遊びの記録 山,スキー,自転車とか

遊びの記録 山,スキー,自転車とか
Photo;March, 2006 NewZealand Mt.Cook National Park

青山月形線

2017.07.15 月形・厚田、酷暑148km

本日はぼっち練にして、お気に入りルートへ。

土曜練習はMTBということで、ワタクシは回避。
マウンテンに乗りたいのもマウンテンマウンテンなんですが、コケて擦過傷を負ってしまうと夏の水遊びができなくなるので、秋まで我慢。

当別ダム経由で道民の森方面へ向かう。

1時間走の距離は、例年より1割くらい短い。
30〜35km/hで走る概ね平地のルートで1割遅いということは、パワーでいうと2割超低いんじゃないかと。
これから先のレースはあまりいいことが無さそう。

道民の森から月形へ。
森の中は比較的涼しい。
あくまでも”比較的”。暑いことには変わりないけれど、下界よりは遥かにマシ。

image

青山から月形の向きだと、緩急のある勾配を楽しめるこのルート。
勾配が急だろうが緩かろうが、全然の登れない。
カミヒルは回避かなぁ。

月形セブンで飲料とCoolishを補給して折り返し。
この向きだと傾斜は緩めだけれど、とても25km/h超なんて全然無理だった。

続いて厚田へ。

こちらの峠でもパワーが出ず仕舞い。左脚に力が入らない症状が出ないように気を使う。

軽いギヤを使っていくことになるんだが、速度を確保したいためにケイデンスを上げるけれど、遅筋繊維が無い脚は、10秒そこそこで速筋繊維が音を上げてしまう。

image

セイコマで折り返し。

この日は200m級の峠を4本。
手稲山2本分くらいにしか相当しないが、風が吹くこのエリアの峠の方が健全。
真夏の手稲山は風が抜けず、暑さで具合が悪くなる。

峠を終えて当別ダムを南下して帰宅。
昼を過ぎて気温はピークの時間帯。アスファルトの加熱も併せて、ところにより路上の気温は40℃オーバーだったろう。

ドリンク摂取は約3.5リットル。
体重減は2.5kg。

ということで発汗量は約6リットル弱。
よくもこんなに出せるもんだわ。

ちなみに補給はドリンクとCoolishだけなので、カロリーで700〜800kcalくらい入れただけ。
とくに空腹感無し。

クッソ暑かったせいか、週末にしては人出が少なかったように見受けられた。

走行距離:148km
獲得標高:1,647m

明日が雨だとわかっていればあと30kmくらい追加しておくべきだったかな。



シャワーを浴びても身体の熱がなかなか収まらないので、夜にプールへ。

100m/100秒ペースで、(200m×1+100m×2)×3=1,200m。
ペースアップすると体が熱くなってしまうが、このくらいのペースまでに押さえておけば、気持ちよくクールダウン。

泳ぐという行為は、とても気持ちが良い。
泳ぎ終えると体も心もスッキリしている。

こういうスッキリ感、チャリには無いんだよなぁ。






2016.07.08 厚田・月形

image


2日後はロードレースなので、脚に負担がかからないように無理なく、けれどもそこそこ坂を登る感じで走る。
スタートリストによると、レースは300人超の大所帯になる。細かいバイクコントロールが要求される。当日だけ決戦ホイールにするのではなく、今のうちに換えて乗っておく。

海沿いから厚田セイコマ、峠を越えて、お気に入りの青山月形線。
今年は登坂能力がとても低いという手応え。身体もバイクも重く感じる。確かに体は去年より重いが、ホイール換えてるのにな。
ニセコクラシックが心配だ。

もう坂はいいや、という感じになったので知来乙から当別ダムへの峠越えをせず国道275で帰る。



走行距離:99.5km
獲得標高:860m

帰ってからチェーン洗浄して、念のため計量。
image
ピタリ賞。
車検あるのかわからないが、計測器誤差ってもんがあるからピタリ賞は危い。

2016.07.03 青山月形線

きじひき高原ヒルクライムは不参加。
遠いから。まぁ、ドライバー確保できなかったし。
FBでリザルト見て、みなさん速過ぎ!!と目を疑ったんだが、フィニッシュ地点がかなり手前になったんだな。

で、お天道様が出なくて肌寒い陽気のなか、午後から道民の森方面へ。
当別ダムを通って、青山月形線に入り、道民の森月形地区の入り口で折り返し。
風はいろんな方向に吹いていたので、味方になったりならなかったり様々。
往路はa.v.30.2km/h、復路は90km走ったところまでは30km/h超をキープしたが、その後は向かい風でダウン。

途中、車に乗ったM谷さんが声掛けてくれた。わかるまでは不審車両なのですみません。

走行距離:104km
獲得標高:1,162m
a.v. 29.5km/h



2016.06.12 月形〜厚田往復1本

image

風強ェェェェ!
やる気消失。向かい風が大嫌いだから。

登りの走行が少ないので、坂を走って強くペダリングをする練習をしたいから道民の森方面へ。
天気予報は南風6m/s、当別ダムを通ると復路で殺られる。
風を避けるべく車を使って月形へ。

町の体育館から、まずは青山月形線を走行。
テンポよく迫るコーナーと緩急ある登り坂。
見晴はイマイチだが、風の影響を受けにくいのと、走り応えのあるワインディングが気に入っている。
最も高いところで280mくらいの標高があるし、所により斜度10%に至るので登坂の練習にも足る。
image

昨日の練習は筋肉がよく機能しなかったが、脚を使った翌日はしっかりと筋肉が仕事をする。重いギヤでガシガシ踏めた。
image

青山中央に降りたら、厚田に向けて峠越え。
峠を下りゲートを過ぎてからは追い風に助けられ全開でカッ飛ばす。
往路a.v.30km/h超でセイコマ到着。

北海道メロンソフトを食べてから折り返し。
復路は向かい風で往路のペースを上回れなかったが、往復のa.v.28.8km/h。
80kmの距離で1,100m超登ったのだからまぁまぁだろう。

走行距離:80km
獲得標高:1,115m

このコースを2往復、或いは、1往復+山岳区間を2往復とかやると、とてもいい練習になりそうだ。



2016.05.03 道道28号を暑寒国道まで+青山月形線

image

G.W.後半戦は明日から雨続きのようなのでロング練へ。
当別ダム経由で浜益を往復。150〜160kmくらいやるつもりで出発するも、風が強ぇぇぇ。往路追い風、復路向かい風、脚を削られて向かい風で帰ってくると泣きそうになること必至。
予定変更して、道民の森一番川地区に入って月形に抜ける山道にエスケープ!登坂練習にシフト。
P1050831

なんだけどさ、右折直後は風を避けることもできてしばらくいい感じだったんだけど、、、
おいおい、先行き怪しいぞ。
P1050826

自転車担いで路肩を歩いたり、雪の上を歩いたりしたけど、
結局、5km少々入ったここで断念。
P1050830

引き返して再び自転車担いで路肩のを歩いたり、雪の上を歩いたりして道道28号に戻る。
国道451号(暑寒国道)にぶつかるT字路で折り返し。
P1050832

ここからはずーっと向かい風との戦い。
20km/hを割ったりもしながら根気。
練習中と思われる4人組に少し付かせてもらったりしながら帰還。
風の抵抗を少なくすべく下ハン握って走る場面が多かった。そもそもの前傾姿勢が深くなったためもあり、尿道の圧迫具合が苦しい。

力なく走っている時、PowerBarGELを飲むと数分後から復活することがわかった。
ロードのレースはもちろん、ロング練でも積極的に摂取していこうと思う。

走行距離:118km
獲得標高:1,181m


帰宅して食事をしようとしたが疲労感で食べる力がなかなか出なかった。


Profile
Youtubeマイページ
Facebookページ
follow us in feedly
ギャラリー
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • スキー板にインサートビス加工(インビス化)を行う
  • セラミックスピード(Ceramic Speed)のBBのこと
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    メッセージ

    名前
    メール
    本文

    Recent Comments
    QRコード
    QRコード