新年号が令和に決まり、ボルダリングワールドカップ2019が開幕し、アダムが圧巻の登りで優勝した。決勝はアダムを勝たせるための課題のように感じたが、クライマーとしての幅の違いを見せつけたような決勝だった。これからはクラックとかチムニーとかも出てくるようになるのか。それにしても男子上位10人中7人が日本人とか凄すぎる。
3D6D04B8-C764-4102-A91D-6EE9756B843C
最近は某開拓中エリアで登ってた。6日間かけていくつかのラインを登った。昨日は1番見栄えのするラインを3日間のトライの末登れた。登れてみると簡単に感じたが、ムーブといい見た目といい三つ星課題だった。課題名は『ガネーシャ』とした。自分が初登した課題の中ではベスト5に入る程良い課題だった。

一区切りついたのでこれからは難易度にもこだわって既成課題も登っていきたい。写真はこないだ行った犬山城、桜満開でした。