人生暇つぶし

直也と下呂予定が雨のため中止。最近は岩行く日に限って雨降るんですけど。

それで朝からマイリンゲンで行われているボルダリングのワールドカップを観た。昨日準決で夜中決勝だったが、決勝は夜遅かったんで朝観た。この3年間くらいワールドカップは欠かさずに観てるんだけど今回はなんと高田君が決勝進出と大躍進してた。決勝でも落ち着いた登りで5位!カッコよかった!決勝進出は初めてなんじゃない?違ったらすいません。

女子は決勝課題が少し簡単めでもう少し難しかったらなーとか思ったけど野中生萌はさすがの強さだった。他の選手が苦労して登ってる課題を簡単に登っちゃうもんなー。ショーナは調子が悪いのか力強さが全くなかった。

男子はイェルネイが優勝。クライマーらしくない程ゴツいけど岩も登るし愛嬌もあるし応援したくなるクライマーですよね。ヤコブは誰も登れなかった最終課題を一撃。凄かった。智亜君は1課題目は得意っぽかったんだけどな。あれ登れてたら優勝してたかな。ノースで大活躍の藤脇・原田コンビはいいとこいくかなと思ったけど準決で敗退。男子は選手層厚すぎでしょ。チョンはテーピングいつまで貼ってるの?
IMG_2139
去年くらいから三角筋と長橈側手根伸筋に両側とも貼ってるけどテーピング中毒になってるのかな。文献などを読むといい面悪い面変わらない面などあるけどプラシーポ効果はかなり大きい気がする。ドーピング中毒と一緒でテーピング中毒ってある気がする。痛みがあれば貼った方がいい気はするけど痛みがなければ貼らない方がいいというのが個人的な意見。スポーツ選手がしているテーピングは固定目的ではなくキネシオテープやニューハレのような皮膚・筋・筋膜などの伸張性向上や筋出力向上などパフォーマンス向上を目的とするものが主流になっているように感じる。以前ニューハレのテーピングやってもらったけど確かに可動域は良くなったし柔軟性も上がった。

全体的にはホールド数が多くムーブが分かりにくい課題が多かった印象。ダイナミック一辺倒な課題ばかりでなく玄人もより楽しめる気がした。あとはフットホールドが悪く、それも単に悪いだけでなく微妙に遠かったり向きが悪かったり。今年はなんとなくフットホールドが鍵を握る気がする。個人的にはピンチできないホールドをもっと増やして欲しい。まだ始まったばかりだけど今年も日本人の活躍が楽しみ。

昨日は息子と娘の入園式でした。
IMG_1859
息子は式の途中で「カルピスが飲みたい」と1人式を抜け出していました。どうなることやらです。

自宅では治療ベッドを買い治療部屋を作りました。後輩と勉強したり治療したりと考えています。
IMG_1927
IMG_1933
プロメテウスの第3版も買いました。

去年は心理学やバイオメカニクス、筋膜、運動連鎖、ボバースアプローチ、肩や肘や手の機能解剖学と幅広く勉強しました。それぞれの分野のトップの先生の勉強会にも参加し多少なりとも自信がついてきました。学んだことを日々患者さんに試していますが、かなり感触がよく臨床13年目にしてようやく今までやってきたことが繋がってきた感覚があります。今年はロルフィングで生計を立てているロルファーの方々からより実践的な筋膜について学ぼうと思っています。
実は来年あたりに名古屋で整体院を開こうかと考えているので最近は特にクライミング障害に特化した勉強をしています。かなり楽しみです。

このページのトップヘ