遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

道民の森

2017.08.28 厚田・月形

平日ぼっち練。休みとか天気が噛み合わず、11日ぶり。

昨日27日は、モエレTTと十勝岳ヒルクライムがあったものの、仕事で不参加。というか、参加する気も殆ど無かったので仕事を入れたというような。
参加しないと判断しても、結局のところ参加しておけばよかったと思うのもオチ。どちらも参加者数少な目。エリートクラス残留目的でヒルクライムを走っておいても良かったと思いつつ、ささやかに練習。

残すはツールの市民だけなので、特に長距離を走ることも、標高を稼ぐことも不要。距離も標高も中程度で。
中程度の山を登れる道民の森方面。ここ2シーズンはパワーを失った感じなので、アウター縛り。

海沿いに厚田まで行ってから、道道11号の峠。
DSC_2006

知来乙で折り返し。

青月線はマー君の糞だらけ。人気が無いのも併せて気味悪し。
DSC_2008

平均速度は特に意識せず、ケイデンス低め、リヤは19Tまでをメインにしっかり回す。
ダンシングをするなら、あと2cmくらいはハンドルが高いほうが良さそう。出力と背中回りの疲労感がかなり改善される。でもコラム切っちゃった。
パワーかけても長続きしない。サドルが低くて膝の屈曲が深いため、現状の筋肉のSweet spotを外れているためなのだが、1シーズン以上かけて身体を作り直そう。


路上をノロノロ歩くのメスクワガタを救出して森にリリース。
足先がグローブの繊維に絡まって放すのに苦戦。手袋を外してから掴んだほうが良い。
DSC_2007

走行距離:122km
獲得標高:1,548m








2017.07.15 月形・厚田、酷暑148km

本日はぼっち練にして、お気に入りルートへ。

土曜練習はMTBということで、ワタクシは回避。
マウンテンに乗りたいのもマウンテンマウンテンなんですが、コケて擦過傷を負ってしまうと夏の水遊びができなくなるので、秋まで我慢。

当別ダム経由で道民の森方面へ向かう。

1時間走の距離は、例年より1割くらい短い。
30〜35km/hで走る概ね平地のルートで1割遅いということは、パワーでいうと2割超低いんじゃないかと。
これから先のレースはあまりいいことが無さそう。

道民の森から月形へ。
森の中は比較的涼しい。
あくまでも”比較的”。暑いことには変わりないけれど、下界よりは遥かにマシ。

image

青山から月形の向きだと、緩急のある勾配を楽しめるこのルート。
勾配が急だろうが緩かろうが、全然の登れない。
カミヒルは回避かなぁ。

月形セブンで飲料とCoolishを補給して折り返し。
この向きだと傾斜は緩めだけれど、とても25km/h超なんて全然無理だった。

続いて厚田へ。

こちらの峠でもパワーが出ず仕舞い。左脚に力が入らない症状が出ないように気を使う。

軽いギヤを使っていくことになるんだが、速度を確保したいためにケイデンスを上げるけれど、遅筋繊維が無い脚は、10秒そこそこで速筋繊維が音を上げてしまう。

image

セイコマで折り返し。

この日は200m級の峠を4本。
手稲山2本分くらいにしか相当しないが、風が吹くこのエリアの峠の方が健全。
真夏の手稲山は風が抜けず、暑さで具合が悪くなる。

峠を終えて当別ダムを南下して帰宅。
昼を過ぎて気温はピークの時間帯。アスファルトの加熱も併せて、ところにより路上の気温は40℃オーバーだったろう。

ドリンク摂取は約3.5リットル。
体重減は2.5kg。

ということで発汗量は約6リットル弱。
よくもこんなに出せるもんだわ。

ちなみに補給はドリンクとCoolishだけなので、カロリーで700〜800kcalくらい入れただけ。
とくに空腹感無し。

クッソ暑かったせいか、週末にしては人出が少なかったように見受けられた。

走行距離:148km
獲得標高:1,647m

明日が雨だとわかっていればあと30kmくらい追加しておくべきだったかな。



シャワーを浴びても身体の熱がなかなか収まらないので、夜にプールへ。

100m/100秒ペースで、(200m×1+100m×2)×3=1,200m。
ペースアップすると体が熱くなってしまうが、このくらいのペースまでに押さえておけば、気持ちよくクールダウン。

泳ぐという行為は、とても気持ちが良い。
泳ぎ終えると体も心もスッキリしている。

こういうスッキリ感、チャリには無いんだよなぁ。






2016.08.19 月形、道民の森

道路上に仰向けになって動けないミヤマクワガタを救出。
image

週末から雨の日がしばらく続きそうなので走りに行く。
午後からなので距離はミドル、道民の森月形地区折り返しで100kmくらい。

15分くらいのウォームアップを含めて1時間アタック。
33.2kmまで行けた。35kmを超えなければレースに出てもレースとして成立しないレベルなんだろう、なんて気がする。

ついでに道民の森一番川地区のオートキャンプ場を偵察。
寒くならないうちにキャンプに行きたくて。
image
水場が各サイトにあって便利じゃないか。電源は無いけど(炭火は片付けが面倒なのでホットプレートを使いたい派)。
ちなみにここ、ケータイ電波入りません。

青山月形線は、いつもより熊の糞が多かった気がする。

気温こそ高くないものの、湿度が高くジャージが汗でビショビショになった。

走行距離:103.3km
獲得標高:1,106m



2016.07.03 青山月形線

きじひき高原ヒルクライムは不参加。
遠いから。まぁ、ドライバー確保できなかったし。
FBでリザルト見て、みなさん速過ぎ!!と目を疑ったんだが、フィニッシュ地点がかなり手前になったんだな。

で、お天道様が出なくて肌寒い陽気のなか、午後から道民の森方面へ。
当別ダムを通って、青山月形線に入り、道民の森月形地区の入り口で折り返し。
風はいろんな方向に吹いていたので、味方になったりならなかったり様々。
往路はa.v.30.2km/h、復路は90km走ったところまでは30km/h超をキープしたが、その後は向かい風でダウン。

途中、車に乗ったM谷さんが声掛けてくれた。わかるまでは不審車両なのですみません。

走行距離:104km
獲得標高:1,162m
a.v. 29.5km/h



2016.06.12 月形〜厚田往復1本

image

風強ェェェェ!
やる気消失。向かい風が大嫌いだから。

登りの走行が少ないので、坂を走って強くペダリングをする練習をしたいから道民の森方面へ。
天気予報は南風6m/s、当別ダムを通ると復路で殺られる。
風を避けるべく車を使って月形へ。

町の体育館から、まずは青山月形線を走行。
テンポよく迫るコーナーと緩急ある登り坂。
見晴はイマイチだが、風の影響を受けにくいのと、走り応えのあるワインディングが気に入っている。
最も高いところで280mくらいの標高があるし、所により斜度10%に至るので登坂の練習にも足る。
image

昨日の練習は筋肉がよく機能しなかったが、脚を使った翌日はしっかりと筋肉が仕事をする。重いギヤでガシガシ踏めた。
image

青山中央に降りたら、厚田に向けて峠越え。
峠を下りゲートを過ぎてからは追い風に助けられ全開でカッ飛ばす。
往路a.v.30km/h超でセイコマ到着。

北海道メロンソフトを食べてから折り返し。
復路は向かい風で往路のペースを上回れなかったが、往復のa.v.28.8km/h。
80kmの距離で1,100m超登ったのだからまぁまぁだろう。

走行距離:80km
獲得標高:1,115m

このコースを2往復、或いは、1往復+山岳区間を2往復とかやると、とてもいい練習になりそうだ。



2016.05.03 道道28号を暑寒国道まで+青山月形線

image

G.W.後半戦は明日から雨続きのようなのでロング練へ。
当別ダム経由で浜益を往復。150〜160kmくらいやるつもりで出発するも、風が強ぇぇぇ。往路追い風、復路向かい風、脚を削られて向かい風で帰ってくると泣きそうになること必至。
予定変更して、道民の森一番川地区に入って月形に抜ける山道にエスケープ!登坂練習にシフト。
P1050831

なんだけどさ、右折直後は風を避けることもできてしばらくいい感じだったんだけど、、、
おいおい、先行き怪しいぞ。
P1050826

自転車担いで路肩を歩いたり、雪の上を歩いたりしたけど、
結局、5km少々入ったここで断念。
P1050830

引き返して再び自転車担いで路肩のを歩いたり、雪の上を歩いたりして道道28号に戻る。
国道451号(暑寒国道)にぶつかるT字路で折り返し。
P1050832

ここからはずーっと向かい風との戦い。
20km/hを割ったりもしながら根気。
練習中と思われる4人組に少し付かせてもらったりしながら帰還。
風の抵抗を少なくすべく下ハン握って走る場面が多かった。そもそもの前傾姿勢が深くなったためもあり、尿道の圧迫具合が苦しい。

力なく走っている時、PowerBarGELを飲むと数分後から復活することがわかった。
ロードのレースはもちろん、ロング練でも積極的に摂取していこうと思う。

走行距離:118km
獲得標高:1,181m


帰宅して食事をしようとしたが疲労感で食べる力がなかなか出なかった。


2015.09.06 厚田、道民の森方面

ツールド北海道市民レースまであと1週間。
実走をまともに行えるのは今日が最後。
そこそこの距離と標高を取れるコースを選択。
厚田、道民の森一番川月形地区の峠を使う。

とりあえず、高岡周回路脇、シェイクスピアカントリークラブ脇の坂がツールド北海道本戦のKOM地点ということで通ってみる。
image


まずは、当別ダム経由で厚田セイコマまで。
image
アイス喰って折り返し。
折り返してしばらく走ったら、TさんYさんMさんとすれ違う。大事な練習日なので挨拶してお別れさせていただいた。

道民の森の峠はやっぱり楽しい。

月形セブンイレブンでパンとアクエリアスを補給して折り返し。
稲穂が垂れ始めると、自転車シーズンも終わりが近づく。
image


道道11号を使って当別ダムへ。

ダムの下りから、チェーンラインに異常。
プーリーとプレートの間にチェーンが位置して、チェーンがテンションプーリーに乗ってくれない。

チェーンがフロントで落ちたときには、クランクを回しているうちに勝手に戻ったりすることがある。
ということもあって、すぐに停まって対処することをしなかった。
クランクを逆に回してみたり、リヤを変速してみたりガチャガチャ。

で、ちょっと強く回してみたりもしたその時・・・

ヌルッ!!!

とした感触とともにリヤディレイラーが脱落!!!!!
あ゛ーあ、こんなことになっちまった。
image
image

OMGとはこのこと。

すぐ後ろをたまたま走っていたIさん(ツールド北海道中に、Iさんだということがわかって、とても恥ずかしかったさ。)に心配そうにされてしまってむしろ申し訳なかった感があります。

もうこうなると回復不可能なのでしばらく転がして帰宅を試みる。
しかし、足で蹴るだけでは全く進まん。
サポートカー要請して帰宅。

普段乗り用のバイクなので、ツールド北海道市民レースへの参加には影響しないのは幸いだが、散々だ。



走行距離:115km
獲得標高:1,422m





2015.08.13 ロング練/道民の森方面

今日は平日だが、職場は休日。
そんな日、アマチュア競技者にありがちなのは、

ここぞとばかりに練習。

だろうな。
旅行に行くリア充や、帰郷やお墓参りをする真面目な人々とは生態が異なっている。

ツールド北海道に向けて、必要なのは登坂練習。
でもね、帰省の車で道路が混んでいるので、遠くには行きたくない。
自走で行ける手稲山は、暑そうだから却下。
ということで、自走で行ける範囲でのロング練をやってきた。
もちろん単独だよ。リア充じゃねーし。

当別ダムを北上、
道道11号を日本海方面へ峠越えして厚田セイコマ折り返し、
今度は月形方面へ峠越えして月形セブンイレブン折り返し、
少しでも登坂練習の足しにするため、道民の森月形地区、一番川地区をヒルクライムして戻る、距離145km、獲得標高1,642mのコース。
大きな峠は無いので、平均速度30km/hオーバーが目標。


高岡を経由した。もう、夏真っ盛りな風景。
ヒマワリの横を走れば気分はツールドフランスですよね。
image

厚田セイコマでコーラ500ml1本。
ヘタクソドライバーが湧き出てくるこの時期、駐車場に車を停めれば白線踏んでたりで迷惑なこっちゃ。

折り返して、まず青山中央の道民の森の案内所まで。
登り坂は汗だく。
ファンタグレープ500ml1本。
昨日スポーツクラブで、ラン、バイク、スイムとプチトライアスロンやっちまったからカロリーが体に残ってない。甘いものと水分がガバガバ進む。
image
幹線道路と違って、交通量が少なく、虫の音、適度な風が心地よくて昼寝したいくらいだった。

月形方面へ向かって、月形セブンイレブン。国道275号は渋滞気味だし、セブンイレブンも車と客が大量だし、アクエリアス1Lを胃とボトルに入れてさっさと去る。

折り返してからは、道民の森月形地区、一番川地区への道路を走る。
「出没注意」じゃなくて「出没中」。
“出てます、出てます”ってゆー臨場感がいいね。
image

何年か前まで土砂崩れか何かで通行止めになっていて一度も走ったことが無かった。今回初走行。
うんうん、いい感じだね。
この熊出没中看板から7km、200mを一気に登る。斜度が後半増してきて脚力を満足に使える。
image
ピークを越えてからは、下りなんだけれど、斜度には緩急、また、登りもチョコチョコ出てきて楽しい。
往復で何本もやるのもいいかも。

道道28号に出たところで100km少々。トルクが弱ってきた頃。
再び道民の森の案内所にピットインしてコーラ500ml1本。
カフェインパワーで37kmを一気に走る。
平均速度30km/h出すために必死。30km/h前後、40km/h前後を織り交ぜるインターバル走みたいな感じで脚を殺さずに走り切れた。
ギリギリで30km/h。

ドリンク大量摂取で固形物の摂取無し。
グリコパワープロダクション・クエン酸&BCAA1袋、CCDドリンク1袋、コーラ1L、ファンタ0.5L、アクエリアス1L。
3.5L、約1,000kcal摂取。
5時間で1,000kcal入れれば、固形物無くてもいいか。

帰って体重を測ったら4kg減。汗を7.5Lくらい掻いたようだ。帰宅するや否や立ちくらみに近いフラフラ感があってヤバかったな。

走行距離:144.8km
獲得標高:1,642m

長い登りでの練習は無かったが、アウター縛り、登りは積極的にダンシング、平地では強く踏んで走った。
練習クオリティとしてはまぁまぁだったろう。




Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
  • 2017.10.16 狩場山
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード