー、もう1日は雨降ってチャリ練習無し。
今週は山をガマンして、2日チャリ。先週の分も乗らなきゃ。

2日間でノルマ200km、目標250km。

4月9日は、当別→岩見沢→栗山→北広島→江別をぐるり125km。
ほぼほぼ風がAgainst、平均23km/h。おまけに寒いし。
写真なし。
帰宅してグッタリ。5時間以上ピストに乗るのは辛い。


10日は、青山ダムの先の玉の湯トンネルで折り返して85km。
DSC_3233
矢印の下が南の別狩岳。
今シーズンは亀裂が多くて遊べなかった。来シーズンに期待。

125kmくらい乗りたかったが、風が冷たくてギブアップ。
距離をガンガン稼ぎたいけど、朝練するにもまだまだ寒過ぎるよ。



寒い日はこのグローブパールイズミ プレミアムウインドブレークグローブ)を使っているが、
テムレスで十分な気がしてきた。
冬山でのテムレスはもう完全に定着してきたけど、自転車ギョーカイでも普及しないかね。







2018.03.29 平地LSD

DSC_3217

走り初めのピスト走行は、登りで失速&あまりにキツイかったので、
今日は平地を増やす。平地なら距離も増やして、100kmは走りたい。
まだLSDでよい。Longというにはやや短いけど。

高岡周回路を半分使って厚田望来、
海沿いに走って、石狩砂丘、石狩湾新港、茨戸、あいの里、
美登位で距離調整。



午前中は仕事に行ったので、14時頃からスタート。
日没頃に終了。陽が落ちてくるとかなり体が冷えた。

走行距離:102km
獲得標高:291m
走行時間:4h04m

平地を増やしたのに、平均速度25km/hってよ。
前回は80km、680mUpで3h、25.5km/h。遅くなるもんかね?
27〜28km/hくらい走れるつもりだったんだが。

心地の良い疲労感。しっかり食わねば。

DSC_3219






2018.03.22 走り初め

DSC_3202

シーズン初実走。

仕事前の時間を有効活用。まだまだ山へスキーに行きたいから。

在り来たりだが、高岡の周回コース
17km×4周回。内回りと外回りを2周ずつ。

融雪水が所々道路を濡らしていたが、概ねドライ。
泥除けは無いよりはあった方がいいですが、汚れるのを割り切れる人なら要りません。
舗装も幹線道路みたいに荒れいなくて、快適に走れますよ。

今年の初乗りはピストバイクから。

LSDテキな感じで、心拍数を100〜120程度に置くことを心掛けたが、
登り坂になると、150〜180。速度も10km/h少々まで落ちる。
所により苦悶。
シングルギア辛い。だが、これを繰り返していれば、勝手に強くもなるんだべさ。
(メモ:49T×15T、ギヤ比3.27、フロント53T換算でリヤ16.2T)

走行距離:80km
獲得標高:680m
走行時間:3h

短い割に、脚が売り切れた。空腹も辛かった。
お帰りルートの、ゴルフ倶楽部前の登り坂で歩いてしまった。

登りで失速するから、平均速度が低い。

なんだろ、ロードで120kmくらい走った感じ。
ピストは楽しい。





セラミックスピード(Ceramic Speed)のBBのこと

セラミックスピード Press fit BB86 を装着する
http://blog.livedoor.jp/power_of_ukon/archives/51983008.html

3年以上前にこの投稿をしたのと同時に、Youtubeにクランクを回転させる動画をUploadしていました。


私の腕がキモイのはさておき、
このとき使ったのが、CERAMIC SPEED(セラミックスピード)製のBB86規格のボトムブラケット。
  軸受部分をクロムコーティングして、耐錆と回転性能を上げた「COATED」というのもありますが、価格差がかなりあるので安価な方を選択。


この動画が、低再生回数ばかりの私のYoutubeチャンネルで、

再生回数が桁違いの55,000回超。

最近気づいたんだが、諸々コメントも付いている事態に。

コメントに返信するとか基本的にやらないんですが、representしておきたいものもあったので、ここに並べてコメントしていきます。


まず、このコメントはスルーでいいか。
> canceralla fabian さん
>  ヌルヌルですねwww
 かんた さん
>  意味深過ぎるw


こちらコメントはコメント主の名前的にはスルーだな。
ちんこうんこ さん
>   ワイジ自転車無知BBってものがわからんが自転車にも人の脚だけでなく物によって回転数変わったりするんやね


nyanko runaway さん
>   BBとかハブとか変えると実走で分かるほど変わるの? やったことないので興味があります。

自転車の走行抵抗の殆どは風によるものですので、他の抵抗源を局所的に改善しても感じられるほどの効果は得にくいです。チェーンを綺麗にする、というのは走行していて十分に抵抗の改善は感じられます。これだけは安価且つ最も効果的な箇所ですね。
実走で分らなくても、「イイモノを使っている」という自覚を持つことで、精神的にな弱さを誤魔化せます。レースなどで、道具のせいにして「もう付いていけねゃ」、と心が折れるポイントを排除することができます。私個人では、この効果が最も大きいです。


ここから下は、意外に回らないのね、というニュアンスのコメント。私から言っておきたいこともあるのでコメントをしておきたい。

太った鳩ぽん
さん
>  セラミックのわりには回りませんね笑


Akayama
>   セラミックならもっと回ると思いました。これならTOKENでもいいのかな…
  Takahashi ryo
>    Akayama クランクは右と左のアームが交互に回るから綺麗に円運動しないから正直ここまで回る方がすごいで
  Akayama
>    TOKENでもっと回る人いるんですが…
  太った鳩ぽん
>    Akayama TOKENもそうだしトライピークとかCeramic Speed車なら今の5倍以上は回る
  Ryo Misaki
>    7年前に買ったセラミックのBB使ってますが今でもこれよりずっとよく回りますよ。

車&バイク女子 Car&MotorCycleGirl
>   これは BB 締めすぎです。トルクかけ過ぎ。 同じ力でも10〜12回転くらいまわると思います

Takahashi ryo さんがコメントしているように、クランクの存在が回転を阻害しているというのは全くその通り。右側と左側で重量が異なる(右にはチェーンとクランクアーム、左はクランクだけ)ので、回転の持続をさせないように力が働きます。なので、ハンドスピナーのように延々と回転をし続けるような期待をすることはそもそもできないのです。

Akayama さん、太った鳩ぽん さん、Ryo Misaki さん は、もっと回るはずだ、という主張です。
これはですね、ベアリングの周りの状態によるのですよ。
この動画の状態では、ベアリングとベアリング受けの保護のために、専用グリスを注入しています。また、ベアリングのある空間に泥水や微粒な埃が侵入することを防ぐために、シールもグリスでベタベタスにして蓋をしています。グリスという流体がベアリングの空間にあれば、流体の抵抗を生じて回転は持続し辛くなります。
更にはこの専用グリスはゼリーの様で粘性がかなり高めでした。
このBBをもっとブン回るようにしようとすることは、可能です。脱脂洗浄してしまえばOK。
ビュンビュン回るベアリングでは、脱脂されているか、粘性の低いグリスが使われていることが多いのではないでしょうか。
もっとグリスを減らしても良いとは考えていますが、メンテナンス回数を減らしたいので意図的に多めに入れてます。
専用グリスというのはこれ。スタンダードグリス。

スタンダードではなく、SLFホワイトというもののありました。お値段が倍くらいするのでこちらのほうが高級品なのでしょう。

車&バイク女子 Car&MotorCycleGirl さん は、BB締めすぎだよ、との指摘。
プレスフィットBBなので、トルクをかけて締めるものではないのですが、このご指摘は的を射ています。
フレームのBB周りの寸法精度が悪いのです。予めシマノのBBを抜くときも自力での叩きだしはギブアップ。ショップでやってもらいーの、BBの内部が欠けてーのやっと外れました。これはフレーム側が狭いということ。セラミックスピードのBBを入れる時もバキバキとフレームが壊れるんじゃないかという不安を感じながらの作業でした。締めすぎ、というコメントに繋がるのは、BBのカップ側からベアリングアッセンブリに力がかかっていて、ベアリングの接触抵抗が増していることが考えられます。
また、左右のBBの中心線が向かい合っていないです。クランクを軸を出し入れが楽じゃないレベル。力を入れて引っ張ったり、プラハンで叩いたりして抜くくらい。この状態が悪さをしていて、回転する際に、特定のクランク角でベアリングに強い圧力がかかる部分が生じること、回転モーメントが一定に保たれず、フレーム側にエネルギーが逃げていうことで、ロスを生じているに違いないと考えています。

