遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

道道28号

2017.07.15 月形・厚田、酷暑148km

本日はぼっち練にして、お気に入りルートへ。

土曜練習はMTBということで、ワタクシは回避。
マウンテンに乗りたいのもマウンテンマウンテンなんですが、コケて擦過傷を負ってしまうと夏の水遊びができなくなるので、秋まで我慢。

当別ダム経由で道民の森方面へ向かう。

1時間走の距離は、例年より1割くらい短い。
30〜35km/hで走る概ね平地のルートで1割遅いということは、パワーでいうと2割超低いんじゃないかと。
これから先のレースはあまりいいことが無さそう。

道民の森から月形へ。
森の中は比較的涼しい。
あくまでも”比較的”。暑いことには変わりないけれど、下界よりは遥かにマシ。

image

青山から月形の向きだと、緩急のある勾配を楽しめるこのルート。
勾配が急だろうが緩かろうが、全然の登れない。
カミヒルは回避かなぁ。

月形セブンで飲料とCoolishを補給して折り返し。
この向きだと傾斜は緩めだけれど、とても25km/h超なんて全然無理だった。

続いて厚田へ。

こちらの峠でもパワーが出ず仕舞い。左脚に力が入らない症状が出ないように気を使う。

軽いギヤを使っていくことになるんだが、速度を確保したいためにケイデンスを上げるけれど、遅筋繊維が無い脚は、10秒そこそこで速筋繊維が音を上げてしまう。

image

セイコマで折り返し。

この日は200m級の峠を4本。
手稲山2本分くらいにしか相当しないが、風が吹くこのエリアの峠の方が健全。
真夏の手稲山は風が抜けず、暑さで具合が悪くなる。

峠を終えて当別ダムを南下して帰宅。
昼を過ぎて気温はピークの時間帯。アスファルトの加熱も併せて、ところにより路上の気温は40℃オーバーだったろう。

ドリンク摂取は約3.5リットル。
体重減は2.5kg。

ということで発汗量は約6リットル弱。
よくもこんなに出せるもんだわ。

ちなみに補給はドリンクとCoolishだけなので、カロリーで700〜800kcalくらい入れただけ。
とくに空腹感無し。

クッソ暑かったせいか、週末にしては人出が少なかったように見受けられた。

走行距離:148km
獲得標高:1,647m

明日が雨だとわかっていればあと30kmくらい追加しておくべきだったかな。



シャワーを浴びても身体の熱がなかなか収まらないので、夜にプールへ。

100m/100秒ペースで、(200m×1+100m×2)×3=1,200m。
ペースアップすると体が熱くなってしまうが、このくらいのペースまでに押さえておけば、気持ちよくクールダウン。

泳ぐという行為は、とても気持ちが良い。
泳ぎ終えると体も心もスッキリしている。

こういうスッキリ感、チャリには無いんだよなぁ。






2016.08.24 厚田セイコマまで

image


長く雨が続いてからの晴天。でも、今日明日だけね。
貴重な機会になってるので走りに出る。

ここぞとばかりに150km以上長めに走ろうとしたものの、蒸し暑くて寝不足状態のため午前中は動けず。
午後から急いで出走。

台風が通り過ぎた後の天気らしく、空気が澄んで気持ちが良い。
一方、大量の雨水を森や土が保持していて、所により蒸し蒸しの不快な風が流れていたりも。
でも概ね気持ちが良い。
当別ダムは雪解け時期並みに水を吐き出していた。
image


昼食直後なので往路は1時間くらいペース上がらず。
復路は40km/h前後で平地巡航するくらいまで追い込めた。トンボミサイルが降り注ぐんだけど、スポークで迎撃裁断するしかね。

道道11号の峠はアウターギヤのままダンシングを中心に。
ハンドルを近くしてから、ダンシングが疲れず、また、楽しくて仕方ない。

体を起こして腰から背中の筋肉に負担が無い。
膝を殆ど曲げずペダルを縦に踏むから脚の筋肉に負担が無い。
ペダルを下死点まで踏み切った際の応力と、肘の屈伸動作で重心を持ち上げ、次の踏込みのための位置エネルギーを溜める。次のペダルの踏込みは、膝を曲げずにこの位置エネルギーを委ねるだけで脚の筋力を使わない。

楽で速い。
テンポが良くて楽しい。
いいことばかり。

山岳コースの今年のツールド北海道を走れないのが残念でならないよ。

走行距離:111km
獲得標高:1,250m




2016.08.14 浜益ロング練


image

しばらくロングを走っていないので、標高差控えめで150km走れる浜益へ。当別ダム沿いに北上し、暑寒国道を西に走るコース。
浜益セイコマで折り返すのが常だが、川下海水浴場がトップシーズンで騒がしそうなので5kmくらい手前の浜益温泉で折り返し。これでも140km弱走れる。

平坦基調なので高速巡航を意識して走る。
往路は東からの横風が殆ど。1時間で33km地点まで、折り返し69km地点まではa.v.32.8km/h。単独とはいえ、あと1km/hくらいは速くしたかった。ハンドルを近く高くして上体が起きたので速度の伸びが1〜2km/hくらい悪くなった印象。下ハンを持てば上体を低く保てるが、ブラケット部を持つのと異なり腕を下に伸ばすので、下腕で風を受けるのでイマイチ。

浜益温泉でドリンクを補給したいが、自販機は施設の中。入浴しないのに入館料500円を払うのは嫌なので、しれっと自販機だけ使ってIN/OUT。入浴料じゃなくて入館料を謳っているので本当はダメなんだろう。

復路は強めの南風に変わりスピードに乗れず、帰宅時点でa.v.29.2km/h。30km/h以上を維持したかったけど当別ダムからは26km/h前後まで速度が落ちて敵わなかった。

走行距離:137.2km
獲得標高:1,200m

モエレTTと市民大会にエントリーしたので、気持ちを入れ替え、心して練習していきます。




2016.05.03 道道28号を暑寒国道まで+青山月形線

image

G.W.後半戦は明日から雨続きのようなのでロング練へ。
当別ダム経由で浜益を往復。150〜160kmくらいやるつもりで出発するも、風が強ぇぇぇ。往路追い風、復路向かい風、脚を削られて向かい風で帰ってくると泣きそうになること必至。
予定変更して、道民の森一番川地区に入って月形に抜ける山道にエスケープ!登坂練習にシフト。
P1050831

なんだけどさ、右折直後は風を避けることもできてしばらくいい感じだったんだけど、、、
おいおい、先行き怪しいぞ。
P1050826

自転車担いで路肩を歩いたり、雪の上を歩いたりしたけど、
結局、5km少々入ったここで断念。
P1050830

引き返して再び自転車担いで路肩のを歩いたり、雪の上を歩いたりして道道28号に戻る。
国道451号(暑寒国道)にぶつかるT字路で折り返し。
P1050832

ここからはずーっと向かい風との戦い。
20km/hを割ったりもしながら根気。
練習中と思われる4人組に少し付かせてもらったりしながら帰還。
風の抵抗を少なくすべく下ハン握って走る場面が多かった。そもそもの前傾姿勢が深くなったためもあり、尿道の圧迫具合が苦しい。

力なく走っている時、PowerBarGELを飲むと数分後から復活することがわかった。
ロードのレースはもちろん、ロング練でも積極的に摂取していこうと思う。

走行距離:118km
獲得標高:1,181m


帰宅して食事をしようとしたが疲労感で食べる力がなかなか出なかった。


2015.08.13 ロング練/道民の森方面

今日は平日だが、職場は休日。
そんな日、アマチュア競技者にありがちなのは、

ここぞとばかりに練習。

だろうな。
旅行に行くリア充や、帰郷やお墓参りをする真面目な人々とは生態が異なっている。

ツールド北海道に向けて、必要なのは登坂練習。
でもね、帰省の車で道路が混んでいるので、遠くには行きたくない。
自走で行ける手稲山は、暑そうだから却下。
ということで、自走で行ける範囲でのロング練をやってきた。
もちろん単独だよ。リア充じゃねーし。

当別ダムを北上、
道道11号を日本海方面へ峠越えして厚田セイコマ折り返し、
今度は月形方面へ峠越えして月形セブンイレブン折り返し、
少しでも登坂練習の足しにするため、道民の森月形地区、一番川地区をヒルクライムして戻る、距離145km、獲得標高1,642mのコース。
大きな峠は無いので、平均速度30km/hオーバーが目標。


高岡を経由した。もう、夏真っ盛りな風景。
ヒマワリの横を走れば気分はツールドフランスですよね。
image

厚田セイコマでコーラ500ml1本。
ヘタクソドライバーが湧き出てくるこの時期、駐車場に車を停めれば白線踏んでたりで迷惑なこっちゃ。

折り返して、まず青山中央の道民の森の案内所まで。
登り坂は汗だく。
ファンタグレープ500ml1本。
昨日スポーツクラブで、ラン、バイク、スイムとプチトライアスロンやっちまったからカロリーが体に残ってない。甘いものと水分がガバガバ進む。
image
幹線道路と違って、交通量が少なく、虫の音、適度な風が心地よくて昼寝したいくらいだった。

月形方面へ向かって、月形セブンイレブン。国道275号は渋滞気味だし、セブンイレブンも車と客が大量だし、アクエリアス1Lを胃とボトルに入れてさっさと去る。

折り返してからは、道民の森月形地区、一番川地区への道路を走る。
「出没注意」じゃなくて「出没中」。
“出てます、出てます”ってゆー臨場感がいいね。
image

何年か前まで土砂崩れか何かで通行止めになっていて一度も走ったことが無かった。今回初走行。
うんうん、いい感じだね。
この熊出没中看板から7km、200mを一気に登る。斜度が後半増してきて脚力を満足に使える。
image
ピークを越えてからは、下りなんだけれど、斜度には緩急、また、登りもチョコチョコ出てきて楽しい。
往復で何本もやるのもいいかも。

道道28号に出たところで100km少々。トルクが弱ってきた頃。
再び道民の森の案内所にピットインしてコーラ500ml1本。
カフェインパワーで37kmを一気に走る。
平均速度30km/h出すために必死。30km/h前後、40km/h前後を織り交ぜるインターバル走みたいな感じで脚を殺さずに走り切れた。
ギリギリで30km/h。

ドリンク大量摂取で固形物の摂取無し。
グリコパワープロダクション・クエン酸&BCAA1袋、CCDドリンク1袋、コーラ1L、ファンタ0.5L、アクエリアス1L。
3.5L、約1,000kcal摂取。
5時間で1,000kcal入れれば、固形物無くてもいいか。

帰って体重を測ったら4kg減。汗を7.5Lくらい掻いたようだ。帰宅するや否や立ちくらみに近いフラフラ感があってヤバかったな。

走行距離:144.8km
獲得標高:1,642m

長い登りでの練習は無かったが、アウター縛り、登りは積極的にダンシング、平地では強く踏んで走った。
練習クオリティとしてはまぁまぁだったろう。




2015.05.05 道道11号、知来乙

P1050478


だいぶ木々や畑が青々としてきました。
一昨日よりも青さが一気に進んでいます。

昨夜強めに雨が降ったので、雪山は縦溝だらけだろうから今日は自転車。

いつも通りに道道28号を北上。
南風が強烈。追い風になったので、平坦路で40km/h前後で巡航、たまに50km/h越えも...
調子に乗って進み、青山中央から左折して道道11号を厚田方面発足折り返し。

復路は向かい風で苦しいが、トルクをある程度維持して走れた。
少しずつ脚が出来上がりつつある。
月形方面に峠越えして知来乙の駐車公園で折り返し。
P1050475

月形のセブンイレブンまで行こうと考えていましたが、風が強いから行かない。
鯉のぼりが真横向いてるんだもの。
P1050476


この後は横風、向かい風、追い風乱れて帰宅。
距離も標高差も地味。横風はまっすぐ走れないほどだったし、そんな強風が嫌で早々に終了。
とはいえ、向かい風でも追い風でもガシガシ踏む感じで走れた。



走行距離:99.7km
獲得標高:1,146m

2015.05.03 道道28号の端まで

知床横断道路が開通したことだし、羅臼岳、斜里岳滑走&知床峠根北峠ライドを計画していたわけですが、
今の天気は悪くないんだが、連休中日の4日、5日の天気が不安定。中日だけ天気良くしてくれよ。
そんなわけで知床遠征は中止。
そうなると自転車にのるしかない。

10689668_558839690921779_5977031635989932354_n


乗るのは1週間ぶり。なんですが、先週末は46km、先々週末は36kmだけ。まっとうな距離を乗るのは4月12日以来で中3週も空いてしまいました。レース1週間前なのにけしからんね。

疲れていて起床が遅くなり、出発は10時少し前。従って近場自走。
まぁまぁ暖かいのでロングタイツではなくショーツで出動。

デマルキのコンツアーエボで走ったけれど、なんかパッドが股間を押さえつける感じで邪魔臭かった。
ここ最近履いていたスゴイのRS サブゼロ ビブタイツのパッド方が押さえつけ感が無くかつクッション性があって快適に感じられた。


当別ダムを通って道道28号沿いに走る。
追い風基調だったので調子に乗り、浜益・滝川を通る国道451号にぶつかる端っこまで行ってしまいました。

青山ダムからは群別岳や暑寒別岳が見えました。
連休中に滑り納めしておかなきゃな。

帰路は向かい風だけれども、道がいいから救われる。
P1050467

道はいいんだけれど、一部の車やバイクがクソ。
追い越しするときに、対向車線側に俺が走ってるのが見えてないバカが多い。
掠りそうになって追い越してるといつか事故るよ。

登り坂らしい登り坂を走っていないので、道道11号。
下った発足で折り返し。
桜はどこももう終わり。
P1050469


途中ドライブ中休息日のKさんとすれ違ってしばしおしゃべり。

霞で陽射しが弱くなってきているせいかだんだん気温が下がってきて帰った頃には体が冷えた。

冬の間にマシン使ってレッグプレスをやってきたのでパワーは十分過ぎるくらいの感触だが、脚が全く続かない。
バランスを考えると大腿部の筋肉量を減らしても良いのかもしれない。



走行距離:123.9km
獲得標高:1,380m

2015.04.04 道道28号、11号、高岡

P1050453


当別ダム沿いの道道28号、厚田に抜ける11号を走ってきました。

当別ダムまで片道20kmを車で行ってから...と思っていました。
しかし、FBでSさんが今日300km走りに出たのを見て、車移動なんてヘタれ過ぎ、ということで自走。

風が冷たかったが、道や見晴しはとても良かった。
P1050451


11号の峠を越えて、発足で休んでいるとロード乗りの方が通りかかり、一緒に走ることに。
材木沢までご一緒させてもらいました。
20年くらいレースをやられているエリートのTさん、いろいろなお話を聞かせていただきました。ありがとうございます。

最後、高岡周回路を1周。向かい風で20km/hにすら届かない。
アウター縛りだが、やさいの丘でヒーヒー。
まだまだ脚が仕上がるには遠い。

走行距離:101km
獲得標高:935m
平均速度:25.7km/h

もっと速度上げなきゃダメだな、これじゃぁ練習になってるとは言い難し。

2014.08.17 青山、厚田

久々にトレーニングらしい走行をしてきました。

いつもは普段乗りCR-1+SHAMAL ULTRA+チューブレスタイヤ、靴はSIDIで走るのですが、今日は決戦用のFOIL、靴はS-WORKSで出動。ホイールは練習用のAKSIUMですけど。
CR-1の方が圧倒的に乗り心地がいいからいつもこっちに逃げてしまうのだけれども、レーストレーニングやるならジオメトリとか諸々の環境が少しでも違ってはいけないからね。
P1040868

ヘビー級のホイールには苦戦させられたよ。

今日のコースは、ツールド北海道市民2nd Stageのコースを意識して青山方面をセレクト。
今年の市民ロードの初級コースは
 距離90km、
 獲得標高511m
 平坦路だが、小刻みなアップダウンはある
 60km過ぎから短い登りが4箇所
なので、平坦路を走れて、小刻みにアップダウンがあって、ある程度走ってから登り坂を走れるコース取りをしてみました。そんなわけでコチラ↓。
20140817

当別ダム、道民の森を北上して、浜益滝川に分かれるT字路で折り返し。青山中央から山越えて厚田セイコマで折り返し。初め挨拶と〆に高岡周回路脇のシェイクスピアCCの坂。平坦路、小刻みなアップダウン、70km過ぎから坂を実現。

午前中は風が弱いので順調に巡航。高岡で向日葵に迎えられた。ツールドフランスのイメージでモチベーションが上がるよ。
P1040862


150km近く走るのでとブッ飛ばすことは無く、30km/hそこそこに留める。
青山中央の道民の森案内所でコーラとウイダーinバー プロテインを補給。


国道451にぶつかったら折り返し。ここから滝川までたったの33kmなんだね。
カフェがオープンしてた。
P1040865


ここまでで55km。ツールだと60kmまでは集団で巡航、60kmから先は上り坂を使っての集団の分断が予想されます。なので、折り返してからは強めのペダリングに変更。
この辺りは交通量が少ないしアップダウンやコーナーが連続して、楽しく気持ちよく走れる。
P1040866


道民の森案内所に戻ってきたら。ファンタとウイダーinバー プロテインを補給。
道道11号に入って厚田セイコマへ山越え。
P1040869

往復で5〜600mくらいのヒルクライムの筈。今シーズンはもうヒルクライムレースは無いし、ツールも連続するのぼりは最大で120m程度なのでこのくらい登っておけば十分です。手稲山に積極的に通うことも今年はもうないでしょう。高岡周回路で足ります。

厚田セイコマではガラナとアイスを補給。
折り返して道道28号の当別ダム沿いへ。
P1040873

ここからウチに着くまで9割方強い向かい風。
潔くインナー使って20km/h走行しました。
急な上り坂はやる気出るんだが、向かい風だけはやる気を出せない。

ウチに着いた頃には丁度ハンガーノックになりかけたところ。
賢く走るために、補給は最低限として、エネルギーが空っぽになって走行を終えられるように心がけています。

今回の行動中のエネルギー補給は、
コーラ、ファンタ、ガラナ、ウイダーinバー プロテイン2本、グリコCCDドリンク
総摂取カロリーは約1,200kcalといったところ。150km近く走るには全然足りませんが、喰わずに走れるようになってきたのはトレーニングの賜物だと思っています。自転車を始めたころは行動前にドカ食いしてたけれど、だんだんとそういう身体になってきたんでしょう。(中性脂肪が増えているせいもあるのかな。)

3リットル水分補給して、体重が4kg落ちていた。
発汗7リットル。血液ドロドロ、脳梗塞とか血栓塞栓症とか怖いね。



走行距離:146.7km
獲得標高:1,617m

100km超走ったのはニセコクラシックぶり。
てか、今シーズン8回しか100km以上走ってない…。レースやってる人間にしては怠け者の部類だろうな。

2014.04.29 強風うんざりの厚田、月形ピストン

P1040642


まだ道路が汚さそうなので大きな峠道へは行きません。近場を走ってきました。
当別ダム経由で厚田セイコマ折り返し、月形セブンイレブン折り返しで125km。そろそろ長い登りを走りたいんだけどな。

先々週、当別ダムは凍結していて大して水流は殆どありませんでしたが、今日は大放出でした。ドライブ中の人々も見に行っていました。
P1040631


追い風基調で軽快に進む。
P1040636


道民の森、青山中央案内広場手前を左折して厚田へ。
まだ木々が葉をつけておらず、見晴良くて気持ちが良いです。
P1040639


厚田セイコーマートでコーラ補給。色々値上がりしてるのでコカコーラを避けてセイコマプライベートブランド79円の350ml缶!
道道11号は白バイが走っていました...というか取締したければ隠れていればいいのに、ツーリング楽しんでるの?。バイクライダーがビュンビュン攻めるこの秀逸な山道、気を付けてくださいね。

復路で乗り心地がだんだん良くなってきて変だなと思ったらパンク。峠のピークで応急的にエアーだけ入れ直して青山まで降りた。チューブレスタイヤはエア抜けがゆっくりなのでいつの間にか抜けているといった感じ。エアーを入れ直せばしばらく走れちゃいます。
クリンチャーだとパァーンと一気に抜けるので走行中に転倒するリスクがありますが、チューブレスなら安心ですよ。


サイドをカットしていました。大きめの石でもかすめたのだろうか。
P1040644

携行しているチューブを入れて再出発。

月形へと小さな峠越え。
暑寒別が綺麗に見えた。
P1040645

山を見るたび、自分の居場所は自転車の上じゃなくて山にある...ということを確認してしまうんだが、今年は競技に打ち込むシーズンにして、来年からは自転車を控えめにして山をオールシーズン楽しむような過ごし方にしようと思ふ今日この頃。

知来乙駅の踏切を過ぎると奇跡的に札沼線を走るワンマン1両編成ディーゼル車両に遭遇。1日に上下線合わせて14本しか走っていません。走っている姿を見るのは8年で数回しかないです。なんか良いことあるといいんだけど。
P1040646


月形のセブンイレブンでガラナとアメリカンドッグとおにぎり補給して折り返し。
田んぼのあぜ道にはエゾエンゴサクが無数に咲いていました。
P1040647

春を感じてのサイクリング。
ちなみに、暖かそうだったので今シーズン初の生脚走行となりました。
ネコヤナギの花穂も真っ盛り。
P1040648


当別ダム、青山に戻って帰路。しかし、強烈な向い風。午前中よりも風が確実に強くなるので、追い風の利が少なく向かい風にたっぷりやられるパターンに必ずなるよのね。
鯉のぼりがこんなに元気では、こっちは失速するわ。
P1040651


やる気無くしつつ、やっとのこと帰宅。



走行距離:125.2km
獲得標高:1,282m

2013.07.07 厚田、月形トレ

今日は普段乗りのコースで軽いトレーニング。
ニセコのネイチャーライドに飛び入りなんてのも考えたのですが、仕事が忙しいので車移動で疲れるようなことは回避。

コースは道道28号、11号線を使って、当別ダム、厚田へ山越え、引き返して月形へ山越え。
次のレースは8月下旬なのでのんびり行きます・・・のつもりが上り坂に入ると本気踏みして30km/h台半ば。
まぁ好きにしてればいいんです。

近所の畑では、じゃがいもの花が綺麗に咲いていた。
P1030806


青山中央で休憩。今日は陽射しが強くとても暑かった。東屋に避難。
P1030807


厚田へ向かう道道11号にて。夏らしい青空と強烈な日差し。汗が止まらない。
P1030808


大量の汗を放出したせいで終始口の中が乾いてベトベトだった。コンビニに入っても冷たい飲料とアイスにしか目がいかない。コーラ、アクエリアス、氷菓子しか摂らず、補給食らしい食べ物は全く口にしなかった。
結果、最後20kmはフラフラで脚に力が入らない。

家に付いて体重計に乗ると4kg近く体重が減っていた。
こういう日のエネルギー補給はどうしたらいいんだろうね。
↓これを1袋ボトルに入れて飲んでいたけど、何袋か携帯して飲み続けたほうが良さそうだな。


盛夏!
P1030809



走行距離:131.4km
獲得標高:1,361m
Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • 2017.12.10 1,290+白井岳 from 札幌国際スキー場
  • 2017.12.10 1,290+白井岳 from 札幌国際スキー場
  • 2017.12.10 1,290+白井岳 from 札幌国際スキー場
  • 2017.12.10 1,290+白井岳 from 札幌国際スキー場
  • 2017.12.10 1,290+白井岳 from 札幌国際スキー場
  • 2017.12.10 1,290+白井岳 from 札幌国際スキー場
  • 2017.12.10 1,290+白井岳 from 札幌国際スキー場
  • 2017.12.10 1,290+白井岳 from 札幌国際スキー場
  • 2017.12.10 1,290+白井岳 from 札幌国際スキー場
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード