遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

乾式皮膜処理

イノテック105 仕上があったのか?

エンガルサンロードから帰ってから、自転車ばらしてイノテック105の被膜形成に再挑戦しました。
1日目のクリテはかなり泥水を浴びたのでバイクの洗浄序でもあります。

P1020489


チェーンはシマノDURA-ACE9000をそのまま使います。
スプロケとチェーンはシンナーに漬け洗いとウエス拭きを3回。
その後、台所用洗剤とお湯で脱脂。

プーリーとチェーンリングはシンナーとウエスでの拭き洗いだけ。
プーリーのベアリング部にシンナーや洗剤が侵入するのは避けたかったし、DURAのチェーンリングは中空なのでこちらも内部にシンナーや洗剤が侵入するのを避けたかった。

水分をドライヤーで乾燥させてから早々にイノテック105を塗布。
表面が脱脂された状態の金属は酸化が容易に進むので、時間を空けずに塗り始めます。

1日後、まだ湿ってる。
2日後、スプロケの何枚かは完全に乾いているが、残りはまだ乾かない。チェーンリングはベトベトのまま。チェーンも触ると手にイノテック105が着く。

挑戦者のブログを見るとフライパンでチェーンやスプロケを熱して油分を焼き飛ばしている記事もあった。
そこまでしなきゃダメなのだろうか。

良く考えると、塗布するさいの刷毛に油分が付着してたらアウト・・・だよな。先日の塗布で油分が混じったか...。

なんて頭を抱えながら4日目。
業を煮やしてドライヤーでの乾燥を試みるが、4日間室温で自然乾燥させて残った105がそう簡単には揮発してくれない。

残った液状の105は付け過ぎということにして、ティッシュで軽く拭き取って、これでよしとする!!

チェーンを触った感じだと、明らかに動きは軽く滑らかでした。期待はしています。
きじひき山ヒルクライムでデビューとします。シェイクダウン的な使用は距離が短いヒルクライムレースが丁度いいはず。



ディレイラー異音の原因

CDJビッグプーリーキット、イノテック乾式皮膜処理チェーンを着けてのディレイラー調整をしましたが、異音がしていました。

原因は、繋げた部分のリンクの回転が渋いこと。。
イノテック製のチェーンにシマノのピンを刺したためかと。
やはりこういうやりかたはダメかと。

仕方なく、イノテックのリンクにトライ。
なんとか嵌ったのだが、状況は改善せず。
イノテックのリンクを嵌める際に、抉ってチェーンが変形してリンクの回転が再び渋くなってしまいました。

仕方ない、こうなったら...純正品に戻す。

結局シマノのCN-9000を装着。

明日はレース、直前でドタバタ。


時間を見つけて、CN-9000にイノテック105を塗布してやります。そのうちね。

イノテック乾式皮膜処理チェーンを装着

イノテック乾式皮膜処理チェーンを装着します。
レースの4日前になってやっと作業です。けしからんですな。

ではでは、こちらを開封。
P1020313


開封しました。
P1020470


上の2つの片はコネクターです。
別売りもされています。


チェーン本体は、何となくシマノの純正品よりも重い気がしましたが、計測しなかったのでわかりません。

長さの決定は、
P1020471

定石通りこうやって。
既定のプーリーであれば、2つのプーリーの軸で垂直を確認しても、プーリーの左端で垂直をとってもOKです。今回はカーボンドライジャパンのビッグプーリーキットを装着しており、ガイドプーリーが11T、テンションプーリーが15Tと異径のため、左端で合わせてもNG。軸で垂直を確認することにしました。
垂直を取るのは、ギア系の大小の中間位置でチェーン長を確保することと、中間位置で程よいテンションを確保することが目的であり理由です。したがって、プーリー左端で合わせるよりも、プーリー軸で合わせるべきです。
と勝手ながら判断。

そして、チェーンを繋ぎます。
これが困難。説明書の通りやってもなかなかコネクターが嵌りません。
P1020469

悪戦苦闘の末、やっとのこと嵌ったものの、プーリーへのチェーンのルートを誤っ(プーリーを挟む板を繋ぐパイプの外にチェーンを通してしまった)たためやり直し。コネクターはピンを抜くとサイド使用できないためスペアのコネクターに手を出す。
これがどう頑張っても嵌らなかった。弄りまくってるうちに形が歪んできて使い物にならなくなった。
やむを得ず、シマノのピンを挿入してみることに。

互換性があるのかどうかは、「公式には無い」のだろう。でも繋がってるし、動きも悪くないので良しとする...。耐久性について不安だけど。
真似されても責任は負いかねます。

一応、チェーンの装着は完了。
クランクを変速しながらぐるぐる回してみました。

スプロケからはガリガリ音が奏でられました。
ディレイラーの位置が決まっていないようです。プーリーキットを純正からビッグプーリーキットに変更したため
でしょう。要調整です。

今日はここまで。



ビッグプーリー、セラミックベアリングBBとか

先日物色していたブツが先々週届きました。

P1020105


左上:CERAMIC SPEED セラミックスピード Press fit BB86
右上:CDJ (Carbon Dry Japan:カーボンドライジャパン)ビッグプーリーキット
下:イノテック(innotech)乾式皮膜処理チェーン 11speed グレー

車で移動中に乾燥している道路をみてしまいました。
そのせいか猛烈に走り出したくなり、継続的な興奮状態。
早く部品弄りもしたいし。

まだスキーシーズンが続くので、4月半ばまでにはインストールして、装着インプレできたらいいと思っています。

FBに写真出したら機材ドーピングだとさ。

CERAMIC SPEED セラミックスピード Press fit BB86

CERAMIC SPEED セラミックスピード Press fit BB86
価格:33,600円(税5%込、送料込)





Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • セラミックスピード(Ceramic Speed)のBBのこと
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード