遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

ローラー

2016.05.08 ローラー

今日は、第35回道新杯自転車ロードレース大会ですね。

私はというと、

結局エントリーしませんでした。
少しは迷ったんですよ。

せめてチャリに乗って応援観戦に行こうとは考えていて、
で、今朝の記録的爆風。
再び心折れる。

FBで様子を気にしながら1日過ごす。
写真とかコメントを見て出走したくなってしまうんだよね、出ればよかった。

悔しい結果、満足のいく結果と皆さん様々。強風の中厳しい戦いをお疲れ様でした。
そして参戦するその気概に敬意を表します。
また、クラスによらずレベルが高いですね。

日中はローラー用にするバイクのポジション出し。
今年は決戦用バイクのFOILをローラーに使ってきたけれど、エンドがカーボン剥き出しなのでクイックがめり込んできているので嫌だった。
image
ローラー用にするバイクはGIANTのFCRに5600系105を載せたもの。
エンドは金属だし、安価なアルミフレームなので、これなら固定ローラーでも気兼ねなく使える。

5年ぶりに105の変速をする。
リヤの変速は105でも別に悪くない。
フロントの変速はインナー→アウターもアウター→インナーもダメダメ。スパッと入らないし、バキッと音がうるさいし。
30分マッタリと流して汗が出始めたところでお終い。

2016.04.17 ローラー練

朝から路面がウエット。
一旦昼に乾き気味にはなったがポツポツ雨が降っていた。

外乗りをせずに、ローラー練。

ずーっと、音楽を聴きながらテンポを合わせてローラーをやってきたが、今日は初めて動画を見ながらやってみた。
見たのは、JSportsで放送した先日のパリ〜ニースの第6ステージ。マイカのペースアップから、コンタ、リッチーポート、モントーヤ、ザッカリンの争いを楽しめた。
音楽に合わせるわけではないから漫然とした走りになるものの、気分的には悪くないな。

そんな感じでを1時間5分、a.v.46km/h。
ローラー台の負荷を最も軽くして、アウター53×13〜11、ケイデンス75〜85rpm、40〜50km/h強で短いレストを入れながら続けてみた。
息は上がらないが、脚の筋肉の酸欠状態を作れていたと思う。

きのとやのチョコかけタルトを半分くらい食してしまったが、消費できただろうか。
image

2016.04.11 回復ローラー

昨日の疲労が夜になっても抜けない。
ペースは悪かったが、余程パワーをかけていたんだと思われる。

回復目的で、ローラーを30分。
負荷調整ダイヤルは1〜3で軽め、ケイデンスは60〜70rpmで力まずクルクル。

終えた後は臀部からつま先まで筋肉がとても軽く感じられて快い。


固定ローラーを使うとき、クイックリリースのレバー位置はどの角度が適切なのだろうか?
image

ローラー台から自転車を外す時に、レバー側が容易に抜けなくて気持ちが悪いのである。教えてください。てか、取説に書いてある?

2016.03.24 ローラー練

ローラー練35分、
昨日のスポーツクラブでの筋疲労を解くイメージで。

30分くらいでは追い込むには時間的に足りないが、今日は筋疲労のリリース目的なので良し。

気が付けば、シューズのBOAダイヤルのラチェットの具合が悪い。
足を引くと緩む方向に周ってしまう。
あと、ワイヤーも傷んでるな。ラミネートがはがれていたり、変なクセがついていたり。

スペシャは通販をしないから、店舗に行かないと修繕費用が読めん。




2016.03.17 ローラー

ローラー練30分間
今日はペダルが軽く感じられた。

サイコンをつけてみたところ、18km。
ローラーの負荷設定を軽めにしてギアを上げるほうが、ローラの負荷設定を重くするよりも気持よく回るので、高速走行に近い状態になりがちだ。

今年、何回か夜のローラーをやって悩ましいのが2点。

・ 食後1時間で始めてもお腹の具合が良くない。膨満感とか脇腹の痛みとか。
・ 身体が冴えてしまって、寝つきが悪く、また、眠りが浅い

食事とローラー練の準備を逆にするべきだろうか。
汗だくに動いた後は食欲が無くなる。食べなくても体重を維持できずにこれもまた辛い。





2016.03.14 ローラー

ローラー45分

追い込まず、軽めでもなく。

ちなみに、去年の1〜3月は、ローラーに1度も乗ってませんでした。
今年は、、、毎日のように乗っている皆さんと比べると1週間分くらいしか乗っていませんが、

去年に比べると、無限倍乗ってる。
週5で乗ってるレーサーが、週6で乗るようになっても脅威ではないが、
無限倍乗るようになった人物は脅威ではないだろうか。

なんてな。





W杯ジャンプ札幌大会、ローラー練

どこの山に行くか決まらなかったので、スキーをするのではなく、観に行ってきた。
大倉山の競技場、ワールドカップジャンプ札幌大会。
競技場を見るのもジャンプ競技を見るのも初。
大きさも斜度も驚くほどではなかった。
K点付近で見ていて、選手が風を切る音が気持ち良い。
伊藤選手の完璧な1本目と、飛形の綺麗な葛西選手のジャンプ、葛西選手の3位表彰台も見ることができた。
image
こういうのを見ていて考えるのは、、
俺にもできそうだな・・・
まぁ、滑走スピードは85km/hくらいにコントロールされているから、危険ではなさそうだ。

夕方、ローラー台。
外でやったもんだから寒かった。そのくせ汗ってもんはしっかり出るもので、バイクや地面に落ちた汗が凍る。
image
フィッテイング後に自車で行うトレーニングはこれが初回。
突き出し量が大きく低い位置の幅広ハンドルは、シッティングでもダンシングでも扱いやすかった。
しかし、4cmも下げたサドル位置がなぁぁぁぁ、、、、
高ケイデンスで回しやすくはなったんだが、大腿部の筋肉を深い角度で使うので疲労が溜まりやすい。
早めにリフィットしておきたい。





ローラー練

4月9日
 玄関先で30分
 ダラダラやらないように、音楽を聴きながら。
 スポーツクラブでのバイクトレーニングを思い出しながらやってみた。

4月13日
 玄関内で30分
 風が冷たいので、家の中。
 初めて屋内でやったが、騒音に驚く。
 こんなの毎日やられたら同居する家族は...
 昨日の回復目的なので強度を上げずに。
 音楽聞きながらやったが、曲の途中で勝手にレスト挟む。
 パワーメーターの必要性を感じる。

Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード