遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

手稲山

2017.10.09 手稲山ヒルクライム

DSC_2441

CMJサイクルさんの体育の日イベント。
速さではなく、申告タイムに近づけて走ろうという賞金レース。

今年の申告タイムは超控えめ。

不調続き。
チャリの乗るのはツール以来まるまる1ヶ月ぶり。
旅行中喰い過ぎて体重3kg増。

とかで20分台で走れるか怪しいので、まったり38分。

速く走り過ぎている気がして、
フィニッシュライン手前でUターンして更に時間稼ぎ。
1分くらいは伸ばしたつもりだったが、それでも1分少々早かった。

スタートラインが信号でなく高速下ということを考慮して、1〜2min短く見積もらないとな。


去年、一昨年はとても寒かったが、今回はとても暖かく過ごしやすかった。脚出せたし。


終了後は蕎麦屋。近しい賞金獲得者が居なかったため各自の資金持ち出しで。


写真じゃ伝わり辛いが、手稲山の紅葉はベストシーズン。
DSC_2443

紅葉登山にはいつ行けるのだろう・・・。





2017.08.30 手稲山、滝野

朝、出発時の気温は11℃。ウィンドブレイカーを持とうか要検討な寒さ。完全に北海道の短い夏は終わったことを感じる。

一昨日に引き続き、今日も筋トレ志向の練習。アウター縛り+シッティング縛り。ダンシングは3秒以上禁止。

まず手稲山。
特にタイムは意識しなかったが35分。アウター縛り+シッティング縛りで苦しい状況下なので40分くらいかかりそうだったが、案外遅くは無かった。ダンシング解禁すれば10〜15%くらいは短縮できたらいい。軽いギヤで楽をしても速くはならないということ。
DSC_2015
空気が冷んやりしてくると、急速にスキーが恋しくなる。圧雪車眺めてるだけでワクワク。

手稲山は1本だけで、その後は小林峠、石山、芸術の森、滝野。
滝野は何年ぶりだろうか。たぶん6〜8年くらい前、黒砂糖くんと走ったのが最初で最後だったはず。
DSC_2023

そして、ここでDi2のバッテリー終了。
53T×16Tのシングルギヤバイクと化して走行。この先、登りは殆ど無いので特に問題は無し。
(実は、支笏湖に行こうかとも思っていた。うん、行かなくて良かった。)
真栄あたりは追い風もあって40〜50km/h巡航。ギヤ比が3少々なら、50km/hくらいは特に問題なし。舗装もよく気持ちよく走れた。

その後は、36号と豊平川CRで帰宅。
豊平川CRは、中沼の辺りが茂みが覆いかぶさっていて走り辛い。対向車が来たら危険です。
札幌市様、草刈りしてくださいませ。私は札幌市に住民税をお支払しておりませんがお願いします。

走行距離:136km
獲得標高:1,405m








2017.05.26 手稲山1本

image

午前中だけチャリに時間を使えたので、手稲山まで行って帰ってくる74km走。
朝練タイムを過ぎ通勤時間帯だったので、見かけたサイクリストは1人だけ。

結構頑張って登ったつもりが、あまりタイムは良くない。

パワーが出てる感触は十分。30minは簡単に切れてるくらいの手応え。
なんだけど、全然進まないしハイペースを維持できず。
冬から1kgしか体重を減らせていないからかな。

それでも例年より体力の戻り具合は早いと思う。

復路は大型車が多かったのもあるが、40〜50km/hでブッ飛ばして帰ってこられた。

長めの練習だと帰宅する体力を残しておくように走りがちだが、短めでも短めなりに負荷を上げられる。

あと体重が3kg減ればとても良く走れるはず。
2〜3ヶ月近く要するんだろうけど、体重を減らさなければならない。

なのにランチで愚行。
image
何キロあんの?
大盛り注文して、想定外の盛り過ぎ具合。
腹パンでグロッキー。
フードファイトやってる場合じゃないのよ。

走行距離:74km
獲得標高:624m

走行時間は2h30mくらい。時間の割にいい内容。

激盛り蕎麦の後は
image
こういうところにも行くのよ。






2017.05.19 手稲山、朝里峠

標高差2,000m稼ぎたくて、本日の練習コースは山を拾っていく感じで計画。
手稲山、朝里峠、小樽天狗山を登ってくれば、170km、Up2,400mくらい走れるはず。
という予定で出発。

出発は9時過ぎ。遅ぇ。
7時台には出るようにしたい。遅く出発すると、午後が丸潰れになるのと、風が強くなって帰り辛くなる。

まず、手稲山。
image
出発したときは涼しかったのに、10時を過ぎると暑い。
今日の予定はまだまだ先があるので、急がずもしっかり走って34分。
まぁ、上々な方。一本入魂アタックなら、30〜31分くらいには入れるかな、くらいの感触。


その後、朝里峠へ。
セイコーマートに寄るつもりだったが、通り過ぎてしまった。たびたびやらかしてしまうんだが、この地点での補給を損ねると後に響く。
かんぽの宿の下でネズミ捕りが行われていたので、ステルス目がけてフル加速をしてみたが、大して加速できず。そもそも、こういうくだらないことはやらなくてよい。

朝里ダムのループ橋は補修工事のため下から上まで交互通行。
対向車を待たせちゃいけないから頑張る。
今日イチペースを上げた区間だろう。
路温が30℃超だから暑くて辛かった。

朝里ピークの除雪車旋回場で折り返すつもりだったが、
image

image

image

こんな感じで峠の上の方の居心地が良いものだから、先に行きたくなってしまった。
下界は暑いので、道路脇の涼しげな様子を眺めているだけでホッとする。

四つ峰トンネルから先は、トンネル内の路面が濡れているはず。濡れたくないのでトンネル手前で折り返し。
国際スキー場までは順調に戻ったが、この辺から脚が終わってきた。

朝里峠の下り、路面に縦溝が掘られている区間がある。
その区間の九十九折のところで肝を冷やした。
後輪が外側に大きくスライド。
落車こそしなかったが、大きく滑ったのは初めて。
今まで、15mmのホイールと、23Cのスリックタイヤで走っていた限りだと、ヌルっと溝の分だけズレることは経験していたが、危険を感じることは無かった。
今日は、25C推奨のホイールに、23Cの杉目タイヤ。
タイヤの杉目か、ホイール幅とタイヤ幅の関係が原因だろうか。

続いて、小樽天狗山に向かうが、補給目的で望洋ローソンへ。
ところが、望洋の住宅街を登るのにフラフラ。
望洋ローソンに到着した時点で、4h30mかけて116km走ったところ。
天狗山行ってたら、7時間超も走ることになりそうなのと、もう脚が無い。
朝里のピークで折り返すべきだった。
天狗山へは行かずに、補給だけ済ませて帰ることに決定。

オロロンラインは風の影響が無く楽に巡航できたが、石狩八幡から当別の間が激しい向かい風。
泣きそうになって帰宅。

走行距離:164km
獲得標高:2,150m



a.v. 26.1km/h
単独というのもあるが、ペースが悪い。
行動時間は7時間。時間ばかりかかった割に、ボリュームを稼げていない。
10%とは言わずとも、せめて5%くらいペースアップしたいなぁ。そうすれば練習の濃度も上がる。






2017.05.09 ロード練、手稲山・小林峠

先週は、登る練習をするための練習をした。
まだまだ登るには力強さが全然足りないので、標高差を増やすためい手稲山へ。

黄砂は収まったようだが、西風。
そして、昨日筋トレしたせいで、臀部の筋肉が痛い。
そんなこんなで花岬大橋までは低速走行。ちなみに花岬で「バンナグロ」と読むんですね。

新港エリアから石狩市役所までは横風+少し追い風気味。臀部の痛みも取れてきた。筋肉の痛みに対しては、力をかけずに回数を動かすのが最も良い。
50km/h超まで上げたりもしてみた。

手稲山の1本目はアウター縛り。
所により速度は1桁台まで落ちるが、インナーには落とさずに最後まで走る。
40分かかっちゃいました。53×23だから許してもらいたいっす。
今シーズンはこれが初手稲山だったが、3月末や4月頭だと45分以上かかるのが通常。
8月半ば過ぎには27分台まで持って行けるので、1週間で1分くらい縮まっていくければいいペースなので、5月上旬で40分なら全然OKなんです。

image
スキーで降りてくる人もいた。
まだ滑れる。山頂で日の出みながら朝ご飯してから滑って降りてくるなんてのもいいかも。ロードの練習時間を失わずに済むし。出勤日でも時間的に大丈夫だ。

麓の新緑は色とりどりでとてもいい頃。コブシやサクラの花も混じって、秋の紅葉に負けじと美しい。
image

2本目はインナー使ってじっくりと。
ダンシングすると、肩周りや腰回りが疲れるのが早い。ロング練習を重ねるしかない。5月は1000kmを目標にしたい。
平日の昼間なのに、結構な人数が走っている。

脚が終わってきた感じがしてきたので、3本目はやらず。このまま帰っても時間も距離も少なすぎるので、小林峠に行ってみることにした。盤渓から北の沢までトンネルができたおかげで、峠の交通量が減ったらしい。
image
確かに交通量は少ないが、普段走らない場所だからピンと来ないけど。

真駒内から豊平川CRで帰る。
向かい風が川を通り道にしていて辛い。
このまま中沼まで行くのはハードなので、東苗穂から市街地にエスケープした。
建物があるだけで風は弱くなるし、車道を車がコンスタントに走ってくれると楽。

走行距離:120km
獲得標高:1,532m


あと30〜50kmくらいボリュームを増やしてもいいが、5時間以上走ってた。
a.v. 23.4km/h
これは酷い。
精進します。






2016.10.10 手稲山ヒルクライム

去年も誘ってもらった手稲山ヒルクライム。申告タイムと実走タイムの近さを競う。
ガチレースでは全然結果が出ないから楽しい。
で、今年も。

家を出たとき、天気が良くなりそうな気がしたけど、
image

あいにくのお天気、風も雨も冷たい。一時的にザー、と降ったりも。
image

30分で申告。調子良ければ28分くらいにしたいんだが、すっかり怠け気味なのでこんなモンがいいところ。

自分で走っててもペースはよくわからないので、周りに合わせて走る。
最も速い人から、3、4分遅れて丁度いいくらいと読む。
全区間の1/3くらいまでを前の方で走ってペースをつかむ。
後退しながら、1/2地点くらいまでに自分の速度感、距離の差、時間の差の関係を掴む。
残り半分を、これらの感触を元に調整しながら走る。

ちょっと早いかなぁ・・・という気がしつつも自信あり。
29分42秒で18秒差、第4位。
確か去年4位くらいだったかな。
再び賞金に届かず。

で、御馳走になってしまいました。ありがとうございます。
image

来年は私が取って御馳走させていただきますよっ!

今年も楽しめました、パイオニアパワーメータ販促の手稲山ヒルクライムでしたw
また来年、晴天で。

2016.09.04 手稲山、高岡

残すレースはクリテリウムなので、ダッシュの練習をしに手稲山へ。
石狩手稲通りはサーモンマラソンで市役所から車線を減らす交通規制。
ランのイベントだと、規制区間は短くても、規制時間が長く、走者の列は絶え間ない。警察も警備員さんも大変そうである。ドライバーの苛立ちは、先ず彼らに向いてしまいがちなわけで、感謝の意を忘れないでおこう。

高速をくぐってからインターバルダッシュ。
1人抜かれたが、不審に見えていたかも。
ダッシュ中に時計を見るのは容易くないので、ペダル20回転。
レストは30秒くらい、

のつもりが、だんだんレストの時間が延びる。
独りでやると意志の弱さが露呈。
サイコンにインターバル練習用のアラーム機能もあった気がするが、操作が億劫でね。歳は取りたくないものだ。
40分くらいでハイランド。
イマイチ身が入らないので、ダッシュ練はお終い。
登り足りないので、旧道1本。

ここまでで50kmくらい。
真っ直ぐ帰っては勿体ないので、高岡周回路1周と当別市街のセイコマ経由。
気が重いと強度が上がっていかないが、疲労感はそこそこ。
アイス1本、PowerBarジェル2本、スポーツドリンク2L弱だけで5時間弱。よく持つもんだ。
疲労感は喰わないせいかな。

走行距離:120.5km
獲得標高:1,213m




2016.08.13 手稲山

午後から手稲山へ。

往路の石狩川河川敷は追い風。45km/h前後でブッ飛ばす。
走行20km地点まではa.v.35km/hを維持、追い風参考だけどまぁ良しとしよう。

手稲山は下から1本と橋から上まで1本。
始めの1本めは、のんびりペース。
橋から上までの2本目は、先行者を目標にしてペースを上げることができて19分。
下から橋まで9分台だから、28分ペースになるのでいい感じだね。

復路の石狩川河川敷は強い向かい風。あえて上体を起こしてダンシング、いい筋トレになった。
image

明日はどこへ行こうか、もっと距離を走りたい。

走行距離:85km
獲得標高:946m

ぼっち練、1分以上不動のまま見つめ合ったエゾリス。
image

2016.08.04 手稲山

時間があまり無かったのと、風がやや強かったので、前田森林公園まで車移動。
向かい風ほど嫌いなものは無い。

前田森林公園から手稲山へ。
手稲山の麓まで5km弱。軽いウォームアップ走行に丁度良い。いきなり登り始めるよりは走りの質が向上する。

1本登って31分。
昨日は全く運動をしなかったので脚の筋肉は固まり気味で、持久力が弱かったけれど、一昨日から6分短縮したから良しとしよう。

2日前と比べて6分短縮できたから、あと3日後には更に9分短縮できるってことだな

明日も走っておきたいものだ。28分前後で走って、手応えを感じておければ理想的だ。

〆は旧道で筋トレ。
声が出てしまった。

走行距離:30km
獲得標高:755m




2016.08.02 手稲山

やばい、サロベツ100マイルロード以来全くチャリに乗っていない。
サロベツのクソっぷりに萎えてブランク8日。
8日って期間はなかなかあり得ないです。

ニセコHANAZONOヒルクライム5日後に控えているので、焦って登坂練習をしに手稲山へ。

クッソ暑い。
研修センターを過ぎてからは雲の中で少し涼しくなったけれど、年に何回も経験しないほどの滝のような汗。

暑いせいとか、950mlボトル×2本とか、フロントタイヤがテッチンヘビー級ホイールとかそんな理由で、
37分もかかっちゃいました。
image

10分くらい縮めたいんだが・・・
ダイジョブかな?

1日2分のペースで縮めれば間に合うさ!!!


デザートに旧道を1本。

走行距離:83km
獲得標高:854m



2016.07.16 手稲山

サクっと手稲山。
来週末からはニセコHANAZONOヒルクライムまで毎週末イベントがあるので、今のうちに手稲山に行っておく。
ガッツリ走り込みたいところだが、明日17日のサイクリングが危険な香りがプンプンするので1本だけのつもり。

石狩市役所からは信号ダッシュでまぁまぁ疲れて、いざ手稲山の登りに入るともうね。
昨日ウエイトマシンとスイムトレーニングやって脚は続かないし心拍数も上げられないから、インナーローを多用してフラフラと35分。

ハイランドにチーム練中の5人。インターバル練やるっていうから、一緒にやる。旧道分岐から山頂まで30秒ダッシュ+60秒レストのインターバル走を悶えて悶えて10本。
こんなこと頻回にやってたら強くなるよな。
辛気持ち良いって感じじゃないので、強いハートが必要だ。

ハイランドで解散して、私は直帰。

今日の汗の出方はハンパ無かった。

走行距離:86km
獲得標高:945m


2016.05.28 手稲山

image

手稲山でトレーニング。
もう5月が終わろうとしているのに今シーズン初テイネ。

昨夜はスポーツクラブでマシンとスイムをやって筋肉と心臓が疲労気味なので、山麓までの移動は軽く流す。

1本目、旧道とのT字路まではアウター縛り。
陽射しが強い。暑くて汗だく。
近々に藻岩山ヒルクライム、エンガルロードがあるせいか大勢練習している。
途中、Iさんに会えた。5本やるというから驚き。

2本目はアウターとインナーを交えて。

旧道をデザートにする予定だったけど、脚が重く感じたので少しだけ走ったところでやめて真っ直ぐ帰る。

タイムを意識して登ったわけではないが、1本目も2本目も34分もかかっちゃったね。
今日がクリーンな状態でなかったにせよ、これがあと3ヶ月くらいで27分台にまで縮まるのだから、練習の積み重ねの成すところの意味は大きい。

走行距離:91km
獲得標高:1,151m


2015.10.12 手稲山ヒルクライム

BlogPaint

手稲山ヒルクライム。
20数人で、事前申告タイムを狙って走る。

40分を申告したら、

そりゃねーだろ、

って煽られて29分で申告。
レースシーズンは終わったので、苦しい思いをして走ることはもうないと思ってたんだだけど、
真剣に走らなきゃならなくなった。

ちょっと速いかなぁ、と予想しつつ28分27秒。感覚ってそこそこ正確なもんだな。

怪しい天気で始まり、下山で冷たい雨が降り、その後晴れるという意地悪な空模様。
だったけど、とても楽しく過ごせました。
開催してくれたOさん、誘ってくれたHさん、そして皆様、ありがとうございました。

帰路は石狩手稲通りをMさんが速くて付いていくのに必死でした。



走行距離:73.4km
獲得標高:
643m



2015.07.26 また手稲山

今日は、苫小牧ハスカップトライアスロンに出場してきました、、、
と言いたいところだったのですが、自転車競技の成績がイマイチなのでトライアスロンには進出せずにチャリやってます。
そんなわけで、

image

天気がぐずぐず。
倶知安まで走りに行きたいところだが、こんな天気ではそんな気にはならず、
昨日と同じ行動パターンで手稲山。
車で行ってサクっと帰る。雨走行のリスク回避。

10時頃から走り出す。

昨日より人が多かった。
見たことあるエリートレーサーも何人か。

久々にnariさんにも会えた。

時間が経つにつれ雨が降り、強くなってきた頃に撤収。
またも泥除けが活躍。



去年までは4、5本やることもあったが、今は3本で満腹。

昨日も今日も大量に汗をかいた。
今日はアクエリアス2Lペットボトルを買っておいて、走行中と走行直後で空っぽ。
グリコPower Productionのクエン酸&BCAAとCCDドリンクを使うと2L相当で600円を超えそうだ。アクエリアスだとカロリー、クエン酸、アミノ酸をPower Productionほどではないがそこそこ量を摂取できる。コストを考えるとアクエリアスで大いに結構だ。


今日は、
新道3本+旧道1本+新道〜千尺ゲレンデ1本



走行距離:61km
獲得標高:1,921m

もっと脚作りをする必要を感じる。
8月2日までどう過ごすか。
追い込みつつ、疲労を溜めないキワを狙いながら。




2015.07.25 手稲山

image

午前中は雨が降っていたので外には出ずにチャリいじり
昼に道路が少しずつ乾いてきたので、昼ご飯を済ませてから出動。手稲山へ。

効率良く登りトレーニングをするため、自走で向かわず車移動。

車を停めて、まず富岡の信号まで降りる。
新道を使って、とりあえず旧道合流T字路まで。
気温は22℃くらいで高くは無いのだが、湿度が高く蒸し暑い。汗の出方が激しいので旧道を下りセイコマでアクエリアスをボトルへ。
持参した水700mlとアクエリアス950mlで登坂。バイクが重い。

富岡の信号へ横移動し、ロープウエイ駅舎前まで計測。

28分少々で走って、もう1本走って帰ろかな...
と思っていたのだが、

まさかの30分オーバー。
(まずい感じなので正確なタイムなんて書けません。)

昼食後は脚が重い。朝の方が力が出る。昼クライムはダメ。
にしても、ニセコHANAZONOヒルクライム直前期で30分オーバーはマズイ。

手稲山に来ると年々パワー不足傾向にあることを実感してしまうようになった。
3、4年前はアウター縛りでスイスイ走ったり(アキレス腱痛になったけど)、インナー使ってもリヤは19Tまでで十分だったり、そんな感じでグイグイ走れていた頃と全く見違える。

加齢、練習の質低下、急ぐがために中長距離でのタイムロスに至る、
原因をいくつか思いついても、原因を特定できないとなかなか対策する気にもならない。

2本目は1本目+3分くらい。
昔は2本目の方が速かった。何が違うんだよ。

不甲斐ないので、少しでも有意義な練習にするために3、4本やることに。
3本目は2本目+1分。

3本目の下りから雨が降ってきた。泥除けを装着してきておいて良かった。

4本目をやめて、旧道を1本だけ。
まぁ、少なくても2,000mは登っておかないと、登り練とは言えないしな。
パワー不足対策としては旧道を走るのは悪くないだろう。

、、、2回立ち止まってしまった。クソだな。

雨か汗かは定かでないが、びしょ濡れで練習終わり。
車で帰宅。



走行距離:63.7km
獲得標高:2,037m



Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード