サイケデリカも一瞬でコンプしてしまいました(*´ω`*)ゞ
最近のプレイ速度怖い!

でも本作は今までで一番ボリュームが少なかった気がします。20時間未満でフルコンできました。振り返ってみると、まぁ楽しめたような…そうでもないような…という微妙な心境ですが、細かいことは後日フルコン感想で。

では以下からキャラ別感想です!ネタバレ含みます。


鉤翅

kokuchou_kagiha


一周目。
お、おう…(・ω・`;)って感じでした。
シナリオについていくのに精一杯。恋愛イベントうっすいなー。まぁこのゲームは恋愛がメインじゃないんでしょう。そもそもこの人既に死んでるってこともあって、バッドエンドしかありませんww
ベストEDに辿り着いた時は驚きましたよ。だってあれ絶対乙女ゲーのベストEDじゃないもの。完全にメリーバッドとかだもの。あ、もしかしたら鉤翅EDはもっと恋愛重視なのかな?と思ったらそっちもそっちで全然幸せじゃないし。どういうことだこれは!死人とは幸せになれないってことか!?あれっそうやって口に出してみると結構当たり前のことなのかな!?∑(゚Д゚ )

とりあえずこのルートを遊んで学んだことは、流れが速い川に飛び込んじゃいけないってことですね。良い子の皆は安全第一ですよ。


山都

kokuchou_yamato


細谷さんの病みキチ演技ってこんなに凄かったんですね。まさに病むために生まれてきたようなお声だと思いました。意味なく何度も山都ED回想してます。涙声すげえー((ll゚д゚)))ガクブル

山都さんは絵に描いたような乱暴ツンデレです。しかもデレるのが早い早い。こいつちょろいwwwと思いながらプレイしてました。病むのもあっさり病むしね!一瞬で病む! 軽やかに病む!


鴉翅

kokuchou_karasuba


精神が不安定なチャラ男(ソフトS)。
意味深なことを散々言い募ってからの「なーんてね☆」は1章につき5回までにしてほしい。


紋白

仮面つき立ち絵が麗しいですね~。素顔も可愛いんですけど、やっぱり青狐面+キツネ耳白パーカーが神デザすぎます。恋愛過程が一番ちゃんとしてたのは紋白ルートかな?文字通り奈落から這い上がる場面は盛り上がりました。

あとこのルートの隠れた見所は、ソフトヤンデレ化してる鉤翅ですねww
まさか他人のルートで黒鉤翅を出してくるとは…。それは自ルートでやってくれよ!うっかり萌えかけた!


緋影

kokuchou_hikage


本作は緋影ゲーですね。一人だけ個別長いし、真相担当だし。バッドエンドしかないけど。まぁこいつも死人だから…。

しかし真相にはちょっと物申したいですね。あんだけ引っ張っておいてその暴露の仕方があまりにも杜撰なのではないかと。散々ラブコメした挙句、ウサギちゃんが唐突に真相を語り出すだけっていうのは、あれは適当にも程があるんじゃないの?w もっとちゃんとさぁ、なんかしらの展開があってからそういう話はしようよ…。

主人公「いい雰囲気だと思ったら緋影くんに急に押し倒された。怖かったよー慰めてー(;Д;)」
ウサギ「フフフならば教えてあげましょう。彼は実は私の兄でラスボスなんですよ!」
みたいなね。どんな流れだ…。


というわけで私の最萌は男尊女卑男こと緋影で。
ラスボス化する前の、普通の神経質な男の子みたいな緋影くんは楽しかったです。鉤翅はもっとヤンデレを前面に押し出してくれていればすごく好きになれそうだった気もします。惜しい!どこがどうとは言いにくいけど、でもなんかすごく惜しいんですよ彼は!