ちなみに、叩き出しでビビってから、脱着にはこれを使うようになりました。


ということで、上質なフレームを選択することも、パーツ選択と同等かそれ以上に走行抵抗に関わるのです。

これが最も私から発信しておきたかったことです。

左右のBBの中心が正確に向き合う、という点で、WISHBONE(ウィッシュボーン)のBBは左右を筒で繋ぐのでとても良いと思われます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WISHBONE (ウィッシュボーン) BB30386 ボトムブラケット 【自転車】
価格:19440円(税込、送料無料) (2017/11/16時点)


今後BBを交換するとしたら、間違いなくこれにするわ。

ということで、中山峠スキー場がオープンしていないための暇つぶし投稿でした。







2017.10.25 紅葉サイクリング/当別ダム

今日はサイクリング。
チャリは2週間ぶり、体が弱って出力が長続きしましぇん。

平野部の紅葉もそろそろ終わりが近づいてきている。
ありきたりのルートではあるが、紅葉を観に当別ダムへ。

DSC_2637

青山中央で折り返し、往復約70kmくらい。
往路はやや頑張ってa.v.31km/h。復路は26km/hくらいまで落とす。
レースを意識しなくていいので追い込まず、気分よく走る。
そもそも、登山やスキーを履いてのハイクのためにチャリをやってるのだから、今こそ頑張り時なんだろうが、レースが無いことの安堵感が幸せ。

今日の様子。
DSC_2632

風が強めな地域だからか、定山渓から石山にかけての山々に比べれば、やはり葉は若干傷んでいる。
南区の紅葉が美しいのは、西風も東風も受けにくいからだろうか。

高岡経由で帰ったが、小振りだけどまさかのヒマワリ。
紅葉サイクリングだったはずなのに、ヒマワリのインパクトが最も強い。
DSC_2641
向日葵は夏の季語?
初雪を済ませた初冬でも咲いているよ。






2017.10.09 手稲山ヒルクライム

DSC_2441

CMJサイクルさんの体育の日イベント。
速さではなく、申告タイムに近づけて走ろうという賞金レース。

今年の申告タイムは超控えめ。

不調続き。
チャリの乗るのはツール以来まるまる1ヶ月ぶり。
旅行中喰い過ぎて体重3kg増。

とかで20分台で走れるか怪しいので、まったり38分。

速く走り過ぎている気がして、
フィニッシュライン手前でUターンして更に時間稼ぎ。
1分くらいは伸ばしたつもりだったが、それでも1分少々早かった。

スタートラインが信号でなく高速下ということを考慮して、1〜2min短く見積もらないとな。


去年、一昨年はとても寒かったが、今回はとても暖かく過ごしやすかった。脚出せたし。


終了後は蕎麦屋。近しい賞金獲得者が居なかったため各自の資金持ち出しで。


写真じゃ伝わり辛いが、手稲山の紅葉はベストシーズン。
DSC_2443

紅葉登山にはいつ行けるのだろう・・・。





Profile

山登りとスキーとロードバイク好き。

Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2018.06.07 朝練再開
  • 2018.06.03 The25th Mt.Moiwa hill climb
  • 2018.06.03 The25th Mt.Moiwa hill climb
  • 2018.05.27 上富良野-十勝岳-美瑛-旭岳
  • 2018.05.27 上富良野-十勝岳-美瑛-旭岳
  • 2018.05.27 上富良野-十勝岳-美瑛-旭岳
  • 2018.05.27 上富良野-十勝岳-美瑛-旭岳
  • 2018.05.27 上富良野-十勝岳-美瑛-旭岳
  • 2018.05.27 上富良野-十勝岳-美瑛-旭岳
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード